#長野典ニ

MOST RECENT

次回のライブは

日程:2018.6.2(土)
場所:#町田CLASSIX
時間:open18:00 start18:30 
チケット:前¥2500 当¥3000(ドリンク代別)
出演者: #Glowlamp #Chewing High!!/ #Squall etc.

はじめてお邪魔するライブハウス!!しかも町田!!!馴染みのある街なのでなんか嬉しいね!! この日はこの4人だよ〜!!! #cwh #chewinghigh #rock #band #music #町田 #machida #guitar #friends #party #live #japan #主催 #企画 #5ヶ月連続 #ワンマン に向けて #頑張る
#初 #ayano #tenji #長野典ニ #綾野 #ちゃー #drum
#bass

隣のスタジオに典ちゃんおった👴
お久しぶりショット!📸 #tatsuo #tappun #長野典ニ #everset #お久しぶり #ernieballmusicman #jp15 #kandashokai

#月に吠える #大森南朋 #塚本史朗 #長野典ニ #山崎潤 #かっこいい #だってこんな好きなんだからしょうがない
音源全部揃いました。
今日早速iPodに入れて出掛けました。最高です。
まさか史朗さんのメッセージ付きとは…!ありがとうございます😊
明日から仕事中もヘビロテ決定∠( 'ω')/

「JACK」行ってきました(^。^) アンティークな雰囲気が良い、素敵なお店でした! お店の方とも お話できました。月に吠える。の方々の事も いろいろ聞けて 楽しい時間を過ごせた上に、ライブのチラシを お土産にいただいちゃって💕 本当にありがとうございました😊
#JACK#二日市 #月に吠える #大森南朋 #塚本史朗 #山崎潤 #長野典ニ#アンティーク#素敵なお店 #チラシ #もらっちゃった #嬉しい #ありがとうございます

ライター使わないけど…欲しい…
滋賀県ですれ違えたら、奇跡(笑)
↓↓↓
全中年ロックンロール連合 月に吠える。ライター出来ました。ライブ会場で販売予定ですが、道ですれ違ったら 貰えたりもします。
#全中年ロックンロール連合#月に吠える#大森南朋#塚本史朗#長野典ニ#山崎潤#行商

全中年ロックンロール連合 月に吠える。ライター出来ました。ライブ会場で販売予定ですが、道ですれ違ったら 貰えたりもします。
#全中年ロックンロール連合#月に吠える#大森南朋#塚本史朗#長野典ニ#山崎潤#行商

【月に吠える。回顧録〜帰り道編〜】
去る13日の月に吠える。、
Shibuya eggmanのライブ回顧録は
もう少しだけ続きます。
こちらは、帰り道編です。
.
ライブ終演後の私は
用事があって渋谷に来るという母と
待ち合わせをしていたので、
時計を気にしながら
そそくさと会場をあとにしました。
これは後日の
フォロワーさん達の
投稿で知ったんですが、
どうやら終演後に
山崎さんが物販コーナーに来てくださって
グッズにサインをしたり、
写真撮影に応じてくださったとの事。
彼に会えた皆さん、
貴重な経験をされましたね。
おめでとうございます!
.
そんな彼とは
見事にすれ違った事を知る由もなく、
私は母と合流をして
渋谷の公園通りの坂道を
駅に向かって下っていきました。
青の洞窟のイルミネーションが
とても綺麗で、
「数歩歩いてから立ち止まって撮影」
という動作を
ちまちま繰り返しながらの
帰宅道となりました。
.
西武あたりにまで来た所で
母が「お腹すかない?何か食べていこうか?」
と言ってきたので
母にお店のチョイスを任せました。
その母が足を運んだのは…
なんと、渋谷西村!
ここで母はフルーツパフェを、
私はストロベリーパフェを
いただきました。
ドリンク系は注文していませんが、
月に吠える。の4人に乾杯しながら
鮮やかなパフェを
いただきましたよ。
.
渋谷から滞在先に向かう途中で、
金麦と金麦75の巨大広告を発見!
駅の地下通路にドーンと出ているのと、
月に吠える。のライブの帰り道に
遭遇したという事が
Wで嬉しかったですね。
人が写りこまないようにと思い、
人の流れが途切れるまで待って
撮りました。
.
「家に帰るまでがライブ」
とは思っていましたが、
小さな事ながらも
最後の最後まで
本当に何があるか分かりませんよね。
1月13日は私にとって
素晴らしく思い出深い1日になりました。

#月に吠える #大森南朋 #塚本史朗 #長野典ニ #山崎潤
#shibuyaeggman #eggman #2018 #1stlive #回顧録
#渋谷 #帰り道 #青の洞窟イルミネーション #青の洞窟shibuya
#渋谷西村フルーツパーラー #ストロベリーパフェ
#金麦 #金麦75 #巨大広告 #発見 #遭遇 #嬉しい #家に帰るまでがライブ

バンドはしばらく地下に潜りますが インスタはチョコチョコやってますんで よろしくどーぞー
#月に吠える#大森南朋#塚本史朗#長野典ニ#山崎潤

【月に吠える。回顧録〜ライブ編・その2〜】
※思い入れの深さゆえの
超・長文になります。
ご注意ください
.
去る13日の
月に吠える。
Shibuya eggmanライブの回想です。
※長くなってしまったので
2つに分けて書いています。
こちらは、その2になります。
.
大森さんが最初のMCで
「今日は時間がたっぷりあるんだ!」
と仰ってくれていましたが、
それが楽しい時間だからこそ
終わりは、あっと言う間に
やってきてしまいました。
「これが最後の曲だけど…
また(アンコールで)出てくるから!」
と言って、
ライブのラストを飾る曲として
お馴染みになった
(私としては、この曲には
そんなイメージが強いです)
「ワンダートレイン」を披露して
ステージを去っていきました。
.
そして、アンコールに突入!
大森さんが1人だけで出てきて
ギターを持ってスタンバイをされたので
弾き語りをするのかと思っていたら、
ツアーTシャツに着替えた3人も
後から登場しました。
4人が揃った所で披露されたのは、
またもや新曲!
実は、この曲は
かつてeggmanで行われた対バン
「8月のお月見」や、
9月のCLUB QUATTROでの
「ACTOR'S NIGHT TOUR」でも
披露された曲なので
「おっ、この曲が来た!」
となりました。
個人的に好きな曲だから
嬉しくなったものの、
曲名については
大森さんがちゃんと
口に出してくださっているにも関わらず
それが聞き取れずに
分からないままになっているので
もどかしい気持ちになりました。
後日、月に吠える。staff様が
発表してくださった
セットリストを見て、
「気まぐれジョニー」
という曲なのだと
ようやく分かりました。
早くCDの方でも聴きたいですね。
.
それが終わってからだったでしょうか、
(※記憶が曖昧で、すみません)
久し振りのフォトタイムを頂きました!
大森さんが
「今日はテレビカメラが来ているから、
そろそろスマホの撮影は終わりだよ。
『情熱大陸』のカメラなんだけど」
というような内容の、まさかの発言に
「えーっ!?」と歓声が響きました。
「大森さんが情熱大陸に!?」と思って
私も歓喜の声を上げた1人でしたが、
次の瞬間に
「あっ、オレ、始めて嘘ついちゃったわ!」
と、笑いながら否定する大森さんに
「やられたぁ〜!」と落胆。
ステージでいつもつく大森さんの嘘は、
毎回、本当の事に聞こえてしまうから
困ってしまいます。
.
そして、
この日の本当のラストを飾ったのは
「だってこんな好きなんだから」。
A-studioで鶴瓶さんが
好きな曲として挙げてくださっていた、
私も大好きな名曲です。
この曲を聴くたびに
「だってこんな月に吠える。が好きなんだから」
という気持ちになって
キュンと切なく、
あたたかい気持ちになります。
.
「今日は本当にありがとう!
それでは、一同礼して帰ります!」
との言葉と共に、
大森さんと山崎さんが
それぞれ両手を広げながら
私達に近付いてきてくれたので、
私も2人の左手に向かって
両手を精一杯伸ばして
タッチする事ができました。
ただ、この時に
後ろから人がバーッと倒れてきて
ステージに向かって
なだれ状態になったのは
本当に危なかったですし、
私は下敷きになりかけたので
怖かったです。
勿論、大森さんも
「危ないよ!気を付けて!」
と、仰っていた気がしますが…
.
ちなみに、
大森さん・史朗さん・典ちゃんのピックと
山崎さんのスティックは
ゲットできませんでした。
こればかりは、
本当に運なんでしょうね。
.
この日のライブで
忘れてはいけないのは、
大森さんが「夏フェスに出たい」と
仰っていた事!
この大きな夢(野望!?)が
叶う事を願いながら
回想を終えようと思います。
超・長文でありながら、
拙く読みづらかったかと思いますが、
最後までお付き合いくださって
本当にありがとうございました。

#月に吠える #大森南朋 #塚本史朗 #長野典ニ #山崎潤
#shibuyaeggman #eggman #2018 #1stlive
#回顧録 #長文失礼しました #感謝

【月に吠える。回顧録〜ライブ編・その1〜】
※思い入れの深さゆえの
超・長文になります。
ご注意ください。
.
開催当日から
1週間以上が経ってしまいましたが、
去る13日の
月に吠える。
Shibuya eggmanライブについて
回想します。
※長くなると思うので、
2つに分けて書いていきます。
こちらは、その1になります。
.
私がeggmanに
こうして足を運ぶのは、
去年の「8月のお月見」以来になります。
以前に行った事がある会場に
同じアーティストのライブで
再び訪れるのは
「久々だなぁ」というのに加えて
「帰ってきたなぁ」という、
なんとも懐かしくて
不思議な感覚があります。
.
開場が始まって、
入場の時にスタッフさんから
前売りチケット特典の
「m∞card」を受け取り、
「やったぁ!」とニンマリしながら
そそくさと中へ進みました。
実は、今回の整理番号は
かつてない後ろの方なので、
自分の立ち位置の悪さを
覚悟していたんですが…
なんと、意外にも
ステージの前には
それほど人が集まっていなかったので
(一瞬ながら、そんな風に見えたんです)
やや拍子抜けをしながら
ドラムセットが見える場所に立ちました。
そこからは
右斜め前に大森さんのマイクが、
左斜め奥には史朗さんのマイクが
それぞれ置かれていて、
正面からは
山崎さんのドラムセットもバッチリ!
ポジションとしては
かなり良い所に行く事に成功しました。
この日のチケットは
SOLD OUTしているとの事で、
スタッフさんからは
「他のお客様が入れるように
もっと前へ詰めて欲しい」
との声が何度もかかり、
その結果、前から2列目という
嬉しい近さにまで行く事ができました。
.
そして、
開演時間がやってきました!
今日が彼らと私にとって
2018年の初ライブになるので、
記念すべき1曲目が何になるのかを
とても楽しみにしていました。
すると、
ステージ中央の2つのライトが
月(月光?)を思わせる
白っぽい黄色になって
「そこから月は見えますか?」
「僕には(その月は)見えません」
という内容の
大森さんのボーカルと
ギターの音が流れてきました。
予め、スタジオで録音してきた
音源を流しているのでしょう。
それが暫く流れてから
史朗さん、山崎さん、典ちゃんが登場して
それぞれのポジションに着いて
スタンバイ!
更に間を置いてから
大森さんが登場して
歓声と拍手、ボルテージが
一気に上昇しました。
.
そんな中で披露された1曲目は
まさかの新曲!
サビの所でその曲名が
「I wanna be your rock'n roll star」
だと推測できると、
今回のライブタイトルに掛けているのだと感じて
「カッコイイなぁ、ニクいなぁ!」
と、ニヤリとさせられました。
大森さんが
丸くて小さなトランシーバーのような形をした
変声機?拡声器?のようなものを使って
「明けましておめでとうございますっ!
月に吠える。ですっ!」
と言ってくれたり、
ステージの中央に跪いて
ブルースハープを吹く姿が
とてもカッコ良くて、印象に残りました。
.
4曲目あたりまできた所だったでしょうか、
史朗さんが次の曲のイントロ部分で
別の曲をやってしまい
(多分、「ズリぃな」を
弾いていたような…)
「ええーっ!?リーダー、何やってんの!」
と、大森さんからツッコまれる一幕が!
個人的に、とぼける史朗さんが
なんだか可愛かったのと
「こんな事が起こるのも、
月に吠える。だぜ!」
って言う大森さんもカッコ良かったです。
ライブは生モノだからこそ、
こういったハプニングもアリだと
私は思っているので
少し得をした気分になりました。
史朗さん、ドンマイですよ!
.
MCのコーナーでは
「潤さ〜ん!」コールが多くて
大森さんと史朗さんが
ビックリしていました。
「潤、おまえ人気あるんだな!」
という大森さんに
「…まぁ、(自覚は)なんとなくあるよ」
というような事を言っていた
山崎さん。
彼を推していて
コールを送っていた私は
これには驚きましたし
嬉しかったですね。
.
ただ、MCコーナーの会話が
なんだか弾まない?雰囲気で
「典ちゃん、リズムが合わないね」
という大森さんの一言から
「よし、『リズム』をやろっか!(曲にいこう!)」
という流れになったのは驚きました。
後日、発表されたセットリストには
ちゃんとこの曲も入っていましたが、
このタイミングだったかどうかは
覚えていません。
.
「月に吠える。」(※曲名)で
山崎さん、典ちゃん、史朗さんの
それぞれのパートソロの見せ場があったり、
「クチビル」では
山崎さんが事前にやっていた
聴きたい曲のアンケートで
フォロワーさんが挙げていたのを思い出したり、
「カモンレッツゴーロックンロール」では
5月のインストアイベントで
彼らとの初対面を思い出したり…と、
曲の1つ1つに
私なりの想いや
思い出がこもっているのを感じながら
時間はすぎていきました。
(その2に続きます)

#月に吠える #大森南朋 #塚本史朗 #長野典ニ #山崎潤
#shibuyaeggman #eggman #2018 #1stlive
#回顧録 #長文失礼しました

Most Popular Instagram Hashtags