#bookphotopress_project

MOST RECENT

海原修平展「老上海」
2018/10/16~11/3
東銀座のIG Photo Galleryにて
https://www.igpg.jp/

海原さんが上海で出版したパノラマ作品の写真集、スライドで見ただけでデザインがとても垢抜けてる。ほしいけど、完売だそう。
10日後からだけどやるか?と言われて上海美術館で写真展を開いたエピソードなどお聞きすると、北京の三影堂では「植田正治回顧展」が開かれているし、今の中国はもしや写真だけでなくアート全般の存在感が日本よりも軽やかなのかな?

ディレクターのタカザワケンジさんが、表に出てきていない作品を拾い上げたいと言う言葉が印象的でした。そんな写真は幸せだ。パノラマカメラを縦に使う撮り方などを見て、写真はまだまだ面白がれるものだなと思う。
皆さま、是非お出かけください。

#海原修平 #老上海 #東銀座の写真ギャラリーigpg #写真 #石田省三郎 #タカザワケンジ #igphotogallery #photoexhibition #ginza #tokyo #bookphotopress_project #週末は展覧会めぐり

東銀座のIG Photo Gallery企画展が始まりました。
https://www.igpg.jp/
海原修平展「老上海」
2018/10/16~11/3
こんなの見たこと無い!と思える写真を見る事が減ってきたような気がしていた時、IG Photo Galleryの石田さんから、パノラマカメラでタテに撮影されたとても不思議な雰囲気の写真が届きました。何を写しているんだか謎なところに惹かれる。

今回もDMとポスターを担当させていただいて、私は毎回、写真にデザインを教えてもらっている気がしています。
10月20日(土)18時から、海原修平さんとタカザワケンジさん(写真評論家、IG Photo Galleryディレクター)のトークセッションも開かれます。皆さま、どうぞお出かけください。(N)

#海原修平 #老上海 #東銀座の写真ギャラリーigpg #写真 #石田省三郎 #タカザワケンジ #igphotogallery #photoexhibition #ginza #tokyo #bookphotopress_project

「アマチュア写真家 石田榮さんニュースです!」

写真集刊行から2年。92歳の石田さんとその写真人生はとても元気です。

NHK高知放送局制作の 9月24日(月)放送『インタビューここから』で、石田榮写真集「はたらくことは生きること」(羽鳥書店)から、高知・日曜市の写真がインサートVTRに採用されました。
http://www.nhk.or.jp/a-holiday/archive/180924.html

朝6時30分から23分間、全国放送!NHK総合での放送です。
今回は、高知市出身の直木賞作家・山本一力さんをゲストに迎え、ご自身の原点である子ども時代を過ごした日曜市、そこで何を学んだかをお話しされるとのこと。
朝早い放送ですが、皆さま是非ご覧下さい!祝日ですが(^_^;) 早起きしてくださいね!(N)

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #インタビューここから #nhk高知#bookphotopress_project

企画展「月影」で、橋本とし子写真集「キチムは夜に飛ぶ」の中の作品が展示されています。
atelier & gallery ディオニュソス実験室 @dionysos_sion にて明日、31日16:00〜21:00まで

ギャラリーの奥で、橋本さんの写真は空間にすっかり馴染んで椅子に座っていた。あら、いつもとちょっと雰囲気が違う、と言いながら、よく知った人に会ったような。やっぱり橋本さんのキチムのシリーズ、いいなぁ。と改めて思う。

何だか長居してしまった「ディオニュソス実験室」の主人、作家のsionさんは、日常を忘れてすごしてもらえる場と作品を作りたいとお話ししてくださった。質問するより先に、みる人に何を伝えたいかを作家の口から聞くと、がぜん信頼感が増す。
こういう小さくて独特なセンスで作られた場所が築地橋の交差点にあるなんて、本当に驚きました。「作品の居場所」を考える時、とても面白い場でした。

写真はどんな飾り方をしても、その写真であることには変わりなく、展示だけでなく普段の生活の中でも、身近な思いがけない置き場所を探したいと思います。

作家のsionさんが運営するギャラリーは、築地橋交差点の古いビルの2階、有楽町線新富町駅3番出口左側すぐ。森岡書店、ふげん社、IG Photo Galleryも歩いてすぐ近くです。(N)

#キチムは夜に飛ぶ #橋本とし子 #キチムへの手紙 #写真集 #写真集を作る #写真 #ふげん社 #築地 #ディオニソス実験室 #photobook #photo #kichimufliesatnight #hashimototoshiko #fugensha #bookshop #tsukiji #tokyo #bookphotopress_project

平林 達也 写真展
白い花(Desire is cause of all thing)
銀座ニコンサロンで24日火曜日15時まで

「白い花」のタイトルは優しい可憐なイメージだと思いますが、言葉から受ける印象を超える豊かな表現とはこういう美しさを言うのだと思います。
日々、私たちが接している風景や人、物事の質感や感触は、けして平らで冷たくはない。むしろざらざらと複雑な生の感覚。時間をかけて大切に集められたそれらの温かなものはどれも光を放って輝いています。

トークイベントで写真家の土田ヒロミさんは、平林さんの初期の頃のまっすぐで単純だった良さとは違う、清純さもエロスも混ざった作品はとても人間的だとおっしゃっていた。

毎日欠かさず在廊されていたのは、平林さんだけでなく奥さまの写真家 宇井眞紀子さん。平林さんの写真集「白い花」は、宇井さんが立ち上げた出版社「UI出版/UI PRESS」の出版第1弾です。今回は写真集だけでなく、UI出版のロゴもデザインさせていただきました。写真展の会場で是非ご覧ください。
この写真展は8月23日から29日まで、大阪ニコンサロンに巡回します。

#銀座ニコンサロン #nikonsalon #白い花 #平林達也 #銀塩写真 #写真展 #bookphotopress_project

石田榮写真展/高知のお礼と、次の写真展のこと

石田榮写真展「はたらくことは 生きること〜昭和30年前後の高知」
GALLERY E での7日間、ありがとうございました。石田榮さんはじめ、私たち全員から心よりお礼申し上げます。

念願の高知での写真展開催で、写真を里帰りさせてあげる事と、高知の皆さんにみていただく事が叶いました。写真家でGALLERY Eの岡本明才さん、元高知県立美術館 学芸員で、大原治雄展も手がけられたキュレーターの影山千夏さん、高知新聞の松田さやかさん、そしてたくさんの高知の方々、遠方から駆けつけてくださった方や気にかけてくださった方にも感謝の気持ちでいっぱいです。

高知の人はあっさりしているようで、実は驚くほど面倒見が良く、さり気なく熱い。熱々。こちらのやる気さえあれば、とにかく全力で応援してくださる頼もしい方たちです。
厳しい豪雨のおさまった日から、はたして写真展のために四国に行くことが正しいのかどうか迷いましたが、皆さんの何とかなる、と言ってくださる言葉を頼りに、雨が上がり晴れたことも石田榮パワーだと思い、高知へ向かいました。行きの飛行機から間近に見えたいく重もの大きな虹も忘れられません。
そして、すべて予定通りに写真展開催の準備ができたのでした。

高知の展示を終えてほっとひと息ついていますが、実はそう遠くないうちに、なんと東京での写真展の提案を頂きました。予定は来春、詳しいことは秋が始まる頃にお知らせできると思います。
その朗報に加えて私たちの大先輩は、これからも写真を撮り続け、99歳になった時、新作で写真展を開くことを約束してくださいました。
石田榮さんの写真と、それを見守る私たちの写真との関わりは、まだまだ続きそうです。石田さんにまつわる出来事は、場所と人をどんどん繋げて行くすごさがあります。皆さんもご一緒に楽しんで行けたら、これ以上嬉しいことはありません。これからもどうぞよろしくお願いします。
(石田榮さんの会・宮崎 豊、杉あつよを代表して。長尾敦子)


17日に石田榮さんの写真展が無事終了しました。ご来場くださったたくさんの皆さま、ありがとうございました!
「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi @meisaiokamoto_1971
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

高知のいい話
50年ぶりの再会と新しい出会い

石田榮さんを囲む会の日に来てくださった、たくさんの方々。
石田さんがかつて勤めていた会社の当時の社長のひ孫さん。香南市で地元の歴史的な建物を活用していく活動をされている、若い女性です。書店で見かけた写真集の中に、会ったことのないひいお祖父さんの姿を見つけ、訪ねて来てくださった。
高知の森林鉄道の写真で知られる寺田正さんの息子さん。かつて写真クラブ「ソニアフォト」で石田さんは寺田正さんより熱血指導をうけていました。石田さんの写真の基礎が鍛えられた時代の恩師です。

ひっきりなしにお客さまがいらっしゃる7日間は、180人近い方が来場してくださいました。中には石田さんに会うため三度も足を運んでくださった方も。
会社員時代にお付き合いのあった取引先の方とは、まるで50年前の続きのような話ぶりで、耳が遠いはずの石田さんがごく普通に会話していらっしゃった姿を皆んなで見守っていました。
そんな7日間でした。

写真を撮るとは、ものごとや人との繋がりを確認するためのひとつの手段なのではないかと、今そんな事を思っています。

17日に石田榮さんの写真展が無事終了しました。ご来場くださったたくさんの皆さま、ありがとうございました!
「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

高知のいい話
路面電車が走る街の、すごい交差点

乗り物好きとしては写真を撮らずにはいられない、かわいい路面電車たち。
ほとんど懐かしいスタイルの中で、ヨーロッパで走っていそうな車両も見つけました。

明治37年開業と歴史も古く、距離も長い「とさでん交通」。
はりまや橋の交差点は電車がどの方向からも行き来している、すごい交差点(に見えた!)。
夜、ライトが点く時間に行って撮影したいな。(動画撮り鉄子)

17日に石田榮さんの写真展が無事終了しました。ご来場くださったたくさんの皆さま、ありがとうございました!
「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #とさでん #とさでん交通 #bookphotopress_project

高知のいい話
石灰山から生まれたワイン
石田榮写真展を見にきてくださった方の中に、撮影地のひとつである稲生の石灰加工会社の方がいらっしゃいました。井上石灰工業株式会社の井上孝志社長です。

「父の時代にあったうちの社屋です。こんな時代に写真が撮られていたことが嬉しいです。」と石灰山を背景にした写真を指差し、旧知の仲のように石田さんと稲生の話をされていました。
自然農法にも適合する石灰を原料とした農薬を生産する井上石灰工業は、ぶどうの生育にかかせない石灰を生かし、山梨のぶどう栽培の専門家の協力で、「TOSAワイン」ブランド https://www.inoue-winery.co.jp/about.htm を展開しています。
地場産業を生かしつつ、大胆な発想をするのは、高知の人が持つ才能かもしれません。

石田さんが撮影していた60年以上前の石灰山の姿は、ずっと写真の中にあり、今の時代と人を繋げています。

17日に石田榮さんの写真展が無事終了しました。ご来場くださったたくさんの皆さま、ありがとうございました!
「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #TOSAワイン #稲生 #bookphotopress_project

石田榮さんの伝える力
15日の石田榮さんを囲む会は会場に入れない方がたくさんいらしたくらいの大盛況でした。皆さまありがとうございました。
連日の在廊でクタクタなはずの石田さんでしたが、全身全霊でお話してくださった。本当にすごい方です。
伝えたいことがある人の語りは、どんなに流暢な話しぶりより私たちの心に直球で届きました。
たくさんの再会や出会いがあった写真展も本日最終日です。どうぞ石田榮さんに会いに来てください。お待ちしています!

「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

60年以上前、日本人にとってカメラの始まりの頃、石田さんはどんな風に写真を撮っていたのだろう。
水も思うように使えない中で、フィルム現像や暗室作業をしていた石田さんのお話は、改めて写真を考えるいい機会になりそうです。
近隣の皆さま、本日14時より、コレンス @corens_kochi 2階のギャラリーE へお出かけください。
お待ちしています!

「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
石田榮さんを囲む会・ギャラリートーク
2018年7月15日(日)14:00-15:00
*ギャラリー内で石田さんにお話しをお聞きします。(予約不要)

会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

高知新聞の朝刊に石田榮さんの写真展をご紹介いただきました。
いつも応援してくださる記者の松田さやかさんが記事にしてくださいました。
15日14時より、ギャラリーで石田さんの写真撮影、暗室作業に関することや、撮影当時の高知のお話を聞く会を開きます。
どうぞ桜井町のコレンス2F・ギャラリーEへお出かけくださいね。お待ちしています。

「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
石田榮さんを囲む会・ギャラリートーク
2018年7月15日(日)14:00-15:00
*ギャラリー内で石田さんにお話しをお聞きします。(予約不要)

会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

今日から1週間、高知市のギャラリーE で開催になる石田榮写真展、昨夜遅くまで設営をしました。
ギャラリーEの岡本明才さん、キュレーターの影山千夏さん、昨日まで展示をしていた上杉倫史さんも力を貸して下さって、今までとは違う、親密でいい空間と展示が出来上がりました。
3年前に皆で協力して、写真集を作り始めた頃を思い返していました。
場所と構成によって全く違う印象になるのは、展示を作る醍醐味ですね。
期間中、毎日10時よりオープン。
皆さまに是非ご覧いただきたいです。よろしくお願いいたします。

「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
石田榮さんを囲む会・ギャラリートーク
2018年7月15日(日)14:00-15:00
*ギャラリー内で石田さんにお話しをお聞きします。(予約不要)

会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

石田榮写真展の準備のために、3度目の高知に来ました。
豪雨に見舞われた高知の様子はどうなっているだろうかと気がかりでしたが、今日は打って変わって真っ青な空です。
まだ復旧作業中の地域の皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

羽田を出てしばらくして、いくつもの虹に遭遇する。ふたつ重なってるのもあった。今このタイミングでこの虹とは。良い兆しだと信じて行こうと思います。夏の青い富士山は今日も美しかった。

11日から1週間、高知市のギャラリーE で開催になる石田榮写真展です。近隣の皆さま、よろしくお願いいたします。

「はたらくことは 生きること―昭和30年前後の高知」高知・GALLERY-Eにて
@sawabi_art @corens_kochi
会期:2018年7月11日(水)-17日(火)
営業時間:10:00~20:00
石田榮さんを囲む会
2018年7月15日(日)14:00-15:00
*ギャラリー内で石田さんにお話しをお聞きします。(予約不要)

会場:GALLERY-E 
http://gallery-e.jp
〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目4−5 2階13号
TEL 080-6399-4681

共同主催:GALLERY-E 石田榮さんの会
宮崎 豊(ニッコールクラブ キャッスル大阪支部)
杉あつよ(alnair)
長尾敦子(Book Photo PRESS)

協力:影山千夏 羽鳥書店
http://www.hatorishoten.co.jp
後援:高知新聞社

#高知 #コレンス #石田榮 #はたらくことは生きること #銀塩プリント #写真 #写真集 #写真展 #羽鳥書店 #gallerye #bookphotopress_project

たくさんの知り合いの顔が浮かんで、心配していた九州から四国、近畿にかけての豪雨。少しずつ治まってきているようで、ほっとしています。 大変な思いをされた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。まだしばらくは十分お気をつけください。

お知らせがあります。橋本とし子写真集「キチムは夜に飛ぶ」(ふげん社刊)を扱ってくださるお店が少しずつ増えて来ました。ありがとうございます!
藤色の表紙は不思議世界の入口、本の中で大きく深く広がる橋本さんの作品の面白さを、是非手にとってご覧ください。よろしくお願いします。

橋本とし子写真集「キチムは夜に飛ぶ」 取り扱い店・ウェブストアのお知らせ

◉ふげん社 (東京・築地)
@fugensha
http://fugensha.jp
http://fugensha.shop-pro.jp
◉蒼穹舎(東京・新宿区)
http://www.sokyusha.com
◉Books and Modern(東京・港区赤坂)
@books_and_modern
http://booksandmodern.com
◉ルーニー247 fine arts(東京・日本橋小伝馬町) 
@roonee_247_finearts
http://www.roonee.jp
◉東京堂書店(東京・神田神保町)
http://www.tokyodo-web.co.jp
◉梅田蔦屋書店(大阪・北区梅田) @umedatsutayabooks
http://real.tsite.jp/umeda/
◉橙書店(熊本・熊本市中央区)
http://www.zakkacafe-orange.com
◉shashasha
https://www.shashasha.co/jp
◉flotsam books 
http://www.flotsambooks.com
◉Book Photo PRESS
https://bookphotopress.stores.jp
◉amazon
https://www.amazon.co.jp/

#キチムは夜に飛ぶ #橋本とし子 #写真集 #photobook #ふげん社 #shashasha #flotsambooks #蒼穹舎 #booksandmodern
#ルーニー247finearts #東京堂書店
#梅田蔦屋書店 #橙書店 #bookphotopress_project

『キチムは夜に飛ぶ』をデザインしたBookPhotoPress 長尾敦子さんの記事です。
ぜひお読みください。

#Repost @bookphotopress ・・・
熊本、橙書店 田尻久子さんのこと

橋本とし子写真集「キチムは夜に飛ぶ」を地方の書店主さんにご紹介していた先々週、すぐに一枚の葉書が届き、それは思いがけず熊本にある橙書店の田尻久子さんからだった。
キチムはとても響くものがある写真、数冊仕入れますと書かれた葉書は、作った本が世に出て行く正しい順番をひとつ進めたようでした。

ナナロク社から刊行された田尻久子さんの著書「猫はしっぽでしゃべる」を読んだばかりだったので、その著者ご本人からの、とてもさり気ない雰囲気の葉書に驚きながら、日々メールやラインだけで事を済ませている自分に気づいて、何だかがっかりしてしまう。
相手との気負いない自然な繋がり方のお手本のような葉書だったからです。

写真集「キチムは夜に飛ぶ」には、作品の魅力をまだ見ぬ人へ伝えたくて、キチムへの手紙と名付けた冊子を付録にしました。
そこで一遍の詩を寄せてくださった詩人の谷川俊太郎さんと私を繋げてくださったのはキチムの版元、ふげん社 @fugensha の関根薫さんと、田尻さんの著書の版元、ナナロク社の村井光男さんでした。その時に書かれた谷川さんの詩は、数日前に写真集とともに田尻さんの手に渡りました。
私の立ち位置から見えた循環する人と本との細くて長い繋がりは、何となくですが、安心感のようなものと、本を作って売っていくとはこういう、決して単純ではない面白いことなんだと感じさせてくれたのでした。


田尻さんの著者の前書きから一部引させていただきます。


言葉を紡ぐ人
絵を描く人
写真を撮る人
本の顔を作る人
それを一冊にまとめあげる人たち

一冊の本もきっと、心を込めて作られています。 (田尻久子著「猫はしっぽで考える」ナナロク社刊 前書き 開店のお知らせより)


田尻さんにはまだお会いしたことがないけれど、この「開店のお知らせ」から、どの立場、役割にも強弱をつけず、並列に置いて見ているように思えます。私がいる東京と、遠く離れている熊本が、今一番近くにある感じがする不思議は、田尻さんが多くの作家やファンを引きつけている理由そのものを私が体感している証だと思います。

作家から印刷会社までの何人もが時間をかけて作ったものは、書店という本との出会いの場所や人との関わり合いを重ねながら時間をかけていろいろな人の手に渡っていってくれるはずだ。これからもそれは変わらない。と心から思っています。

それからもう一つ。
田尻さんの著書を読んでいて、熊本地震の生々しい様子が今になってよくわかり、随分遅いですが、地震発生当時から感じていた無力な情けない気持ちと共に、熊本に行けばいいのだと気づいて少しほっとしています。(長尾敦子)

#橙書店 #ナナロク社 #ふげん社 #本をつくるおもしろさはここに #猫はしっぽでしゃべる #田尻久子 #キチムは夜に飛ぶ #橋本とし子 #bookphotopress_project

熊本、橙書店 田尻久子さんのこと

橋本とし子写真集「キチムは夜に飛ぶ」を地方の書店主さんにご紹介していた先々週、すぐに一枚の葉書が届き、それは思いがけず熊本にある橙書店の田尻久子さんからだった。
キチムはとても響くものがある写真、数冊仕入れますと書かれた葉書は、作った本が世に出て行く正しい順番をひとつ進めたようでした。

ナナロク社から刊行された田尻久子さんの著書「猫はしっぽでしゃべる」を読んだばかりだったので、その著者ご本人からの、とてもさり気ない雰囲気の葉書に驚きながら、日々メールやラインだけで事を済ませている自分に気づいて、何だかがっかりしてしまう。
相手との気負いない自然な繋がり方のお手本のような葉書だったからです。

写真集「キチムは夜に飛ぶ」には、作品の魅力をまだ見ぬ人へ伝えたくて、キチムへの手紙と名付けた冊子を付録にしました。
そこで一遍の詩を寄せてくださった詩人の谷川俊太郎さんと私を繋げてくださったのはキチムの版元、ふげん社 @fugensha の関根薫さんと、田尻さんの著書の版元、ナナロク社の村井光男さんでした。その時に書かれた谷川さんの詩は、数日前に写真集とともに田尻さんの手に渡りました。
私の立ち位置から見えた循環する人と本との細くて長い繋がりは、何となくですが、安心感のようなものと、本を作って売っていくとはこういう、決して単純ではない面白いことなんだと感じさせてくれたのでした。


田尻さんの著者の前書きから一部引させていただきます。


言葉を紡ぐ人
絵を描く人
写真を撮る人
本の顔を作る人
それを一冊にまとめあげる人たち

一冊の本もきっと、心を込めて作られています。 (田尻久子著「猫はしっぽで考える」ナナロク社刊 前書き 開店のお知らせより)


田尻さんにはまだお会いしたことがないけれど、この「開店のお知らせ」から、どの立場、役割にも強弱をつけず、並列に置いて見ているように思えます。私がいる東京と、遠く離れている熊本が、今一番近くにある感じがする不思議は、田尻さんが多くの作家やファンを引きつけている理由そのものを私が体感している証だと思います。

作家から印刷会社までの何人もが時間をかけて作ったものは、書店という本との出会いの場所や人との関わり合いを重ねながら時間をかけていろいろな人の手に渡っていってくれるはずだ。これからもそれは変わらない。と心から思っています。

それからもう一つ。
田尻さんの著書を読んでいて、熊本地震の生々しい様子が今になってよくわかり、随分遅いですが、地震発生当時から感じていた無力な情けない気持ちと共に、熊本に行けばいいのだと気づいて少しほっとしています。(長尾敦子)

#橙書店 #ナナロク社 #ふげん社 #本をつくるおもしろさはここに #猫はしっぽでしゃべる #田尻久子 #キチムは夜に飛ぶ #橋本とし子 #bookphotopress_project

白い花、届く

梅雨明けした暑い日、フォトグラファーズ・ラボラトリーの代表で写真家の、平林達也さんの写真集「白い花」ができあがりました。
チラリとお見せしますね。

造本は、天地を短くしたカバー付きのコデックス装です。平林さんの写真をざっくりと束ねたような、どこか素朴さがある姿を想像しながら作りました。開くとどのページの写真も光が反射してキラキラまぶしい。あとは手作業で薄いグレーのスリーブを付けて出来上がりです。

版元は写真家 宇井眞紀子さんが立ち上げた出版社「UI出版(UI PRESS)」です。宇井さんは平林さんの奥様で、長くアイヌの人たちを撮影して来た写真家。写真家自らが運営しようとがんばる新しい出版社から、これからどんな本が生まれて行くのか楽しみです。

7/18水曜日から銀座ニコンサロンで開催される平林達也 写真展「白い花」は、初日18時半よりオープニングパーティーがあります。皆さま、お気軽にご参加ください。平林さんの手による銀塩プリントと合わせて写真集もご覧いただけることが、この上ない喜びです。よろしくお願いいたします。(N)

#銀座ニコンサロン #ginzanikonsalon #白い花 #平林達也 #銀塩写真 #写真展 #gelatinsilverprint #bookphotopress_project

富山にいます
フォトグラファーズ・ラボラトリーの平林達也さんの写真集「白い花」の印刷立ち会いで、富山の山田写真製版所に来ています。
ソフトフォーカスレンズで撮影された「白い花」、ハイライトの光がキラキラ、とてもいい感じに印刷が進んでいます。
7/18から銀座ニコンサロンで開催される写真展でお披露目になりますので、皆さん是非、お出かけくださいね。(N)

#銀座ニコンサロン #nikonsalon #白い花 #平林達也 #銀塩写真 #写真展 #bookphotopress_project

山本渉展「エイリアンズ」
銀座 IG Photo Galleryにて
〜6月30日(土)まで

IG Photo Galleryで山本渉さんの展覧会が始まっています。
山本さんのピンホールカメラは、土の中でじっと、生えている草になりすましています。植物の目が見た空は、乳白色の水に映った空のように美しく青い。

山本渉さんの「線を引く」を2011年キヤノン写真新世紀の展示で見ていました。佳作だったその作品が受賞作品の中で唯一気になって、作家が会場にいるかどうか探したのを覚えています。そして7年経って、IG Photo Galleryでの展示のDMをデザインさせていただくことになるとは、びっくりです。嬉しい驚き!

23日土曜日にはタカザワケンジさん @kenji_takazawa とトークイベントも。皆さん、是非お出かけください。(N)

#山本渉 #あたらしい写真ギャラリーigpg #写真 #石田省三郎 #タカザワケンジ #igphotogallery #photoexhibition #ginza #tokyo #bookphotopress_project

Most Popular Instagram Hashtags