#gun_omi_shiori

MOST RECENT

#gun_omi_shiori 63
.
毎日忙しく過ごしていると
時間がたつのもあっとゆう間で
明日はいよいよ待ちに待った日曜日…
.
.
相変わらず栞とゆっくり過ごせる時間などなく
明日の予定もちゃんと話せていない。
.
.
__PM9時
.
普段だったら一度現場に入ったら
休憩時間でも楽屋に戻ることはほぼないが
今日は栞に電話をすべく
マネージャーに声を掛けて楽屋に戻った。
.
.
pruu…
.
.
剛『あっ!もしもし!? 今もう家…?』
.
.
「どうしたの…そんなに慌てて(笑) 」
.
剛『いや、今ちょっと時間あいて…
. 明日のことまだちゃんと話せてなかったからさ。』
.
.
「そっか…」
.
剛『うん。それでさ、明日時間もらえたの
. AM7時から約2時間で… 』
.
.
「ずいぶん朝早いのね(笑)」
.
.
剛『あ、、ごめん。
. せっかくの日曜なのに…』
.
.
「ううん。何時でも嬉しいっ♡」
.
.
剛『良かったぁ…
. でさ、今日もまだまだ仕事かかりそうで…
. まだ当分帰れそうにないんだ。』
.
.
「明日のために無理してるんじゃない…?」
.
不安そうに栞がボソッとそう言った。
.
.
.
剛『前にも言っただろ!?(笑)
. 栞との時間が無い方がしんどいって…』
.
.
.
.
剛『あっ!俺もうそろそろ戻らないとだ…
. 明日はぜってぇ寝坊したくないから6時半に起こして!?』
.
.
「うん♡わかった!」
.
.
剛『じゃあ… また明日な。』
.
.
.
.
.
.
__翌朝
.
夢の中で体がユラユラ揺れて
遠くから大好きな栞が俺の名前を呼ぶ声が
聞こえてくる。
.
.
剛『んっ… 』
.
.
「たかのりーーっ!!起きてーーっ!!」
.
.
少しずつ現実の世界へと引き戻されると
もうすっかりメイクも済ませて
出かける準備万端の栞が俺の体を揺すっていた。
.
.
うっすら開けた目が
クルンと睫毛がカールした栞の瞳をとらえて
視線が交わる。
.
.
剛『ふふっ…♡ ぉはよ…』
.
「あっ!起きた!? おはよっ♡」
.
.
栞の腕を引いてベッドに引きずり込もうとしたら
.
「ちょ、たかのり!!
. 今日は出かけるんでしょ!?」
.
.
栞の言葉で我に返って飛び起きた。
.
.
.
剛『やっべ! 今何時…!?』
.
「まだ6:45だからそんなに慌てなくても大丈夫だよっ(笑)」
.
.
慌ててベッドから飛び出して洗面所に向かい
パパっと歯磨きと洗顔だけ済ませリビングに戻ると
テーブルの上には弁当らしきものが置いてある。
.
.
剛『これって……』
.
「張り切って早起きして作っちゃった♡
. 朝ご飯にすればいいかなぁ…と思って。」
.
.
剛『まじでっ!!??』
.
. 「ねぇ、剛典… 寝癖すごいよ?(笑) 」
.
.
剛『いーよ。そんなもん!!
. CAP被っちゃえば一緒だし。』
.
.
.
剛『そんなことより早く行こっ!!』
.
.
なるべく “岩田剛典” 感が出ないように
ラフな私服に着替えて
一応サングラスをかけてっと…
.
.
剛『よしっ!こんなもんで大丈夫だろ。』
.
「 “岩田剛典” が駄々漏れてるけど……」
.
.
剛『大丈夫だよっ!
. みんなスマホに夢中だったりで
. 意外と人の事なんて見てないから。』
.
.
.
.
剛『さっ!行こっ♡』
.
手招きをして栞を呼び寄せ
お気に入りのお揃いのスニーカーを履いて
家を出た。
.
.
☆to be continue…☆
.
______________________________
*
⚠昨日postしようとしてたやつだから
ここから下の話ちょっと古めです😇←
.
.

ちょっとさ、昨日の “今くら” なに???#爆
.
最初は徹子さんとかだったから
夕飯の片付けしながらチラチラ見てたけど
おそらくまだ出てない様子で21時過ぎになったら
亀が出てきて…🐢💕
#わたしとしてはそれはそれで良い☺
#うちの和也が尺とってすいませんね😇←←
パッと時計見たらもう番組終わるじゃん!!!
.
えっ?やっぱ片付けしてる間に
たかのりもう出た!??と思ってたら
最後の最後にキタじゃないの!!!!#秒😇
.
.
でもね、あの衣装とか髪型とか💯💮
あと何よりも靴がピッカピカ✨#そこ
いや、でもあの靴ほんとかっこよかったぁ♥
.
あとね、#まだある
最初踊った後に後藤さんに「ずるいわぁ!!」って突っ込まれた時の仕草と顔☺♥
むりっ!!!!!!!!😇😇😇好きっ♥
.
.
#三代目jsoulbrothers #exile #岩田剛典 #登坂広臣 #今市隆二 #naoto #山下健二郎 #elly #小林直己 #妄想 #妄想ストーリー #妄想story #ストーリー #story

#gun_omi_shiori 62
.
昨夜 栞を充電して
少しは気持ちが満たされたはずなのに
今日も朝から深夜まで次々と向けられるカメラや
記者さんからの質問に
やっぱり気持ちに余裕が無くなっていく。
.
.
.
撮影の空き時間ダメもとでマネージャーに
数時間でもいいから近々時間を空けてほしいと
頼み込んでみたけど
その場で良い返事はもらえなかった。
.
.
簡単ではない頼みだとゆうことはわかっていたし
すぐにどうにかなるような話ではないのもわかってる。
.
.
.
それでも
《今思っていることを伝えない限り
. それが叶うことはない。》
.
そう思ってダメもとでもいいから
とりあえずお願いしてみた。
.
.
.
.
.
__数日後
.
重たい身体を引きずりながら
いつものように迎えの車に乗り込んで
ボーっとスマホをいじっていると
疲れも眠気も一瞬にして吹き飛ぶ言葉が
耳に飛び込んできた。
.
.
マ「あ、そうだ!今度の日曜日
. 朝2時間だけ空きそうなんだけど…」
.
.
剛『えっ!!まじっすか!??』
.
.
ビックリしすぎて思わず
持ってたスマホを落とすくらい嬉しかった。
.
.
.
座席の下に落ちたスマホを拾って
すぐに栞に連絡をする。
.
.
剛:おはよう!
. 次の日曜日の朝2時間だけだけど空いたから。
. 栞も絶対に空けといて!!
.
.
まだ寝ているのかすぐには既読にならなかったけど
撮影の合間に携帯をチェックすると
栞からの返信が届いていた。
.
.
栞:お疲れ様(^^)
. えっ!!ほんとに!?
. 絶対に空けておくね♡
.
.
.
声に出して喜びを叫びたいくらいだったけど
周りにはたくさんのスタッフさんもいるし
そんなことは到底できなくて
心の中に留めておいた。
.
.
.
俺から“たまには外に出かけよう”って
言い出したものの
いざ時間が取れると こんなこと久しぶりすぎて
どこに行って何をして過ごそうか…
ちょっとわからなくなってくる。
.
.
でも、そんなこと言ってたって
結局は栞と2人で過ごせれば
どこで何をしても楽しいに決まってる。
.
だから今から悩むのはやめて
とりあえず日曜日までの仕事を
全力でこなすことだけを考えることした。
.
.
.
栞との次の約束があるってだけで
こんなにもわくわくして
スタッフさんからも
“何か良い事でもあったんですか?” なんて
突っ込まれるくらい
はたから見ても上機嫌だった。
.
.
《俺はどんだけ栞のことが好きなんだか…》
.
.
.
.
今日も深夜までパンパンだった仕事を終えて
マンションへと向かう車内で
改めてマネージャーに感謝の気持ちを伝える。
.
.
剛『日曜日の件…
. ほんとにありがとうございました。』
.
.
マ「あぁ…。
. 正直けっこう大変だったんだからね!?(笑) 」
.
.
剛『そうっすよね… ほんとにありがとうございます!!』
.
.
マ「その代わりに前後のスケジュール変更で
. ちょっとタイトになるけどよろしく頼む。」
.
.
剛『もちろん了解っす! 頑張ります!!』
.
.
.
そうこうしているうちに車はマンションに到着し
明日の迎えの時間を確認して車を降りて
今日も電気の消えた部屋へと帰り
ササっとシャワーを浴びて
栞が眠るベッドにそっと滑り込んだ。
.
.
☆to be continue…☆
.
______________________________
*
東京の桜咲いたねぇ🌸
.
土曜日 中目にお花見散歩行ったけど
ほぼ満開でしたね🌸✨
どうやら桜祭りとやらをやっていたようで
#リサーチ不足
屋台とかもたくさん出てて
とにかくすんげぇ人でした😇
.
.
そしてそして…
母校が出てるとかじゃないくせに←
なぜか毎年 甲子園に仲間と高校野球観に行く旦那😇
わたしだって大阪行きたい!!!って
フラストレーションを発散すべく←
土曜日はちょっと贅沢してブランチでたかのりが
行ってた焼き肉食べてきたぁ☺💙
.
もちろん味も最高なんだけど
それよりもコレと同じメニューを
たかのりが食べたってことが何よりも
さいっこーーー!!!って感じでした😭💙💙
.
.
J.S.Bショップで赤いニット帽買っちゃったし❤
オシャレなcafeにも行けたし
ほんとに💯💮な土曜日でしたっ!!!✨
.
.
なんか久々に心が満たされたぁ☺☺☺
.
.
#三代目jsoulbrothers #exile #岩田剛典 #登坂広臣 #今市隆二 #naoto #山下健二郎 #elly #小林直己 #妄想 #妄想ストーリー #妄想story #ストーリー #story

#gun_omi_shiori 61
.
溢れそうになった涙をグッとこらえて
スーっと気持ちを落ち着かせたら
強く抱き締めていた力を少し緩めて話し出す。
.
.
剛『映画は無事に公開になって一段落したけど…
. 連ドラの撮影が本格的に始まったら
. またバタバタで余裕なくなると思うんだ…』
.
.
剛『本格的に連ドラの撮影入る前にさ、
. ちょっと時間作ってもらえるようにするから
. たまには外に出かけない!?』
.
.
「 えっ…!??」
.
.
剛『この状態のまま連ドラに入ってくの正直ちょっとしんどいわ…
. さすがにもう充電切れそ…』
.
.
「私は嬉しいけど… そんな時間ある?」
.
.
剛『んー、、あるか無いかで言ったら無いかな(笑)
. でもなんとかしてもらうから。』
.
.
.
「無理しないで…?」
.
.
剛『無理してでもそうゆう時間作んない方が
. 今の俺にとってはしんどいんだよ…』
.
.
.
.
.
「 ……うん…」
.
.
.
剛『よしっ!そうと決まったら寝よっ!!』
.
.
「明日も早いんでしょ?」
.
.
剛『もうあと2時間後には迎えが来るかな…』
.
.
「えっ!嘘っ、やだっ!!早く寝て!!
. 私と喋ってる場合じゃない…」
.
.
剛『ふふっ… ばぁーか♡
. 睡眠より栞の方がよっぽど元気になるから大丈夫だよ。』
.
.
「そんなわけないでしょっ!!」
.
.
剛『はいはい…(笑)
. もういいから… 今日はこのまま寝させて?』
.
.
.
普段は寝ている栞を起こさないように
そっと髪や頬を撫でて
そっとキスを落とすくらいで
抱き締めて寝たりはしていない。
.
.
今日は特別に栞を抱き締めたまま眠りにつく。
.
.
.
剛『はぁ… すげぇ落ち着く♡』
.
.
「私も…♡」
.
.
ごそごそと俺の胸に顔を擦り寄せてきて
耳をピタリとくっつけてきた。
.
.
「はぁ… 剛典の心音ってね、
. ほんとに落ち着くの。」
.
そう言った栞の背中を
小さな子供をあやすかのように
ポン…ポン… とゆっくり叩く。
.
.
剛『おやすみ…♡』
.
.
.
.
.
.
極上の時間はあっとゆう間に過ぎ
耳障りなアラーム音で
夢の中から現実へと引き戻される。
.
.
腕の中で規則正しい寝息を立てて眠る栞から離れたくなくて
時間ギリギリまでくっついていた。
.
.
今日もまた慌ただしい1日を乗り越えるべく
軽いけど長めのキスをして
カラカラだった心を充電する。
.
.
.
名残惜しい気持ちをなんとか振り払い
腕から栞を解放して
ササッと出かける準備を済ませた。
.
.
.
《よしっ!頑張りますかっ!!》
.
.
心の中で気合いを入れ
お気に入りのCAPをポフッと頭に乗せて
家を出た。
.
.
☆to be continue…☆
.
_____________________________
*
昨日の「今夜くらべてみました」
楽しかったなぁ☺♥
たかのりの漫喫でのチューの話
たまらなかったなぁ☺💋
もう、ほんっと大好きっ!!!!!!!
来週もまた出るんだよね!?
めっちゃ嬉しい☺☺☺
#ちなみにカツンの亀も出るよ🐢💕←
#なんてお得な2時間なんでしょう💮
.
.
なんかやっぱLDHって色んなツールで
色んな形で情報どんどん出てくるから
ちょっと大変すぎるねぇ💦#急に
.
情報があれば追いたくなっちゃって
追いきれないことにイライラしたり落ち込んだり…
追ったからって何がどうなるわけじゃないのも
わかってるんだけど…
んーーー。
なんだかなぁ…って感じ😩#なに
.
.
#三代目jsoulbrothers #exile #岩田剛典 #登坂広臣 #今市隆二 #naoto #山下健二郎 #elly #小林直己 #妄想 #妄想ストーリー #妄想story #ストーリー #story

#gun_omi_shiori 60
.
栞と2人きりのちょっと早めのX'masパーティーを
してからは
年末の歌番組の出演などで多忙な日々が続き
年始に少しまとまった休みをもらえたものの
それが開ければ初単独主演映画のPRのため
TV収録、取材…
とにかくこの映画をヒットさせるべく
できる限りのことはやりたくてがむしゃらに走り続けた。
.
.
.
その途中、29回目の誕生日を迎え
共演者や親しい友人から祝ってもらったけど
最近では栞が寝てから帰宅して
翌朝栞が起きる前にまた仕事に出かけるような日が多くなっていた。
.
.
.
栞も俺がこの映画にかける想いを
理解してくれていて
今のこのなかなか一緒に過ごせない生活も受け入れてくれているけど
前回の臣さんとのことがあった時と少し似たような状況に正直危機感を感じていた。
.
.
俺に負担をかけまいと平気なふりをして
また自分の中で溜め込んでしまっているんじゃないかと心配になる。
.
.
.
だけど俺も映画の公開を迎えるまでは
どうしてもそっちに集中したい。
.
.
.
.
__とある日の夜
.
いつものように栞が寝ているベッドに
そっと滑り込むと
たまたま眠りが浅かったのか
栞が俺の気配に気付く。
.
「おかえり…」
.
剛『ごめん… 起こしちゃった?』
.
.
「 …………。 」
.
.
栞からはなんの応答もなくて
暗がりで表情を読み取ることはできないけど
さすがにそんな数秒で寝ているはずはない。
.
.
.
剛『こっちおいで… 』
.
.
腰を引き寄せ腕の中に閉じ込めて
大好きな栞の香りをスーっと大きく吸い込んだ。
.
.
剛『最近忙しくて…
. また栞に淋しい想いさせてたらごめん…』
.
.
.
腕の中で小さく首を横に振った栞を
今までよりも強い力で抱き締める。
.
.
剛『こんなの自分勝手かもしれないけど…
. どんなに忙しくても どんなことがあっても
. 栞がいてくれるから頑張れるんだ… 』
.
.
.
剛『 “おはよう” とか “おやすみ” とか
. そんな些細な会話すらできなくても
. ここに帰ってきて栞の姿を見たら安心するし…』
.
.
.
剛『こんなに誰かを愛おしいって想ったのも
. 初めてで… 』
.
.
.
剛『 ___ ほんとに愛してる。』
.
.
.
.
腕の中の栞が少し上にあがってきて
俺の頬にそっと手が添えられると
そこから色んな想いが伝わってきて
なんだか鼻の奥がツンとなるのを感じた。
.
.
.
「たかのり…
. 私はたぶん剛典が想ってる以上に
. 剛典のことが大好きで愛してるよ…?」
.
.
「欲を言ったらキリがなくて…
. もっともっと一緒にいれる時間があったらいいなって思うこともあるけど
. 剛典がこうしてここに帰ってきてくれるだけでいいの。」
.
.
「なんの取り柄もない私にしてあげられることなんてないのかもしれないけど…」
.
.
.
「世界中の誰よりも“岩田剛典”の一番のファンで
. 応援してるんだからっ!!」
.
.
最後は得意気な顔で
すげぇ嬉しいことを言ってくるから
涙が溢れてきそうになって
それを誤魔化すかのように力一杯抱き締めて
再び腕の中に閉じ込めた。
.
.
☆to be continue…☆
.
______________________________
*
自分でも想定外の進み具合で←
前回のstory59でようやく
少し早めのX'masパーティーの夜が終わったので←
#もう3月中旬
ちょっと時間軸を一気にすっ飛ばしました😇爆
.
ほんとはたかのりの誕生日までに
誕生日に結び付くように話を進めて
誕生日storyを絡めたかったんだけど
ぜんっぜん無理でしたね😇😇😇
.
.
なんかもうとにかく
毎日のように押し寄せてくる
たかのりの情報やら画像やらに完全に溺れて
日常生活に支障をきたすレベルです☺
#サイテー
.
.
あとは春の嵐と低気圧で
とにもかくにも顔の神経痛がヤバイ😭
ちょっと今年は異常とゆうか
過去一ってくらいダメですな…
偏頭痛にもなっちゃうしでしんどっ😩
.
.
みんなはお元気してますか???
片頭痛持ちとか、古傷持ちの人は
絶対しんどいよね😭
.
お互い無理せずに…
ボチボチ頑張りましょう!!💪
#おまえはもっと頑張れよ←
.
.
#三代目jsoulbrothers #exile #岩田剛典 #登坂広臣 #今市隆二 #naoto #山下健二郎 #elly #小林直己 #妄想 #妄想ストーリー #妄想story #ストーリー #story

#gun_omi_shiori
.
風呂から出てタオルだけ巻いている栞の髪の毛を軽くドライヤーで乾かしてやる。
.
剛『よしっ!こんなもんでいっかな!?』
.
頭をポンポンっとしてそのまま栞を抱き上げた。
.
「ひゃっ💦ちょ、ちょっと…たかのり…!?」
.
剛『いいから。もう喋らないで… 』
.
.
寝室まで運んでベッドに沈め、栞の上に跨がった。
.
風呂あがりで火照った身体、頬…
俺をみつめる潤んだ瞳…
まだ少し濡れている髪…
栞のそのすべてに煽られる。
.
角度を変えながら何度も何度も唇にキスを落とす。
.
栞の身体を覆っていたバスタオルを一気に剥ぎ取り俺のキスは唇から徐々に下へとさがっていく。
.
胸の先端に吸い付くと栞が一際甘い声をあげ、大きく身体を反応させる。
.
顎が上がった綺麗な栞の首筋が目に入り俺はおもいっきり吸い付き赤い花を咲かせた。
.
「んっ… 痛っ… 」
.
剛『__栞は俺のものだから… 」
.
「たかのり… 急にどうしたの…?」
.
いつもだったらそんな目立つ場所に付けることはしない。
だけど栞が臣さんと会うなんて言うから…
俺は臣さんへの牽制の意も込めてわざと目立つ場所に印を付けた。
.
.
不安、嫉妬、怒り…
その一方で心から栞を愛し、大切に想う気持ち…
そんな様々な想いをすべてぶつけるかのように何度も栞を抱いた。
.
.
まだ肩で息をしている栞を抱き寄せ胸におさめる。
.
剛『栞… ごめん。
. なんか俺…… 気持ちに余裕なくて…
. 本当はもっと優しく抱きたかったのに… 』
.
「…… 剛典? 何かあった!?」
.
剛『なんで…?』
.
「なんか今日の剛典いつもと違うから… 」
.
.
剛『何もないよ…。
. でもそんな気持ちにさせてごめん。」
.
.
栞を抱き締める腕に力が入る。
.
.
栞と臣さんの間に何があったのか、本当に何かあったのかすらもまだわからないのに俺の心は完全に掻き乱されていた。
.
早くこの状況から抜け出したい…
でもどうやったら抜け出せるのだろう…
.
栞は今俺の腕の中にいるのに
栞の心はすごく遠く感じ
俺はとんでもなく大きな不安に押し潰され
気がどうにかなってしまいそうだった。
.
.
☆to be continue……☆
.
______________________________
*
好きな人にドライヤーで髪の毛乾かしてもらうのって良いよね♥
私そうゆうのすっごい好き♥#誰も聞いてない
ドライヤーからの頭ポンポンとかマジ最高かよ😆♥
#またもや個人的願望詰め込んですみませんね😂
.
ここでエロを事細かに書いてるといつまでも話が進まないからすっ飛ばし💨💨
皆さんの豊かな妄想力でたかのりとイチャコラしちゃって下さーい♥#丸投げ😂
臣famの母ちゃんが臣の出番を待っております故…💙#母ちゃんお待たせー!!
とゆうわけでしばらくお休みしていた#世界の登坂 が次回登場!!(予定です)爆
.
またもやstoryと全然関係ない雑談入りまーす✋
私もともとタレントの『ヒロミ』が人として大好きなんですが、今日の#金スマ がヒロミの特集でして…
いつもTVはスマホをいじりながらなんとなく見てることが多いけど今日はCM以外は無意識にスマホ放置でめっちゃTVに集中👀📺
今日の金スマを見たらますます大好きになったわぁー😭💕
もうすぐ銀婚式を迎えるとゆうのに変わらず奥様とラブラブだし、手先が器用でなんでも作っちゃうし、仲間想いで優しいし、男気があるし…♥
好きなところを挙げていったらドンドン出てくる✨
こんな人なかなかいないと思うなぁ💯💮
.
せっかく桜がほぼ満開だとゆうのに横浜の今週の土日は天気がイマイチなようで…
昼間は鳩がいるから無理だけど、夜桜見に行きたかったなぁ🌸✨
私の家の近くを流れている川沿いはちょっとした桜の名所で屋台も出るしすごい良いのにぃ😣
.
それでは皆さん素敵な週末をお過ごし下さい🌟
.
.
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣 #臣くん
#妄想 #妄想story
#story #ストーリー
#妄想ストーリー
#桜 #夜桜

#gun_omi_shiori
.
俺は脱衣所でさっさと着ていたものを脱ぎ捨て洗濯機に放り込む。
.
その時……
栞の衣服から臣さんの香りがしたことが一瞬頭をよぎる。
.
さっきまでの浮かれていた気持ちがまるで嘘のように曇っていき、それは嫉妬心へと変わっていく。
.
.
モタモタしている栞の服を手際よく脱がせバスルームに入るやいなや栞の唇を塞いだ。
.
「んっ…ふっ…たかのり… 」
.
.
剛『あっ……ごめん。
. 裸でこんなことしてたら風邪引いちゃうよな💦』
.
嫉妬心でどうにかなりそうになり、その場で栞をすぐにでも抱いてしまいたかったけど、一旦冷静になる。
.
「もぉ…。ほんとだよ…笑
. たかのり風邪引いたら大変でしょ!」
.
こんな時でも俺のことを気遣ってくれる栞が
心底愛しい。
.
.
剛『ねぇ、栞〜。洗いっこしよ♪』
.
「え"〜。たかのりちゃんと洗ってくれるのぉ?
. 変なことしない!?笑」
.
剛『おまっ…失礼だなぁ!!笑
. だいたい変なことってどんなことですか〜?栞ちゃん…… 』
.
「もぉいいっ!!自分で洗う!!」
.
剛『ちょっ…ちょっ…待てって💦
. ごめん。冗談だってばぁ〜!笑
. ちゃんと真面目に洗うから。』
.
そう言って栞の後ろに回り込み髪の毛を洗ってやる。
.
剛『どぉ?気持ちぃ〜!?』
.
「うん。いい感じ♪
. たかのりうまいじゃん!」
.
剛『だろ?だから任せとけって言ったんだよ♪』
.
剛『はいっ!髪の毛はOKだから次、体洗いまーす!』
.
「たかのり手で洗うと絶対変なことするから
. スポンジで洗ってね!」
.
《やべぇ。バレてるし… 笑》
.
.
剛『はいはい…笑 』
.
魂胆がバレバレだったから仕方なく栞が言うとおりスポンジで優しく体を洗った。
.
.
剛『よしっ!終わった〜!!』
.
「ふふっ。ありがと♪」
.
剛『じゃあ今度は俺の番〜♪』
.
「いいよ。じゃあ交代ね。」
.
今度は栞が俺の髪の毛をシャンプーしてくれる。
わざとじゃないんだろうけど、動いた時にたまに栞の先端が背中に当たって変な気持ちになっちゃうのを必死に我慢した。
.
.
「はいっ!終わり〜♪」
.
剛『はぁ〜。気持ち良かった♪ 最っ高!!』
.
「はははっ♪そんなに?笑」
.
剛『体は自分で洗うわ。』
.
「えっ?…なんで!?」
.
剛『栞の体が冷えちゃうだろ…。
. 先に湯船浸かってて。』
.
「///うん。わかった。」
.
俺はダッシュで自分の体を洗い、栞が待つ湯船に滑り込んだ。
.
栞を足の間に座らせて後ろから抱きしめ首もとに顔を埋める。
.
剛『はぁ……。まじで幸せ…… 』
.
「私も……。」
.
剛『しばらくこうさせて… 』
.
「うん♥」
.
俺が回した腕に栞が手を重ねてくる。
.
.
「__たかのり?ねぇ、ちょっと!!
. たかのりー!!!」
.
剛『えっ…んっ!? あぁ…。
. 気持ち良いし、幸せすぎて寝てた…笑』
.
「いきなりスースー寝息聞こえてくるからびっくりしちゃったよ!!笑」
.
剛『はははっ♪わりぃー。わりぃー。笑
. あんまり入ってると逆上せるからそろそろ出よっか!?』
.
「うん。そだね…。
. 剛典先に出ていいよ。」
.
剛『えっ…なんで?一緒に出ようよ!?』
.
「恥ずかしいから嫌だ…/// 」
.
剛『これからもっと恥ずかしいことしようとしてるのに…?』
.
「もぉ〜。いちいち言わなくていいから/// 」
.
栞がピシャッと俺の顔にお湯をかけてきた。
.
剛『おまっ…やったなぁ〜!!』
.
「キャアァァァー!!!やめて。やめて。」
.
お返しに後ろから栞をきつく抱きしめ肩のあたりにハムハム噛みつくとくすぐったいのかキャッキャと騒いでいる。
.
《栞は色んな顔を見せてくれるね。
. ほんとお前はどこまで俺を夢中にさせるの?》
.
.
☆to be continue……☆
.
______________________________
*
けっこうずっと切な典が続いていたからねぇ💔
冒頭こそ不穏な感じだったけど、ここらでちょっとイチャコラさっさ🛀💕
シないけど、こうやってじゃれ合ってるのって書いててほっこりするー♥
もう私の願望やら妄想が爆発だー🔥🔥🔥
.
わざと『だいたい変なことってなんですか〜?』ってチョイS典出してくるかと思いきや、体冷えちゃうの気遣ってくれちゃってさぁ😣♥
剛典の最後の心の声も個人的にすっごいツボ♥
もぉー!!好き♥好き♥好きーー♥♥
.
それにしても臣どした!?(爆)
これしばらく出番ないよね。。
だって次は剛典と栞ちゃんがお風呂から出てからの話になるしぃ……♥♥♥
まぁ、臣にはちょっと待っててもらおう😂
#世界の登坂でもそんな時もある
.
前回postのKAT-TUNネタ…
意外にもみんなが『私は○○が好きだったよー!』とか話してくれてすごい楽しかったぁ🙌💕
.
.
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣くん #臣
#妄想 #妄想story
#妄想ストーリー
#ストーリー

#gun_omi_shiori
※2枚目以降のpicはstoryと関係ありません🙏
.
.
栞が臣さんと会うと聞かされてからの俺はそのことばかりが気になって心ここにあらず…の状態だった。
.
夕食を食べ終え洗い物をしている栞の後ろ姿をダイニングテーブルに座りながら見つめる。
.
.
剛『なぁ、栞!? . それ終わったらさ、久しぶりに一緒に風呂でも入ろうよ。』
.
「どうしたの?急にそんな改まって…笑」
.
栞が振り返って不思議そうに笑っている。
.
剛『いや、別に改まってるつもりはないけど…笑
. こんなに早く帰れたのめっちゃ久しぶりだからさ。
. 栞とゆっくり過ごしたいなぁ〜って思っただけ…。』
.
「ほんとそうだよね。
. 私もこんな時間に剛典がいてくれて嬉しい♪
. もう少しで終わるから、そしたら一緒にお風呂入ろっか!?」
.
栞がにっこり微笑んでそう言うもんだから俺は心の中では跳び跳ねるくらい嬉しかった。
__俺ってほんと単純だ……。
.

剛『じゃあ俺 風呂沸かしてくるわ♪』
.
.
栞と一緒に風呂に入るのなんていつぶりだろう…。
栞の裸はもう数えきれないほど見てきているのになんだか緊張してしまう自分に笑えてくる。
.
俺はどんだけ栞のことが好きなんだか…
.
.
栞が片付けを終えた頃ちょうどお風呂が沸いた音が鳴り響く。
.
俺はキッチンにいる栞に勢い良く声を掛けに行く。
.
剛『栞〜♪お風呂沸いたよ。
. 早く入ろっ!!』
.
栞の手を引きついついバスルームへと急ぎ足になってしまう。
.
「ちょっ…たかのりちょっと待ってぇ〜笑
. 着替えとか持っていかないと💦」
.
剛『んなもんいらねぇよ。
. どうせすぐ脱ぐことになるし!?』
.
俺がニカッと笑って栞の顔を覗き込むと栞はその意味を察知して恥ずかしくなったのか頬を赤らめて俯いている。
.
《はぁ……ほんといちいち可愛すぎ/// 》
.
.
☆to be continue……☆
.
_____________________________
*
ちょっと短いけどお風呂の中でのイチャコラを書き出すと絶対に文字数オーバーになりそうだからここでストープ✋”
ただでさえのろのろ更新なのに話ぜんぜん進まないってゆう…😱
これいつになったら臣と会うの〜?爆
#これはstory100も冗談ではなくなってきた😏←むり
.
どうせすぐ脱ぐことになるから着替えの服はいらないってー♥
キャーーー🙈💕
こうゆうのサラリと言う人好きだわー♥#なんの話w
.
ここからはちょっと三代目から話逸れます💦
この間の土曜に映画『#PとJK 』を観てきまして♥
picの2枚目以降はそのときの(笑)
もうね、KAT-TUN がデビューする前からずっと#亀 のことが好きで好きで…♥
だから映画の席ももちろんK列を選ぶよね♥
KAT-TUN以外のグループを好きになることなんてあり得ないと思っていたし、亀以上に好きになる芸能人なんてこの世に存在しないと思ってた。
そしたらいたよーーー!!!
最初は自分でも信じられないくらいビックリだったし、三代目にハマっていくのが怖くてあまり触れないようにしてたけど、無理でした(爆)
たかのりが好きーーー♥
亀のことはもう10年以上ずっと好きだから腐れ縁だな♥
やっぱりTVに出るとなれば録画するし、追っかけちゃう💨💨
『PとJK』と4月からのドラマ出演でずーっと番宣ラッシュだし、三代目もベストアルバム発売であらゆる番組に出てたからほんっとてんてこ舞いだったぁ😵
常にHDD編集して容量確保して…の繰り返し💦#嬉しい悲鳴
.
とゆうどーでもいい私の話を書くくらいならstoryもう少し長く書けたね😂
ごめんなさーい🙏
次のstory急いで書きますので✏💦
.
.
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣くん #臣
#妄想 #妄想story
#ストーリー #story
#妄想ストーリー

#gun_omi_shiori
.
仕事を終えスーパーで買い物をしてから家に帰ると剛典がいた。
.
.
「えっ!?あら?…どしたの!?」
.
剛『撮影機材のトラブルで夜の撮影なくなったってさっきLINEしたんだけど…笑』
.
「嘘!?ごめんっ。
. 携帯バッグに入れっぱなしで気付かなかった💦」
.
剛『……まぁいいけど。』
.
.
「お腹空いてる?…よね!?
. 急いで作るからちょっと待ってて💦」
.
剛『そんな急がなくて大丈夫だよ…笑』
.
.
栞が夕飯を作ってくれている間
俺は特に興味もないテレビを
なんとなくボーっと見ていた。
.
.
.
しばらくすると栞がこちらに寄って来て
俺の肩を叩きながらクスクスと笑っている。
.
.
剛『なんだよ!?笑』
.
.
「ご飯できたよー!って何回も呼んでるのに
. 剛典ぜんぜん気付かないんだもん…笑」
.
剛『えっ…あぁ、ごめん!ごめん!
. ボーっとしてたわ。』
.
.
「ご飯できたから一緒に食べよ♪」
.
.
そう言って栞は俺の手を引きソファーから立ち上がらせ
手を繋いだままダイニングへと向かう。
.
.
テーブルの上には短時間で作ったとは思えない
おいしそうな料理が並んでいた。
.
.
剛『うっわぁ〜。うまそぉ〜!!』
.
「久しぶりに剛典と一緒に食べれるから
. 張り切っちゃったっ/// 」
.
.
照れくさそうに笑う栞が可愛くて…
愛しくてたまらない。
.
.
剛『冷蔵庫から酒取ってくる!』
.
.
2人のグラスにビールを注ぎ、声を合わせて
『「かんぱーーい!!!」』
.
『はぁ〜。うんまっ♪』
「はぁ〜。おいしぃ〜♪」
.
2人の声が同時に重なり、お互い目を合わせて笑い合う。
.
.
《こうゆう瞬間がまじで幸せだ…… 》
.
.
剛『いっただっきま〜す!!』
.
栞が作ってくれた料理を口いっぱいに頬張る。
栞は料理がうまいし、いつも俺の好みに合わせて
作ってくれる。
.
.
剛『あ"〜まじでうまいわ!! 幸せっ♪』
.
.
.
.
だいたいの食事を終わらせ
今日あったことなど他愛もない会話を
お互いしながらゆっくりと酒を飲む。
.
.
__最近の俺は常に仕事でバタバタしていて
栞とゆっくり会話することさえできていなかった…。
.
会話をしながらもそんな事を考えいると
栞から聞きたくなかった言葉が放たれる。
.
.
「そうだ!明後日の夜ね、久しぶりに臣と食事に行くことになったの。」
.
.
剛『……えっ!? なんで??』
.
「えっ… なんでって…
. 臣とは昔から行ってるじゃん… 」
.
.
剛『あっ、あぁ…… そうだよな。
. わかった!あんまり遅くなんなよ。』
.
「……うん。わかってる。」
.
.
☆to be continue…☆
.
__________________________
*
はいっ!
栞ちゃん、臣と会うこと案外サラリと言いました💣💥
たかのりー😭大丈夫かー!?😭
これだけ読んでると栞ちゃんが悪女に思えるけど
根は純粋で良い子なんですー😭#だれ
.
食事を作り始めるとこから
栞ちゃんが爆弾を投下するまでの剛典の言動が
ツボすぎる❤
自分で書いてて
“なんて可愛いんだコノヤロー❤”と思ってしまう☺爆←
.
つい自分が剛典に言ってほしい言葉とか
とってほしい行動を盛り込んじゃう😆
って、私は一人で盛り上がってるけど
storyの方は不穏な空気…😨
.
.
最近の気温の変化からなのか
昨日から微熱&喉が痛くて風邪気味です😷
なのに今日は前職場の人にずっと前から誘われていた
BENIのバースデーライブに行かなくてはいけない💦
チケット用意してくれてるし
お世話になってた取引先の社長も来るし断りきれない😭
しかもライブハウスらしきところでのスタンディングライブのようで…😱😱
椅子がないとかもう年齢的にしんどっ💦
.
これがもしBENIじゃなくて三代目だったら
椅子なんて邪魔なくらいでまったくいらんがね💙
#結局は人による←なんでもそう
#もしBENIファンの方が読んでたらごめんなさい🙇
.
BENI嫌いなわけじゃないのよ!?💦
ただ今の体調とスタンディングってのが憂鬱なだけ😭
でも行ったら行ったで楽しいかな!?💃
.
.
#三代目jsoulbrothers #岩田剛典 #登坂広臣 #今市隆二 #naoto #山下健二郎 #elly #小林直己 #妄想 #妄想ストーリー #妄想story #ストーリー #story

#gun_omi_shiori
.
久しぶりに栞との幸せな朝を過ごし、栞に見送ってもらい仕事に出た。
.
すげぇ幸せなはずのにやっぱり胸の奥がモヤモヤして苦しい…。
.
良いんだか悪いんだか、臣さんとは仕事でしばらく会えないスケジュールが続いていた。
.
.
.
【栞side】
.
臣に抱かれた翌日に剛典に抱かれた…。
.
剛典の愛を身体の隅々まで感じ、私はなんてことをしてしまったのだろうと酷く後悔した。
.
かといって臣との事をなかったことにはできないのが現実…。
そんなことを考えながら仕事に向かう。
.
臣とはあれっきり全く連絡を取っていなかったけれど、やっぱりこのままにしておくのはよくないと思い勇気を出して臣にLINEを送った。
.
.
栞:ちょっと話したいんだけど近いうち時間取れないかなぁ?
.
.
忙しいのかなかなか既読にはならなかった。
.
お昼休みになり携帯を開くと臣からの返信が来ていた。
.
.
臣:おぅ!スケジュール確認してまた後で連絡する。
.
.
剛典を見ていれば臣が忙しいのも重々承知のうえ、ついつい臣には甘えてしまう自分がいる。
.
.
栞:了解!忙しいのにごめんね。
.
.
pm7時頃仕事を終え携帯を見ると臣からLINEがきていた。
.
.
臣:遅くなってごめん!明後日の夜なら大丈夫そうなんだけど都合どう?
.
.
明後日……
確か剛典は相変わらずの映画撮影で遅くなるはず。
.
.
栞:大丈夫!
.
臣:じゃあいつもの店に20時でいい?
.
栞:了解!
.
.
臣と会う約束をした。
いつもなら剛典がいなくて臣と会うときは必ず報告していた。
__とゆうか、剛典も知っているただ昔から仲の良い友達と会うだけでなんの後ろめたさも感じていなかったから会話の中で何気なく話していただけ。
.
「臣とご飯行ってくる〜。」
「臣とご飯行ってきてね…… 」
.
何度となく発してきたこの言葉なのに、明後日臣と会うことを剛典に言いづらいと思っている自分がいる。
.
いつものように剛典に言えるだろうか…
.
.
☆to be continue……☆
.
____________________________
*
なんか中途半端なところで切ってしまってごめんなさーい🙏
この先を書くと確実に文字数オーバーになる予感だったので…💔
.
毎回のように言ってるけどこのstoryいったいいつ終わるの!?😂
story100とかまでいったらどうしよ💦
#さすがにそれはない
.
昨晩の#週間EXILE といい、今日の#めざましTV といい、この間の#Abema 15時間ジャック後のスペシャルインタビューといい…
ぜーんぶ同じ衣装😂
たかのりのカレー🍛にチーズふりふりストーリーの日はきっと大量のコメント撮りのお仕事だったんだね💙
.
前回のstory更新以降、ありがたいことに一気にフォロワーさんが増えました✨
フォローしてくださった皆様…
ありがとうございます🙏💕
.
そしてなんと!なんと!!
記念すべき150人目フォロワーさんが今書いているstoryに登場する『栞ちゃん』と漢字も同じ『栞ちゃん』だった❤
これはすごすぎる!!!
もう運命としか思えない✨
栞ちゃん、ありがとー💙💙💙
.
いよいよベストアルバム発売💿✨
今日もせっせと豆典がインスタやらストーリーやらTwitterで宣伝活動してて、ほんとあの子は良い子だ🐶💕
忙しいのにそうゆうことにも一生懸命な剛典が大好き♥♥♥
.
もうすぐ4月だとゆうのに寒い日が続いてて辛い😣
#隆二の気持ちがよくわかる←朝、布団から全然でれない😂 #モニタリング より。
.
皆さんも風邪など引かないように気を付けて下さい😷🏥
.
.
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣 #臣くん
#妄想 #妄想ストーリー
#妄想story #ストーリー
#story

#gun_omi_shiori
.
栞とピッタリくっついたまま幸せな時間を噛み締めていたのも束の間・・・
.
「ヤッバイ!!たかのり!!
. もうこんな時間💦💦」
.
ベッド脇のサイドテーブルにある時計を見て栞が俺を押し返して飛び起きた。
.
「たかのりも7時にお迎え来るんでしょ!?
. 急いで準備して💦💦」 .
.
剛『え〜、、』
.
「え〜、、じゃない!!
. 早く起きて準備して!!」
.
剛『じゃあさ、一緒にシャワーしよ♥』
.
「…っ/// . たかのりと一緒に入ると
. 長くなるから無理!!」
.
剛『大丈夫♪大丈夫♪ 時間ないんだからさ、
. 一緒に入った方が絶対早いって。
. はいはい!行きますよ〜♪』
.
そのままたかのりに手を引かれて結局2人でバスルームへ・・・。
.
剛『栞の方が支度に時間かかるから先に洗ったげるね〜♪』
.
「うっ…うん/// 」
.
.
剛『なに恥ずかしがってんの!?笑
. 昨日の夜はもっと恥ずかしいことしたのに……♥』
.
「ん〜もうっ///
. いいから早く流してっ!!」
.
剛『はい。すいません……笑 』
.
これ以上からかうとまじで怒られそうだから、栞の体を綺麗に洗い流した。
.
.
「はいっ。ありがと♥」
.
そう言ってそそくさとバスルームから出ていき仕事へ行く準備を始めている。
.
俺ももう時間がギリギリだったからパパっとシャワーを浴び、栞が作ってくれた朝食を食べながら適当に身なりを整える。
.
「ちょっ…たかのり髪の毛すごいことになってるけど!?笑」
.
剛『cap被ってくし、どうせすぐメイクするから別にいーの。』
.
.
pruu……pruu……♪
.
剛『ぉはょーございます…
. はい。すぐ行きます。』
.
剛『しおり〜。迎え来たから俺もう出るから。』
.
栞がメイクをしているドレッサーの後ろまで行き、後ろから抱きしめ首筋にきつく吸い付いた。
.
「…っ/// 痛っ
. もぉ〜!!こんなところに付けたら目立つじゃん!!バカ典!!」
.
剛『いーの。栞は俺のものって印……
. だって栞っ………… 』
.
pruu…pruu……♪
.
剛『……はい。すみません。
. すぐ降ります。』
.
《チッ。んだよっ!!もぉ…… 》
.
「たかのり!?もうお迎え来てるんでしょ?
. 早く行かなきゃ💦💦」
.
栞に背中をグイグイ押されて玄関まで連れていかれた。
.
剛『そんなに押すなって💦』
.
栞の強引さに負け、しぶしぶ靴を履き後ろを振り返る。
.
剛『いってらっしゃいのチューー♥』
.
目を閉じ、わざと唇を少し尖らせる。
.
「えっ…/// ちょっと何っ/// 」
.
剛『いいじゃん。栞に見送ってもらうのすげぇー久しぶりなんだし… 』
.
再び目を閉じて栞からのキスを待っていると、栞が唇を軽く重ねすぐに離す。
.
「はい♥いってらっしゃい!」
.
剛『そんなんじゃ足んねぇし…… 』
.
栞を引き寄せ今度は俺から長めに唇を重ねると、苦しくなったのか俺の胸をポコポコ叩いてきた。
.
剛『ははっ……笑 よしっ!充電完了♥
. じゃあ、行ってくる!
. 合間に連絡できたらするから!』
.
「うん。いってらっしゃい♥」
.
俺はドアが完全に閉まりきるまで栞に手を振り続けた。
.
さっきドレッサーの後ろで栞に言いたかったことを言えぬまま俺は迎えの車に乗り仕事へと向かった。
.
.
☆to be continue……☆
.
__________________________
*
もうすぐ7時じゃんっ!!!#カラスの大合唱
皆さんおはようございます☀
私はまだ『おやすみ』せずずっと起きてます😂#バカすぎる
昨日から旦那が友達と関西方面に旅行に行っていていないので、我が家は今天国なのです👼#ウキウキすぎて眠れない。爆
.
storyの方はとゆうと…
何このイチャコラ幸せな朝は♥♥
早朝に書いたからか朝のイチャコラで1話終わってもうた😂#ドンマイ✋”
.
たかのり栞ちゃんに何か切り出そうとしたのにタイミング良く?悪く?マネージャーさんからの電話がね…📲 #ドンマイ✋”
.
それにしてもこのstoryほんといつになったら終わるの?? #遠い目
着地点が見えないよーーー😣💦
.
こんな拙いstoryに付き合ってくれている皆様……
改めてありがとうございます😭💕
なんかごめんなさいねぇ🙏💦#でもめげずに頑張る💪
.
今日は午後から予定があるので、とりあえず寝ます…爆
おやすみなさーい😪💤
. .
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#妄想 #妄想ストーリー
#story #ストーリー

#gun_omi_shiori
.
昨日はほんとんど眠れぬまま窓から差し込む光で
目を覚ます。
.
隣に栞の姿はすでになくキッチンからはおいしそうな匂いが漂ってきている。
.
今日の出発時間は昨晩伝えてあるから、もう少ししたらいつものように栞が起こしに来てくれるだろう。
.
.
__パタパタパタ
.
栞が寝室に向かってくる足音が聞こえ、俺は慌てて寝たふりをする。
.
「たかのり〜!!朝だよ〜!!起きて〜!!」
.
ベッドの脇に座り、俺の体をゆさゆさ揺すってくる。
その姿が可愛くて思わずニヤけそうになるのを堪えて寝たふりを続ける。
.
「お〜い!!たかのり〜!!起きてってば〜!!」
.
今度は俺の上に跨がり肩の辺りを揺すってきた。
.
《やべぇ/// 可愛すぎ……》
.
思わず栞の腕を掴みグイッと引き寄せる。
.
「ひゃぁっ💦💦」
.
剛『あはは…笑
. 栞… おぁよ♥』
.
「もぉ〜!!
. たかのり… おはよっ♥」
.
「軽く朝食作ったから一緒に食べよ♪」
.
剛『え〜。まだ起きたくない…… 」
.
そういって俺はわざとまた瞼を閉じた。
.
「ちょっ💦たかのり遅刻しても知らないよ!?」
.
剛『栞がチュウしてくれたら起きる… 』
.
「えっ/// なにそれ… 」
.
剛『栞がチュウしてくれないと目が開かない… 』
.
「もぉ〜/// 絶対起きてよ!?」
.
そう言って照れながら唇に優しいキスを落としてくれた。
.
.
剛『やべぇ、、止まんねぇかも… 』
.
体勢を変えて栞の上に跨がり唇を塞ぎ、隙間から舌を捩じ込むと栞からはいつもの苦しそうな甘い吐息が漏れだす。
.
昨晩はここから先に進めなかったけど、
今の俺はもう止められない。
.
栞は仕事の支度をするまではブラはつけていない。
部屋着の裾から手を滑り込ませるとすぐに柔らかい膨らみへとたどり着いた。
.
膨らみを揉み上げながら指で先端を弾くと
栞の体が跳ねた。
.
「あんっ。たっ…たかのりまだ朝だよ!?」
.
剛『朝でも昼でも夜でも関係ねぇよ。』
.
部屋着を捲りあげて主張した先端に吸い付くと
栞がひときわ甲高い声で鳴いた。
.
.
「あっ。ん……/// ああっ/// 」
.
.
栞が着ていたものを一気に剥ぎ取りショーツだけの姿にすると、ショーツの上からでも上気しているのがわかるほどだった。
.
.
ショーツの脇から指を入れると栞の中心はすんなりそれを飲み込んでいく。
.
剛『栞… ここすごいことになってるよ。』
.
「やっ/// そゆの…いっ…ちいち…言わなでっ/// 」
.
.
剛『ダメだ!!もう我慢できない。』
.
一気に栞の中に入っていく。
.
「やっ/// あっ…… たか…のりっ///」
.
朝日に照らされ俺のリズムに合わせてゆらゆら動く栞がなんとも綺麗でたまらない。
.
臣さんと何かあったんじゃないか?とゆう不安な気持ちも全て栞にぶつけるように腰を打ち付ける。
.
剛『んっ。 やべぇ、、
. 栞の中気持ち良すぎ…… 』
.
「あんっ。たっ…かのり… 私もうっ/// 」
.
剛『イキそうなの?』
.
「あぁっ。も…もうムリ…… 』
.
剛『まだダメ。一緒にイこ…っ』
.
「やぁっ。だっ…だめ/// イっちゃう/// 」
.
我慢できずに果てた栞の締め付けで俺も果て、栞の胸に倒れ込んだ。
.
まだ息が整わない中、栞をきつく抱きしめる。
.
剛『栞… ごめん。 俺、余裕なくて…
. 優しくしてやれなかった… 』
.
栞は声を出さずにコクリと頷いた。
.
この先どんな事実を知ることになるのか…
とてつもなく不安な気持ちに押し潰されそうだけど、どんなことがあっても俺の栞を愛する気持ちはきっと変わらないだろう…。
.
.
剛『栞… 愛してる。』
.
耳元で囁くと栞が照れくさそうだけど嬉しそうに“ふふっ”と笑った。
.
.
☆to be continue……☆
.
____________________________
*
#ellejapan たかのり#ライブ配信 の破壊力にヤられ、わたくししばらく天に召されておりました👼💕
久々にに夜遊びしてたら隆二がigを始めたやら臣隆のライブ配信があったやら…
am1時過ぎに携帯開いて大パニック🌀😱#激しく情報難民😂
なおっさんも初のライブ配信💙
真剣に仕事してる姿かっこ良かったぁ✨
そんでもってエリたんのライブ配信よ!!!
エリたんマジで優しすぎるよね✨
本当にfam想いで…感謝しかありません💙#チュピコ🌴🌴🌴
.
そんなこんなでバタバタしていたら
story一週間放置しとりました😂#まだましな方か!?爆
ほんと不定期更新で申し訳ないです🙏💦
.
実はさっきstoryを書き上げてこのくだらない雑談部分を書いていたらいきなり電源が落ち…😱
まだ充電普通にあるのにだよ!?💦💦
電源付けてメモアプリに戻ってきたら全部消えてて…😱💣💥
めっちゃげんなりして意気消沈したけど
頑張って改めて書いたよー😭😭😭#よく頑張った💪
.
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣くん #臣
#妄想 #妄想ストーリー
#story #ストーリー

#gun_omi_shiori
.
まただ…。
こいつは昔っから何か辛いことや嫌なことがあると俺を飯に誘ってくる。
.
男女の友情とか信じてなかった俺だけど、
こいつは特別。
.
こいつは俺が三代目の登坂広臣として有名になってからもお構いなしに自分の都合で俺を振り回す強者(笑)
女に振り回されるのは趣味じゃない。
だけどなぜか昔っからこいつにだけは敵わないんだ。。
.
そんなこいつは今では同じ三代目のメンバーである岩ちゃんの大切な人。
.
別に紹介とかしたつもりはないけど、
一緒に飲んだり遊んだりしているうちに意気投合していつの間にか付き合っていた2人。
.
.
こいつのことを女として好きだとかそうゆう感情を持ったことはない。
…と思っていた。
でも岩ちゃんと付き合うようになったと聞いたときなぜか胸の奥の方がチクリと痛んだんだ。
.
.
.
今日もいつものように飯を食いながらこいつの話を聞いてやる。
.
臣『で…?また何かあった?』
.
「はぁ〜??別に〜。」
.
臣『ちょっ…お前飲み過ぎじゃね!?
. そんなに飲んで大丈夫かよ…。』
.
「ら〜いじょぶ!らいじょぶ〜!」
.
.
《何があったか知らねぇけど
. 今日はいつも以上に荒れてんな…。》
.
まぁ、どうせまた岩ちゃんと何かあったんだろうけどその話は正直あんまり聞きたくない。
.
.
「ったく仕事…仕事って…。もうやらっ…。
. ねぇ臣ぃ〜今日さぁ臣の家に泊まってっれもい〜い?」
.
臣『はっ?なんでだよ…』
.
「らって今日も…たかのり仕事でいないんだもん…」
.
臣『そんなん知らねぇよ。
. 送ってってやるから帰れよ。
. 朝にはアイツ帰ってくんだろ?
. それに俺だって明日昼前には仕事行かないといけないし…。』
.
「臣のケーチ!!泊めてくれらっていいじゃ〜ん。
. 一人れあの家にいたくな〜いのぉ〜」
.
.
臣『ケチってお前なぁ…。』
.
……って、……ん??あれ??
寝てる?
.
.
《まじで勘弁してくれよ…》
.
.
臣『おーい!寝るなー!!』
.
身体をゆすって起こそうとすると
閉じたら瞼から涙が流れ落ちている。
.
.
《はぁ……。》
.
俺は小さくため息をつきながら
濡れた頬を指で拭ってやる。
.
.
臣『ったく、しょうがねぇなぁ…』
.
.
店にタクシーの手配を頼み
こいつを抱きかかえてタクシーに乗り込んだ。
.
.
.
タクシーは俺のマンションに向かって走り出す。
.
.
「た…かのり…」
.
夢の中のこいつは隣にいるのが岩ちゃんだと思っているのか
アイツの名前を囁きながら俺の腰に抱きついてきた。
.
.
俺は複雑な想いで髪の毛を優しく撫でる。
.
.
そうこうしているとタクシーが俺のマンションに到着し
再び抱きかかえて部屋まで運ぶ。
.
.
普段トレーニングをしている俺にとって
華奢なこいつを運ぶのなんてどうってことはない。
.
.
部屋に入り、とりあえずソファーに下ろし
風邪引かないようにブランケットをかけてやり
俺は身体も気持ちもサッパリしたくてシャワーを浴びに行った。
.
.
.
《本当にこのまま泊めていいのか…?》
《俺がもし岩ちゃんの立場だったら絶対怒るよな…。》
.
.
結局シャワーを浴びても心がスッキリすることはなく
モヤモヤしたままキッチンから酒を持ってきて
ソファーに座った。
.
.
臣『こいつどんだけ無防備なんだょ…。
. 俺だって一応男だっつーの。』
.
小声でそんなことを呟きながら
スヤスヤと気持ち良さそうに眠る綺麗な寝顔を見つめる。
.
.
.
《こいつこんな綺麗だったっけ…?》
.
.
岩ちゃんに磨かれているからなのか、
俺の見る目が変わったからなのか…
岩ちゃんと付き合うようになってからこいつは
日に日に綺麗になっているように感じる。
.
.
ソファーで横向きになって寝てるから
胸が寄せられる形になり、
シャツの上から見えるブラから溢れ出しそうな胸の谷間が俺の理性を飛ばそうとする。
.
.
臣『こんなん襲ってくださいって言ってるようなもんだろ…笑』
.
.
たまらず俺は寝ている彼女に近寄り
ぷっくりとした唇に深めのキスをした。
.
.
彼女の長い睫毛がフルフルっと揺れ
俺のキスに応えてくる。
.
.
もしかしたら岩ちゃんだと思ってるのかもしれない。
それでももう止めることなんて無理。
.
.
俺はいつの間にか夢中で何度も何度も角度を変えながら唇を重ねた。
.
.
☆to be continue…☆
.
.
___________________________
岩ちゃんと臣くん登場のstory始めてみました。
.
この先の展開、自分でもどうなるかわからないとゆう
計画性のなさ。笑
.
とりあえずボチボチ続き書いていくので温かく見守っていただけたら嬉しいです🙏❤
.
.
#妄想 #妄想ストーリー
#story
#三代目jsoulbrothers
#登坂広臣 #臣 #臣くん
#岩田剛典 #岩ちゃん
#剛典

#gun_omi_shiori
.
岩ちゃんと付き合う前はよく俺の家に来ていたし
泊まって行ったことだってあった。
.
こいつが俺の家に泊まるときはこいつにベッドを譲って
俺はソファーで寝ていた。
.
何年もそんな関係が続いていたけど
もちろん何かあったことなんて一度もない。
.
岩ちゃんと付き合うようになってから
こいつが俺の家に来たのは今日が初めて。
.
こいつが人のものになったからなのか!?
長い間気付かなかった自分の気持ちに気付いてしまったからなのか!?
.俺は無性にこいつのことが欲しくなってしまった。
.
.
夢中で何度も何度もキスをしていると
徐々に栞の肌が綺麗なピンク色に染まり
色気を纏った甘い声が漏れて出した。
.
「んっ…///」
.
.
栞の甘い声を聞いた俺の理性は完全にふっ飛んだ。
.
.
栞を抱き上げ寝室に向かい
そっとベッドの上に下ろし今度は舌をねじ込み
息ができないくらい激しくキスをする。
.
息苦しくなった栞は目を開き驚いた表情をして俺を強く押し返そうとしたが
華奢な栞の力で俺に抵抗なんてできるわけがない。
.
.
俺はキスを続けながら栞のシャツのボタンを一つずつ外していき
ブラの上から柔らかな膨らみを揉み上げた。
.
「あっっ…。んっ……///」
.
ブラのホックを外すと綺麗な胸があらわになる。
.
.
唇を離し、首筋から鎖骨へと舌を這わせ
胸の突起に吸い付いた。
.
.
酒に酔っているせいもあるのか栞の身体はとても敏感だ。
.
「やっ…/// あんっ……。
. ちょっと…臣っ…。あっっ///
. ダメっ。やめ…てっ。」
.
.
臣『ダメっていいながら
. 栞の体は俺を欲しがってるみたいだけど!?』
.
栞に跨がり上から見下ろしながら
溢れている蜜を手に取りジュルっと音を立てて
指を舐めあげた。
.
.
「臣……っ///……やめて…。」
.
この時にはもう岩ちゃんのことなんて頭にはなく
ただただ栞を抱きたいとゆう気持ちに
俺は支配されていた。
.
.
栞の中心に指を入れて中をかき混ぜながら
敏感な部分を同時に刺激してやると
更に蜜が溢れ出し甘い吐息混じりの声が止まることはない。
.
.
「あっっ。ダメっ/// もう…むっ…り… 」
.
.
栞が頂点に達しそうになる直前で
俺は手の動きをわざと止めて焦らすように
内腿の際どいところをサワサワと触りながら
意地悪く栞に問いかける。
.
.
臣『どうする?やっぱやめとく?』
.
余裕ぶって偉そうにそんなことを言っているけど
正直俺だってもう限界だ。
早く栞の中に入りたい…。
.
.
「意地悪っ…!……やめたらイヤだ…///」
.
頬を赤く染め、瞳に涙を溜めて懇願する栞の姿が可愛くて
つい意地悪を言いたくなる。
.
.
臣『じゃあ…どうしてほしいか言って?』
.
.
「……///…最後までちゃんとイカせて…///」
.
.
臣『…っ///もう止めてって言っても止めてやれねぇからな。』
.
そう言って栞の中に一気に入っていった。
.
.
臣『くっ…。………やべぇ。気持ちぃっ。』
.
栞の中は温かくて蕩けてしまうんじゃないかと思うくらい気持ちがいい。
.
.
俺のリズムに合わせて甘い声をあげながら動く栞は
とても妖艶でたまらない。
.
.
「あっっ。んっっ。たっか……」
.
目の前にいるのは俺なのに岩ちゃんの名前を呼びそうになったことに
栞も一瞬ハッとした様子だった。
.
栞の口からアイツの名前が出そうになったことに
激しく嫉妬と怒りが込み上げてくる。
.
臣『栞… 俺の名前読んでっ… 』
.
.
「あっ… おっ おみ……。あぁっ 」
.
臣『栞っ… 気持ち?』
.
「うんっ/// おみっ……気持ちぃ…。
. 気持ち良すぎて…変になりそうっ///」
.
臣『感じろよ。んっ… 俺のこと… 』
.
「おみっ……もう…ダメっ。イキそうなの///」
.
臣『いいよ。イケよっ。』
.
俺は更に腰を激しく打ち付け
何回か突いた時に栞は頂点に達した。
.
イッた栞の中はビクビクと痙攣しながら
俺のモノを締め付ける。
.
その快感に背中がゾクゾクする。
.
臣『あっっ。やべぇ……気持ち良すぎっ』
.
.
栞がイッてしまった後も
俺は自分の欲求を満たすために突き続ける。
.
.
「もう無理っ…。ダメっ!おかしくなっちゃう…」
.
イッたばかりの栞は敏感になっていて
2回目の絶頂を迎えようとしている。
.
臣『栞っ…。俺ももうイキそぉ…
. だから次は一緒にイこっ…』
.
「あぁぁっ。イッ…イクッ…イッちゃうぅ……」
.
栞が背中に弧を描きビクンと身体が波打ったのと同時に
俺も頂点へと達した。
.
☆to be continue……☆
__________________________
*
臣とヤッてしまった剛典の彼女、栞(しおり)ちゃん。
名前は完全にフィクションです。
.
これはヤバイよねぇ💦
剛典にバレたら修羅場間違いなしっ!!😣
この先どんな展開にしていこうかなぁ。#相変わらず無計画💣
.
.
#妄想 #妄想ストーリー#story
#登坂広臣 #臣くん #岩田剛典 #岩ちゃん #三代目jsoulbrothers

#gun_omi_shiori
.
【剛典side】
.
俺には付き合って半年になる彼女がいる。
.
.
もともとは珍しく臣さんが信頼して信用している女友達で、何度か俺も一緒に遊んだり飯に行ったりしているうちにいつの間にか彼女に惹かれ俺から告白してOKをもらった。
.
.
付き合う事になったのは良いけど
俺の仕事は不規則でなかなか会う時間を作れずにいた。
.
だから今は俺の部屋で一緒に暮らしている。
.
.
それでも最近はライブや打ち合わせ、映画の撮影などで特に忙しく家に帰れない日も頻繁にあった。
.
.
今日も朝方まで映画撮影のスケジュールが入っている。
.
剛『あ"〜!!疲れたぁ……。』
.
.
この日の分の撮影が終わった頃にはam3時を回っていた。
.
.
剛『お疲れ様でしたぁ〜!!』
.
俺は現場を後にしてマネージャーに自宅まで送ってもらう。
.
.
マ「お疲れ!9時にまた迎えにくる。
. 明日もハードだからしっかり休んで!」
.
剛『了解っす!お疲れ様でした〜。』
. .
車から降り、疲れて重い足を引きずりながら
自分の部屋まで歩く。
.
.
剛『栞…起きてる…わけないよな……』
.
小さな声で呟きながら部屋の鍵を開けて中に入ると
やっぱり部屋の中は真っ暗だった。
.
.
俺はとりあえずバスルームに直行して
シャワーを浴びてから寝室に向かい
いつものように栞の隣に滑り込もうとしたが……
.
.
剛『えっ?あれっ?栞がいない……。』
.
.
慌てて携帯をチェックしたけど
何の連絡も入っていない。
.
.
栞はいつも誰かとどこかへ行く時には
必ず俺に連絡をくれている。
.
.
《栞に何かあったんじゃないか…??》
.
.
咄嗟にそう思った俺は栞に電話をかけるが
何度かけても電話には出ないし
LINEもいっこうに既読にならない。
.
.
俺が帰れない日に栞がどこで何をしているのか……
どんな想いをしていたのか……
俺にはわからない。
…とゆうか考えた事もなかったんだ。
.
.
家に帰ってきたらいつも栞がいてくれる生活を
俺はいつの間にか当たり前だと思ってしまっていた。
.
.
たった5ヶ月しか一緒に住んでいないけど
俺はもう栞がいない生活なんて無理なんだと思い知った。
.
.
《栞……どこいっちまったんだょ…。》
.
.
とにかく栞の事が心配だったのと
もしかしたら帰ってくるかもしれない。
帰って来た時に俺が寝ていたら
栞はいつものように俺を起こさないまま仕事に行ってしまうだろう。
.
.
栞は普段7時過ぎには家を出て会社に向かう。
その前には帰ってくるんじゃないかと期待していたけど、結局帰ってはこなかった…。
.
.
栞が前日と同じ格好のまま翌日会社に行くなんて
有り得ない。
.
.
栞に何かあったのは間違いない…。
.
.
会社に電話をして出社しているか確めたい気持ちは山々だったけど、それはできなかった。
.
.
《栞…どうか無事でいてくれ!!》
.
俺はそう強く願う。
.
.
栞の出勤時間が過ぎても帰ってこなかったことへの諦めの気持ちからなのか
俺はいつの間にかソファーで眠ってしまっていた。
.
.
.
prrrr……prrrr……♪
.
携帯の着信音で目が覚めた。
.
.
剛『はいっ…。』
.
マ「岩ちゃんもしかして寝てた?
. もう出る時間だけど下りてこれる?」
.
剛『あっ💦すみません。すぐ行きますっ!』
.
.
目覚めたことで栞が帰ってこなかったとゆう現実を思い出し胸が痛む。
.
プライベートでどんなことがあっても
プロとして仕事は完璧にこなさなければならない。
俺は大きく息を吐き
マネージャーが待つ車へと乗り込んだ。
.
.
☆to be continue……☆
.
.
_____________________________
*
いつもメモにストーリーを書いて、それをコピーしてインスタの方にあげているのですが、文章が完成してコピーしようと思ったら何か変なところを押してしまったのかせっかく書き上げたストーリーがきえた😱とゆうハプニングに見舞われ…
もう一度書き直していたらこんな時間になってしまいました😭 #自分のバカヤロー!!
.
私のポンコツ話はさておき、、
今回は剛典sideのストーリーを書いてみました。
.
岩田famなのに剛典が切ない展開になっていて
書いている自分が切なくなるとゆう😭
.
.
#三代目jsoulbrothers
#妄想 #妄想ストーリー
#story #ストーリー
#岩田剛典 #岩ちゃん
#剛典 #おがん
#登坂広臣 #臣 #臣くん

#gun_omi_shiori
.
【臣side】
.
栞と同時に果てた後、俺は無言で栞を抱き締めた。
.
栞も何も喋らないし、栞の腕が俺を抱きしめ返すことはかった。
.
.
しばらくお互い黙ったまま栞を抱き締め続けていると
俺の腕の中からスースーと規則正しい寝息が聞こえてきた。
.
.
俺は栞の寝顔が見たくてそっと体を離し
綺麗な寝顔をみつめる。
.
.
《このまま栞が俺のものになればいいのに…》
.
.
心の底からそう願ったけれど、大切なメンバーの1人である岩ちゃんを裏切ってしまったとゆう現実が
一気に押し寄せてきて今までの温かかった気持ちが急に冷静になっていくのを感じた。
.
.
.
臣『栞……ごめんな。』
.
.
栞の髪をそっと撫でながら小さな声で呟いた。
.
. 《明日の朝、俺のベッドで目を覚ました栞は
. どう思うだろう?》
今までも栞が泊まった時はベッドを譲っていたけど
なんせ今日は裸のままだ。
.
.
《栞はけっこう酒に酔ってたけど覚えてるのか…?》
いずれにせよ裸で寝ている自分の状況を見れば
何かあったと思うのが普通だろう。
.
.
かといって栞を起こさずに今からそっと全ての服を着せることなんて不可能だし
栞を抱いたことをなかったことにするなんて嫌だ。
.
.
栞を抱いたことに後悔はない。
でもそれはあくまでも俺の気持ち。
栞がどう思うかはまた別だし、俺と違って栞には付き合ってる人がいる。
.
.
栞の事を考えていたら眠れないまま
気付くと窓の外の空が少しずつ明るくなってきていた。
.
.
その時リビングの方で俺のではない携帯の着信音が鳴り響く。
.
.
俺は咄嗟に岩ちゃんからの電話だと思ったけれど
どうすることもできずに携帯が鳴り止むのを待つしかなかった。
.
.
岩ちゃんは部屋に帰って栞がいないことに気付き
ものすごく心配しているだろう…。
俺がもし逆の立場だったら…と思うと
胸が締め付けられる思いだった。
.
.
《岩ちゃん… まじでごめん… 》
.
.
ふと時計に目をやると
もうすぐam6時になろうとしていた。
.
.
《栞…仕事だよなぁ!?
. 起こした方がいいか!?
. でもこの状況をどう説明しよう…。》
.
.
あぁでもない、こうでもない色々と考えたけど
仕事に遅刻したらマズイよな…と思い
俺は意を決して栞を起こす。
.
.
臣『栞…? おーい!!朝だぞ。』
.
.
栞の身体を軽くゆすって起こそうとするが無反応…。
.
.
臣『こいつ俺と競る勢いで寝起き悪いんだよな…笑』
.
.
こんな状況でも栞が可愛くて
拳を口に当ててクスクスと笑ってしまう。
.
.
臣『おーーい!!栞ー!!!
. 仕事遅刻すんぞー!!!』
.
.
再び身体をゆすると長い睫毛がフルフルっと動き
栞が少し目を開けた。
.
.
「ん〜…… 頭痛いっ……。」
.
そう言ってまた寝息を立てている。
.
.
臣『昨日飲み過ぎだっつーの!
. しかもまた寝てるし…。』
.
仕方ないからベッドから起き上がり
冷蔵庫に水を取りに行く。
.
.
《俺ってこんな寝起きの悪いめんどくせぇ女に
. わざわざ水持ってきてやるほど優しい奴だったか!?笑》
.
.
臣『おいっ!栞!!起きろって!!
. 水… 持ってきてやったから飲めよ。』
.
.
今度はなかば強引に栞の体を起こすと
露になる上半身。
.
俺は慌ててシーツを栞に巻き付ける。
.
.
栞はまだ半分寝ているような状態で
水を口に含み俺にペットボトルを返してきた。
.
.
「んっ。ありがと…。」
.
臣『お前今日仕事だろ?』
.
「んーー。今何時ー?」
.
臣『6時ちょっと過ぎくらい。』
.
「えっ!!!ヤバッ💦支度しなきゃ!!」
.
.
栞が勢い良く起き上がろうとした時
自分が裸であることに気が付いた。
.
.
「ひゃっ💦えっ?な…んで…??
. ちょっと臣!!絶対こっち見ないでよね!!」
.
臣『はいはい…。
. 俺リビング行ってるから。』
.
《見ないでって…。昨日隅々まで全部見てるわ。笑
. 可愛い甘い鳴き声もエロい姿も…。》
.
そんな事を想いながら俺は寝室の扉を閉め
ソファーにドサッと腰かけ昨夜の出来事を思い返していた。
.
.
__________________________
*
ついに朝を迎えました〜☀って
そんな爽やかなこと言ってる状況じゃない!笑
.
朝方鳴り響く栞ちゃんの電話…。
もちろん相手は剛典です。
あ〜。切ない😭代わりに電話に出てあげたい📱
#余計話がややこしくなる!笑
.
今日から#京セラ3days ですね🎵
まさかの健ちゃんネタぶち込まれましたが…💣💥
健ちゃんがあんなタイプのお方を💦
信じられない!信じたくないっ!!
色々な感情があるかとは思いますが
メンバーと行かれる皆さんが
『最高だった〜🌟』と思える3日間になりますように🙏
. .
#三代目jsoulbrothers
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣くん #臣
#妄想 #妄想ストーリー
#story #ストーリー

#gun_omi_shiori
.
【栞side】
.
剛典と付き合うとゆうことは色々と我慢しなければいけないことがたくさんあるのは覚悟していたつもりだったけど、最近の剛典は特に忙しく同じ部屋で暮らしているのになかなか会えないでいた。
.
もともとは“なかなか会えないから…”という理由
一緒に暮らし始めたのに、一緒に暮らしていても
会えないんじゃもうどうすればいいのかわからない。
.
ちょっとストレスが溜まっていた私は
誰かに話を聞いてほしくていつものように臣にLINEをする。
.
.
栞:今日飲みに行きたいからよろしく!
.
.
しばらくするとそのLINEは既読になり
すぐに返信が来た。
.
臣:はっ?今日?いつも強引だな…笑
.
栞:いーじゃん!お願いっ!!
. 今日何時頃仕事終わる?
.
臣:20時には終わると思うけど。
.
栞:じゃあ20時半にいつものお店集合でよろしく!
.
臣:まじかよ…。はいはい!
.
.
剛典と付き合ってることは当たり前のごとく
公表なんてできない。
.
だから剛典のことを相談する相手といえば
臣くらいしかいなかった。
.
臣とは臣が三代目としてデビューする前からの友達で、出会った時からやたら気が合いすぐに意気投合して仲良くなった。
.
.
剛典のことだけじゃなく
とにかくなんでも言い合える貴重な友達。
.
.
剛典と付き合う前は臣の部屋で朝まで飲んだくれながらDVD鑑賞をして
帰るのが面倒くさくなってそのまま泊まって行ったことも何度かあった。
.
.
男女2人きりで同じ空間にいたら何かあってもおかしくないのが普通なのかもしれない。
でも臣とそうゆう関係になったことは一度もないし考えたこともない。
.
.
いつもよく行くお店に先に入って待っていると
少し遅れて臣が到着した。
.
.
臣『お待たせ〜!』
.
「あっ!お疲れー!!
. 今をときめく三代目の登坂広臣様を呼び出しちゃってさーせん!!笑」
.
臣『お前それぜんっぜん反省してねぇだろ…笑』
.
「きゃははっ!ごめん。ごめん。
. でもほんと急に呼び出してごめんね。』
.
臣『今度はやけに素直じゃん。
. ま、今日はたまたま割と早く仕事終われそうだったからさ。
. 俺だっていつも来れるわけじゃないからな!笑』
.
「はいはい。わかっとります…。
. ねぇ、それはいいとしてとりあえず乾杯しよ♪」
.
臣『お前ぜってぇわかってない!
. ってゆうか俺の話聞いてんの!?笑』
.
俺の話を聞き流して
店員さんに飲み物と食事を注文し出した栞。
.
臣『お前ってほんと自己中だよな。
. 俺以外に友達いねぇだろ!?笑』
.
「いますぅー!!
. あっ!飲み物きたから乾杯しよ♪」
.
臣『あー。はいはい…。』
.
「じゃあ…」
.
「『かんぱーい!!』」
.
.
その後はどうでもいいくだらない話や昔話で盛り上がったり、剛典の話をしたり…。
.
いい感じでお酒も進み、おもわず最近剛典がなかなか家に帰ってこないことを愚痴る。
.
「ったく、仕事…仕事って…。もうやらっ…。」
.
臣『岩ちゃん今ほんとに忙しくて大変なんだよ💦
. あいつだってお前に会えなくて寂しいと思ってるんじゃねぇの?
. だからお前もその辺わかってやれよ〜!』
.
そう言って背中をポーンと軽く叩かれた。
.
臣に言われなくたってそのくらいわかってる。
.
一人で抱えきれなくなってしまった想いを臣に聞いてもらいたかったのと、剛典のいない部屋に今日もまた帰るのが憂鬱で真っ直ぐ帰りたくなかったのが正直な気持ち。
.
臣に話したらなんだか心の突っかかりが取れた気がして気が緩んだのか急に酔いが回ってきた。
.
.
その辺までの記憶はしっかりとある。
__けど……どうゆう経緯で臣の部屋に来ることになって、なぜ朝起きたら自分が裸だったのか…。
.
起きた自分が裸だったことで完全にパニックに陥り、とりあえず臣を部屋から追い出しベッドの下に散らかった下着と衣服を1つ1つ広い身に付けていく。
.
「あ〜。どんな顔でリビングに出ていけばいいのぉ💦」
.
頭を掻きながらブツブツと呟くばかりで
答えなんて出てこない。
.
かといってずっとここに閉じ籠ってるわけにもいかないし…。
.
私は冷静を装って寝室のドアを開け
ゆっくりと臣のいるリビングへ足を進めた。
.
☆to be continue……☆
.
___________________
*
栞side書くのが一番難しかったぁ😣💦
そしてストーリーに合うpicがなかなかなくてどうしても無理矢理感がね…。
イメージとしてはレモンサワー飲んでる感じなんだけど、そんな都合がいいpicなくてね。#ドンマイ✋"
.
とりあえず栞ちゃんは#世界の登坂広臣 をブンブン振り回すとゆう…笑
でも臣もたまにはそうゆうの嫌いじゃなさそうじゃない!?😁 #勝手なイメージ
.
そして酔ってて昨日の記憶が曖昧ってゆう怖いパターンね💣
.
この後リビングでどうゆう話が繰り広げられるのやら…😱 #それは私次第✏
.
.
#三代目jsoulbrothers #登坂広臣 #岩田剛典 #妄想 #妄想ストーリー #story #ストーリー

#gun_omi_shiori
.
栞が服を着て寝室から出てきた。
.
臣『おはよ…。』
.
「おはよ〜。」
.
臣『仕事行く前にシャワー浴びてく?』
.
「……………………。」
.
臣『ん?栞!?』
.
「臣……あのぉ…さぁ、昨日の夜のことなんだけど……
. 私たち何かあった……よねぇ…!?」
.
臣『……………………。』
.
「臣?ごめん。私酔っててところどころしか記憶がなくて…。
. でも朝起きて裸だったってことは……
. あのぉ……そのぉ………… 」
.
.
臣『ごめん。栞… 』
.
「えっ…?」
.
.
臣『俺…酔ってソファーで寝てる栞みてたら
. 我慢できなくて……。』
.
.
「えっ…!?あっ、うん…。」
.
.
.
臣『ほんとごめん。』
.
「そんなに謝らないで…
. 臣だけのせいじゃない。
. 私の責任でもあるから…。」
.
.
臣『あっ… 朝方、栞の携帯鳴ってた。
. 岩ちゃんだったんじゃねぇかなぁ…?』
.
. 「………っ。」
.
栞は“岩ちゃん”とゆうフレーズを聞いて
明らかに表情が変わったのがわかった。
.
.
栞はバッグの中の携帯を確認したが
それに対してどうこうすることなく
バッグの中に再びしまった。
.
.
臣『栞、今日仕事だろ?』
.
「そうなんだけど……。
. ………今日は会社に電話して休ませてもらう。」
.
.
臣『……そうか。』
.
「臣は仕事何時から?」
.
臣『9時半に迎えが来る。』
.
「今日の仕事って…
. 剛典と一緒だったりする……!?」
.
臣『あぁ……うん。
. 今日は7人での仕事。』
.
.
「そっか…。」
.
.
.
____しばらくの沈黙が流れる。
.
.
沈黙を破ったのは栞の方だった。
.
「私が昨日ここに泊まったこと…
. 剛典には言わないでおいてもらいたいの。」
.
.
臣『でもっ……』
.
俺の言葉を遮って栞が続ける…
.
.
「お願い!!今日は言わないで。」
.
.
臣『あぁ… わかった。
. 栞がそう言うなら今日は黙っておくけど… 』
.
「うん。ごめんね。ありがとう…
. ちょっと寝室の方で会社に電話してくるね。」
.
臣「おう!
. そしたら俺ちょっとシャワー浴びてくるわ。」
.
そういって栞は寝室の方へ
俺はバスルームに歩いていった。
.
.
.
.
【栞side】
起きた時の状況でだいたいのことは想像がついていたし、うっすらと記憶もある。
.
.
《やっぱり私、臣と……… 》
.
.
なんだか仕事に行けるような心境ではなく
有休もたまっていることだし
今日は休ませてもらえるよう会社に電話をした。
.
.
電話を終えリビングに戻ると
臣はシャワーを浴びに行ったまま。
.
.
とりあえず臣も9時半には家を出ると言っていたから
簡単に朝食の準備をすることにした。
.
.
☆to be continue……☆
.
.
___________________________
*
意外にマイルドな朝の展開をお送りしました☀
#だれ
.
臣は謝ってたけど栞ちゃんの言うとおり臣だけのせいじゃないよね!!
#臣びいきなわけではありません←
.
最近少しずつですがフォローしてくださる方や
コメントしてくださる方がいてそのたびにルンルンです🙌🎵
ありがとうございます❤
これからも初心者🔰なりに頑張って書いていくので
温かく見守っていただけたら幸いです😌
.
本当は【臣side】まで続けて書いたのに
文字数制限で載せきれず…。
.
なので少し短いですが
【臣side】この後story7としてpostしまーす!!
.
.
#三代目jsoulbrothers
#登坂広臣 #臣 #臣くん
#岩田剛典 #岩ちゃん
#剛典 #おがん
#妄想 #妄想ストーリー
#ストーリー #story

#gun_omi_shiori
.
【臣side】
栞はやっぱり酔っていて記憶が途切れ途切れのようだった。
.
こんな日に限って今日は三代目での仕事で
岩ちゃんに会ってしまう。
.
でも栞に岩ちゃんには言わないでくれとお願いされ、俺は複雑な想いを抱えながらも今日は言わないと約束した。
.
.
栞は有休を使って仕事を休ませてもらうために
会社に電話をすると言うので
その間に俺はシャワーを浴びることにした。
.
.
シャワーを浴びながらもずっと
昨日の夜のことを考えてしまう。
.
.
《俺もこんなんで今日仕事に集中できんのか…!?》
.
.
でも、それとこれとは話が別。
仕事には常に全力で取り組むのが三代目としての
責任でありプライドだ。
.
.
シャワーを終えタオルで頭を拭きながらリビングに戻るとキッチンで栞が何やら料理をしている。
.
.
臣『栞〜?』
.
「簡単なものだけど今朝食作ってるからちょっと待ってて〜。」
.
臣『おぅ。サンキューな。』
.
.
ほどなくして朝食が完成し
おいしそうな和朝食がダイニングテーブルに並べられている。
.
臣『相変わらずうまそっ♪』
.
「ははっ♪さっ、食べよ。」
.
「『いただきま〜す』」
.
.
食べながら少し会話をした。
.
臣『会社は大丈夫だった?』
.
「あっ、うん。大丈夫だったよ。」
.
臣『そっか…。』
.
「臣が9時半に家を出るってことは
. 部屋に帰っても剛典いないよね…?」
.
臣『そうだな。』
.
.
「……………………。」
.
.
臣『なぁ栞… 岩ちゃん栞のこと絶対心配してると思うんだ。
. 昨日俺と一緒だったことも言ってないんだろ!?
. 頼むから栞が元気に無事でいることは岩ちゃんに連絡してやってよ。
. なっ!?
. 岩ちゃんもこのままじゃ今日の仕事中もずっと
. キツイと思うし…。』
.
.
「うん…… そうだよね。
. 剛典には昨日大学の友達と飲んでて
. 潰れちゃったから家に泊めてもらったことにする。
. だから臣もそこんとこ話合わせて…。」
.
.
臣『あぁ…。』
.
.
そんな話をしながら朝食を食べ終え
栞は片付けをしてくれている。
.
.
俺はソファーに座りながら考え事をしていた。
.
.
今日現場で岩ちゃんに会ったときに栞のことを
相談されたらどうしよう…。
なんて言えばいいんだ!?
岩ちゃんの前で普通に振る舞えるのだろうか…。
.
そんな事を考えていたら栞が片付けを終え
リビングに戻ってきた。
.
.
臣『片付けまで悪かったな…。』
.
「あ〜、全然!気にしないで。」
.
.
.
時計を見ると9時をちょっと過ぎたところだった。
.
.
「私そろそろ帰るね。
. 剛典には後でちゃんとLINEしておく。」
.
.
臣『おぅ。気を付けてな。』
.
.
栞を玄関まで見送りに行く。
.
.
「じゃあ。おじゃましました…。」
.
臣『………またな!』
.
.
「うん。また!」
.
.
ゆっくりと扉が閉まり栞が帰っていった。
.
.
俺も仕事に行く準備をささっと済ませ
迎えに来たマネージャーの車に乗り込んだ。
.
.
☆to be continue……☆
.
.
___________________________
*
次はいよいよ臣と剛典、栞ちゃんと剛典がどうゆう絡みになるかだねぇ…。
.
絶対こじれるやつだよねコレ😫
#そうさせてるのは私
.
剛典ふぁむとしては剛典を悲しませたくない😂←
.
.
#三代目jsoulbrothers
#登坂広臣 #岩田剛典 #岩ちゃん
#妄想 #妄想ストーリー
#ストーリー #story

#gun_omi_shiori
.
【栞side】
.
臣と一緒に朝食を食べ
片付けをして臣のマンションを後にする。
.
.
臣『……またな!』
.
.
「うん。また!」
.
.
〈また… 〉ってあるのかな!?
.
帰り道そんなことをふと思う。
.
.
臣とはかれこれ10年来の友達だ。
こんなこと…で片付けられるような出来事じゃないのはわかっているけれど、この出来事がきっかけで臣との関係が終わってしまうとも思えない。
.
.
〈臣はどう思っているんだろう…?〉
.
.
本来ならば臣のことではなく
剛典のことを真っ先に考えるべきなのかもしれないけど、なぜか臣のことばかりを考えてしまう。
.
.
「ただいまぁ〜。」
.
.
誰もいない剛典の部屋の鍵を開けて中に入る。
.
さっきまでここにいたであろう剛典の匂いが
私を包み込む。
.
.
その途端一気に涙が溢れ出てきて
その場にへたりこみ子供のように声を出して泣いた。
.
散々泣き続け、涙も枯れてきた頃…
LINEの着信音が鳴った。
.
.
剛典:おはよう!
. いつでもいいから連絡してほしい。
. まじで心配してるから。
.
.
___剛典からだった。
.
臣とも剛典にちゃんと連絡を入れるって
約束したしな…。
.
でも今さらなんて送れば…
.
朝方から何件もの不在着信と
既読スルーのままのLINEが心を締め付ける。
.
.
〈たかのり……本当にごめんなさい…。〉
.
.
精一杯言葉を選びながら剛典にLINEを送った。
.
.
栞:おはよう!心配かけてごめんなさい。
. さっき部屋に帰ったよ。
. 怪我もしてないし具合も悪くないよ。
. 本当に心配かけてごめんね。
.
.
おそらく今は仕事中だから
すぐには既読にならないだろう…。
.
.
とりあえず私は泣いてボロボロになったメイクと
気持ちをさっぱりさせるためにお風呂に入ることにした。
.
.
もしかしたら剛典から連絡が来るかもしれないと思い念のため防水ケースに入れてバスルームに携帯を持っていった。
.
.
体を洗い流し、お気に入りの入浴剤を入れ
ゆっくり浸かってボーっとしていると…
.
.
ピロン♪
.
剛典:とりあえず無事でよかった〜。
. 今日は日付が変わる前までには帰れると思う。
. 帰ったら話したい。
.
栞:うん。待ってる。
. 仕事中にごめんね!
.
.
剛典:遠慮しないでいつでも連絡してこいっていつも言ってるだろ!
.
栞:うん。ありがと!
.
剛典:もう俺行かなきゃだから、仕事終わったらまた連絡する。
.
栞:うん。待ってるね。
. お仕事頑張ってきて!
.
.
剛典:おぅ!
. 栞… まじで愛してるから。
.
栞:私も。愛してる。
.
.
最初はなんて送ったらいいのかあれだけ悩んでいたLINEも剛典の優しさですぐにいつものようなやりとりに戻った。
.
.
剛典はどこまで優しいんだろう…
.
なのに私は…
.
.
お風呂からあがり夕方までゆっくり過ごし
剛典が帰ってくる前に買い出しに行き
軽い夜食を作って待つことにした。
.
.
☆to be continue……☆
.
.
________________________
*
また文字数制限引っ掛かりそうなので
いったんここで切ります。
昨日は更新できなかったとゆうのに
話の展開進むの遅すぎてごめんなさい🙏💦
.
昨日の深夜に突然本アカがアカウント停止になるとゆうトラブルが発生しまして…💣💥 #なんとかしてー
ちょっとバタバタしておりました💦
.
明日からはまた更新頑張ります💪
.
HAPPYのMVが解禁され、爆イケ映像にヤラれてる方が多いのでは…!?
あれは本当にヤバイやーーーつ!!!
更に大好きが止まらなーーーい❤❤❤
.
本アカが早く復活することを願い…
おやすみなさい🌃✨
.
.
#三代目jsoulbrothers
#妄想 #妄想ストーリー
#story #ストーリー
#岩田剛典 #登坂広臣

#gun_omi_shiori
.
【剛典side】
結局俺がいる時間に栞が帰ってくることはなく
連絡もつかないまま仕事に向かうことになった。
.
.
車の中からもう一度だけ栞にLINEをしておいた。
.
.
剛典:おはよう!
. いつでもいいから連絡してほしい。
. まじで心配してるから。
.
.
それだけ送って俺は打ち合わせが行われる事務所の会議室へと入って行った。
.
剛『ぉはよーござぃまーす』
.
直「おっ!岩ちゃんおはよ!
. なんだか眠たそうだね…笑」
.
剛『ちょっと色々あって…。』
.
.
会議室に入ったメンバーは俺が一番最後だったため、直人さんは俺の肩をポンポンっと軽く叩き打ち合わせを始めた。
.
.
栞のことは気になるけれど
仕事は絶対に手を抜きたくない。
.
俺は電源をOFFにして打ち合わせに集中した。
.
.
良いのか悪いのか、仕事に集中している時は
プライベートの悩みは忘れられる。
.
約2時間ほどの打ち合わせを終え
雑談をしたり携帯をいじったりメンバーそれぞれの時間を過ごす。
.
俺もOFFにしていた携帯の電源を入れると
栞からLINEが来ていた。
.
栞:おはよう!
. 心配かけてごめんなさい。さっき部屋に帰ったよ。
. 怪我もしてないし具合も悪くないよ。
. 本当に心配かけてごめんね。
.
.
《良かった…。無事だ…。》
.
.
俺は安心して涙がこぼれそうになるのを必死で我慢し、そんな顔をメンバーに見られまいと少し俯きながら栞に返信した。
.
.
何があったのか気になるけれど
今はとにかく栞が無事に俺の部屋に帰ってきているとゆうことがわかっただけで胸の突っかかりがスーっと取れていくのがわかった。
.
.
どんなことが栞に起こっていようが無事でいてくれたことに感謝の気持ちすら湧いてくる。
.
.
今日も夕方から映画の撮影が入っている。
だけどうまくいけば日付が変わる前には帰れるスケジュールだ。
.
それを栞に伝え、帰ってから話をする約束をした。
.
.
栞のことだからこのLINEをしてくるのだって
すごく考え悩んだはずだ。
.
俺はなるべくいつもと同じテンションを装い
言葉を選んで栞からのメッセージに返信した。
.
普段はわざわざLINEでそんなことを言わないけど
今日はどうしても伝えたかったんだ。
.
.
剛典:栞… まじで愛してるから。
.
.
栞:私も。愛してる。
.
.
栞はいつも恥ずかしがって「愛してる」なんて
言ってこないのに
今日は珍しく「愛してる」なんて言ってくるもんだから俺はそれだけで嬉しくて少し舞い上がっていた。
.
.
冷静に考えれば普段言わないような言葉をあえて言うなんておかしかったのに、俺は栞が無事だったことと普段口にしない言葉を言ってくれたのが嬉しくて栞の小さな変化にこの時は気付けなかったんだ…。
.
.
☆to be continue……☆
.
_________________________
*
はぁ💨やっと書けた😣
なんせ行き当たりばったりなものでどうゆう展開にしようか…とか前の回とどう繋げようか…とか色々と大変で💦
.
毎日コメントで「今日は頑張って更新します💪」と言い続け早3日…!?
本当にごめんなさい🙏
.
その間にもフォローして下さる方が日に日に増えていてビックリですがとても嬉しいです❤
こんな初心者🔰のstoryを読んで下さりありがとうございます😳
.
コメントをして下さる方も徐々に増えてきていて
どうゆう展開にしていくかのヒントになるし
何よりも書いていく励みになるので本当にありがたいです🙏💕
.
今回のstoryも剛典の優しさ全開❤
もぉ〜、こんなにも剛典に想われてるなんて幸せすぎる栞ちゃん😆✨
.
でも最後のフレーズに不穏な空気が…😱⚡
#そうしたのは私
.
『続きが気になります』とゆう嬉しいコメントもいただくので、次の回もなるべく早めに更新できるように頑張ります💪💕
#もはやもう誰も期待してない言葉
.
エリたんのアベマTVすごい良かった〜😆
臣たんいちいちかっこいいし❤#そこ
誕生日ケーキのロウソクが消えないように
自分の手を風避けにしてるそのお手てが可愛い❤
#マニアック
でもきっとわかってくれる人いるはず!!笑
子供と戯れる姿、ハイタッチする姿…
はぁ〜☺💕
.
エリたんのお部屋は相変わらずザ・芸能人✨で
夢がある〜!!
たかのりはどんはお部屋に住んでるんだろう…😍
見せてくれーーー!!!
.
storyよりも雑談の方が長くなりそうなのでそろ
そろ黙りますね🙏爆
.
それでは皆様、素敵な週末を……❤
.
.
#三代目jsoulbrothers
#妄想 #妄想ストーリー
#story #ストーリー
#岩田剛典 #岩ちゃん
#登坂広臣 #臣 #臣くん

Most Popular Instagram Hashtags