#jennituominen

PALING TERBARU

Rough Monday? These witty ceramic friends by @jenniannaelinatuominen will bring a smile on anyone’s face!
.
.
.
#samuji #jennituominen #ceramics #ceramicanimals #happy #helsinkidesigndistrict

『フィンランド、森、切り株』展。
本日最終日です!! #Repost @markkagonzo with @get_repost
・・・
#フィンランド森切り株 とくしまのワンフォージー @14g.jp @14g_staff きょうがさいしゅうび☕️🐰🌳きてくれたみなさんスタッフのみなさん、さんきゅうでした💕しゃしんはじゅんびのひのごんぞうだよ。くっくっく〜。
.
.
「フィンランド、森、切り株」
イェンニ・トゥオミネン カイサ・ピックヤムサ 合同展
.
フィンランドを拠点に活躍するクリエイター2人の合同展。森の中に生息する動物がテーマの愛らしい作品を展示販売いたします。3都市をめぐるカフェツアーです。 (奈良 bolik coffeeは終了しました)→(徳島 14g 9/14-9/24 open11-19 close火水)→(神戸 markka 10/5-10/16)の3カ所をめぐります。
📲詳しくはmarkka.shop→shop eventをご覧ください。
.
◎ イェンニ・トゥオミネン @jenniannaelinatuominen
1976年生まれ、フィンランド・ポルヴォー在住。イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2006年マリメッコのデザインコンペティションで優勝、その後約30点マリメッコにデザインを提供。2017年フィンランドの名誉あるイラストレーションアート国家賞を受賞。イラストレーション、デザイン、アートの分野以外にも絵本、陶器、絵画などにも幅広く活動しています。2018年夫であるユッカ・ピルヴァスとの共作で絵本を出版、その他ぬりえの本も2016年に出版しています。今回のイベントでは、いまヘルシンキのクリエイターの中で話題となっている陶器オブジェを展示。またムムスデザインから陶器オブジェの動物モチーフを使ったラグコレクションが発売されたばかりです。
.
◎ カイサ・ピックヤムサ @kaisapikkujamsa
1978年生まれ、フィンランド・ヘルシンキ在住。小さなころから手芸が大好きで、2008年動物モチーフの制作をはじめ、リサイクルをテーマに古い洋服からいくつかのふくろうを作りました。
2015年秋にヘルシンキのギャラリーで2016年春に神戸で展示をおこないました。「動物をぬっているのは、動物はとても魅力的で人間のように個人だから。たくさんの人が動物について理解をして、すべての生き物をリスペクトすることを願っています」
近年はマリメッコのヴィンテージ生地で、愛らしいふくろうのミニクッションやちょうちょのブローチを制作しています。
.
◎ ムムスデザイン @mumsdesigns .
◉アートからサスティナブル(環境や社会にやさしい)なデザインカンパニーへ
アフリカの織り職人たちは、家で働き、子どもたちの世話をする母親たちでした。
MUM’sは40〜50人の女性と男性を雇用する持続可能なデザイン会社へと成長しました。
MUM’sのコレクションはフェアトレードであり、
アフリカなどの職人たちに持続可能な収入を確実なものにしていきます。
◉ハンドメイド
私たちは機械でありません。手仕事でものづくりをしています。それには時間がかかります。
MUM’s は独特で創造的なデザインプロセスを用いており、各職人による個々の芸術的タッチがより魅力的に引き立たたせ、実にユニークなデザインアイテムを生み出します。機械では成せないことであり、手仕事だからこそ成せることです。
◉素材
ラグ(ウール):ウール100%はリビングスペースに暖かな心地とスタイルを添えてくれます。
装飾用のため、洗濯はお控えください。
バッグ(コットン):耐久性があり洗濯可能ですが、持ち手はレザーのため汚れはさっと拭くことをおすすめします。
◉作業所
アフリカ、インド、カンボジアとボリビアにある私たちの作業所が、社会的で、経済上、環境上の幸福であるよう専念しています。
MUM’sの職人は、主に家で働く女性たちであり、家で働けることによって、女性が子どもの世話や仕事への交通費節約が叶います。ラグは、伝統として男性たちによって織られています。
.
.
#フィンランド森切り株 #suomimetsakanto
#markka #マルカ
#jennituominen #イェンニトゥオミネン #ごんぞうの徳島さんぽ #うさぎ山ごんぞう

#フィンランド森切り株 とくしまのワンフォージー @14g.jp @14g_staff きょうがさいしゅうび☕️🐰🌳きてくれたみなさんスタッフのみなさん、さんきゅうでした💕しゃしんはじゅんびのひのごんぞうだよ。くっくっく〜。
.
.
「フィンランド、森、切り株」
イェンニ・トゥオミネン カイサ・ピックヤムサ 合同展
.
フィンランドを拠点に活躍するクリエイター2人の合同展。森の中に生息する動物がテーマの愛らしい作品を展示販売いたします。3都市をめぐるカフェツアーです。 (奈良 bolik coffeeは終了しました)→(徳島 14g 9/14-9/24 open11-19 close火水)→(神戸 markka 10/5-10/16)の3カ所をめぐります。
📲詳しくはmarkka.shop→shop eventをご覧ください。
.
◎ イェンニ・トゥオミネン @jenniannaelinatuominen
1976年生まれ、フィンランド・ポルヴォー在住。イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2006年マリメッコのデザインコンペティションで優勝、その後約30点マリメッコにデザインを提供。2017年フィンランドの名誉あるイラストレーションアート国家賞を受賞。イラストレーション、デザイン、アートの分野以外にも絵本、陶器、絵画などにも幅広く活動しています。2018年夫であるユッカ・ピルヴァスとの共作で絵本を出版、その他ぬりえの本も2016年に出版しています。今回のイベントでは、いまヘルシンキのクリエイターの中で話題となっている陶器オブジェを展示。またムムスデザインから陶器オブジェの動物モチーフを使ったラグコレクションが発売されたばかりです。
.
◎ カイサ・ピックヤムサ @kaisapikkujamsa
1978年生まれ、フィンランド・ヘルシンキ在住。小さなころから手芸が大好きで、2008年動物モチーフの制作をはじめ、リサイクルをテーマに古い洋服からいくつかのふくろうを作りました。
2015年秋にヘルシンキのギャラリーで2016年春に神戸で展示をおこないました。「動物をぬっているのは、動物はとても魅力的で人間のように個人だから。たくさんの人が動物について理解をして、すべての生き物をリスペクトすることを願っています」
近年はマリメッコのヴィンテージ生地で、愛らしいふくろうのミニクッションやちょうちょのブローチを制作しています。
.
◎ ムムスデザイン @mumsdesigns .
◉アートからサスティナブル(環境や社会にやさしい)なデザインカンパニーへ
アフリカの織り職人たちは、家で働き、子どもたちの世話をする母親たちでした。
MUM’sは40〜50人の女性と男性を雇用する持続可能なデザイン会社へと成長しました。
MUM’sのコレクションはフェアトレードであり、
アフリカなどの職人たちに持続可能な収入を確実なものにしていきます。
◉ハンドメイド
私たちは機械でありません。手仕事でものづくりをしています。それには時間がかかります。
MUM’s は独特で創造的なデザインプロセスを用いており、各職人による個々の芸術的タッチがより魅力的に引き立たたせ、実にユニークなデザインアイテムを生み出します。機械では成せないことであり、手仕事だからこそ成せることです。
◉素材
ラグ(ウール):ウール100%はリビングスペースに暖かな心地とスタイルを添えてくれます。
装飾用のため、洗濯はお控えください。
バッグ(コットン):耐久性があり洗濯可能ですが、持ち手はレザーのため汚れはさっと拭くことをおすすめします。
◉作業所
アフリカ、インド、カンボジアとボリビアにある私たちの作業所が、社会的で、経済上、環境上の幸福であるよう専念しています。
MUM’sの職人は、主に家で働く女性たちであり、家で働けることによって、女性が子どもの世話や仕事への交通費節約が叶います。ラグは、伝統として男性たちによって織られています。
.
.
#フィンランド森切り株 #suomimetsakanto
#markka #マルカ
#jennituominen #イェンニトゥオミネン #ごんぞうの徳島さんぽ #うさぎ山ごんぞう

New collection in @samujishops ❤️ #ceramic #pony #sculpture #art #jennituominen #samuji #samujishop #helsinki #finland 😘 Inquiry Samuji.com

New collection in @samujishops ❤️ #ceramic #pony #sculpture #art #jennituominen #samuji #samujishop #helsinki #finland 😘 Inquiry Samuji.com

New collection in @samujishops ❤️ #ceramic #dog #sculpture #art #jennituominen #samuji #samujishop #helsinki #finland 😘 Inquiry Samuji.com

#Repost @markkagonzo with @get_repost
・・・
#フィンランド森切り株 とくしまのワンフォージー @14g.jp @14g_staff かいさいちゅう!げつようびまで☕️🐰🌳ついかのおかしもとどいたよ。くっくっく〜。
.
.
「フィンランド、森、切り株」
イェンニ・トゥオミネン カイサ・ピックヤムサ 合同展
.
フィンランドを拠点に活躍するクリエイター2人の合同展。森の中に生息する動物がテーマの愛らしい作品を展示販売いたします。3都市をめぐるカフェツアーです。 (奈良 bolik coffeeは終了しました)→(徳島 14g 9/14-9/24 open11-19 close火水)→(神戸 markka 10/5-10/16)の3カ所をめぐります。
📲詳しくはmarkka.shop→shop eventをご覧ください。
.
◎ イェンニ・トゥオミネン @jenniannaelinatuominen
1976年生まれ、フィンランド・ポルヴォー在住。イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2006年マリメッコのデザインコンペティションで優勝、その後約30点マリメッコにデザインを提供。2017年フィンランドの名誉あるイラストレーションアート国家賞を受賞。イラストレーション、デザイン、アートの分野以外にも絵本、陶器、絵画などにも幅広く活動しています。2018年夫であるユッカ・ピルヴァスとの共作で絵本を出版、その他ぬりえの本も2016年に出版しています。今回のイベントでは、いまヘルシンキのクリエイターの中で話題となっている陶器オブジェを展示。またムムスデザインから陶器オブジェの動物モチーフを使ったラグコレクションが発売されたばかりです。
.
◎ カイサ・ピックヤムサ @kaisapikkujamsa
1978年生まれ、フィンランド・ヘルシンキ在住。小さなころから手芸が大好きで、2008年動物モチーフの制作をはじめ、リサイクルをテーマに古い洋服からいくつかのふくろうを作りました。
2015年秋にヘルシンキのギャラリーで2016年春に神戸で展示をおこないました。「動物をぬっているのは、動物はとても魅力的で人間のように個人だから。たくさんの人が動物について理解をして、すべての生き物をリスペクトすることを願っています」
近年はマリメッコのヴィンテージ生地で、愛らしいふくろうのミニクッションやちょうちょのブローチを制作しています。
.
◎ ムムスデザイン @mumsdesigns .
◉アートからサスティナブル(環境や社会にやさしい)なデザインカンパニーへ
アフリカの織り職人たちは、家で働き、子どもたちの世話をする母親たちでした。
MUM’sは40〜50人の女性と男性を雇用する持続可能なデザイン会社へと成長しました。
MUM’sのコレクションはフェアトレードであり、
アフリカなどの職人たちに持続可能な収入を確実なものにしていきます。
◉ハンドメイド
私たちは機械でありません。手仕事でものづくりをしています。それには時間がかかります。
MUM’s は独特で創造的なデザインプロセスを用いており、各職人による個々の芸術的タッチがより魅力的に引き立たたせ、実にユニークなデザインアイテムを生み出します。機械では成せないことであり、手仕事だからこそ成せることです。
◉素材
ラグ(ウール):ウール100%はリビングスペースに暖かな心地とスタイルを添えてくれます。
装飾用のため、洗濯はお控えください。
バッグ(コットン):耐久性があり洗濯可能ですが、持ち手はレザーのため汚れはさっと拭くことをおすすめします。
◉作業所
アフリカ、インド、カンボジアとボリビアにある私たちの作業所が、社会的で、経済上、環境上の幸福であるよう専念しています。
MUM’sの職人は、主に家で働く女性たちであり、家で働けることによって、女性が子どもの世話や仕事への交通費節約が叶います。ラグは、伝統として男性たちによって織られています。
.
.
#フィンランド森切り株 #suomimetsakanto
#markka #マルカ
#jennituominen #イェンニトゥオミネン #ごんぞうの徳島さんぽ

#フィンランド森切り株 とくしまのワンフォージー @14g.jp @14g_staff かいさいちゅう!げつようびまで☕️🐰🌳ついかのおかしもとどいたよ。くっくっく〜。
.
.
「フィンランド、森、切り株」
イェンニ・トゥオミネン カイサ・ピックヤムサ 合同展
.
フィンランドを拠点に活躍するクリエイター2人の合同展。森の中に生息する動物がテーマの愛らしい作品を展示販売いたします。3都市をめぐるカフェツアーです。 (奈良 bolik coffeeは終了しました)→(徳島 14g 9/14-9/24 open11-19 close火水)→(神戸 markka 10/5-10/16)の3カ所をめぐります。
📲詳しくはmarkka.shop→shop eventをご覧ください。
.
◎ イェンニ・トゥオミネン @jenniannaelinatuominen
1976年生まれ、フィンランド・ポルヴォー在住。イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2006年マリメッコのデザインコンペティションで優勝、その後約30点マリメッコにデザインを提供。2017年フィンランドの名誉あるイラストレーションアート国家賞を受賞。イラストレーション、デザイン、アートの分野以外にも絵本、陶器、絵画などにも幅広く活動しています。2018年夫であるユッカ・ピルヴァスとの共作で絵本を出版、その他ぬりえの本も2016年に出版しています。今回のイベントでは、いまヘルシンキのクリエイターの中で話題となっている陶器オブジェを展示。またムムスデザインから陶器オブジェの動物モチーフを使ったラグコレクションが発売されたばかりです。
.
◎ カイサ・ピックヤムサ @kaisapikkujamsa
1978年生まれ、フィンランド・ヘルシンキ在住。小さなころから手芸が大好きで、2008年動物モチーフの制作をはじめ、リサイクルをテーマに古い洋服からいくつかのふくろうを作りました。
2015年秋にヘルシンキのギャラリーで2016年春に神戸で展示をおこないました。「動物をぬっているのは、動物はとても魅力的で人間のように個人だから。たくさんの人が動物について理解をして、すべての生き物をリスペクトすることを願っています」
近年はマリメッコのヴィンテージ生地で、愛らしいふくろうのミニクッションやちょうちょのブローチを制作しています。
.
◎ ムムスデザイン @mumsdesigns .
◉アートからサスティナブル(環境や社会にやさしい)なデザインカンパニーへ
アフリカの織り職人たちは、家で働き、子どもたちの世話をする母親たちでした。
MUM’sは40〜50人の女性と男性を雇用する持続可能なデザイン会社へと成長しました。
MUM’sのコレクションはフェアトレードであり、
アフリカなどの職人たちに持続可能な収入を確実なものにしていきます。
◉ハンドメイド
私たちは機械でありません。手仕事でものづくりをしています。それには時間がかかります。
MUM’s は独特で創造的なデザインプロセスを用いており、各職人による個々の芸術的タッチがより魅力的に引き立たたせ、実にユニークなデザインアイテムを生み出します。機械では成せないことであり、手仕事だからこそ成せることです。
◉素材
ラグ(ウール):ウール100%はリビングスペースに暖かな心地とスタイルを添えてくれます。
装飾用のため、洗濯はお控えください。
バッグ(コットン):耐久性があり洗濯可能ですが、持ち手はレザーのため汚れはさっと拭くことをおすすめします。
◉作業所
アフリカ、インド、カンボジアとボリビアにある私たちの作業所が、社会的で、経済上、環境上の幸福であるよう専念しています。
MUM’sの職人は、主に家で働く女性たちであり、家で働けることによって、女性が子どもの世話や仕事への交通費節約が叶います。ラグは、伝統として男性たちによって織られています。
.
.
#フィンランド森切り株 #suomimetsakanto
#markka #マルカ
#jennituominen #イェンニトゥオミネン #ごんぞうの徳島さんぽ

#Repost @markkagonzo with @get_repost
・・・
#フィンランド森切り株 とくしまのワンフォージー @14g.jp @14g_staff でかいさいちゅう☕️🐰🌳おすすめはおりのバッグだよ。くっくっく〜。
.
.
「フィンランド、森、切り株」
イェンニ・トゥオミネン カイサ・ピックヤムサ 合同展
.
フィンランドを拠点に活躍するクリエイター2人の合同展。森の中に生息する動物がテーマの愛らしい作品を展示販売いたします。3都市をめぐるカフェツアーです。 (奈良 bolik coffeeは終了しました)→(徳島 14g 9/14-9/24 open11-19 close火水)→(神戸 markka 10/5-10/16)の3カ所をめぐります。
📲詳しくはmarkka.shop→shop eventをご覧ください。
.
◎ イェンニ・トゥオミネン @jenniannaelinatuominen
1976年生まれ、フィンランド・ポルヴォー在住。イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2006年マリメッコのデザインコンペティションで優勝、その後約30点マリメッコにデザインを提供。2017年フィンランドの名誉あるイラストレーションアート国家賞を受賞。イラストレーション、デザイン、アートの分野以外にも絵本、陶器、絵画などにも幅広く活動しています。2018年夫であるユッカ・ピルヴァスとの共作で絵本を出版、その他ぬりえの本も2016年に出版しています。今回のイベントでは、いまヘルシンキのクリエイターの中で話題となっている陶器オブジェを展示。またムムスデザインから陶器オブジェの動物モチーフを使ったラグコレクションが発売されたばかりです。
.
◎ カイサ・ピックヤムサ @kaisapikkujamsa
1978年生まれ、フィンランド・ヘルシンキ在住。小さなころから手芸が大好きで、2008年動物モチーフの制作をはじめ、リサイクルをテーマに古い洋服からいくつかのふくろうを作りました。
2015年秋にヘルシンキのギャラリーで2016年春に神戸で展示をおこないました。「動物をぬっているのは、動物はとても魅力的で人間のように個人だから。たくさんの人が動物について理解をして、すべての生き物をリスペクトすることを願っています」
近年はマリメッコのヴィンテージ生地で、愛らしいふくろうのミニクッションやちょうちょのブローチを制作しています。
.
◎ ムムスデザイン @mumsdesigns .
◉アートからサスティナブル(環境や社会にやさしい)なデザインカンパニーへ
アフリカの織り職人たちは、家で働き、子どもたちの世話をする母親たちでした。
MUM’sは40〜50人の女性と男性を雇用する持続可能なデザイン会社へと成長しました。
MUM’sのコレクションはフェアトレードであり、
アフリカなどの職人たちに持続可能な収入を確実なものにしていきます。
◉ハンドメイド
私たちは機械でありません。手仕事でものづくりをしています。それには時間がかかります。
MUM’s は独特で創造的なデザインプロセスを用いており、各職人による個々の芸術的タッチがより魅力的に引き立たたせ、実にユニークなデザインアイテムを生み出します。機械では成せないことであり、手仕事だからこそ成せることです。
◉素材
ラグ(ウール):ウール100%はリビングスペースに暖かな心地とスタイルを添えてくれます。
装飾用のため、洗濯はお控えください。
バッグ(コットン):耐久性があり洗濯可能ですが、持ち手はレザーのため汚れはさっと拭くことをおすすめします。
◉作業所
アフリカ、インド、カンボジアとボリビアにある私たちの作業所が、社会的で、経済上、環境上の幸福であるよう専念しています。
MUM’sの職人は、主に家で働く女性たちであり、家で働けることによって、女性が子どもの世話や仕事への交通費節約が叶います。ラグは、伝統として男性たちによって織られています。
.
.
#フィンランド森切り株 #suomimetsakanto
#markka #マルカ
#jennituominen #イェンニトゥオミネン #ごんぞうの徳島さんぽ

#フィンランド森切り株 とくしまのワンフォージー @14g.jp @14g_staff でかいさいちゅう☕️🐰🌳おすすめはおりのバッグだよ。くっくっく〜。
.
.
「フィンランド、森、切り株」
イェンニ・トゥオミネン カイサ・ピックヤムサ 合同展
.
フィンランドを拠点に活躍するクリエイター2人の合同展。森の中に生息する動物がテーマの愛らしい作品を展示販売いたします。3都市をめぐるカフェツアーです。 (奈良 bolik coffeeは終了しました)→(徳島 14g 9/14-9/24 open11-19 close火水)→(神戸 markka 10/5-10/16)の3カ所をめぐります。
📲詳しくはmarkka.shop→shop eventをご覧ください。
.
◎ イェンニ・トゥオミネン @jenniannaelinatuominen
1976年生まれ、フィンランド・ポルヴォー在住。イラストレーター、テキスタイルデザイナー。2006年マリメッコのデザインコンペティションで優勝、その後約30点マリメッコにデザインを提供。2017年フィンランドの名誉あるイラストレーションアート国家賞を受賞。イラストレーション、デザイン、アートの分野以外にも絵本、陶器、絵画などにも幅広く活動しています。2018年夫であるユッカ・ピルヴァスとの共作で絵本を出版、その他ぬりえの本も2016年に出版しています。今回のイベントでは、いまヘルシンキのクリエイターの中で話題となっている陶器オブジェを展示。またムムスデザインから陶器オブジェの動物モチーフを使ったラグコレクションが発売されたばかりです。
.
◎ カイサ・ピックヤムサ @kaisapikkujamsa
1978年生まれ、フィンランド・ヘルシンキ在住。小さなころから手芸が大好きで、2008年動物モチーフの制作をはじめ、リサイクルをテーマに古い洋服からいくつかのふくろうを作りました。
2015年秋にヘルシンキのギャラリーで2016年春に神戸で展示をおこないました。「動物をぬっているのは、動物はとても魅力的で人間のように個人だから。たくさんの人が動物について理解をして、すべての生き物をリスペクトすることを願っています」
近年はマリメッコのヴィンテージ生地で、愛らしいふくろうのミニクッションやちょうちょのブローチを制作しています。
.
◎ ムムスデザイン @mumsdesigns .
◉アートからサスティナブル(環境や社会にやさしい)なデザインカンパニーへ
アフリカの織り職人たちは、家で働き、子どもたちの世話をする母親たちでした。
MUM’sは40〜50人の女性と男性を雇用する持続可能なデザイン会社へと成長しました。
MUM’sのコレクションはフェアトレードであり、
アフリカなどの職人たちに持続可能な収入を確実なものにしていきます。
◉ハンドメイド
私たちは機械でありません。手仕事でものづくりをしています。それには時間がかかります。
MUM’s は独特で創造的なデザインプロセスを用いており、各職人による個々の芸術的タッチがより魅力的に引き立たたせ、実にユニークなデザインアイテムを生み出します。機械では成せないことであり、手仕事だからこそ成せることです。
◉素材
ラグ(ウール):ウール100%はリビングスペースに暖かな心地とスタイルを添えてくれます。
装飾用のため、洗濯はお控えください。
バッグ(コットン):耐久性があり洗濯可能ですが、持ち手はレザーのため汚れはさっと拭くことをおすすめします。
◉作業所
アフリカ、インド、カンボジアとボリビアにある私たちの作業所が、社会的で、経済上、環境上の幸福であるよう専念しています。
MUM’sの職人は、主に家で働く女性たちであり、家で働けることによって、女性が子どもの世話や仕事への交通費節約が叶います。ラグは、伝統として男性たちによって織られています。
.
.
#フィンランド森切り株 #suomimetsakanto
#markka #マルカ
#jennituominen #イェンニトゥオミネン #ごんぞうの徳島さんぽ

Paling Populer Instagram Hashtag