[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

#aaaストーリー

19546 posts

TOP POSTS

episode17.
西島side






西「どこ行くの?」





声をかける、




実彩子が浮かない顔をしながら
俺の前を通りすぎたから。






宇「



真司郎と話してくる」





西「...別れるの?」





宇「わかんないよ
呼び出されただけだもん」






実彩子は真司郎のこと好きじゃないって聞いてたのに
表情はどこか暗くて





西「俺のせい...?」





不安になる。






宇「ううん、大丈夫だよ」





その『大丈夫』に
どれだけ助けられてきただろう。





真司郎と付き合ったのも
俺と喋れなくなったのも



俺がワガママだからって
わかってるのに。






西「ごめん」





宇「え、
なに謝ってんの笑



全部決めたのは私なんだから
いいの!」






強がって
強がって
強がるばっかで



実彩子は俺に頼らない。







西「...そっか」





宇「うん、じゃあ」








言いそびれてた、




俺と実彩子が抱き合ってたとき
真司郎がいたってこと。





涙目で滲みながら見えた、
あの靴は真司郎のやつで


千晃の声もした。







いや、
言いそびれたんじゃなくて


言えなかっただけかもしれない。






あのとき、実彩子を離すべきだったのに


ずっとこのままでいたいと思ったから。






千晃が好きで、
これは恋で



でも実彩子も好きで、
これは幼馴染として。






そうだったのに
一瞬、ほんの一瞬だけ



実彩子を隣を譲りたくないって
思ってしまった。










宇「にっしー!」





教室を出る直前、
実彩子が大きく叫んだ






宇「いってきます」




眉を少し垂らしながら
微笑む実彩子に言うことは1つ





西「いってらっしゃい」










#たかうの #aaastory #aaaストーリー

西くんの気持ちが変化している感じ
伝われ💫

【それ以上でもそれ以下でも】
.
.
.
.
.
.
さぁさぁ始まりましたね
.
.
.
.
.
.
あ、わたくし、リーダーです。
みんなさんお馴染みのリーダーですよ。
.
.
.
.
.
.
今回のストーリー?
…前回とたいして変わりませんよ〜笑
ふざけてます
.
.
.
.
.
.
秀)こわ〜1人でしゃべっとるよ。ニヤニヤしとるよ。
.
.
.
.
.
.
ほらね?
.
.
.
.
.
.
じゃあとりあえず中身について説明してあげましょう。
.
.
.
.
.
.
ほら、みりゃわかるでしょ?
.
.
.
.
.
.
あの人は〜あの人
あの人が〜あの人
あの方は〜あの子
あの方…こんなことやってたらキリがないな
.
.
.
.
.
.
とりあえず俺からしたらみんなバレバレなわけですよ
.
.
.
.
.
.
多分ね〜みんな三十路になったり近づいたり
焦ってんのかな〜なんて笑
.
.
.
.
.
.
.
そもそもこんなイケメンと美女が
一緒に過ごしてれば
ドキッとしますよね〜
好きになることだってありますよ〜
.
.
.
.
.
.
真)千晃それ取って
.
.
.
.
.
千)これ?
.
.
.
.
.
真)ちゃう。その横
.
.
.
.
.
西)髪が決まらへん
.
.
.
.
.
真)関西弁やめて
.
.
.
.
.
日)俺がセットしてやろうじゃねぇか笑
.
.
.
.
.
宇)完全になんかたくらんでるでしょうが笑
.
.
.
.
.
秀)あぁっ!!!!死んだ!!!!
.
.
.
.
.
浦)自由ね〜
.
.
.
.
.
.
こっちは喋ってんのに
.
.
.
.
.
.
ということでみなさん?
次からはよーく考えてみては?笑
案外ペアを予想するの楽しくない?
楽しいよね?笑
だって俺が楽しいから!!!!!!!!
.
.
.
.
.
.
千)リーダー笑ってる…
.
.
.
.
.
西)目合わせるなよ。石になるぞ。
.
.
.
.
.
.
失礼な。
.
.
.
.
.
.
まあ正直ね〜誰が誰を好きなのかってのはわかってても、
誰が誰とくっつくかなんてわかんないよね〜笑
.
.
.
.
.
.
浦)みんな〜
.
.
.
.
.
日 宇 西 秀 千 真)なに?
.
.
.
.
.
.
浦)グループ内で奪い愛とかやめてね。
.
.
.
.
.
あったらあったでおもしろいんだろうけどね
.
.
.
.
.
.
日 宇 西 秀 千 真)はっ…笑 …ないよ
.
.
.
.
.
.
いやみんな不自然不自然。笑
.
.
.
.
.
.
じゃあ次回から奪…
じゃなくて
みんなのキュンキュンでピュアでドッキドッキですれ違って切なくてたまにドロドロな
ストーリーが始まるよ。
.
.
.
.
.
.
ごめん、今のはハードルあげすぎた。
『Distance』とはまたちょっと違う(たぶん)
『それ以上でもそれ以下でも』始まります!!!!
.
.
.
.
.
.
.
.
浦)…そういえば俺こんなことやってっけど出るのかな
.
.
.
.
.
.
#aaastory
#aaaストーリー
出しちゃった。

·
西島side
·
·
·
·
·
西「宇野ちゃん
·
着いたよ」
·
·
·
·
·
寝ている宇野ちゃんを起こそうとしたけど
·
·
·
·
揺さぶっても起きない
·
·
·
·
·
西「おーい」
·
·
·
·
宇「......」
·
·
·
·
だめだ、これ
·
·
·
·
·
·
宇野ちゃんを持ち上げて
·
·
·
部屋に運ぶ
·
·
·
·
バックから鍵を出して
·
·
·
ドアを開け
·
·
·
·
ベッドに寝かせる
·
·
·
·
気持ちよく寝ている宇野ちゃんを起こさないように
·
·
·
·
静かに部屋から出ようとすると
·
·
·
·
いきなり腕を掴まれる
·
·
·
·
·
宇「んっ......」
·
·
·
·
西「えっ?
·
宇野ちゃん起きてるの?」
·
·
·

宇「
·
·
にっしー......
·
·
行かないで...」
·
·
·
·
西「宇野ちゃん!?」
·
·
·
·
·
宇野ちゃんは寝言を言ってるだけみたいで
·
·
·
·
また寝てしまった
·
·
·
·
でも
·
·
·
腕は掴まれたままで
·
·
·
身動きが取れない
·
·
·
·
仕方なく
·
·
·
ベッドのはしに座って
·
·
·
宇野ちゃんの頬に触れる
·
·
·
·
またこんな風に
·
·
·
話せると思ってなかった
·
·
·
ずっとギクシャクしてたから
·
·
·
ご飯にも行けて嬉しかった
·
·
·
·
また行こうね
·
·
·
·
·
しばらく経って
·
·
·
·
スッと
·
·
·
宇野ちゃんの手が離れる
·
·
·
·
西「じゃあ俺行くね」
·
·
·
·
小声で言い
·
·
·
·
宇野ちゃんの家から出た
·
·
·
·
·
#aaaストーリー #西島隆弘 #宇野実彩子

.
『 図書室の彼 』
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊)「 宇野ちゃ〜ん!遊ぼ〜!」
.
.
.
.
.
.
.
放課後になった途端
.
.
.
.
.
私の席に走り寄ってくる千晃。
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 ごめん。今日委員会の日だ。」
.
.
.
.
.
伊)「 あ〜図書委員だっけ?全然待つよ?」
.
.
.
.
.
宇)「 いいよ笑 1時間くらいかかるし。 てか千晃、今日彼氏と帰るんじゃないの?」
.
.
.
.
.
伊)「 え………あぁぁぁ!忘れてたぁぁぁぁぁ!どうしよ。秀ちゃん怒ってるかな?」
.
.
.
.
.
宇)「 大丈夫でしょ笑 ほら、いっておいで。」
.
.
.
.
.
伊)「 うん!ばいばい!」
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃と別れ、時計を見ると
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 うわ!やばい遅れる……!」
.
.
.
.
.
.
.
急いで図書室にむかった。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
図書室に着くと、今日は人が少なかった。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 本読もっと。」
.
.
.
.
.
.
.
こうゆう人が少ない時は
周りを気にせず読書ができる。
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 …これ読んだことないな。」
.
.
.
.
.
.
.
貸し出しカードを見ると
ひとりだけ名前が書いてあった。
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 1番じゃなかったか。」
.
.
.
.
.
.
.
カウンターに座って本を読む。
.
.
.
.
.
.
.
時間を忘れて、どんどんページが進んでいく。
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 ん?なにこれ。」
.
.
.
.
.
.
.
ノートの端っこにラクガキがされていた。
.
.
.
.
.
.
.
私の前に借りたのはひとりしかいないから
書いたのはこの人しかいない。
.
.
.
.
.
.
.
宇)「 ふふ。可愛い笑 」
.
.
.
.
.
.
.
私はその本に紙切れをはさんだ。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
『 落書きはダメですよ??笑
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西島さん。』
.
.
.
.
.
___________________
また たかうの 👶🌸
#aaaストーリー
#aaa小説
#たかうの
#aaa

背中
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇野side
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
大きくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
頼もしくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
温かくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
逞しくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
わたしの大好きな背中
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
時には、小さくて弱く見える
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
でも、それがまた愛おしくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そんな背中にぎゅーっと抱きつく
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) みさ?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
なにも答えたくなくて彼の背中に
深く顔を埋めるだけ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) じゃあそのままでいいから聞いててね
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) ん
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) まずはね、ソロ曲おめでとう
みさの歌は僕の原動力なんだよ
みさが頑張ってるから、僕も頑張ろうって思える
それにね、みさがいつも Nissy いいなあって言うの聞いてたから
ついに夢が叶ったんだねって、愛おしくなる
AAAが大好きで、AAAが土台だからこそ
1番最後にソロ活動を始めて、
少しずつやりたいことを進めていってて
そんなみさすごいなって思う、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) そんなことない、、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) ココアだってJewelだって無理して歌うものじゃないのに、みさらしく歌い上げてくれたね
ギターもほんと上手になったよね
Jewelのみさなんてホントは見せたくないくらい可愛かったもん
そんなみさがね、大好きだし支えてあげたいの
ソロのことは、みさより一応長いことやってるから
教えれることあると思うし、だから不安にならないで
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
わたしが不安になっていることを、たかに見破られて
1番求めていた言葉をもくれた
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
でも1つだけ違うことがある
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) わたしは、たかの背中を追いかけてきたの
だから頑張れたの、4年間溜めてたものをステージに持っていくことが出来て
それはたかの力だよ、そんなたか見てたら負けたくないなって思ったの
たまに、変に悩んで弱々しくなる背中も
前に向かっていく背中も、
どんな背中も好きだったし追いかけるのがわたしだった
わたしだって、たかのこといろんな面で支えてあげたいの。
だから2人で支えあっていこう?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) みさ〜〜っ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
2人で目に涙を溜めて、抱きつく
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) ソロ活動楽しみにしてるね
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) 今度はグループとしての戦友じゃなくて
ソロとしての戦友だ(笑)
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) そうだね(笑)ソロとしてデュエットできるの楽しみにしてる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
夢が叶った日、そしてまた一つ夢が増えた日
.
.
.
_____
言葉がまとまらなーい!!
とにかく西島さんを通してわたしの言いたかったことを宇野ちゃんに伝えてみた件(笑)
どうですかね??駄作だったらごめんなさい(笑)
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
#aaaストーリー #aaastory #たかうの

#ごめんね君が欲しいよ
______________
.
伊藤side
.
.
Nissyから会いたいなんて言われて
.
.
.
.
.
.
.
会いにいかない人なんていないでしょ!!
.
.
.
.
.
.
.
って思って勢いだけで来てしまったものの
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……あはは、どこにいるの。 」
.
.
.
.
.
.
.
Nissyの姿は一向に見つからない
.
.
.
.
.
.
.
その時
.
.
.
.
.
.
『 purururu…… 』
.
.
.
.
.
.
.
1本の電話がなった
.
.
.
.
.
.
.
画面を見ると「 にっしー 」とかいてあって、スグに電話にでた
.
.
.
.
.
.
.
西「 もしもし、ついた? 」
.
伊「 ……駅には、 」
.
西「 あははっ笑本当に来たんだね 」
.
伊「 だ、だって……!」
.
西「 俺さ、駅にいるなんて一言も言ってないよね?笑 」
.
伊「 ……確かに 」
.
西「 まぁ、今から迎えにいくから駅前で待ってて 」
.
伊「 はい!!まってます!! 」
.
.
.
.
.
.
.
Nissyが迎えに来る!!
.
.
.
.
.
.
.
そう思うと夜なのにテンションが上がった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
しばらくするといきなりクラクションが鳴り響き
.
.
.
.
.
.
.
.
ビックリして周りを見渡すと
.
.
.
.
.
.
.
.
「 ちーぃちゃん! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
ある車からサングラスをした男性がそう叫んで私に手を振った
.
.
.
.
.
.
.
.
それは紛れもなくあのNissyで、、、
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……っ、//
に、西島さん……! 」
.
.
.
.
.
.
.
一気に顔が熱くなるのがわかった
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 あははっ笑
よくここまで来れたね
さ、乗って乗って 」
.
.
.
.
.
.
.
.
Nissyは運転席から降りて助手席に周り
.
.
.
.
.
.
.
.
私のためにドアを開けてくれた
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……あ、ああありがと、うございます……っ! 」
.
.
.
.
.
.
.
電話よりも緊張感がまして
.
.
.
.
.
.
.
やっぱり本人を目の前にするとテンパる
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 なに、緊張してんの?笑 」
.
.
.
.
.
伊「 ……は、はいっ、 」
.
.
.
.
.
西「 そんなに緊張すんなよ~笑
今から俺んち行くのにそんなんじゃ気絶するんじゃない?笑 」
.
.
.
.
.
.
.
.
そんなことを言いながら爆笑しているNissy
.
.
.
.
.
.
.
.
……って、
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……え?え?ええええ!?!? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
今からNissyの家に行くの!?!?
______________
みんな起きててくれたかな~?🙈💫🌝
いいね450で更新
#aaastory
#aaaストーリー
#にしちあ

ㅤㅤㅤ
「あ、みさ、ちょっとここ座ってて?」
ㅤㅤㅤ
「ここ?」
ㅤㅤㅤ
「そ!」
ㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤ
「ほい、ココア」
ㅤㅤㅤ
「あ、ありがと。ん〜あったかぁ…」
ㅤㅤㅤ
「夜は冷えるね〜」
ㅤㅤㅤ
「でも……今日提出できてよかった」
ㅤㅤㅤ
「今日でよかった?」
ㅤㅤㅤ
「たかの理由聞いたら尚更、今日が良かった」
ㅤㅤㅤ
「ならよかった」
ㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤ
「ではでは…西島さーん」
ㅤㅤㅤ
「はーい」「はーい」
ㅤㅤㅤ
「ふふ、たかも返事するの?」
ㅤㅤㅤ
「一緒に返事すんの」
ㅤㅤㅤ
「まぁ、間違ってないけどね?」
ㅤㅤㅤ
「ちゃんとすぐ反応できるー?」
ㅤㅤㅤ
「できるよー、病院とかでしょー?」
ㅤㅤㅤ
「そう、まぁ病院なんてかからないのが1番…ぁ」
ㅤㅤㅤ
「ん?」
ㅤㅤㅤ
「ふふ、幸せな瞬間思い浮かべちゃった」
ㅤㅤㅤ
「どんな?」
ㅤㅤㅤ
「ひーみつ」
ㅤㅤㅤ
「ずるぅ…」
ㅤㅤㅤ
「いーの。俺らは黙ってても幸せになれるから」
ㅤㅤㅤ
「ふふ」
ㅤㅤㅤ
「でしょ?」
ㅤㅤㅤ
「うん。たかが居ればね?」
ㅤㅤㅤ
「いるから、ずっと」
ㅤㅤㅤ
「私も、たかの隣にずっといる」
ㅤㅤㅤ
「ははっ、ほんっとバカ夫婦〜」
ㅤㅤㅤ
「たかのせいなんだからね〜!」
ㅤㅤㅤ
「夫婦〜」
ㅤㅤㅤ
「なれたね」
ㅤㅤㅤ
「なったよ。みさの旦那に、俺の嫁さんに」
ㅤㅤㅤ
「なんか…くすぐったいね」
ㅤㅤㅤ
「お待たせしました」
ㅤㅤㅤ
「待ってなんかないよ?」
ㅤㅤㅤ
「え!?みさ、うそ、ちょ…」
ㅤㅤㅤ
「待ってたんじゃないの
ㅤㅤㅤ ずっと一緒に歩いて来たんだもん」
ㅤㅤㅤ
「…敵わないね〜、も〜かわい〜」
ㅤㅤㅤ
「ちょっと…くすぐったいよ」
ㅤㅤㅤ
「ん〜、もっと触ってたい〜」
ㅤㅤㅤ
「んんっ、帰ってからね?」
ㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤ
「今日の夜は特別だね」
ㅤㅤㅤ
「なんか…私とは違う意味で言ってる気が…」
ㅤㅤㅤ
「同じ意味だよ?ちょっと足しただけで」
ㅤㅤㅤ
「何を足したの?」
ㅤㅤㅤ
「2回目のファーストキスと2回目のファースト…」
ㅤㅤㅤ
「ストップ!」
ㅤㅤㅤ
「んんんんん!!」
ㅤㅤㅤ
「お喋りな唇なんだから…」
ㅤㅤㅤ
「ふふ、どこでそんなエロい言い方覚えたのー?」
ㅤㅤㅤ
「たかが教えたんでしょー」
ㅤㅤㅤ
「ははっ、帰ったら覚悟しろよー?」
ㅤㅤㅤ
「え〜…もぅ…わかったから帰ろ?」
ㅤㅤㅤ
「ふっ、帰ろっか」
ㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤ
早く帰りたいと思った
でもそれとは別で
この時間はゆっくり流れて欲しいとも思った
ㅤㅤㅤ
いつもと同じく
小さなみさの
小さな歩幅に合わせて歩く
ㅤㅤㅤ
すると
いつもの笑顔でクスッと笑って
ㅤㅤㅤ
いつもの背伸びをして
いつもより甘めのキスをする
ㅤㅤㅤ
そんなみさに合わせて
いつものように少し腰をかがめてキスを返す
ㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤ
ねぇみさ?
ㅤㅤㅤ
『いつも』を隣で繰り返して
『ずっと』一緒にいようね
ㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤ
#aaa#aaastory#aaaストーリー#nissy#西島隆弘#にっしー

#一生に一度の夜
ㅤㅤㅤ
お久しぶりでした❤️
提出したものとは
たかが思い浮かべた光景は




夏休みをもらえると知った日から2ヶ月。


私はついに夏休みにはいった。



本当は私が隆弘の家に泊まりに行く予定だったんだけど、この2ヶ月の間でいろいろあって
お泊りに行く必要は無くなった。



だって…



同棲を始めたから。





この同棲は、私のわがまま。



私は今の事務所でも芸能界にいる以上、週刊誌には気をつけろと社長に言われている。


相手が一般の人ならなおさらと。




手紙と夏休みがもらえて浮かれていた私は、ふと冷静になった時に
彼について詳しいことが知られてしまったらどうしようという不安に駆られた。




それを彼に伝えると


あははと笑って別に知られてもいいよと答えた。



彼は私が頑なに良くないと言ったことで

「じゃあ一緒に住もうか」

と優しい顔で私に告げた。



そういえば、付き合った時もこんな感じだったな。






彼が私のことを好きでいてくれているのか、たまに不安になる。





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さらっと登場。
彼氏は隆弘くんです(*´︶`*)♡


#aaaストーリー #aaastory

《 short story 》
______________
.
.
伊藤side
.
.
.
ドアを開ければタイミングよく向かいの家から出てくる男の子
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 よっ、おはよ 」
.
.
.
.
.
伊「 たかおはよう~ 」
.
.
.
.
.
.
.
たかは私の幼馴染でもあり恋人でもある大切な人
.
.
.
.
.
.
.
西「 ん、 」
.
.
.
.
.
伊「 ふふ笑 」
.
.
.
.
.
.
.
差し伸べられた手をぎゅっと握って学校へ向かう
.
.
.
.
.
.
.
「 にっしーおはよ~ 」
.
.
.
「 今日もカッコイイなぁ 」
.
.
.
「 ねぇ、今日さー 」
.
.
.
.
.
.
.
学校に着けば寄ってくる女の子達
.
.
.
.
.
.
.
隣にいる私なんて気にせずにたかに話しかける
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……あはははは笑 」
.
.
.
.
.
.
.
愛想よくしてるたかをみてると苦しくなり
.
.
.
.
.
.
.
.
『 ぎゅっ 』
.
.
.
.
.
.
.
.
たかは私のものだもん。
.
.
.
.
.
.
.
そう気持ちを込めて手を強く握った
.
.
.
.
.
.
.
それに気づいたのかたも
.
.
.
.
.
.
.
西「 ん、じゃあもう行くわ
千晃いこっか? 」
.
.
.
.
.
.
.
そういってぎゅっと力強く手を握ってくれた
.
.
.
.
.
.
幸せ
.
.
.
.
.
.
だけど、学校は地獄
.
.
.
.
.
.
.
.
だって
.
.
.
.
.
.
.
.
「 伊藤さん、放課後ちょっといい? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
付き合ってから毎日のようにこう言われるから
.
.
.
.
.
.
.
.
でも、ここで逃げたら負け
.
.
.
.
.
.
.
そう思う私はグッと拳を握りしめ
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 分かりました 」
.
.
.
.
.
.
.
見え見えな未来を選択するんだ
______________
にっしーが何してるんだ!
っていうやつ(語彙力)のリクエスト🌝💫
#aaastory
#aaaストーリー
#にしちあ

MOST RECENT

You make me love you. # O2
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇野side
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) はあ〜
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ただいまため息絶賛中です
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
は) 西島くんのこと?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) その通りです、はるちゃん助けて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
はるちゃんとはわたしの1番の理解者
西島くんを好きなことも知ってる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
どうしてこんなに悩んでるかって?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
今日の朝、少し早く起きちゃって家を出たんだけど
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) 西島くん、女の子と歩いてた
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
は) まじか、でもまだわかんないじゃん?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) かなりお似合いだった、、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西島くんはそれなりにかっこいいし、
優しいし、みんなから好かれてて
だからモテる理由はわかる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
は) もうしょげないの宇野ちゃん!
ほら、王子様の登場だよ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) 実彩子ちゃんおはよう?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) え、あ、おはよう?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
あの光景を見てから
西島くん目の前にするとどうしていいかわからない、、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) ふ、じゃあまたね
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) ね、ちょ、はるちゃん??
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
は) やばいね、ちゃっかり頭ポンポンしたし
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
諦めようと思うと諦められない出来事が起こるもので
そんな事実に胸を揺らされる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) やっぱり西島くん好きだよ〜
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
は) 宇野ちゃんのこと応援してるから頑張ろう、ね?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) わたし西島くんのために頑張るっ!!
.
.
.
_____
たぶん、この段階だと面白くないかなあ
宇野ちゃんの成長にお付き合いくださいな☺︎
いいね110で更新
.
#aaaストーリー #aaastory #たかうの
.
#片想いの花言葉

·
·〔隆弘side〕
·
·みさことちあきが出た後
·
·楽屋では、次のライブの話をしてた
·
·直「次のライブドームだね」
·
·真「せやな、前回めっちゃ盛り上がったし」
·
·隆「ね。すごい盛り上がったしファンのみんなも
·満足してたし♡」
·
·光「次どーする?」
·
·話をしている間にみさことちあきが帰ってきた
·
·直「おつかれー」
·
·千「もう宇野ちゃんさ、発想が凄くてびっくりよ!」
·
·実「笑笑たまたまね?」
·
·今みさことちあきが書いてるのは恋の曲。
·
·俺らのことかな?
·
·みさこと目が合う。
·
·実「、、!///」
·
·あ〜、可愛いすぎ。
·
·実「ちょっと、飲み物買ってくるね」
·
·隆「俺もー」
·
·
·隆「もー目が合って照れるって可愛いすぎるんだけど」
·
·実「う、うるさい。///」
·
·隆「笑笑、ところで曲はどんな感じ?」
·
·実「えっとね、もうすぐで完成するよ!」
·
·隆「よかったね」
·
·実「もう、ちあきにバレそうになってさ。焦ったぁ。」
·
·隆「そうだよね。ちゃんと言う時に言わなきゃね」
·
·実「そうだね」
·
·みさこも辛いよね。
·
·ちゃんとメンバーにも言わなきゃ
·__________________
·
·すいません!なんか、文章変ですね笑笑
·
·明日は君を愛する時出します!
·
·コメント待ってまぁす!
·
·#あなたとの距離 ·#aaaストーリー



朝から③ pinkstory

にしちあ

_____________________________________
隆弘side







左手を千晃の手と重ねて、右手を下に移動させる





割れ目に沿って、指を滑らせると手に力が入ってるのがわかる






隆「ちぃちゃん?気持ちい?」





なんて、顔を見つめながら聞くと、眉毛をハの字にさせながら、「うん」って、頷くから、相当感じてるみたい





指を二本中に入れて、かき混ぜる





千「っはぁっ、やっ」





隆「や、じゃないでしょ?」





指を、もう一本足して、別々の動きで刺激すると、顔をぐじゃぐじゃにして、俺の髪の毛をギュって握るから、もう直ぐイクって証拠





スピードをもっと上げて、刺激すると、体がビクッと跳ねて、肩で息する千晃






その姿が何だか、いやらしくて、まだ息の整っていない千晃のソコに俺をぶち込んだ





今までに、ないほど奥に、奥に






千「あっ、らめったかっ」





隆「まだっだよっ、」





朝なのに興奮してしまうのは、全部君のせい…





end
_____________________________________

久しぶりだったな…

下手でごめんね…🙇

#aaaストーリー
#ハナストーリー
#にしちあ



朝から② pinkstory

にしちあ

_____________________________________
隆弘side






昨日の体制に戻って、千晃の上に乗る





下を見れば、千晃の顔が見える





その顔は、昨日の大人の顔






いっぱい、キスをして愛を確かめ合う





キスをしながら、胸に触れると千晃がビクッと動くから、





隆「大丈夫、優しくするから」





って、頭を撫でながら優しく笑うと






千「…優しくしなくて良いよ……」






なんて、また顔を赤らめながら言うから、またいっぱいキスを落とした





さっきとは違う大人のキスを






胸の敏感なところを触れると声を上げる千晃





隆「めっちゃ、感じてんね」





千「だってぇ、はぁっ」





隆「明るいから全部見えちゃうね」






千「そんなぁ、あっ、」






どんどん硬くなっていくソコを舌で舐めるとますます喘ぎ声が大きくなるから、もっと苛めたくなる





千「あぁっ、もうっいいからぁ」





さっきから、腰が動いてるからきっと下を触って欲しいんだろうけど、それを無視する俺は、どれだけSなのだろうと思う





隆「ねぇ、どこ触って欲しいの?」






ってまた苛めてみると






千「あんっ、したもぉっ、さわってくだっぁっ、いっ、」






と、素直に返してくれるから止められないんだ







俺は、するっと下に手を移動させた




_____________________________________


どうかな?


#aaaストーリー
#ハナストーリー
#にしちあ



朝から① pinkstory

にしちあ

_____________________________________
隆弘side








昨夜は、夢か現実か分からないような夜だった






「っ、はぁっ、、たかぁっ」





必死に俺の名前を叫ぶ彼女の声が頭から離れない






横を見ると、昨日の大人の顔つきとは全く違う、あどけない寝顔






頬に、チュって短くキスすると






千「んんっ」





って、寝返りを打つ






俺の方を向いた彼女は、真っ白の肌に、長いまつげ






俺の目線の先には、布団からうっすら覗く、大きな胸






朝から、襲ってしまいそう






朝なのに、我慢できなくて





千晃の小さな可愛い唇に、短くキスを落とし、その胸に手を伸ばす





その時、





パシッ





隆「っ、ちあっ」





千晃が、俺の腕を掴んでいた






千「勝手に1人で始めないでよ…」






なんて顔を真っ赤にしながら抱きついてくるから






隆「じゃあ、2人で始めよっか、昨日の続きね」




って、意地悪してみた




_____________________________________


久しぶりのpink

続きあるよ💓

#aaaストーリー
#ハナストーリー
#にしちあ

.
実彩子side.
.
.
.
.
西「そんなこと心配してたの?」
.
.
.
.
そんなことって…
.
.
.
私からしたら重要な事だもん
.
.
.
.
.
西「大丈夫」
.
.
.
.
実「なにが大丈夫なの」
.
.
.
.
.
西「俺はお前しか興味無いから」
.
.
.
.
.
この言葉、普通はキュンとくるんだろうけど
.
.
.
今の私にはまったく響かない
.
.
.
だって
.
.
.
実「そんなこと言うけど友香里先生のこと好きだったじゃん!!」
.
.
.
.
.
.
西「...」
.
.
.
.
ほら、なにも言えない
.
.
.
.
.
西「でも今は実彩子が一番だから」
.
.
.
.
――――――――――――
.
短いのかな?
.
新作はメンバー多かったのでメンバー設定にします🙌
.
.
#aaaストーリー #aaastory #aスト #aaa妄想 #たかうの

隆弘side


宇野実彩子________


好きなのかもしれないって思ってた。



でも今は違う。



好きだ。


かもしれないなんて保険をかけないで、ほんとに好きだ。


綺麗なとこ。

可愛いところ。

どこか抜けているところ。

優しく笑うところも。

宇野さんの全部に惹かれた



好きです。


この気持ち、まだ言えそうにはないけど。
_________________________
エピローグガン無視❤️
#aaaストーリー #aaastory

#この愛を命に代えて ≫-第9話-



takahiro side



___半年前




出掛けようと、ドアノブに手をかけたとき、



____パサッ



一通の白い封筒が、
目の前に落ちた



宛名は、僕へ。



差出人は、不明だった




封を開け、中を覗く



そこには、1枚の写真と手紙が入っていた



水面に浮かぶ、一隻の船



手紙には、



『隆弘くんへ』



そう、記されていた。



__next



短くてごめんなさい😞
#aスト#aaaストーリー#ちぇりー小説#西島隆弘

実彩子side


千晃にあんな事言われてから、なんだか西島くんを意識しちゃう。


そしたらそしたら。




好きになった。




笑うとクシャってなるとことか。

笑う時に顔を手で覆うところとか。

にっしーってみんなに呼ばれてるところも。

素敵な笑顔も。

優しいところも。


もう西島くんの虜だよ。///


ねぇ、好きになってもいいですか?

こんな私だけど、好きでいさせてくれますか?


_____________________
セリフないやつ。
#aaaストーリー #aaastory

隆弘side

購買から戻ってきて、真司郎とお昼食べようとしたら、机の上にいちごみるくがあった。

隆「なにこれ?」

真「さあ?」

隆「だれか置き忘れたのかも」

真「あ!にっしーが購買行ってる間にいちごみるくあの子買ってきとったで!」

隆「ナイスっ‼︎」
「え、どのこって?」

真「あの子あの子‼︎俺の席の近くの…宇野実彩子ちゃん」

隆「あー、あれか」

真「渡して来たら?」

隆「行ってくるわ」





「あの、これ。」

初めて喋るのに、馴れ馴れしいのも良くないと思って、ちょっと無愛想な感じで話しかけた。

実「あ、それ…」

隆「はい」




実「あ!西島くん…だよね?ありがとう!」

かわいいな。
純粋にそう思った。


隆「え、あー、おう。宇野さん。」


なんだか名前を呼びたくなって




宇野………さん…





真「お、帰ってきた」
「渡せた?」

隆「うん」


真「あの子って、どんな子なんかな?」

隆「かわいかったよ。」


真「わっ‼︎にっしーが女の子かわいいって言いなんて珍しすぎる‼︎」

隆「そうか?…そうか。」

真「相当かわいかってんな、みさこちゃん」


隆「うん…まあ。」

あの時の笑顔がずっと頭に残ってる。

真「俺は千晃ちゃんの方が可愛いと思うけどな!(笑)」

隆「ちあき?」

真「知らんのにっしー?実彩子ちゃんの横の子やん‼︎めっちゃちっちゃい子‼︎」


隆「あー、知ってる」

真「前な、俺あの子のプリント拾ってあげたんよ、そしたらお礼言う時の笑顔がな、かわいかってん‼︎」


隆「へー」

真「なにその反応‼︎(笑)
じゃあ、俺は千晃ちゃんでにっしーは実彩子ちゃんやな!」


隆「いや別に好きとか言ってないし」

真「でも、可愛いって思ったんやろ?」


隆「それはそうだけど…」

真「じゃあ好きとおんなじと思うけどなー」


俺が…宇野さんを…



好き…………………?
______________________
長い。
そして進展が少ない。
イコール下手。ぷは。
#aaaストーリー
#aaastory

#君の傍に居た時間 《40》
.
西島 side
.
.
.
.
.
.
.
西)なんで......なんでだよ...っ!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
昨日あんなに好きって言ってくれたじゃねぇか
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 キスして 」って泣きそうな顔でお願いしてきたじゃねぇか
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
愛してるって抱きしめてくれたじゃねぇか
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
なのに、
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 好きな人ができた 」
.
.
.
.
.
「 疲れちゃった 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
なんでそうなるんだよ...
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西)..行かないでくれよ...っ...
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
なにか訳があったのかも...
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんなこと考えてみても
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
1番大事なものは戻ってこない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伝えられなかった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
俺もだよって、言ってやれなかった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
もう遅いよな
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
それでも俺は.....千晃を、
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西)...愛してる...っ
.
.
_____________________________________________
みんなおやすみ♡笑
.
.
#aaaストーリー




#夢の中 #3



________________________________



(my side)




Baby o-i o-i o-i もっと側においでよ
許されるこの時を秘密の園へ




今日もまたNissyを聴く





いつあの人のことを忘れられるだろうか



早く忘れなきゃ


次の恋に進もう







ピコンッ



私)あ、LINE


彼)あそびいこー






ほらね、



忘れようとすると


必ずあの人は誘いにくる




でも結局寂しがり屋なあたしは


ただ1人が嫌で





私)いいよ


彼)迎えに行くね




今日も会ってしまうの






遊んだ最後には必ずあたしはあの人の家へいく





そして今日も




私)んっ、


彼)あっ、




あなたに溺れてしまうんだ





________________________________

まだまだ西島さん出て来ません🙏🏻なんかこれ人気なさそうで悲しい😂
#aaa #aaastory #aaaストーリー #西島隆弘

#君の傍に居た時間 《39》
.
.
.
.
西)もう1年か~
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言う君と繋いでいる手に力を入れ、
.
.
.
.
ゆっくり深呼吸をする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千)たか...
.
.
.
.
西)んー?
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千)別れよう
.
.
.
.
.
.
西)...は?
いや、何言っての千晃
あ...だまらせないぞ??笑
.
.
.
.
.
.
千)ほんとだよ
.
.
.
.
.
.
.
.
西)でも昨日好きって...
.
.
.
.
.
.
.
千)あんなの...嘘に決まってるじゃん
.
.
.
.
.
.
.
.
.
嘘じゃない。嘘じゃないよ。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西)なんでだよ!
.
.
.
.
.
.
千)好きな人ができた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私が好きなのはずっとたかだけなのに
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西)どうして...
.
.
.
.
.
.
.
千)たかと居るの疲れちゃった笑
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
思ってもない言葉ばかりが出てくる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西)嫌だ。別れたくなんかない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私だって、私だって別れたくないよ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
でもごめんね
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私は弱虫だから...
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千)今までありがとう
.
.
.
.
.
.
.
.
千)幼馴染みって関係も終わらそう
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
君との関わりを全て消すんだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
消してぜんぶ忘れるんだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
たかに背を向け公園を出た瞬間
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
堪えていたものがすべて溢れた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千)たか...、好きだよ...っ...
.
.
___________________________________________
もう分かっちゃうよね~笑
.
.
#aaaストーリー

背中
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇野side
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
大きくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
頼もしくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
温かくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
逞しくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
わたしの大好きな背中
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
時には、小さくて弱く見える
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
でも、それがまた愛おしくて
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そんな背中にぎゅーっと抱きつく
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) みさ?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
なにも答えたくなくて彼の背中に
深く顔を埋めるだけ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) じゃあそのままでいいから聞いててね
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) ん
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) まずはね、ソロ曲おめでとう
みさの歌は僕の原動力なんだよ
みさが頑張ってるから、僕も頑張ろうって思える
それにね、みさがいつも Nissy いいなあって言うの聞いてたから
ついに夢が叶ったんだねって、愛おしくなる
AAAが大好きで、AAAが土台だからこそ
1番最後にソロ活動を始めて、
少しずつやりたいことを進めていってて
そんなみさすごいなって思う、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) そんなことない、、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) ココアだってJewelだって無理して歌うものじゃないのに、みさらしく歌い上げてくれたね
ギターもほんと上手になったよね
Jewelのみさなんてホントは見せたくないくらい可愛かったもん
そんなみさがね、大好きだし支えてあげたいの
ソロのことは、みさより一応長いことやってるから
教えれることあると思うし、だから不安にならないで
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
わたしが不安になっていることを、たかに見破られて
1番求めていた言葉をもくれた
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
でも1つだけ違うことがある
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) わたしは、たかの背中を追いかけてきたの
だから頑張れたの、4年間溜めてたものをステージに持っていくことが出来て
それはたかの力だよ、そんなたか見てたら負けたくないなって思ったの
たまに、変に悩んで弱々しくなる背中も
前に向かっていく背中も、
どんな背中も好きだったし追いかけるのがわたしだった
わたしだって、たかのこといろんな面で支えてあげたいの。
だから2人で支えあっていこう?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) みさ〜〜っ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
2人で目に涙を溜めて、抱きつく
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) ソロ活動楽しみにしてるね
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
西) 今度はグループとしての戦友じゃなくて
ソロとしての戦友だ(笑)
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
宇) そうだね(笑)ソロとしてデュエットできるの楽しみにしてる
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
夢が叶った日、そしてまた一つ夢が増えた日
.
.
.
_____
言葉がまとまらなーい!!
とにかく西島さんを通してわたしの言いたかったことを宇野ちゃんに伝えてみた件(笑)
どうですかね??駄作だったらごめんなさい(笑)
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
#aaaストーリー #aaastory #たかうの

27ページ 與side
.
.
すぐに電話で秀太に謝った
.
.
なんも言わんけど、秀太は信頼してくれてたから二手に別れられたんや。
.
.
今日はいつもの3人で一緒とちゃう。
今までの3人で培ってきたもんじゃない。
俺はここで、やっとそれを理解した
.
.
.
ーーーーーーー
.
.
.
俺と実彩子、日高は普通に言うてたもんを順調に買っとた。
.
.
日「西島達冷えパインも買ったらしい」
與「よお買うなぁー」.
.
.
.
.
なんて、お互いに買ったもんを連絡取ったりしてた。
.
.
そんで実彩子にリンゴ飴を買って、花火の上がる時間まで20分をきった。
.
.
そろそろ集合場所に行こうとする時間は今までの比じゃないくらいに人がおった。
.
.
.
與「実彩子、今から向かうではぐれんように気をつけるんやで!」
宇「うん!」.
.
.
ドンッ
.
.
.
実彩子に一言声をかけて、屋台から離れる。
それから流されるように歩いて、落ち着いた頃に振り返れば実彩子はおらんかった。
.
.
日高も俺から少し離れたところにおったみたいで、俺らはホンマにバラバラやった。
.
.
日高も実彩子がおらんことに気づき、2人でさっきおった屋台に向かう
.
.
それでも当然のおらんくて2人別々に探す
.
.
今までにないくらい走って、走って、探しまくった。
探してる間に連絡がくる。
どうやら日高は秀太らーと合流したみたいや。
.
.
やっと人混みを抜けた所
そこに後ろ姿の実彩子をやっと見つける
.
.
與「実彩子!!」.
.
.
.
実彩子はびっくりした顔で振り返る
.
.
そして同時に…
花火が上がるㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
.
.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うぉーー花火上がっちゃったよ(笑)
あと4話♡
よろしくお願いします💜
素敵実彩子day✨
#AAA#妄想小説#ゆめいろは#夢小説#AAAストーリー#aaastory#aスト#増える写真と1ヶ月
#宇野実彩子#與真司郎#日高光啓#末吉秀太#浦田直也#西島隆弘#あたうの
#どうして恋してこんな 恋して#CM#冬ラグーナ#ソロ曲#天使#女神#実彩子day#素敵#大好き#実彩子ソロ曲大歓迎

《すれ違う2人》#11
_________________
千)で、宇野ちゃんはいつ告白するわけ?
.
.
.
お昼休み、2人でご飯を食べながら千晃がいきなり聞いてきた。
.
.
.
実)な、なによ、いきなり。そんなの、しないよ
.
.
.
千)えーっそうなの?でもまあ、少女マンガ的には、男子から告白の方がやっぱ、キュンキュンくるもんね。
.
.
.
.
実)(んもう、千晃ったら、そればっかり)
.
.
.
苦笑いしながらなにげなく、窓の方をみたら、固まって座ってる女子たちが、千晃をみてなにかこそこそ話していることに気がついた。
.
.
.
.
実を言うと、千晃はクラスの女子からちょっぴり距離を置かれている。
.
.
.
千晃が私以外のの子と話をしようとしないからって言うのもあるだろうけど、多分1番は大きな理由は、千晃が際立ってかわいいから。
.
.
.
.
私は女子のこういうところ、やだなーって思う。
_________________
#すれ違う2人
#aaaストーリー
いいね、コメント嬉しいです😆

「our house」04ーCー
.
.
.
.
.
直也)そうそう。今度千晃の入寮パーティーしたいんだけど、いつがいい?
.
.
光啓くんとリビングで話をしていると、直也くんがコーヒーを持ってきてそう聞かれた。
気づくと秀太くんと真司郎くん、お風呂から上がったばかりの宇野ちゃんもリビングにいる。
.
.
千晃)私の、入寮パーティー?
.
直也)この寮の行事みたいなもんだから。パーティーっていってもここで飲んだり食べたりするくらい。
.
千晃)してくれるの?
.
直也)当たり前だろ。今日から千晃もこの寮のメンバーだよ。
.
.
みんなが私を見る瞳がとても優しい気がして、なんだか心がポカポカと暖かくなる。
私のためのパーティーなんて家族がしてくれる誕生日くらいだったから、とても嬉しくなった。
.
.
千晃)ありがとう、みんな。
.
真司)千晃大げさやん。笑
.
千晃)だって、嬉しいもん。
.
秀太)ほんとに飲んで食うだけだから、あんま期待しない方がいいぞ。
.
光啓)って言ってる秀太がいつも一番楽しんでんじゃん。笑
.
秀太)うっせ。笑
.
実彩)みんなバイトだったり講義だったりで寮に全員いることってあんまりないの。隆弘はこの時間は大体バイトだし、秀太も日高くんもバイトしてるし。
.
直也)だから何かにつけてパーティーしないとみんな揃わないんだよね。揃うとなんだかんだでみんな楽しんじゃうから、千晃も楽しんでね?
.
千晃)うん!ありがとう!
.
直也)よし。じゃー、どっちか決めて。お寿司にするか焼肉にするか。
.
真司)俺、寿司!
.
光啓)お前じゃないよ、真司郎。笑
千晃が決めんの。
.
実彩)千晃はどっちがいい?
.
千晃)えーと...じゃあお寿司で。
.
真司)やんな?千晃は分かっとるわ。
.
光啓)お前が言わせたようなもんだろ!笑
.
秀太)千晃、ほんとに寿司でいいのか?
.
千晃)うん。お寿司大好き。
.
直也)じゃあお寿司ね。いつにする?
.
千晃)私はいつでも大丈夫だよ。
.
実彩)隆弘、明日はバイト休みだったはず。
.
秀太)俺もバイトない。
.
光啓)俺もー。
.
直也)じゃあ明日にしよっか。
さっそくお寿司の手配しよー♪
.
真司)あ、ねぇ!大トロ入れてほしい!
.
直也)お前はいっつもそれだな。笑
.
真司)だって美味しいやん。
.
.
真司郎くんとお寿司の注文で言い合いながら、リビングを出て行く直也くん。
パーティーの参加費はいくらか聞こうと思ったけど出て行っちゃった。
.
.
光啓)ん?どうしたの、千晃。
.
千晃)あ、あのね。パーティーの参加費っていくらかなと思って。
.
光啓)ああ。大丈夫大丈夫。お金はいらないよ。
.
千晃)? 寮の運営費から出すの?
.
光啓)違うよ。全部直也くんが出してくれんの。
.
千晃)え!?
.
光啓)直也くんって金持ちのお坊ちゃんなんだよ。だからいつもパーティーやるって時は、全部直也くんが出してくれるんだよ。
.
千晃)そ、そうなんだ...後でお礼言わなきゃ。
.
光啓)単位も取ってて就職先も決まってるから、最近は寮にずっといるんだよなー。暇してるから朝食と夕飯は作ってくれるし。
.
千晃)へぇ...
.
光啓)俺も早く単位取りたいなー。
.
.
なんて普通に言ってる光啓くんだけど、金持ちのお坊ちゃんがどうして寮に住んでいるんだろうと、不思議でしょうがないのは私だけなのかな...
.
.
実彩)千晃ー。お風呂温かいうちに入んなよー?
.
千晃)あ、はーい。
.
.
キッチンの方から宇野ちゃんに声を掛けられた。
.
今日は朝からの移動と荷物整理、あと考えることが色々あって疲れてるから、ゆっくりお風呂に入ろう。
疲れをとって、また明日も頑張るんだ。
.
.
.
.
.
#aaaストーリー
#aスト
#Uの妄想

_____________#25
#aaa
#aaaストーリー
#promise

[隆弘]side


目元にそっと手を置くときゅっと
唇を結んだ千晃




隆)…はぁ。




千晃は俺のことどう思ってる?




さっき袖を掴まれたのも間違いじゃないはず




俺が何か言うと顔が赤くなる




隆)…早く俺のものになればいいのに。




俺はポツリと呟いて目元にあった手を
千晃の手に持っていく




そのまま指を絡ませてそっと目を閉じた






隆)…ん、




なにかの違和感を感じて俺は目を覚ました




隆)…っ、千晃、?




俺は壁に寄りかかって座っていてなぜか
その腕の中には千晃が俺の腰に手を回して
眠っていた




いやいや。




なにがあった。




隆)…てかさむ、。




俺は腕を伸ばしてベッドの上から毛布を
引きずり下ろして千晃と俺を包むように掛けた




なんかよくわかんないけどまだ
時間的に寝れそうだし。




俺は千晃を抱きしめてまた眠りについた






千)…ろ、たかひろっ、



隆)んっ、?


千)くるし、。



隆)…え、?




だんだん目が覚めてきて我に返ると




俺は千晃のことを強く抱きしめてた




隆)あ、ごめ…


千)うん、笑てかさ、なんでこうなってるの?


隆)いやしらん。


千)えぇ笑


隆)いいじゃんこのままで


千)えぇー、笑


隆)あったかいし


千)それはある。


隆)安心するし


千)それもある、かも。


隆)好きだし。


千)ちょっと意味わかんない笑


隆)いいから。このままがい良い。



千)…わかったよ笑




俺が優しく千晃を抱きしめると千晃も
俺の背中に手を回して
ぎゅってしてきた




隆)…かわい。


千)そういうのいいから。


隆)ほんとなのに。笑




君を振り向かせられる日は




まだまだ遠そうだね
__________________________

Most Popular Instagram Hashtags