#aaaストーリー

11441 posts

TOP POSTS

.
.
.
.
.
.
#伝えられない想い story.34
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃side
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …… にっしー 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
今までどれだけ苦しんできたんだろう。
.
.
.
.
.
.
.
.
私にどれだけ傷つけられてきたんだろう。
.
.
.
.
.
.
.
.
ごめんね。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ありがとう… 」
.
.
西「 ん 」
.
.
伊「 そんな顔しないでよ、私も悲しくなる笑 」
.
.
西「 …ごめん笑 」
.
.
.
.
.
.
.
伊「 私は、にっしーの笑ってる顔が好きだよ! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
顔をくしゃくしゃにさせて、
.
.
.
.
.
.
.
.
思いっきり笑うにっしーが好き。
.
.
.
.
.
.
.
.
もちろん、にっしーへの好きは恋愛じゃないけれど
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 にっしーには、笑ってて欲しい 」
.
.
西「 ばーか 」
.
.
伊「 ひどいなぁ 」
.
.
西「 俺も、千晃の笑顔が好き 」
.
.
伊「 ありがと… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 … 行ってきな 」
.
.
伊「 えっ 」
.
.
西「 俺も宇野ちゃんも頑張った。 」
.
.
西「 次は千晃の番! 」
.
.
伊「 …ありがとう、行ってくる! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
はやく。
.
.
.
.
.
.
.
.
はやく伝えたい。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 だっちゃ… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 っ、千晃! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 …はー、どこ行ったのかと思った… 」
.
.
伊「 … 探して、くれたの? 」
.
.
日「 当たり前じゃん、
あんなこと言っといて逃げるんだもん。 」
.
.
伊「 …ご、ごめん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
誰もいない渡り廊下、
.
.
.
.
.
.
.
.
もうすぐ授業始まりのチャイムが鳴る。
.
.
.
.
.
.
.
.
それよりも前に、
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 あのねっ、私… 」
.
.
伊「 だっちゃんのことが、ずっと好きで、 」
.
.
伊「 夏休みに、宇野ちゃんと付き合ったって聞いて 」
.
.
伊「 すっごいショック受けて、」
.
.
伊「 でも、普通にしなきゃって、諦めなきゃって 」
.
.
伊「 …っ、それで… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
あーあ、泣かないって決めてたのに。
.
.
.
.
.
.
.
.
こんなんじゃ伝えたいことも伝えられない。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 …千晃、顔上げて 」
.
.
伊「 …っ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私が顔を上げると、そっと涙を拭き取ってくれる。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 好き…っ 」
.
.
日「 …うん 」
.
.
伊「 私、ずっと伝えなくていいと思ってた… 」
.
.
伊「 でもやっぱり伝えなきゃいけないなって 」
.
.
伊「 …っ、泣くつもりじゃなかったんだけど…っ 」
.
.
日「 俺も伝えたい。 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 何を…? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 千晃、俺、千晃のことが好き 」
.
.
日「 宇野と付き合ったのは、 」
.
.
日「 千晃は西島のこと好きだと思って、諦めようとしたから。 」
.
.
日「 でもやっぱ無理だった。 」
.
.
日「 宇野のことは好きなはずなのに、どこかで千晃を思ってて 」
.
.
日「 … 俺、宇野に最低なことした 」
.
.
日「 俺、こんなクソみたいな男だし、 」
.
.
日「 いいとこ何もないし、千晃のことも沢山傷つけた 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 でも好きなんだ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …ばか、ばかばかばか 」
.
.
日「 …俺と、付き合ってください 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
言葉にならないくらい嬉しくて、
.
.
.
.
.
.
.
.
泣きながら頷いた。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 泣くなよ〜笑 」
.
.
伊「 むりぃ〜…っ 」
.
.
日「 授業、サボるか! 」
.
.
伊「 …うん笑 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
_____________________________________________
.
.
.
.
#伊藤千晃
#宇野実彩子
#日高光啓
#西島隆弘
#aスト
#aaaストーリー

#重なった手のひら
______________
.
伊藤side
.
.
伊) だっちゃんは先行った?
.
西) あーまだ寝てる
.
伊) はっ!?
.
西) 今度は日高の家行くぞー
.
.
.
.
.
.
あいつめ……
.
.
.
.
.
まだ寝てるなんて
.
.
.
.
.
.
伊) 私より寝てるじゃん
.
西) 日高が起きるわけない
.
伊) それ、たかも言えないから
.
西) あれ、そう?
.
伊) しらばっくれないでよ
.
西) ごめんごめん
.
.
.
.
.
だっちゃんは私のもう1人の幼なじみ
.
.
.
.
.
.
たかと同じ小学校の時から一緒
.
.
.
.
.
.
伊) ねぇーーだっちゃん起きて
.
日) んああっ?
.
伊) 機嫌わっる
.
西) おい、日高起きろよ
.
西) 俺ら三日連続遅刻だぞ
.
伊) いいじゃん仲良しみたいで
.
日) 仲良しだもんな、俺らは
.
伊) うわ、起きた!
.
.
.
.
.
私の肩に腕をのせて
.
.
.
.
.
偉そうな態度を取るだっちゃんのほっぺを
.
.
.
.
.
.
「 バシッ 」
.
.
.
.
.
.
日) いったぁあ……!
.
.
.
.
.
.
軽めにたたいた
.
.
.
.
.
伊) ほらー目覚めたでしょ?
.
西) 今日俺、千晃に手こずって1時間も待ったんだからな?
.
西) だからこれ以上待つのは勘弁
.
日) てかそれ、先に行けばよくね?
.
西) は?1人とか寂しいだろバカ
.
日) ははっ笑 お前は1人が寂しいんだったな笑
.
西) おま……!
.
伊) はいはいはいはい~喧嘩しないのー!
.
伊) だっちゃんはさっさと準備して!
.
伊) たかは私と一緒に下で待つ!
.
日西) はいはい
.
.
.
.
.
.
喧嘩になりそうな2人をとめて
.
.
.
.
.
.
たかと一緒にだっちゃんを待った
.
.
.
.
.
.
日) おまたー
.
西) ほんと、待たせ過ぎ
.
伊) ほら、いこ~
.
.
.
.
.
.
.
.
そのまま3人で仲良く遅刻の罰を受けた
______________
#aaaストーリー
#にしちあ
#だっちゃき

.
.
〈 西島隆弘side 〉
.
.
.
.
隆「 みさこちゃん…? 」
.
.
実「 ……… 」
.
.
.
.
突然君の力が抜けて重くなる
.
.
.
.
隆「 えっ…?! 」
.
.
.
驚いて顔を覗き込むと
.
.
.
.
.
隆「 寝て…る…?
.
.
.
はぁ、、焦った… 」
.
.
.
.
別れが必然だとしても
.
俺の気持ちを伝える前に
.
いなくなるのはなしだよ…
.
.
.
.
明日の朝
.
.
ちゃんと話そう
.
.
君がそうしてくれたように
.
.
.
.
.
君を抱えてベッドに運ぶと
.
寝てるとは思えない力で
.
俺の腕を掴んで離さない
.
.
.
.
どうしよう、、
.
.
.
無理やり起こしたくはないし
.
.
.
.
一緒にベッドに入って横になると
.
.
今度は背中に腕をまわされて
.
がっちりホールドされた
.
.
.
.
隆「 // …みさこちゃん? 」
.
.
実「 ん〜〜…… ふふ…(笑) 」
.
.
.
.
涙跡のついた顔で
.
にこにこ笑ってる
.
.
.
幸せな夢を見てるならいいけど
.
.
.
.
隆「 人の気も知らないで、、 」
.
.
.
.
.
俺は君を腕の中におさめる
.
.
.
やっと想いが結ばれたのに
.
別れが近づいてるなんて
.
正直全然実感なくて…
.
.
.
.
だけど
.
君は
.
.
いつか終わりが来ると知りながら
.
.
ずっと俺のことを
.
すきでいてくれたんだ…
.
.
.
.
.
どれほど強く儚い想いを
.
.
ひとりでこんな華奢な身体に
.
抱えていたの…?
.
.
.
.
.
君が壊れてしまいそうなくらい
.
.
.
どこにも行かないで
.
.
消えないで
.
.
.
そんな思いで強く抱きしめた
.
.
.
.
.
君の寝顔を見つめると
.
.
また涙が出てきてしまう
.
.
.
.
それなのに
.
.
なんでだろ、、
.
.
思い出すのは
.
.
.
君の照れた顔とか
.
拗ねた顔とか
.
笑った顔ばっかりだよ
.
.
.
.
少しでも長く君のことを感じていたくて
.
.
寝るのがもったいなくて
.
.
しばらく起きてたけど
.
.
.
.
君の髪に鼻を寄せると
.
いい香りがして
.
.
.
いつの間にか眠りについていた
.
.
.
.
#aaa #aaaストーリー #青い花
#西島隆弘 #宇野実彩子
.
.
がっちりホールド😳💓
.
.




キュン死注意報!


another episode
〜だっちゃきのクリスマス〜


日高side




今日は特別な日



外はもう暗くて
バイトを終えた俺は、急いで愛しの彼女を迎えにいく



ピンポーン



伊「だっちゃん!!」


ドアが開くと
天使級にかわいい彼女が出てきた



日「ちょっ…ちぃちゃん!可愛すぎるよ!!」


伊「何言ってんの〜笑
だっちゃんこそ、すっごくかっこいいよ!!」



そう言って千晃の破壊力抜群な笑顔を見て
バイトの疲れは一瞬にして飛んでいった



日「よし、じゃあ行こっか!」



千晃の手を取り、
予約しておいたオシャレなレストランに入る



伊「わぁ〜!すごいオシャレ!!」



入って早々、千晃が目をキラキラさせている



それから、メニューが運ばれる度に
千晃はとびきりの笑顔を見せて喜んだ





伊「はぁ〜!美味しかった!
だっちゃん、本当にありがとう!
すごく嬉しかった!!!」



ディナーを食べ終えた千晃が
満足そうに微笑みながらそう言った



でも、今日はクリスマスだから
これで終わりにはさせないよ



日「千晃、ちょっと待ってて!」



もう一つ、千晃にプレゼントがあるんだ



店のトイレを借りて
急いでサンタの格好に着替える


お店の照明を消してもらい
ケーキのろうそくに火をつけて
バイトで貯めたお金で買った
ネックレスの入った箱を持って


急いで千晃のもとに行った



伊「えっ…ウソ…!!」



俺の姿を見るなり
千晃は目を大きくさせてびっくりしている



日「俺からのプレゼントだよ
ろうそくの火、千晃が消して」



千晃がケーキのろうそくを消すと
お店の照明が再びついた



日「メリークリスマス、千晃」



そう言って箱からネックレスを出して
千晃につけたあげた


すると、
千晃は泣きながら俺に抱きついてきた



伊「だっちゃん、本当に…本当にありがとう!
私、すっごく幸せだよっ…!!」



涙混じりに笑う千晃に
俺も優しく微笑み返した



伊「…あ!そうだ!!」


何かを思い出したように、
千晃がバッグの中から何やら袋を取り出した


そして、その袋から出てきたものは
黄色の毛糸で編まれたマフラーだった



伊「これね…私からのプレゼント!
メリークリスマス、だっちゃん」



そう言って、そのマフラーを俺の首元に巻いてくれた



伊「ごめんね…
だっちゃんみたいに凄いものじゃなくて…
でもね、これ…私が編んだの!
だから…」



千晃…


話の途中で
今度は俺が千晃を抱きしめた



日「何言ってるんだよ
千晃が俺のためにしてくれたこと以上に
嬉しいことなんてないよ」



そう言うと、千晃の目から再び涙がこぼれ落ちて


伊「だっちゃん…大好き!!」


勢いよく俺に抱きついてきた



千晃、
最高のクリスマスプレゼントをありがとう





お店を出ると、
外はイルミネーションで明るく光っていた



伊「綺麗だね〜だっちゃん!」


日「ちぃちゃんの方が綺麗だけどね!」


伊「もぉ〜!笑」



またいつもの調子に戻る



こんなことだから
みんなに“バカップル”って言われるんだろうな笑



でも、それが俺達だからいいんだけど



大好きな千晃の手を握りしめた



その手は小さくて、
でも、とても暖かかった



千晃…



ずっと一緒にいような




――――――――――――――
#aaa
#aaaストーリー


きのうはたくさんのコメントありがとうございました!


皆さんの暖かいお言葉…
すごくすごく嬉しかったです😂✨


番外編、まずはだっちゃきカップルから
出してみました😁✌️


ぜひ読んでみてください💕

【メンバーがいいです。】
隆「えっ?!すごい名案だと思ったのに?!
え?!」
.
実「…イヤ」
.
隆「俺なら宇野のベストが出来るね。」
.
実「……イヤ」
.
隆「なになにぃー?実彩子ちゃん、反抗期ー?Σ੧(❛□❛✿)」
.
実「にっしーには、」
.
ピトッ
.
「いつどんな時でも、最高の私を見ててほしい。
すっぴんはイヤ。」
.
.
.
隆「なーに、俺、実彩子のストイックボタン押しちゃったー?
.
.
.
.
.
.
.
俺はすっぴんの実彩子もどストライクですけど?」 ------*------
#aaa #宇野実彩子 #西島隆弘 #たかうの #aaaストーリー
宇野ちゃんのちょっとストイックさを醸し出してみました^ ^
.
.
.
久々の文字入れです。
なかなかたくさんは作れないんですけど、楽しい(о´∀`о)

.
.
.
#花火 』Shinjiro × Chiaki
.
.
------------------------
真司郎 side
.
.
.
千晃の肩を掴んでじっと目を見つめる。
.
.
昔からずっと千晃は俺のことを
.
『幼なじみ』って言ってきた。
.
.
でももう、そろそろ
.
『昇格』してもいい頃。
.
.
.
千)………真司郎?
.
.
真)あのな、俺……千晃の事、
.
.
.
大きく息を吸って告白しようと
.
した時、まさかの邪魔が入った。
.
.
.
千)ふ………ふえっくしょん!
.
.
真)…………は?
.
.
千)ごめん、くしゃみ出た。
.
.
真)嘘やろ、、
.
.
.
まさかの初めての告白は
.
千晃のくしゃみによって完全に消された。
.
.
.
千)それで、、どしたの?
.
.
真)いや、、、何もない。
.
.
.
『ははっ』って苦笑いしながら
.
千晃からそっと離れる。
.
.
まじか、まじか。
.
普通は花火とかが邪魔に入るのに
.
まさかのくしゃみとかありえんやろ。
.
.
.
真)今年の夏……終わったわ。
.
.
千)何ブツブツ言ってんの。
.
ね、もう終わったから帰ろーよ。
.
.
真)ああ、うん、帰ろ。
.
.
.
テンションダダ下がりのまま
.
2人で暗い夜道を歩く。
.
.
なんか虚しいな、
.
.
.
千)ねぇ〜真司郎?
.
.
真)なんやねん、、
.
.
.
転がってた石を蹴りながら
.
千晃は俺の名前を呼ぶ。
.
.
.
千)真司郎ってさ、、好きな人いる?
.
.
真)うん、いる。
.
.
千)ちなみにさ……誰?
.
.
.
テンションが完全に下がっている
.
俺は千晃の言葉なんて何一つ
.
入ってこない。
.
.
だから、、無意識にも………
.
.
.
真)……ちーあーき!
.
.
千)ふーん、そうなんだ。
.
.
真)そうそう。
.
俺は千晃が好き、千晃が………は!?
.
.
千)………は?
.
.
.
ぼーっとしてた俺は
.
さらっと千晃に告白をしていた。
.
.
.
真)え、いや、その、
.
えーーっと、忘れてって無理やな。
.
あのな、今のは………
.
.
.
またいつものように言い訳を
.
しようとした時、
.
千晃がそっと近づいてきて
.
俺の頬に優しくちゅってした。
.
.
.
千)………ん、私も。
.
そこは言い訳いらないでしょ。
.
バカ。
.
.
真)………え?
.
.
千)ほら、帰るよ!
.
.
.
呆然とする俺を置いて
.
千晃は坂道を走っていく。
.
.
いや、、状況が掴めないんだけど……
.
.
.
真)ちょ、、千晃
.
も1回言ってやー!!!
.
.
.
-----------------------------
.
.
.
.
この後どうなったのかは
ご想像にお任せします😌💓💓
.
.
告白しようとした時に
くしゃみ出るとかなんか想像できる💭
.
.
.
.

#aaastory
#aaaストーリー
#しんちあ
#ちあ短編



アイノカタチ (12)

千晃side

なんで……

学校に着いてから連れていかれたのは保健室

そう

與先生とふたりきり

真「解いたら教えてな」

千「はい……」

目の前に座ってる與先生

どうしてこうなるのよ

テスト勉強なんて頭に入らないじゃん

そう思いながら

必死に答案用紙と向き合って

全部解き終える

千「終わりました」

真「お疲れ。次はこれな」

また渡される問題用紙

はぁ…やっと終わった……


真司郎side

金曜日の放課後

先「あの與先生……」

真「はい」

先「明日ご予定ありますか?」

真「いや特に何も……」

先「明日テスト勉強に来る生徒がいるんです
よければ監督してもらえないでしょうか?」

真「わかりました」

先「これとこれを解かせてそれが
終わったらこのDVD見せてください
その後にこれ……渡してください
前回分が余ってるなら破棄するよう伝えて」

そういって出ていった

真「くるの誰や……?」

渡された名簿をみると

" 伊藤千晃 " の文字

真「うそやろ……」

まぁいい、見てればいいだけや

そういえばDVD……と……

真「なんでよりによってアイツ……」

ってなわけで今に至る


千晃side

真「DVDつけるぞ」

千「うん」

真「はいこれ……」

そういってマグカップを渡された

千「ありがとう」

これ……先生のマグカップ……

それにココア……懐かしい

真「始まんで」

プレーヤーに目を向けると

ア「性教育の_______」

2人きりの空間でも気まずいのに

このまま性教育のDVDをみろと……?

千「はぁ……」

この空気のまま映像が終わった

プレーヤーを片付けて與先生のもとにいく

千「はい先生終わったよ」

真「お、おう、ありがとな」

そういって微笑んだ

久しぶりに見たその笑顔

真「じゃ、はいコレ
使い方はさっき見たから分かるよな?」

千「……」

真「前回の配布分はもう使った?」

そんなの與先生が一番知ってるくせに

千「……いいえ」

真「受け取らんの?」

そっと手を差し出すと

真「あぁ……



もしかして




俺と使いたいの?」

___________________________
#アイノカタチ
#aaaストーリー
#aaa
#しんちあ

與先生みたいの保健室の先生いたら
とりあえず保健室登校にするよねぇ~~~←

【近くて遠い】33
.
.
.
.
秀)おい、今日帰ってくるぞ
.
.
.
.
隆)わかってるよ
.
.
.
.
秀)お前1回も会いに行かんかったやん
俺たぶん2ヶ月に1回とかのペースで行ったけど笑
.
.
.
.
隆)まぁいろいろねぇ笑
.
.
.
.
秀)どうする?彼氏とか連れてきたら笑
.
.
.
.
隆)…とりあえずおめでとうだろ
.
.
.
.
秀)嘘つき笑
.
.
.
.
隆)はいはい、迎えに行ってくる
.
.
.
.
秀)おう
.
.
.
.
空港まで千晃を迎えに行った
.
.
.
.
隆)どうする俺。
.
.
.
秀太の言ってたとおり彼氏が出来てたら?
.
.
.
おめでとうどころじゃなくてショックで死ぬかも
.
.
.
それにしてもめっちゃ緊張する
.
.
.
.
千))どこ?
.
.
.
そして久しぶりの千晃からのLINE
.
.
.
隆))出口の近く
.
.
.
返事を返す
そしてしばらくして
.
.
.
.
千)隆弘!!!!!!!
.
.
.
.
俺を呼ぶ大きな声
.
.
.
.
隆)千晃
.
.
.
.
4年…?ぶりくらいに千晃を見た
髪が伸びてて
格好も大人っぽくなってて
どこからどう見ても大人の女性
でも笑顔だけはあの時と変わらない
.
.
.
.
千)久しぶり!!!!!!!
.
.
.
そう言って飛びついてくる
.
.
.
隆)久しぶり
.
.
.
興奮気味の千晃の背中をポンポン叩いてなだめる
.
.
.
.
千)会いたかったぁ笑
.
.
.
.
隆)俺も笑
.
.
.
.
千)ヘヘッ笑
.
.
.
俺から体を離すとまた笑う
.
.
.
千)全然会いにこないんだもん隆弘。笑
秀太なんて何回来たことか笑
.
.
.
.
隆)ははっ…笑
.
.
.
.
千)かっこよくなったね笑
.
.
.
.
隆)そう?
.
.
.
.
千)隆弘彼女できた?結婚した?
.
.
.
.
隆)してないよ笑
.
.
.
.
千)彼女は?笑
.
.
.
.
隆)できてない笑
.
.
.
.
千)あれから1度も?笑
.
.
.
.
隆)うん
.
.
.
.
千)なにやってんの笑
.
.
.
あなたを待ってたんです。
かすかな期待をずっと胸に抱いて
.
.
.
.
隆)千晃は?いい人できた?
.
.
.
.
千)できてない
.
.
.
.
隆)1回も?
.
.
.
.
千)1回も
.
.
.
.
隆)なんで笑
.
.
.
.
千)いや〜やっぱり諦めきれなくて笑
忘れられなくて笑
嫌いって言われたわけじゃないから笑
諦めるのは…あれかなぁって
.
.
.
.
隆)…
.
.
.
.
千)毎日考えてた。
何してるのかなぁって
元気かなぁって
.
.
.
.
隆)…
.
.
.
.
千)そしたら4年経っちゃった笑
.
.
.
.
千)まだ好き笑 、隆弘。
.
.
.
.
隆)ウソ…
.
.
.
.
千)ほんと
.
.
.
.
あの日、
.
.
千晃と初めて話した日から
.
.
どこにでもいる女子高生だった千晃に
ちょっかいだして
からかって
何回もでかけて
何回も不機嫌にさせて
.
.
いつの間にか好きになってて
.
.
いけないことだってわかってた
.
.
だって千晃にはまだ色んな可能性があったから
.
.
好きだってことを言えなかった
.
.
俺、大人だもん
.
.
でも…今なら
.
.
あの時決めた。4年たってまだ俺を好きでいてくれている
.
.
その時は…
.
.
.
.
隆)千晃
.
.
.
.
.
.
隆)家族になってください
.
.
.
.
.
.
.
千)え…?
.
.
.
.
.
.
.
千)待って…もう1回…
.
.
.
.
.
.
隆)家族になって。

あ、もう言わないよ。笑
.
.
.
.
.
.
千)…
.
.
.
.
.
.
.
.
千)…っ隆弘
.
.
.
.
.
.
泣きながら抱きついてくる千晃
.
.
.
.
.
.
隆)…笑
.
.
.
.
.
.
今なら堂々と言える
.
.
.
.
.
.
.
隆)好きだよ
.
.
.
.
.
.
.
って
.
.
.
.
.
.
.
.
おしまい
.
.
.
.
.
#aaa
#aaastory
#aaaストーリー
1回書いてみたかった、付き合う過程をとばして結婚する的なのを。笑




不器用な彼


【episode1】


【貴女side】





西】「これお願いね。」


そういい、

私の机の上にドサッと

ファイルを置いたのは、



私の上司。「西島隆弘」先輩。





貴女】「いつまでにですか?」

西】「そんなの聞かなくてもわかるだろ?」

西】「今日までに決まってるじゃねぇか。笑」



そんなの、初めて聞いたし。


ここはブラック会社か。


西】「これ、終わんねぇと俺に仕事回ってこないから。」


そういい、パソコンを挟んだ私の席の前の席にドサッと座る。



優雅にコーヒーまで飲みやがって。

畜生。




不貞腐れながらも

机の上を占領している仕事に

手をつけ出す私は充分偉いと思う。





ここ、間違ってるし、

あぁもう、計算最初からし直さないと、






不器用な私は、細かい作業にイライラし始める。






すると、西島さんが部屋から出て行った。



イライラの次に溢れ出すのは、

西島さんへの愚痴。





どーせ、

西島さんは、女癖悪言って噂だから、

女の所にでも行って気持ちいいことしてるんだろーな。



溢れ出る腹黒い考え方。





すると、

机の上にコツンっと、何かを置かれる。





私の大好きな


『オレンジジュース』



西島さんが買ってきてくれたのだ。





[終わったら飯奢ってやる。]



マジックペンで、西島さんの字で缶に書いてある字。



西島さんは、平然と私の前に座っている。





と、思いきや、


耳が少し紅くなってるではないか。








ニヤニヤしそうな口元を必死に堪えていると、


西島さんから叩かれる。



西】「気持ち悪い顔やめろ。」


貴女】「西島さんって意外と可愛い所あるんですね笑」





西】「黙って仕事しろ。」



そういいながらも、

ほんのり紅い耳は変わらず、


さり気なく私の机の上に乗ってる仕事を持っていってくれる西島さん。









初めて知った1面に、



嬉しいと思ったのは内緒。
ーーーーーーーーーーーーーー



こんな感じにゆるるるっとしていきます(❁´`❁)


#aaastory
#aaaストーリー
#たんたんめんストーリー

MOST RECENT

.
.
.
.
.
.
#伝えられない想い story.36
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃side
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
だっちゃんと付き合って、
.
.
.
.
.
.
.
.
あれから1年が経った。
.
.
.
.
.
.
.
.
私たちは、高校2年生になった。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 ちーあーきさん 」
.
.
伊「 はーあーい 」
.
.
日「 うん、今日も可愛い 」
.
.
伊「 …だっちゃんもカッコいい 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
毎日朝はだっちゃんと登校している。
.
.
.
.
.
.
.
.
クラスは奇跡的にだっちゃんと同じになれた。
.
.
.
.
.
.
.
.
昼休みになると、毎日宇野ちゃんとにっしーが
仲良く私たちのクラスにやってくる。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 千晃ー!! 」
.
.
西「 千晃〜! 」
.
.
日「 おい!西島は抱きつくな! 」
.
.
伊「 ふふっ笑 」
.
.
宇「 私の千晃なので、離れてくださーい 」
.
.
西「 な、実彩子さん!? 」
.
.
宇「 だ、急に名前呼ばないでよ!! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
顔を真っ赤にさせて怒る宇野ちゃん。
.
.
.
.
.
.
.
.
そう、にっしーと宇野ちゃんは夏休みに
お付き合いを始めて、
.
.
.
.
.
.
.
.
今はみんな幸せに笑ってる。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日「 よかったな、宇野 」
.
.
宇「 …日高くんより全然にっしーのがいいよ笑 」
.
.
西「 …実彩子、好き 」
.
.
伊「 ちょ、絶対だっちゃんのがいい彼氏だもん! 」
.
.
日「 ははっ笑 可愛いなー千晃は 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って頭を撫でてくれる。
.
.
.
.
.
.
.
.
今こうして、私たちが笑っていられるのは
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伝えられないと思っていた気持ちを、
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伝えることができたから。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …これからもずっと一緒ね? 」
.
.
日「 何それ、プロポーズ?笑 」
.
.
伊「 なっ…!違うし!! 」
.
.
日「 はは、嘘、ずっと一緒ね。 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ありがとう宇野ちゃん。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ありがとうにっしー。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 私今、すっごく幸せだよ。 」
.
.
.
.
.
END
.
.
.
.
_________________________________________________
.
.
.
.
.
おっしまい!!笑
.
.
なんか変な終わり方だけど、
まぁ、うん…笑
.
.
長編のペア集計してきます😌
.
.
.
.
.
#伊藤千晃
#宇野実彩子
#西島隆弘
#日高光啓
#aスト
#aaaストーリー

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

與side


ある日、俺は実彩子に
「会わせたい人がいるから中庭に来て」
と呼び出された


中庭に行ってみるとそこにはあの、日高という男がいた


もしかして、付き合い始めたんだろうか、
そう思っていると


宇)「この人、日高くんは千晃の事が好きなの」

與)「え?!そーなん??!てっきり実彩子が、好きなのかと」

與)「え?だってよく俺らの教室に来てたやん。だから実彩子に会いに来てたのかと」

宇)「そんなわけないでしょう?この人は千晃に一目惚れして、私に相談に来てたんだよ」

與)「え!?そーなんか?!でも千晃は…」

日)「あぁ、知ってるよ。全部実彩子から聞いた。いま、千晃がどんな思いをしてるのか。それは外から見てもわかる」

宇)「それでね、私たち3人で千晃の笑顔を取り戻そうと思うの」

與)「そーゆー事なら!3人で頑張ろや!」


まさか、あの日高さんが千晃を、好きだとはなぁ


何はともあれ実彩子を狙ってなくて良かったァーッ!


宇)「ん?何がよかったの?」


やべっ!俺、声に出てた?

與)「いや、何でもないよ」

宇)「ふーん?」

日)「とりあえず、西島って人をここに連れてきて?」

宇)「わかった!今すぐ行ってくる!」


━━━━━━━━━━━━━━

まさかの日高さん千晃狙ってた!

#aaaストーリー
#aaastory
#aaa
#かなわない想い

#report #届け #shortstory #3話

(実彩子side)


辛いレッスンを一年乗り切ることができた。9月10日


私と西島くんは社長室に呼び出された。


実、西)失礼します。

社長)お、きたきた。大切な話だから...。どうぞ、

実、西)はい



大切な話と聞いて、私と西島くんは少し目を合わせた。



社長)じゃあ....いい?

実、西)はい。


社長)デビュー日が決まった。


社長)9月14日だ


西)本当ですか...?

社長)ああ、本当だよ。ちょっと西島くん。笑

西)や、、すみません、嬉しくて...っ、



西島くんは私に泣いているのを見せないように手で隠して泣いていた


すると、私も本当に決まったんだ、と確信して涙がボロボロ溢れ出してくる



実)デビューできるんだ...っ、、うぅ、、っ、、



西)実彩子、ありがとう、!

実)えっ、なんで?

西)俺と一緒に辛い時も頑張ってくれたから、、かな?

実)もうっ、、もっと泣けてくるじゃない、、

西)泣け泣け~

実)うっさいなぁ、、もう、ありがとう隆弘....っあ、ごめん、西島くん

西)や、隆弘でいいよ?笑笑

社長)あ、仲良くしてるところ申し訳ないね、笑 じゃあ、また明日にしようか。明日もまた話そうか

西)すみません、明日でお願いします



実、西)失礼しました



扉を占めると、隆弘がしゃがみ込んだ


西)...できる、、、

実)隆弘?

西)デビューできる、、実彩子のおかげ。本当にありがとう、!!

実)わぁっ、、


隆弘が私に抱きついてくる


実)ちょっ、隆弘、!付き合ってるように思われるよ?!

西)今はそれでいい、ちょっと、本当にありがとう、

実)ありがとね隆弘。




西)本当に実彩子のおかげだ。

実)そんなことないって、、笑

西)俺だけじゃ絶対力不足。実彩子がいたからここまで来れたんだよ?俺。実彩子に出会えてよかった。



隆弘は、いきなりドキドキすること言ってくるし、

抱きついてくるし、


私の前では今まで絶対、涙を見せることはなかった。


多分、私に心配かけたくないからとか、そんなかっこいいことばかり考えてるだ。



私、本当に隆弘が好きなんだ。



実)ねぇ、隆弘?

西)ん?

実)ライブ、出来るぐらい人気になれるかな?

西)ならせてみせるよ、実彩子のためにも笑

実)なにかっこいいこと言ってんの~笑

西)ははっ、で、なに?笑

実)私ね、ライブできるようになって、成功したら、隆弘に言いたいことがあるんだ。

西)ん?うん、それまで待ってるね

実)うん、ありがと!




初めてのライブ、成功したら



私、隆弘に好きって言います。




______________________


久々更新感。←

コメント待ってます☺︎︎💙

今日は渚とキミの面影更新しますね!


#aaa #aaastory #aaaストーリー #たかうの #西島隆弘 #宇野実彩子 #ひかわーるど

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

與side

あの日、千晃が振られた日から
千晃の笑顔が消えた


たまに見せる笑顔もどこか無理してて


実彩子といる時も自分の話は一切しない


実彩子の話を聞くだけ


あの日から、千晃は変わった


俺は、そんな千晃がほっとけなかった

それは多分実彩子も、同じで



そんな時、あいつが俺達の前に現れた




宇野side

千晃が笑わなくなった


私たちの大好きな笑顔が消えた


私も真ちゃんも同じこと考えてる


どうしたら千晃は笑顔を取り戻せる?


どうしたら千晃は前みたいに戻ってくれるの?


にっしーはいつも通りに千晃に接しようとしてる


私は考えて、考えて、ある人を、思い浮かべた

━━━━━━━━━━━━━━

さぁ、ある人とは誰なんでしょーか!?


#aaaストーリー
#aaastory
#aaa
#かなわない想い

『 もっとずっと愛してると誓う 』


実彩子 ss .



放課後になり、教室を出ようとすると



愛)「 あ、実彩子!ちょっとい?」


実)「 あ、うん。」



愛梨ちゃんに呼びだされ、連れて行かれたのは下駄箱だった。


はやくしてくれないと、秀ちゃんと千晃に会っちゃう。



愛)「 実彩子ってさ〜最低だよね。」


実)「 え?」


愛)「 いや、保健室でね、聞いちゃっただよね。あんな理由で付き合ってたとか、嫌われて当然だよね 。まあそっちの方が私には好都合なんだけど(笑)」



その時。



千/秀)「 あれ、愛梨?何してんの、帰ろうよ。」



あっ、秀ちゃんと千晃来ちゃった。


千)「 え、なんで。何話してたの?」


秀)「はやくかえんぞ。」


愛)「 なんでもないない!よし、かえろう!」



愛梨ちゃんとすれ違ったとき、「 ざまあみろ 」なんて言われちゃった。



ああ、本当にきらわれちゃったな。


それを望んでたのに、なんで?



なんで、こんなに涙がとまらないの?



遠くなってく3人の後ろ姿。

あの場所だけはとられたくなかったな。





さよなら、大好きな人。






今日は期末テストの日。


わからない言葉は意味も調べて、寝ないで勉強して、あんなに頑張ったんだから大丈夫。



それなのになんで?


テストを配られた瞬間、頭が真っ白になる。


たくさん勉強したよ?

なんで、読めないの?解けないの?





返ってきたテストはひどかった。



西先)「 宇野。お前、一応難関国立大学志望だろ?もっと勉強しなくてどうするんだ。」



なにも知らないくせに言わないでよ。



母)「 実彩子。先生に相談してみようか?大丈夫。今の様子を伝えるだけだよ。」


実)「 うん。」



先)「 じゃあ試しに聞きます。この漢字はよめますか?」


あれ、読めない。


先)「 この動物はわかりますか?」


わからない。


先)「 自分の名前を漢字でかけますか?」


書けない。


なんだ、私もうだめじゃん。



実)「 先生、あのね?私、頑張ったんだよ……?勉強も寝ずに頑張って、時間も何回も確認して、今日の場所もしっかり覚えて。」


実)「 私、頑張ってる意味ありますか?」




先)「 この病は必ず進行するものだと言いましたね?しかし、実彩子さんの場合、他のケースよりもはやくなっています。」




先)「 なので、実彩子さんに__ 」



先)「 実彩子さんに施設に入ることをおすすめします。」





え、施設にはいったら

家帰れないんでしょ?

学校卒業できないんでしょ?

大学行けないんでしょ?



実)「 そんなの嫌だよ!」


先)「 ご家族でしっかり話しあってみてださい。」






そんなの、私生きてく意味ある?



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日はここで終わります🍡
暇すぎて更新率高めですが、お付き合いよろしくお願いします👆🌹
#aaaストーリー
#aaa小説
#しゅうみさ
#aaa

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

千晃side

にっしーに振られた日


私は部活に行けなかった



でも、こうなることは分かってた


西)《ゆかり先輩ってさ》

西)《ゆかり先輩が》

西)《ゆかり先輩は》


いつの日からか、私の知らない先輩の名前が出てくることが増えて


それも褒める内容ばかり


私は薄々気づいていた


あぁ、にっしーはこの人のこと気になってるのかな?って


でも、気付かないふりをしていた
いや、気付きたくなかった


それでも、振られた日思い知らされた




伊)〈分かった。今までありがとう〉


私のこの返信の後にっしーは私に

西)〈ゆかり先輩、俺のどストライクかもしれない〉


なんて、なんて残酷なんだろう

こんなことなら恋なんかしなきゃ良かった

付き合えるだけで幸せだなんて、言わなきゃ良かった




今更後悔しても遅い



私はその日からにっしーを避けてる


話したいけど、話せない


付き合う関係の前に戻りたい



にっしーの気持ちを分かりたい


私がにっしーを傷つけてた?










戻りたいのに戻れない



無邪気すぎてたあの場所は



記憶の中日差しに揺れてる



分かりたいのに、わからない



もがきながら傷つけてた



伝えたい言葉ねぇ君のことを




愛してる


━━━━━━━━━━━━━━

千晃切ない、、

#aaastory
#aaaストーリー
#aaa
#かなわない想い

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

西島side

伊)〈分かった。今までありがとう〉


千晃からの返信
俺が悪い、俺が全部悪いんだ


・ ・






俺は知ってる


千晃が我慢出来なくて学校で泣いたこと

千晃が俺に振られた日、部活に行けなくなるくらい落ち込んだこと

全部知ってた

でも、俺が悪いから声もかけてあげられない

俺に、声をかけてあげる資格なんてない





俺は最低だ

だって


































他の人に惚れてしまったんだ


━━━━━━━━━━━━━━

にっしーまさかの展開?!

#aaastory
#aaaストーリー
#aaa
#かなわない想い

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

千晃side

あれから数日

私とにっしーはいい感じに進んでいると思っていた


でも、そんな甘くはなかった

ーピロンー


西)〈ごめん、冷めちゃったかもしれん〉

伊)〈そっか、〉

私はこれしか言えなかった
他になんて言っていいのか

伊)「宇野ちゃん助けて泣」

宇)「千晃?どーしたの?」

伊)「実は…」

宇)「は?!ほんとに?」


ーピロンー


西)〈ホントにごめん、俺と別れて下さい〉


1時間目の授業中突然送られてきたLINE


私は既読を付けるのが怖くて

授業が終わってすぐ、真ちゃんと宇野ちゃんの所に泣きついた


與)「え、これにっしーになにがあったん?」

伊)「わかんない、急に、やっぱダメだったよ」

宇)「千晃、、なんて返信するの?」

伊)「分かった。ってだけ返信する」

宇)「千晃はそれでいいの?」

伊)「うん、引き止めても無駄だと思う」

與)「千晃、ホンマにええの?後悔しない?」

伊)「うん、大丈夫」


伊)〈分かった。今までありがとう〉


━━━━━━━━━━━━━━

まさかのわかれ!!
にっしーに、何があったのでしょーか

#aaaストーリー
#aaastory
#aaa
#かなわない想い

真ちゃん × さくら 【真司郎side】
.
今日はAAAのLIVE
.
終わってから、俺の彼女のさくらを紹介しようと思って呼んであんねん
.
コンコン
.
真『俺行ってくるわ〜』
全ー真『はーい!』
.
さくらを迎えにいく
.
さ『真ちゃん//かっこよかったよ!』
真『ありがと!俺のお願い聞いてくれる?』
さ『ん?』
真『メンバーに一目惚れしやんといてな』
さ『しないもん、私が一目惚れするのは真ちゃんだけだもんっ//』
真『なっ//』
.
ギュッ
.
真『もぉ、さくらには勝てやんわ』
.
そう言って、キスをしてみんなの所へ行った
.
さくらは気づいて変化もしれへんけど、実は首にキスマ付けたったんよな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キスマ💋

#aaaストーリー #aaastory #與真司郎

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

千晃side

あー、眠くなっちゃったぁ

しかも!今にっしーに抱きついちゃってるよぉ

抱き心地がよくて離れたくないなぁ


なんて考えてたら!

伊)「きゃっ!」

西)「俺、こっちの方がいいー」

なんて言ってさっきとは逆の私がバックハグされてる状態


にっしーの顔が近すぎてドキドキする

しかもほっぺすりすりしてくる!

にっしーってこんなんだったっけ?笑

與)「おぃー、見せつけとるなぁ」

宇)「ほんとよ!にっしー!ちゃんと千晃のこと好きになったの?」

西)「うん、好きになった。なんか、可愛いなぁって思う」

宇)「きゃーーー!千晃良かったね!」

伊)「うん!ホントに嬉しすぎて!」




與side

あの2人、めっちゃ幸せそうやん
ええなぁ、、

俺も実彩子に告白したらOKもらえるんかな?


いや、無理やな
俺の恋は叶わへん

実彩子に好きな人がいるわけでもない

なら、チャンスって思うかもしれへんけど

実彩子は多分好きな人がおる
それに本人が気づいとらんだけや


それは他クラスの日高って奴

多分日高も実彩子を好きなんだろうな

最近よく俺らの教室に来ては

日)「宇野さん!ちょっと来てもらってもいい?」

なんて、何話してるんやろうとか気になりすぎて聞きたいけど聞けへん

俺はこの想いは伝えん

俺は今の関係のまま実彩子と一緒におることに決めた

実彩子の恋を応援する

実彩子頑張れ!

━━━━━━━━━━━━━━

真ちゃんの恋の行方は??
どーなるのかなぁ

#aaastory
#aaaストーリー
#aaa
#かなわない想い

episode07.
西島side




5年前、
俺は宇野と約束をしていた。




宇『先生?』


西『ん?』



宇『一緒に夏祭り行かない?』


西『え?さすがに人前は...』



宇『へへへ。

先生は絶対そう言うと思ってさ、隣町の祭に行こうと思って

ね、いいでしょ?』



「してやったり」みたいな顔で
こっちを見る宇野に負けて俺は頷くしかなかった。



西『いいよ』


宇『やった!!』










でも俺は、その直後
「やった」と喜ぶ君の笑顔を裏切ってしまった。




























廊下に貼り出された祭りのポスター。


「一緒に行こ!」とあちこちから聞こえる生徒の声。



ボーッと眺める俺。




伊「また、見回りですかね~」


伊藤先生が横で呟いた。



西「見回り??」


伊「去年もあったじゃないですか、

祭りの日、危ないから生徒を見回るやつ。」



そういえばあった気がする。



伊「多分、先生は宇野先生とペアですね」


西「...え!?なんでですか?」



伊「実習生だから1人はダメなんですよ。

そしたら担任の西島先生が一緒に回ることになると思います!」



西「そうなんですね」



『千晃先生、ちょっと!』


生徒が伊藤先生を呼ぶ。



伊「あ、じゃっ!」




そう言って伊藤先生は生徒の方へ行ってしまった。





#西島隆弘 #宇野実彩子 #たかうの
#aaaストーリー #aスト#aaastory #aaa

.
.
.
◇『Hotな距離にむせ返る』 みつみさshort story
.
.
実彩子side
.
.
.
.
光「ねぇ、なんでそっち座んの?」
.
.
.
.
.
.
.
.
実「えっ、あ
.
.
.
.
.
先生が…
.
.
.
.
.
.
寝てたので…」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
光「ふーん」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
日高先生はそう言ったあと
.
.
.
.
顔に被せていたあの本を真剣に読み出した
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その横顔が
.
.
綺麗で、かっこよくて
.
.
.
.
.
.
.
.
.
思わず見とれていたとき
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
パタンと本を閉じる音がした
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
それと同時に
.
.
.
.
.
.
.
.
日高先生が急にこっちを向いた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
光「宇野ってさー
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
俺のこと好きなの?」
.
.
.
.
.
#西島隆弘#宇野実彩子#浦田直也#日高光啓#與真司郎#末吉秀太#伊藤千晃#宇野ちゃん#宇野様#実彩子#日高#だっちゃん#みつみさ#aaa#aaastory#aaaストーリー#aスト#Hotな距離にむせ返る
.
.
.
@sealow2186さんからのリクエスト
みつみさshort storyの続きです💛💜
.
.
あと2話あるんですけど
今日中に出そうか迷い中です、、、
.
.
.
コメント下さい☺️
.
.
.

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

宇野side

宇)「ふー、やっとついた!」

伊)「宇野ちゃんの家久しぶりだー!お邪魔しまーす!」

西)「ここが宇野の家かぁ、お邪魔しまーす」

與)「お邪魔しまーす」


私の家にくるまでずっと手を繋いでる2人。
あーあ、離しちゃった


宇)「さぁ、あがってテキトーに座っててー」

少し大きめの机を囲んで座る4人
私、千晃、にっしー、真ちゃんの順番で座ってる


伊)「宇野ちゃん!ベットの上に乗ってもいい?」

宇)「いいよー、眠くならないようにしないとね!笑」

伊)「うっ!そーでした、笑」

與)「なになにー?眠くなるとなんかあるん?」

伊)「い、いや?なんもない、よ?」

與)「怪しいなー?」

伊)「な、なんもないってー!笑」



そんなこんなで時間が経って
遂に千晃が眠くなってきたみたい


伊)「宇野ちゃーん、ぎゅってしていいー?」

宇)「いいよぉー!おいでっ!」

與)「え、どないしたん?まさか眠くなるとってのはそれ?」

宇)「そーなの、実は千晃眠くなると誰にでも甘えるって言うね笑」

伊)「そんなことないよー!普通だよぉー」

宇)「はぃはぃ、あ!私じゃなくてにっしーにハグすれば??」

伊)「え!無理だよぉ」

與)「ええやん!にっしーもしてほしいやろ?」

西)「う、うん照」

宇)「ほらほら!行きな!」


〜ギュッ〜

西)「やべー、キュンキュンする。可愛すぎ」

伊)「にっしー?どーしたのぉ?」

與)「宇野さん、にっしーが壊れそうです」

宇)「ですね、これはいい感じです」


まさか!にっしーがデレてるよ!笑

━━━━━━━━━━━━━━

にっしーがついに?!


#aaaストーリー
#aaastory
#aaa
#かなわない想い

『 もっとずっと愛してると誓う 』
25話


実彩子 ss .



母)「 おつかれさま。球技大会どうだった?」


実)「 ……… 」


母)「 実彩子?」


実)「 あのね、お母さん。」


母)「 ん?どうしたの?」


実)「 秀ちゃんはね、とっても優しいの。」


母)「 うん。知ってるよ。」


実)「 この間ね、子猫が木から降りれなくなってたの。結構高いところだったのに、秀ちゃん登って助けてて、大丈夫?って聞いたら『 余裕だよ 』って笑ってて。でもね、手は血だらけでボロボロだったの。」


母)「 はは。それはすごいね。」


実)「 お年寄りには必ず席譲るし、不良に絡まれてる子は助けちゃうし。自分のことよりも他人のことを優先するの。」


母)「 秀太くんはそんな子だもんね。」


実)「 それからね…… こんな私のことまだ好きだって言ってくれたんだ……っ、」



涙を我慢できず両手で顔を覆う。



実)「 秀ちゃんはね、、っ。優しさすぎるんだよ……っ、」



こんなに涙があふれるなんて。

未練がましいのは私のほうだ。



実)「 でも…っ…、子どもっぽいとこもあってね……。振った炭酸飲ませてきたり、雪を顔に投げてきたり。」


実)「 でもね…っ……秀ちゃんだったらなんでも許せちゃうの。」



優しい秀ちゃん

子どもっぽい秀ちゃん

イタズラ好きな秀ちゃん



どんな秀ちゃんも大好きなの。



どんな秀ちゃんも忘れたくないの。






その日の夜。



私は声を枯らして泣いた。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#aaaストーリー
#aaa小説
#しゅうみさ
#aaa

#secretlove

────いきなり呼び出された


そこで待っていたのは
ずっと好きだったあの人だった



これから始まるのは
1人の女性と5人の男性の5つの物語


それぞれstoryが違います

誰の物語を見るかは皆さんのコメント数で決まります。

«花村想太» ・
«大野雄大»

«工藤大輝»

«和田颯»

«岩岡徹»

«伊藤千晃» «宇野実彩子»

━━━━━━━━━━━━━━
この物語はlongstoryです。
#aaastory #aaa #aaaストーリー #ひだかりんstory #da_icestory
#宇野実彩子#伊藤千晃#花村想太#大野雄大#工藤大輝#和田颯#岩岡徹

AAAstory
「かなわない想い」

━━━━━━━━━━━━━━

宇野side

今日は4人で遊べる日

相変わらず千晃とにっしーは何も変わらない

今日をきっかけに仲が縮まるといいなぁ

私だけが知ってる千晃の秘密

それは、千晃は眠くなると誰にでも甘える、ということ!

この前2人で遊んだ時、女の私でも惚れてしまうくらい可愛く甘えられて、これならにっしーも?!と思って今日遊ぼうと誘ったの

上手くいくかなぁ




千晃side

今日遊ぼってなって、とても楽しみで寝れなくて、少し嫌な予感汗

私は眠くなると誰にでも甘えちゃうからなぁ

頑張って起きてないと!




與side


今日遊ぶってなって、俺と実彩子もいい感じにならへんかなぁって少し期待してる

にっしーと千晃は付き合ってるから
実彩子を取られる心配はない

それでも実彩子は可愛いからモテる

だから誰かに取られてしまう前に
実彩子を俺のものにしたい




西島side

今日は宇野の家で千晃と仲を縮めたいと思ってる

......................................................

駅に集合して今は4人で歩いてる

千晃と宇野は2人で手を繋いで歩いてる

宇)「にっしーも手繋げば?笑」

伊)「ざんねーん!私の手には荷物がいるのです!笑」

そーいって恥ずかしさを隠す千晃

宇)「そんなのにっしーに持ってもらいな!笑」

與)「そーやそーや!にっしーもってやれ!笑」

西)「はぃ、荷物貸して」

伊)「え、?」

俺も自分でも驚いた
まさか俺がこんなことするとは思わなかった

宇)「きゃー!にっしーが!」

與)「おぉー!にっしー!やるやん!」

宇)「もうそこ2人で手繋いでて笑」

伊)「えぇー、宇野ちゃーん」

西)「俺と手繋いでて嬉しいだろ笑」

伊)「う、うん。嬉しすぎて死にそう」

西)「おい、照れるわ笑」

伊)「あはは!にっしー顔真っ赤!」

西)「うるさい!笑」




宇野side

あー、なんかいいなぁ

でもまさかにっしーが自分からとは、

どんな心境の変化があったんだろう笑

いつか私もそーゆー相手が出来るかなぁ


━━━━━━━━━━━━━━

実はこれ実話なんですよねー
私の体験談をメンバーに当てはめた的な?笑

#aaaストーリー
#aaa
#aaastory
#かなわない想い

『 もっとずっと愛してると誓う 』
24話


実彩子 ss .



_____パシッ



秀)「 実彩子に触んないで。俺が連れてく。」



私は秀ちゃんにお姫様抱っこされていた。



実)「 降ろして。」


秀)「 …… 」


実)「 ねぇ、一人で歩けるから降ろして。」



秀ちゃんは無言のまま保健室に歩いていく。


保健室に着くと私をベッドに座らせて、湿布を探しはじめた。



秀)「 くじいたのどっち?」


実)「 ひ、左。」



お願い、触らないで。

放っておいて。



秀)「 痛くない?実彩子 」



優しくしないで。

その声で私の名前を呼ばないで。



実)「 秀ちゃん、どうして……?どうして秀ちゃんは優しくするの?どうしてずっと変わらないの?私、秀ちゃんに……、秀ちゃんにひどいことしたんだよ?」


秀)「 …嫌だった。」


実)「 え、?」


秀)「 実彩子が男に触られてるの見るのが嫌だったんだ。」



秀ちゃんはひと息つくと、



秀)「 正直に言うよ。俺、だめなんだよ。実彩子から離れるって決めたのに、実彩子見るだけで、気持ちが揺らぐ。」



もういいんだよ。


そんな顔しなくて。

私のこと忘れて。



秀)「 未練がましいってわかってる。けど、諦められないんだ。ねぇ、俺の……なにがだめだった?」



あなたの目を見るだけで、あなたに触れられるだけで、愛おしさが止まらないの。


震えるあなたをだきしめたくなるの。


だからね。だから、



実)「 ……しないで。私に優しくしないで。お願い……秀ちゃん……っ、」


秀)「 どうして?」


実)「 ほら、秀ちゃんモテるんだし。はやく彼女つくりなよ。愛梨ちゃんとかいいんじゃない?」


秀)「 話しそらさないで。」


実)「 ……っ… 」


秀)「 俺は、俺と付き合ってる時の実彩子は、苦しそうな顔してた。別れて笑顔が戻るならって別れたのに、全然笑わないじゃん。」



ほら、また秀ちゃんは気づいてくれる。


私はもう秀ちゃんの隣にいちゃダメなんだよ。



秀)「 俺ら、本当に別れなきゃいけなかった?」


秀)「 俺と別れても笑わない。」


実)「 何言ってるの…。秀ちゃんが見てないだけで、私はちゃんと…… 」


秀)「 じゃあこれはなに?」



秀ちゃんが私の左手の傷に触れた。



実)「…っ!さわらないで!」


秀)「 どうして?俺ってそんな頼りない?俺のこと避けてるのはわかってるよ。でも、せめて友達にはなれない?」



だめなの。

そんなの、甘えてしまう。



秀)「 そうじゃないと、俺達なんのために別れたのかわかんない。」



私が秀ちゃんを振った理由は「 疲れたから 」ってそんな回りくどい言い方じゃなくて。


「 秀ちゃんが嫌いだから。」

そうしてしまえばいい。

もっと最低な女になればいい。



実)「 あ~もうめんどくさいな。本当のことゆうよ。別れたのは疲れたからじゃない。秀ちゃんが嫌いなの。私が秀ちゃんと付き合ったのは、誇らしかったから。だって学年一イケメンの彼氏もってるとか自慢になるじゃん。」



嘘つくのってこんなに簡単だったっけ。



実)「 でもね、つきあってから色んな女子に妬まれて、めんどくさい。こっちの身にもなったことある?もうこりごりなの 」



最低な言葉を吐き続けるのはこんなにも簡単で



実)「 せっかく別れられたのに、近寄ってこられると迷惑なの。」



こんなにも涙がでそうになるんだね。



秀)「 それが今、実彩子が俺に言いたかったことなんだ?」


秀)「 俺、先に戻るわ。」



そんな切ない顔やめて。

秀ちゃんには笑顔が1番なんだよ。



秀ちゃんが出て行くと同時に視界がぼやける。



実)「 ごめんね、。秀ちゃん……っ… 」



そこから球技大会のことは何にも覚えてない。




ーーーーーーーーーーーーーーーー
連続投下します🔥
#aaaストーリー
#aaa小説
#しゅうみさ
#aaa

Most Popular Instagram Hashtags