takedasouun takedasouun

1,464 posts   9,340 followers   173 followings

武田双雲 公式インスタグラム  感謝オタク。日常の小さな物に大きな感動の日日。

僕は性格的に

誰とも競争しない生き方を選んできました。

勝とうとか
負けたくない

という感情を選択しないようにしてます。

ただ、

好きな部分や
RESPECT部分を

見つける選択に集中してきました。

だから、人生において
ライバルとか、敵がゼロ

だから、こんなにも穏やかな人生の流れがあるのかもしれません。

双雲@「遊」

ちなみに、みなさんの今の生き方は、どちらですか?

1) 競争型。山登り型
( 戦略的努力によって、ポジションを獲得していく道 )

2)非競争型。サーフィン型
(戦略なし、比較なし、その場の波で乗っていく)

3) その他

北海道のイベントにて吉田兄弟とコラボパフォーマンスしてきました。墨まみれ。

欠点は結点。

本当に欠点は克服すべきだろうか。
苦手なものは得意に変えなければならないのだろうか。

欠点があるからこそ

まわりの人が活躍できる場所があるのではないだろうか。

凹があるから凸と結ばれるのではないだろうか。

得意なことや好きなことを伸ばすことに集中した方がよいのではないだろうか。

欠点は結点。

双雲なのだろうか。

今年の世界感謝の日「感謝69」

はよりパワーアップ!

6月9日(土)は江ノ島サムエルコッキング苑に集合。

みんなで地球に大切な人に共に感謝しまくろうぜ!

感謝の波動を地球全体に届けようぞ。

地球も食べ物や飲み物で出店するよ。

http://kansha69.com/event2018/

札幌で3000人のトップ営業マンの方々にドカンと双雲砲ぶっぱなしてきます。チャックが開いてませんように。チャクラは開いてますように。

数年前にとても不思議なことがあって

生徒さんの中で独立を考えてる人が多いと聞いて、みんなで集まって情報交換をした。

月曜の夕方なのに40人も集まった(((^^;) また別の日に僕が気まぐれで思い付きでそのメンバーに 『今日いまから暇な人ドライブいきましょうぜ』

なんてメールしたら、5人集まって

箱根へ気まぐれドライブ。

その日、ドライブしながら、偶然にも、ハードな不妊治療をやってる人が3人。

二人は続行中だった。一人は諦めていた。

10年近くも、ハードな不妊治療の話に驚いた。

不妊治療の話を聞く前に車内で熱く語っていたのが 『手放す』

だった。頑張らない、つかまない、コントロールしない。

信じて見守る。まずは自分が最高に毎日を楽しむ。

などの話で盛り上がっていて、不妊治療の話へ流れていった

ん?

ということは、命を授かることだから、まさに、この手の考え方は、当てはまるのでは?

なんて車内で盛り上がったのだ。

んで

その日のことは忘れてて

1年後。

なんと

その二人が命を授かりました!

と連絡をくれた。

一人は38歳

そしてもう一人は45歳だった。

手放して、信じて、毎日を楽しんだだけ。

教室で赤ちゃんを見せてくれた時は涙出た。

もちろん産むことがすべてでもないし、産まれないこともあるだろう。不妊治療そのものが正しいとか間違いの話ではなく。。 だけど、なんか楽になる、流れに乗るヒントにはなると思って感動体験をシェア。

手放す。

双雲

テレビではじめて対談番組のホスト役をやることになって

最初のゲストが桂文珍さんだった。

文珍さんは、落語界に革命を起こしたと言われる

文珍さんの言葉 『どの業界の人も、深みにはまると、漬け物をつけすぎます。だからお客さんに出せないくらいしょっぱいものになるのです。』 これは、落語においても、書道においても

マニアックな世界にはまりすぎて、

まわりの素人、お客さんの気持ちから離れていくことを示している。

専門家集団がよく陥ること。

漬け物をつけすぎない。

常に、素人の気持ちを忘れず、新鮮な心で書と対峙していこうと決めた日になった。

それは、プロから認められようとか、専門家から評価をもらいたいいうような気持ちを完全に捨て去る覚悟だった。

双雲@批判に強くなった

諏訪東京理科大学の書を書かせて頂きました。

イキアタリバッチリ

運がいい人になる方法

運がいい人の共通点を教えるね

それはね ↓

運がいいと思ってる

え?

そんなの当たり前じゃんってつっこみが聞こえてくるけど

そうなんだもん

どんな人生だろうと
『なんてラッキーなんだ』

と思うだけで

運がよくなるんだもん。

しかもね、これから、またすごいこと話すけど

運がいい、と思ってる人は

運がよくなるよね

んで

最初は

あらゆることから運がよかったことに『着目』するだけなのね

つまりラッキーメガネをかける

それからがすごいんだよね

ラッキーという気づきを積み重ねていくとね

その人は、ラッキー磁石になるんだ

磁石だから

世の中のあらゆるラッキーを

引き寄せはじめる

これ、すごいことだよね

だから

感謝力あがる。

双雲@自分の力で掴んだんだ!って人の逆だよね。ラッキーすぎて自然と感謝が溢れてくる生き様をレコメンド。

The thing lucky people do is・・・ To consider themselves lucky.

That’s it.

You might think “duh, lucky people think they are lucky because they already ARE.”
However, the tricky part is that “lucky people became lucky because they THINK they are.” And what is more, people who THINK and FOCUS on their luck became the people those who ATTRACT luck.

Isn't this amazing?
And people who attract luck have great skill of being grateful for people around them and their environments.

不満や不安を熱く語る「口癖」の人がおる。

そのことを語るときは、本人はもちろんいたって本気で

まさかそれが、ネガティブにどんどん栄養を与えてるとは思っていないのかもしれない。 「だって事実なんだからしかたないじゃないか!」 って思うかもしれんばってん

何度も何度も熱く語ってたら
その栄養は、強い力となって、事を大きく育ててしまうとよ。

たまには愚痴もよかばってん

繰り返すのはやめたほうが身のためばい。

言葉に感情乗せたら、それは大きな事実として現れるけん

双雲@ということは、逆の方面にいったら、、、

この子もお嫁に行きました。
ワクワクしながら偶然うまれた作品が喜ばれるのはとても嬉しいことです。

Facebookでの双雲塾でのやりとりをここでもシェア ■たとえば

お母さんが 【はやくしなさい!】 と言うときのお母さんのビジョンに着目してみましょう。

お母さんは、もちろんはやく行動してもらいたくて言うわけですが

思った通りに動いてくれないから、どんどん言葉を強めていきます。

その時、お母さんの頭の中では

子供がはやく動いているイメージはなく

逆に動かない子供を強くイメージしています。だから余計に言葉を強めていってしまう 【はやく!】と。

もし、子供が動くイメージがあるなら、そういう言葉は出てきません。

だから、「はやく!」というほどに、子供はイメージどおり、動かなくなっていく。

勉強しなさい、寝なさい、起きなさい、歯を磨きなさい!となるほどに、

逆へ向かう。

やってほしいイメージと逆の方にいってしまうのは、

そういうカラクリがあったのです。

ではどうすればよいのでしょうか。

みんなで考えていきましょう

双雲

Most Popular Instagram Hashtags