[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

#panta

37601 posts

TOP POSTS

ナミヤ雑貨店の奇蹟
東野圭吾原作小説の映画化。
2012年 時越町
ある屋敷へ忍び込み盗みを働いた敦也(山田涼介)翔太(村上虹郎)幸平(寛一郎)の3人は、逃走中に一軒の空き家へと身を隠す。
かつて町の人々から悩み相談を受けていた店主 浪矢雄治(西田敏行)が営んでいた雑貨店と分かり物色していると、シャッターの郵便受けに突如一通の手紙が投函される。
不審に思い空き家を後にするも、不思議な力に阻まれ町を抜け出すことができない3人。
まるで1980年から届いたかのような手紙の内容に困惑しながらも、浪矢に代わり軽い気持ちで返事を書いていく。
過去と現在を繋ぐ不思議な手紙のやり取りを通し、今を懸命に生きる勇気を描いた作品だ。

東野圭吾作品
廣木隆一監督
Hey!Say!JUMP 山田くん
村上淳ジュニア 虹郎くん
佐藤浩市ジュニア 寛一郎くん
名優 西田敏行
錚々たるメンツに隙のない布陣
「こりゃ泣かされちゃうだろうなぁ」と思いながら臨んだが、全くもって響いてこなかった
「都合の良い奇蹟だなぁ」と冷めながら観てしまう場面ばかりであった。

手紙を通して過去と現在が繋がるというファンタジー
それはとても魅力的な設定だけど、その魅力を活かし切れていない
ファンタジーを活かすためには絶対的なリアリティが必要である
あなたやぼくが生きる現実と遜色無い世界において芽生える一握りのファンタジーだからこそ輝きを放つというのに、物語の殆どがファンタジー世界と化してしまっていた
全員坊主頭の野球部に一人だけロン毛がいれば際立つが、何人もロン毛がいたら際立たない
どれだけ輝くモノも有していても、輝かせられる場を用意していなければ埋もれてしまう
序盤において描かれる松岡(林遣都)のエピソード位にしかリアリティは宿っていなかった。

ファンタジーありきで進む物語には寄り添えない
自分事だと思えない
登場人物が皆繋がっているのもあからさま
描くエピソードが多いため、主要人物であるはずの3人の成長劇も希薄
ナミヤ→悩み 時越町→時を越えるというネーミングすらチープに聞こえてくる
作り物の世界であることに拍車をかける

あらゆる作品に言えることだが、原作において成立していたことも実写化する際の描き方次第で成立しなくなる
説明セリフばかりの会話劇はリアリティを損なうばかり
林遣都くんと門脇麦ちゃんの歌声を否定するつもりは一切無いが、10年近くミュージシャンを目指している者 プロとして活動している者の歌声には到底聴こえない
なんなら山下達郎に寄せようとしていることで違和感が生じている
相談者の想いに寄り添うことなく手紙のやり取りを続けるが、過去と現在の繋がりに確信を持った途端手の平を返す3人
それは別に構わないが、人格が変わったかのような返事の内容に違和感を抱かない相談者がウソくさい
構わないとは言いつつも、確定事項ありきでしか相談者に寄り添えない3人の薄っぺらさを露呈したというのにフォローも無し。

時の牢獄へ閉じ込められる3人
過去では時が経過するが、彼らにはたった一夜の出来事
そのあたりの時間軸における説得力も皆無であった
彼らが過去に干渉したことで、過去では知り得ぬ情報を得る相談者達
歴史を変えたとも取れるが、変更済みの今を彼らは生きている
それはつまり、異なる時間軸 パラレルワールドの自分達が存在することを意味する
1980年時点で2012年の未来は既に存在していた
彼らが生きる並行世界はいくつ目のものなのか
ここらを考え始めるとキリがないし物語も変わってきてしまうが、そちらの思考へ観客が行ってしまわないための措置も取っていない
というか、随所にハッとさせようと 感動させようという魂胆が丸見え

ありとあらゆるタイムトラベル作品が溢れる現在、こんな薄っぺらい描き方では戦えない
直近で言えば昨年公開の「君の名は。」に触れた人が多いと思う
あの時目にした想いはこんなモノだったろうか
時の流れに抗うこと 時の因果がもたらす葛藤は計り知れない
それらは下地に現実のリアリティが宿っていてこそのモノ
現実世界を丁寧に描くことを放棄している今作では、当然ファンタジーが全てを侵食する
リアリティの宿らないファンタジーになど胸打たれるはずもない。

あなたやぼくが生きる現実にあんな出来事は訪れない
ファンタジーありきで道を見出す彼らになど寄り添えない
あの出来事が無ければ彼らはきっと変われぬまま
確かな勇気なんて描かれちゃいなかった

ラストシーンでやめときゃいいのに、エンドロール突入と同時にその後も描く
彼らが序盤において手紙に記していたことをそのまま言ってやりたくなった
ご都合主義の奇蹟には反吐が出る

豪華キャストだったから 夢を追うことに葛藤する松岡と父(小林薫)のドラマに見応えがあったからこそ、最後まで観ていられる作品でした。

青春★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★
ファンタジー★★
総合評価:C

#映画 #ナミヤ雑貨店の奇蹟 #山田涼介 #村上虹郎 #寛一郎 #成海璃子 #門脇麦 #林遣都 #鈴木梨央 #山下リオ #手塚とおる #PANTA #萩原聖人 #小林薫 #吉行和子 #尾野真千子 #西田敏行 #東野圭吾 #廣木隆一

#Panta ✔️

RIP to the best step dad ever🌹 will always love and miss you 😓💙 5/3/17 #panta

Aixecant el vol#Panta de Susqueda#La Selva#Catalunya#

Ricomincia la RUMBA 💃🏽💃🏽 si torna in palestra 💪💪 con le mie nuove #panta @ituber.brand 😊😍💥

MOST RECENT

Puesta de sol

Al Molí del Cavaller es respira tranquilitat i serenor: veniu a carregar piles al nostre petit paradís a peu de la #baells i amb vistes a la serra de #picancel *
*
#freedom #llibertat #liberte #libertad #airefresc #outdoors #energy #visitelbergueda #bergueda #molidelcavaller #indomit #nature #naturlovers #harmony #armonia #pau #peace #panta #reservoir #stuwmeer #mountains #muntanya #benvingudatardor #tardor #autumn

本日公開『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
「時をかける雑貨店」とでも言いましょうか。
32年前と現代を行き来する何通かの手紙で、運命が変わった人たちがいた。
児童養護施設でそだった三人組が、訳あって強盗をはたらき空き家に逃げ込んだ。
そこは、かつて悩み相談の手紙で話題だった雑貨店だった。
そしてなぜかその日、シャッターの郵便口に投函された手紙。その店と彼等を結ぶ数奇な出来事の数々、彼等自身気付かなかったあまりに濃い繋がり。
あ、あの人がこうなって、あの人がこうなの?!、、みたいに見えてきて、、。
やがて全てを飲み込んだ彼らが、決意をたたえて前にすすもうと向かう横顔の、なんと凛々しいことか(( ˘ω ˘ *))。
これは説明するのがとても難しい。しずかに優しい気持ちで見て欲しいです(( ˘ω ˘ *))
#ナミヤ雑貨店の奇蹟 #東野圭吾原作 #映画
#山田涼介 #村上虹郎 #寛一郎 #門脇麦 #林遣都
#尾野真千子 #PANTA #西田敏行 #REBORN #再生
#廣木隆一監督 #新宿ピカデリー

Most Popular Instagram Hashtags