#妄想story

29822 posts

TOP POSTS



#saturday_takanori


・『ねぇ、もう寝てんの?つれないじゃん。』


目を擦りながら睡魔と必死に戦ってる。

大きい瞳がうっすら開くと
すぐに俺を見つけて小さく微笑んだ。


・「...おかえり。夜中に起きて剛典のこと
・ 送り出したんだよ。もう起きてらんないわ。」


・『確かに。家出たの夜中だったもんなぁ。
・ 今日は朝からホント大変だったぁー!!!』


・「大変だったね。こっちも寝不足だから
・ 私も目、閉じちゃいそう...」


・『明日も早いからこのまま寝ちゃおっか。』


一人分空いてた隙間を埋めるように
体を寄せて腕の中に掴まえる。


・「この手もおやすみしてくださいね。」


鎖骨を撫でる指が下がったところで
手の甲をつねられて行く手を阻まれる。


・『...寝る?』


・「剛典も体休めないと倒れるよ。」


・『このまま寝るほうが体に悪いっての。』


腰に絡めてた手のひらは
パジャマのボタンを手際よく外すと
二つの膨らみに手を添える。


・「明日も早いくせに。知らないから、もう。」


・『...いっつも俺の心配してるな。
・ 今日だってそうだろ?』


・「えっ...////何のこと?」


・『18:50の回、M列24番あたりに
・ すげー可愛い子がいてさ。』

・『たぶん俺が噛まないようにって、
・ 胸の前で手組んで祈ってくれてたみたい。』


・「...こっそり見に行ったのに。
・ あんなとこまで見えてるの?」


・『一人一人の顔、見るようにしてるんだ。
・ 観てくれた人の反応も気になるしね。』


・「そんな心配しなくてもいいのに。」


・『そう?じゃあさっ!映画どこが良かった?』


・「待って。えっと...ジェシーの肉体美が最高。
・ あとロッキーと広斗が爆イケだったところかな。」


"は?!ちょっ...コブラは?"
"コブラはね...あのシーンが..."

もう一言感想を付け足そうとする口を塞いで
彼女を自分の上に乗せた。

ほどよい重みをそっと抱きしめると
ずっと張りつめていた心が解放される。


・「ホントにお疲れさま。
・ 尊敬してるよ、いつも。」


・『なら頑張れるように何とかして?』


・「わかった。明日も剛典が頑張れるように
・ 元気にしてあげるね。....神に感謝しろよ?」


・『ふふ。はいはい、感謝してます。』


そのいたずらっぽく笑う顔に出会ってから
俺のありふれた毎日が輝き始めたんだ。

帰る場所があるから
孤独でも辛くても平気だと思える。


約束して。
これからもずっと俺を照らす光でいるって。



————————————————————

私の独断で決めたローテーションに
お付き合い頂いてありがとうございました🙏
最終日は岩田さんの登板です😇
ほんとお返事まったくしてなくてすみません😭

んで。リアルタイム妄想をお送りしました←
こんな夜を過ごしてたらどうしよう#むり


#三代目jsoulbrothers #三代目 #三代目jsb #3jsb #jsb #岩田剛典 #妄想 #妄想story #妄想ストーリー #妄想画像 #ちょこっと妄想 #寝る前たかのり #gn #裸が続いてごめんなさい

.
story 7
.
.
〇〇「あれ...玲於くん...?」
.
.
改札口で不安げにキョロキョロしている
玲於くんを見つけて思わず声をかけた
.
.
玲於「あ、〇〇さんおかえりなさい
ちょーどタイミング合いそうだったんで
待ってました
.
勝手に来ちゃったんで
すれ違ったらどうしようって
めっちゃ不安でした笑」
.
.
私が声をかけると
安心した、と言わんばかりに
微笑んで話す玲於くん
.
.
〇〇「待っててくれたなんて...ありがとう」
.
.
玲於「全然余裕です」
.
.
そう言って
照れくさそうに頭をかく玲於くんを
可愛いな、なんて思って見つめていると
涼太が戻って来た
.
.
涼太「おまたせ、〇〇」
.
.
涼太は玲於くんの存在に気付くと
私に問いかけてきた
.
.
涼太「...もしかして、彼が.....?」
.
.
〇〇「うん、そう彼がさっき話した...」
.
.
涼太「今一緒に住んでるっていう
弟みたいな子やんな?
.
初めまして。片寄涼太って言います」
.
.
玲於「.........佐野です」
.
.
何が気に障ったのか
にこにこ挨拶する涼太と目も合わせず
.
ふくれっ面でボソッと名乗った玲於くんを
私は慌ててフォローする
.
.
〇〇「佐野玲於くんって言うの。
××の弟さんで、」
.
.
涼太「あー!友達って××さんだったんや!
全然会ってへんな〜」
.
.
学生時代から付き合っていた涼太は
私の親友である××のことも知っていて
面識もある
.
その名前を出すと
涼太は懐かしそうに目元を緩めた
.
.
玲於「.....ねぇ」
.
.
そんな涼太を見上げていると
玲於くんが私の服の裾を引っ張るから
思わず振り向く
.
.
玲於「電車来るんでもう行きません?」
.
.
〇〇「え?ああ、そうだね
.
涼太、私たち帰るね!また明日ね」
.
.
言い終えると同時に
涼太の返事も聞かず
.
私の腕を引っ張って
ぐいぐい行ってしまう玲於くんに
なんとか着いて行って
.
涼太の帰り道とは
反対方面の電車に乗り込んだ
.
少し怒っているような雰囲気の玲於くんに
戸惑っていると
玲於くんが先に口を開く
.
.
玲於「...俺、あの人なんか苦手です」
.
.
〇〇「え...涼太のこと?なんで...?」
.
.
玲於「はい。
悪い人じゃなさそうですけど...
俺は苦手なタイプです」
.
.
言い終えると
むすっと私から目を逸らした玲於くん
.
苦手、かあ...
.
そう言われてしまったら
涼太が元カレだなんて
なんだか言い出しにくい
.
.
玲於「あ、今日の夜ご飯なんですか?」
.
.
〇〇「ん?えっとね
今日は唐揚げにしようかと思うんだけど
どうかな?」
.
.
玲於「まじすか!
姉ちゃんいつも揚げ物めんどくさがって
やってくんないんで、めっちゃ嬉しいです」
.
.
唐揚げが夜ご飯だと伝えた途端
嬉しそうになる玲於くん
.
本当に気分屋で
振り回されてしまうけど
.
玲於くんになら、全然嫌じゃない
.
.
家に帰り作った唐揚げを2人で食べる
.
可愛い顔に反して
男らしくたくさん食べてくれる玲於くんに
きゅん、と胸の奥が鳴る
.
でも
.
食べながらも
時々光る携帯を見ては
玲於くんは急いで返信をしていて
.
見慣れないその姿に
.
画面の向こうの相手は
彼女なんだろうな、と思うと
私の気持ちは容赦なく落ちていく
.
そして突然かかってきた着信に
玲於くんは何も言わず立ち上がり
洗面所へ行って電話を始めた
.
.
玲於「あ...もしもし
急すぎ。そっち何時か知らないけど
日本は晩飯時だっつの
.
...それはさっき言ったからもう言わない
.
てかお前の家に置きっぱにしてた
俺の服なんだけど...」
.
.
狭い部屋のせいで
玲於くんの声が途切れ途切れに
聞こえてくる
.
...その声色は私と話す時とは明らかに
違っていて
.
少し乱暴な言葉遣いこそ
なんだか素の玲於くんのような気がした
.
部屋の向こうには
私の知らない玲於くんがいる
.
色んな玲於くんを知れた、なんて
そんなの思い違いだね...
.
.
そして
家に置きっぱなしにした服、という
.
彼女との電話であることを
決定付けるような言葉を最後に
.
私はテレビの音量を上げて
玲於くんの声を耳から遠ざけた
.
知っていたことだけど
延々とそれを聞くのは辛い
.
情けないけど
.
恋をしたらいつもこんな感じだったと
成長していない自分に
ぼんやり悲しくなった
.
こんな風に私が幼いせいで
涼太とは...
.
.
玲於「ごめんなさい、いきなり消えて...」
.
.
過去へと向かう思考に
リビングに戻って来た玲於くんの声が
降ってきてはっとする
.
.
〇〇「ううん!
...さっきの電話、彼女...?」
.
.
玲於「あー...まあ...」
.
.
〇〇「うん、そっか」
.
.
これ以上突っ込まれたくないと
玲於くんの表情が伝えてきたから
私は大人しく会話を切り上げた
.
.
玲於くんと笑い合う時間は幸せだけど
今の私には
それ以上に切なくて苦しい
.
だって
.
一緒に暮らせる幸せなこの生活には
期限があって
.
なにより玲於くんには
.
恋人がいる
.
.
.

LOVE 58
.
.
朝....
寝返りをうって..
おぼろげに...
そうだ..
剛典と一緒に..寝てたんだ....
って思い出して..
顔が緩む..
.
.
手で..足で..剛典を探す...
.
.
.
えっ..?
いない..し..
.
チラッって眠い目を開ける..
横で寝てるはずの..
.
.
剛典が..
.
.
いない..
なんで?
.
.
.
ムクっ..
.
.
起き上がって気づいた..
私..ハダカなんだけど..
Tシャツ....着てなかったっけ?
.
.
えっ....と....
確か..
胸をさわれながら..
剛典の優しい..揉み心地に..
気持ちよくて...
つい..寝ちゃった....
.
.
そう言えば..なんか..言ってた..
ような..
脱がされた
ような..
.
.
怒っちゃったのかな....
帰ったのかな..?
.
.
.
立ち上がって..部屋を見回す..
服も携帯も..なんにも無い..
.
.
電話...電話......しよ..
.
pururu....pururu....
.
.
でないし..
.
.
昨日の逆だ....
どうしよう..
なんで..
なんで..いないんだろ....
.
とりあえず..
部屋行ってみよう....かな..
.
.
慌てて..
Tシャツに短パンを着て..
部屋から出ようとした..
.
.
ガチャ..
.
.
岩)おぅ!(笑)おはよ..
オレの気配感じた?(笑)
.
.
あ)剛典....
(涙)....
.
ドアを開けると..
両手にコーヒーを持った剛典が立ってた..
.
.
岩)えっ?えっ?
どうした?
なに?
なんかあったの?
.
.
あ)ううん..なんでもない
首をふりながら..
剛典を中に入れた..
.
あの笑顔に不安が吹き飛んだ..
.
岩)ゴメン..電話した?
手離せなくてさー
さらに..あやの部屋の鍵もってないこと気づいてさ(笑)
ドア叩こうとしてた..
はい!
.
.
両手に持ってた
コーヒーを一つ渡してくれる..
.
.
あ)....ありがとう(笑)
.
二人でベッドにならんで座った...
.
岩)あと..これ(笑)
.
.
ガサガサと..
コンビニの袋から..
.
丸い小さいイチゴの乗ったケーキ♡
.
.
あ)わぁ..
岩)昨日のご褒美(笑)
あ)ほんとにくれるんだぁ
岩)男ににごんはないからな〜(笑)
あ)(笑)..やっぱり大好き..
岩)えっ..と..なんか...
キライになろうとしてた?笑笑
あ)違う..(笑)
もっと好きになったってこと..
岩)(笑)..ありがと!
あ)ありがとう♡
ケーキ....嬉しい..
岩)どういたしまして..(笑)
.
.
頭を撫でてくれる..
岩)で..?なんで泣いてたの?
.
.
.
#妄想ストーリー #妄想story
#岩田剛典#岩田くん#剛典
#がんちゃん
.
.
ウ〜ン♥️こんなことするのが好き😘
朝からケーキ(笑)
関係ない😂
いつも読んでくれてありがとう😊💕

++.+.++…story*190
.
美愛))
ただいまぁ〜!!
.
.
.
.
パタパタっと中に入ってきた
.
.
.
.
隆二))
おかえり、、
.
ね、美愛、助けて(笑)
.
.
.
.
ん?
って言いながら
.
.
.
.
美愛))
えっ?!うそ!?
隆二、、ご飯作ってくれてたん?!
.
.
.
.
めちゃくちゃビックリした顔
.
.
ま、そりゃあそうだよね…
こんなことしたことないし
.
.
.
.
隆二))
パスタしようかな?って…(笑)
.
.
.
.
美愛))
…パスタ…?!
.
あ、、後は一緒にしようっか、、(笑)
.
.
.
.
そう言ってくれて
ホントに助かる(笑)
.
.
.
.
やっぱ自信ないし
.
.
.
.
手際よく美愛のおかげで
作り上げることが出来た(笑)
.
.
.
.
隆二))
ごめんね?
本当はさ
全部するつもりだったんだけど
.
.
.
.
美愛は嬉しそうに
お腹減ってたから
助かったーって言ってくれた
.
.
.
.
キッチン、、
めっちゃくちゃ
.
なのに
.
.
.
.
美愛))
ありがとねー♡
.
.
.
.
そう言いながら
片付けも一緒にした
.
.
.
.
隆二))
ねぇ?美華ちゃん大丈夫だった?
.
.
.
.
美愛))
分かんない、
玄関で健ちゃんに渡して
そのまんま帰ってきたん
.
そやから、美華に会ってないし
.
.
.
.
隆二))
そっか…
.
.
.
.
っていうよりも、、
TETSUYAさんのこと
美愛は知ってるのかな
.
.
.
.
隆二))
TETSUYAさん、、
.
.
.
.
美愛))
TETSUYA??てっちゃん??
.
.
.
.
隆二))
そうそう、、
.
.
.
.
美華ちゃん大丈夫だったかな
.
.
.
.
美愛))
美華、平常心取り作るっていうか
ホンマに平気な顔して
おったんやと思うんよね
.
そやけど…
.
.
.
.
隆二))
やっぱり
.
.
.
.
美愛))
今までのことが
心に引っかかってたやろから
.
それに、
久しぶりにてっちゃんに
会ったかて思ったら
彼女も連れてきたて言うてたし
.
.
.
.
隆二))
え?なに、彼女?!
.
.
.
.
それは知らなかった…
彼女か…
.
.
.
.
美愛))
彼女やって…
.
けど、それで
踏ん切りついたんかもしれんけど
.
熱が出たんやろなぁ、、て
.
.
.
.
隆二))
なんか、、
美華ちゃん大変だったね…
.
.
.
.
こんな風になるなんて
健ちゃんも思ってなかっただろうし
.
.
.
.
美愛))
うん、、
それに、美華ん中で
他にもいろいろあるやん…?
.
女優さんのこととか??
.
.
.
.
ぁぁ…確かに…
.
.
.
.
隆二))
美華ちゃんばっかり…だね
.
.
.
.
美愛に何かあったら
それはそれで本気で困るし
心配だし不安になるけどさ
.
.
美華ちゃんに
何かあるのもツライよな…
.
.
.
#今市隆二 #山下健二 #登坂広臣
#妄想story #妄想ストーリー
#jsbstory #3jsbstory #妄想
.
.

〇Story 312


俺は電話を切った


広臣)愛花…ごめんな?そんな風に考えてたなんて思わなかった。俺ちゃんと行ってくる。勉強して成長して帰ってくるよ


愛花)うん…グズ


広臣)双子のこと詳しく聞かせて?


愛花)うん


私は広臣とソファに座った


愛花)今妊娠5週なんだって。それで双子の妊娠はリスクを背負う事が多いみたい…赤ちゃんが2人子宮にいるから血流が増えて循環器の負担が大きくなって妊娠高血圧症候群になりやすいんだって。


広臣)うんうん。


愛花)後は、子宮頚管が短くなったり子宮口が開き始めるとかの早産、切迫早産のリスクも大きくなるって。


広臣)そっか…それだけ愛花の体に二つの命が宿るのが負担になるんだな…


愛花)うん。


広臣)研修行ってる間はなるべく電話するようにするから


愛花)大丈夫だよ?


広臣)俺がしたいだけだから


愛花)そっか…


広臣)あ、じゃあ親父にも言わなきゃか


愛花)そうだね!わたしから言っておくよ?


広臣)わかったよ。


愛花)ねぇ…広臣?そろそろちゃんと岩ちゃんと話さないとじゃない?


広臣)まぁな…


愛花)今日呼ぼ?


広臣)愛花大丈夫かよ?


愛花)うん。多分大丈夫。


広臣)まぁちゃんと話しないとだしな


愛花)そうだよ


広臣)隆二達にも連絡するか


愛花)そうだね!


広臣)じゃあ俺は岩田に電話するから隆二に電話して?


愛花)はい!


ープルルルルルル プルルルルルルー


岩田)はい。


広臣)久しぶりだな。今日家に来て


岩田)わかりました


ープルルルルルル プルルルルルルー


愛花)もしもし隆二くん?


隆二)なんだ?


愛花)あのね?今日岩ちゃんの事話そうと思って。岩ちゃん呼んだから来れるかな?


隆二)分かった!ヒロも連れてくな?


愛花)うん!お願いします。


隆二)ヒロ広臣の家に行くぞ?


ヒロ)分かった〜結愛寝かせたら行こ!


愛花)広臣?殴ったりしちゃダメだよ?


広臣)あぁ…


愛花)広愛ねんねしようね〜寝かせてきちゃうね?


広臣)おう!


ヒロ)結愛寝たから行こ!どうしたんだろ…


隆二)じゃあ行こ! ピンポーン


広臣)はーい


玄関を開けた


隆二)来たぞ!


ヒロ)どうしたの?


広臣)中入って!


隆二とヒロを中に入れた
寝室から


ーおんぎゃあ~おんぎゃあ~ー


ヒロ)はい〜


隆二)広愛泣いてんな?


広臣)愛花が今寝かせてんだよ(笑)手こずってるみたいだな〜ミルク持ってくか


広臣はキッチンにたってミルクを作った


ーガチャー


愛花)あ、ヒロさん隆二くん!来てたんですね!ちょっと待っててください!


広愛)おんぎゃあ~おんぎゃあ~


広臣)はい!ミルク!


愛花)あ、ありがと!今作りに来たの!


広臣)だろうな(笑)


愛花)すぐ寝かせちゃうね!


広臣)おう!


隆二)結愛もこんな時代あったわ〜いまは、若干の反抗期なんだけどな!


ヒロ)そうだね〜


広臣)まじか(笑)


ーピンポーンー


広臣)来たな


-------------------------------

双子のことを広臣が知ろうとしてくれて嬉しい😭岩ちゃんとも仲直り出来ますように🙏


#三代目妄想 #三代目妄想story #妄想story #登坂広臣 #登坂愛花

💛※閲覧は自己責任でお願いします※
·
#玲於night 記念日④ 微エロ
·
〇「えっ…」
·
玲「ん。…100本は無いけど」
·
〇「玲於…」
·
玲「…これからもずっと一緒にいて…」
〇〇に近付いて花束を渡す
·
〇「ん…ありがと…ッ」
·
玲「泣かないでよw」
·
〇「泣くよ…ッ」
〇〇から花束をそっと降ろして抱きしめる
·
玲「…良かった…喜んでくれてw」
·
〇「嬉しいに決まってる…ッ」
·
玲「これからも…いっぱい迷惑かけたりケンカするかもしんないけど…ずっと居てね…」
·
〇「ぅん…ッ」
·
玲「ンフw…〇〇?」
そっと〇〇の身体を離して触れるだけのキスを落とす玲於
·
〇「ん…」
·
玲「ん…☺もう1個見せたいもんあんの…来て…」
〇〇の手を引いてお風呂へ
·
〇「何…お風呂?」
·
玲「入って」
ガチャ…
·
〇「え…夜景が…凄い…ガラス張り…」
·
玲「凄くない?風呂もデカいしさー広いし…」
·
〇「これ…外から見えないの?」
·
玲「見える訳ないじゃん!w見えたらガラス張りにしねーだろw」
·
〇「確かに…」
·
玲「一緒入ろ?」
·
〇「一緒に入るの?」
·
玲「当たり前でしょ?照明も暗く出来るから…ね?」
〇〇の肩を持ってお風呂から出たと同時に後ろから抱き締める玲於
·
玲「👂今日だけでいいから…俺の言う事聞いて?」
·
〇「ちょっ…」
·
玲「👂今日だけ…俺のしたい事…させて?💋…」
·
〇「ん…」
·
玲「👂今日だけで…拒否んないで…」
·
〇「ンッ…わかった…わかったから…」
バッと離れて〇〇の前に満面の笑顔で立つ
·
玲「☺言ったね?wやだだめ禁止ね?w」
·
〇「(最初っから狙いはコレだったんだね💧でも色々頑張ってくれたんだから、こっちも頑張るよ😳)わかった…」
·
玲「んふーw風呂入ろ!」
·
〇「着替えは⁉」
·
玲「持ってきた。バスローブあるからそれで良くね?」
と、言いながら服を脱ぎ始める玲於…〇〇はベッドに座る
·
玲「ちょっと!座る暇ないよ!」
·
〇「うん…(花束なんて用意してくれてるなんて思ってなかった…大人になったねー何か…最近甘えられてない気がするし…)」
·
玲「ね!入るよ!風呂!」
·
うん。と言いながら見上げたら…
·
〇「ちょっ🙈…先入ってて!」
·
玲「何で!一緒入るつったじゃん!」
·
〇「入るから!先に入って!」
·
玲「…早くね」
·
·
ガチャ…
·
玲「遅いよ!何でバスタオル巻いてんの!ほら!早く!」
お風呂から出て〇〇の手を引く
·
〇「ちょっ…」
·
玲「ん。取ってバスタオル!いつも見てるでしょ!w…言う事聞いてくれるつったじゃん…」
〇〇を引き寄せて、そっとバスタオルを剥ぎ取る
·
玲「ンフw…入ろ…あ!隣じゃなくてここ!」
玲於の股の間に座らされる
·
〇「ちょっと💦」
·
玲「いーから!大人しくして!見て!前!」
·
〇「んっ…きれー…」
·
玲「ね。ヤバいよね…」
〇〇のお腹に腕を回してギュッと抱き締める玲於…
·
〇「ちょ…玲於…苦し…」
·
玲「…ごめん…ちょっとだけこのまんま…」
·
·
玲「ね!ジャグジーあんの!やってみる?w」
·
〇「うん」
·
玲「どれだっけ…あ…このボタンだ…」
·
〇「ちょっ…明るくなった!お風呂ん中!」
·
玲「やばぁwすげーこれーw」
·
〇「こしょばい💦これー…玲於!止めて!」
·
玲「やだw」
·
〇「んもー!出る!」
·
玲「待って!待って!体…洗お!」
〇〇の手を引いてシャワーの前へ移動して、さっさと手にボディーソープを付ける玲於
·
〇「えっ…ちょっと!自分の体洗うんじゃないの⁉」
·
玲「〇〇のに決まってんじゃん!wん。前向いて?」
〇〇の後ろに回って体を撫で始める…
·
〇「んっ…」
·
玲「ンフwくすぐったい?」
·
〇「うん…ッ」
玲於の手は胸からお腹にスルスルと降りていく
·
玲「…ンフw👂ヌルヌルしてるw」
·
〇「ちょ…やめて…ンッ」
·
玲「👂やめない…今日はw…やめても禁止w」
·
〇「んっ…ハァ」
·
玲「👂気持ちーの?ピクピクしてるw」
·
〇「ンンッ…玲於…」
〇〇の顔を覗き込む
·
玲「ンフw…撫でてるだけなのに…そんな気持ちーの?w」
·
〇「ンッ…やっ…」
·
玲「やめていーの?w」
チュッ…ニコニコで〇〇の頬にキスを落とす
·
玲「…ここ…気持ちいんでしょ?w」
·
〇「ハッ…ンンッ…玲於…ハァ」
·
玲「…知ってるよwここがイイってw」
·
〇「ンッ…ハァ…もう…ッ」
·
玲「…いいよ?w」
·
〇「んっ…玲於…やぁっ…ハァハァ」
·
玲「ンフw…👂もっと気持ちいい事は上がってからね?」
·
〇「ハァハァ…もぅ…」
·
数十分後…バスローブを着てお風呂から出る
·
玲「はぁーあちー…何か飲む?ビールあるよ!」
·
〇「飲もうかな…」
·
玲「飲む?wはいっ😋」
·
〇「何?やけに嬉しそう…ありがと」
·
玲「別にw(酔うと甘々になってくれるから好き…なんて言ったら怒るよねw)」
·
〇「玲於は?飲まないの?」
·
玲「うん…俺は…いーや(お互い甘々で…ってのもいーけど、それはまた今度😁 )」
·
Fin...続く


✡reo×kiyokastory✡


3時間前…


玲於)忙しかったんだよ

きよか)そんなの分かってるわよ!でも記念日ぐらいいいじゃん!

玲於)もういいよ

きよか)え…


バタン


嘘でしょ…


「おかけになった電話はただいま……………」


嫌われちゃったのかな…


3時間後…


ガチャ


んっ…玲於?


急いでいくとそこには小さい紙袋をもった玲於が立っていた


きよか)玲於…


私は思わず立たずんでいた彼を抱きしめていた


玲於)ごめん…

きよか)ううん、私の方こそごめんなさい…

玲於)そう、これ


そう言ってさっきの紙袋から取り出したのは私が欲しがってたネックレスだった


きよか)これって…

玲於)この前欲しがってて今日渡す予定だったんだけどどこにも売ってなくて…でも出てった後にたまたまよったところ売ってたから

きよか)嬉しい…

玲於)付けてあげる


私の後ろに回ると長い髪を避けながら付けてくれた


きよか)ありがとう…グズッ

玲於)こっち向いて


チュッ


きよか)んっ


どんどん深くなっていきお互いの舌が絡み合う


きよか)んっ、苦しっ…

玲於)まだだめ…


服の下に玲於の手が入ってくる


きよか)っ、、ちょっ、、ここじゃ…

玲於)じゃあ他のところならいいの?


そう言うと私の腕を引き寝室に押し倒した


きよか)きゃっ、、ちょっ、、

玲於)記念日…たまにはこうゆうお祝いの仕方もいいだろ

きよか)うん…

玲於)でもお祝いはまだまだこれからだから


今年の記念日は心も身体も彼に溺れていく日だった
*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・
@kiyoooo.ryuji さんのリクエストstoryでした😊

ほん怖怖い👻😱 #妄想story
#妄想
#妄想ストーリー

.
.
.
玲於と別れて1ヶ月。
飼いならした生意気な愛犬を失ったような喪失感が
いつも付きまとっていた。
.
.
時折、自分で決めた決断が重くのしかかる。
これで良かったの?と、
もう一人の私が現れては消える。
.
.
だけど…これから男を磨いていく玲於と
結婚適齢期と呼ばれる私では、
未来が見えなかったのは事実。
.
.
こんなにも玲於のことが好きだったんだと
思い知らされると同時に
だからこそ、どれだけ辛くても
別れて良かったんだと思ってしまう。
.
.
私は、見えない未来を選んだのだから。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
華金と言われる今日は、同僚が次々と帰っていき、
オフィスに残っているのは私だけになった。
.
.
若い頃のように泣きじゃくってもいられなくて
仕事に打ち込んで、毎日をやり過ごしていた。
.
.
そういえば付き合っていた頃、金曜日に予定を入れると
玲於はぶーぶー文句を言ってたっけ…
.
.
最初はその文句の意味がわからなかったけど
仕事をやりきった週末は一緒に眠りたいという
なんとも可愛い思いからだったのを後で知った。
.
.
.
玲於は今、何してるんだろう…
.
.
こんな風に思い返しては泣くくせに
どうして私たちはうまくいかなかったんだろう。
.
.
どうして、同じ世代に生まれなかったんだろう。
.
.
どうして私は、見えない未来に
思いを馳せてしまうんだろう。
.
.
.
そんなことを考えていたら、また涙が溢れてきて
急いでトイレに駆け込み、メイクを直した。
.
.
.
”もう帰ろう”
そう思って廊下を出ると、私を呼ぶ声がした。
.
.
.
.
『綾?お疲れ~まだ残ってたの?』
.
.
「アキラ…」
.
.
『…なんかあった?』
.
.
「…別れた…の…」
.
.
自分で口にした言葉が、心にぐさっと突き刺さる。
.
.
『えっ…わり…変なこと言って…』
.
.
「ううん、私から言ったの…!」
.
.
『…無理すんなよ。顔見りゃわかるから。』
.
.
.
ぐっと私の手を引いて、空いていた会議室に入ると
アキラは私を抱きしめてくれた。
.
.
.
『つらいときは我慢すんな。』
.
.
.
この人に頼っちゃいけないと身体を離そうとしたけど
アキラはさらに腕に力を込める。
.
.
「スーツ…汚れちゃう…」
.
.
『そんなんいいから。』
.
.
「でもっ…アキラに頼っちゃいけないと思うから…」
.
.
無理やり顔をあげると、目が合った。
.
.
『その顔見たら理性ぶっ飛ぶと思ったから
こうしてたのに。』
.
.
.
抱きしめられていた力が緩んだと思ったら
今度は両手で、そっと私の顔を包んだ。
.
.
.
『また俺んとこ戻ってこない?』
.
.
.
その言葉を頭が認識する一瞬のうちに
アキラの髭がチクっと顔に触れた。
.
.
.
私の頬を両手で包みながら、違和感なく唇を開かせる。
.
.
.
「んっ…」
.
.
.
ちょうどいいところまで顎が上がると
玲於よりずっと身長が高いことを実感した。
.
.
.
『綾…このまま帰らせたくないんだけど。』
.
.
「それは…」
.
.
『俺が元彼だから無理、って?
それとも戻ってきてって言ったから?』
.
.
「…」
.
.
『答えなくてもいいけど。』
.
.
そして重なる唇。
.
.
私って最低…
そう思いながら、アキラの腰に腕を回した。
.
.
.
ーーーーーーーーーー
おかわり元彼ってあるよね←
#お腹いっぱいなんだけど
#あるから食べちゃう的な
#個人の見解です
#本ストーリーは関係ありません
.
.
剛典さんのその辺の女子よりかわいい説が再浮上。
#つらい
#でもシャツはちゃんと着て
#それ女子がやるやつな
#我々がでる幕なくなるで
.
.
玲於たん、足でさえ可愛いとかなに⁉️
#あれなら舐めれる
.
.
#SweetAddict_AS
#佐野玲於 #AKIRA
#generations #exilethesecond
#妄想 #妄想ストーリー #妄想story

MOST RECENT

妄想story 故郷

今日は、8ヶ月検診と私の故郷に帰る日
朝1番での検診。帰る準備は、前の日に済ませておいた。1泊2日妊婦だから短くしていた。

隆二)じゃあ検診とヒロの生まれた宮城に帰るか!

ヒロ)うん😊結愛〜行くよ〜

結愛)はーい🙋

車を走らせ病院に。受付済ませて直ぐに呼ばれた。

看護師)今市ヒロさん!どうぞ〜

ヒロ)はーい。

ヒロは、検診の全てを終わらせ先生に見てもらった

桜先生)順調に育ってますよ〜もう名前決まった?

ヒロ)2つ候補あって悩んでます!愛音か、奏音で悩んでます。

桜先生)そうなんだ〜2つともいい名前ね〜でも順調に8ヶ月です!おめでとう

ヒロ)ありがとうございます!

桜先生)じゃあ来月から検診増えるからよろしくです!

ヒロ)はーい。

ヒロはお会計済ませて隆二のところへ

ヒロ)終わった!行こ!

隆二)じゃあ行こ!結愛〜行くよ!

結愛)パパ〜待って〜

ここからは、マネさんの運転で東京駅に。

ヒロ)わぁ!久しぶりに新幹線乗るわ!

隆二)そりゃなぁ。3年ぶりだもんな。

結愛)新幹線〜新幹線〜

隆二のことも考えグリーン車に乗ることにした。席に座りしばらくすると出発した。

ヒロ)お母さんと、夢と湊にやっと報告出来る!

隆二)そうだな〜

結愛は、寝ている

隆二)結愛寝てる

ヒロ)早く起こしちゃたからね〜

2時間程でヒロの故郷に着いた

仙台の街並みは賑わって3年前とは違って見えた。

ヒロ)やっと着いた!わぁ!新しい建物出来てる!復興したんだね!

隆二)そうだな〜結愛〜起きろ〜

結愛)わぁ!ぴかぴか〜

ヒロ)あぁ電気ね〜今からばぁばぁの所に行くよ〜

結愛)ばぁばぁ?

隆二)そうだ

ヒロは、レンタカーで南三陸町に行った。2時間程走らせ南三陸の街に着いた。

ヒロ)少しは復興してるけど、津波でなくなった街並みは変わったな。嵩上げしてるんだ。

隆二)あの頃とは、違うな。でも、まだまだ復興は、遠いな。

結愛)海〜

結愛は高台から見える海にはしゃいでいた。

ヒロ)さぁ!お墓参りしよ!

海が見える丘にお墓がある。富山家の

ヒロ)お母さん!夢!湊!ただいま!お姉ちゃん結婚して、子供出来たよ!もうすぐ二歳で次に2人目生まれるよ!お姉ちゃんの家族連れてきたよ!結愛〜ばぁばぁだよ〜

結愛)ばぁばぁ?

ヒロ)うん。なむなむしようね。

結愛)うん。

隆二)お母さん、夢ちゃん、湊くん。久しぶりです。あの時誓った約束は、果たせてます。これからもヒロを泣かせないずっと笑顔にして行きます!どうか見守ってください。

3人は、手を合わせた…

ヒロ)また来るから!次は赤ちゃん連れてね!結愛ばぁばぁにバイバイして

結愛)ばぁばぁバイバイ〜

隆二)また来ます!

ヒロ達は、お墓参りを済ませて南三陸町さんさん商店街へ。

ヒロ)お腹空いた〜

結愛)ペコペコ

隆二)食べてくか!

ヒロ)うん!ここにしない?海鮮丼食べたい久しぶりに美味しいお魚食べたい!

隆二)そうしよう!

結愛)おちゃかな〜おちゃかな〜

大将)いらっしゃい!

ヒロ)海鮮丼2つください!

大将)あれ?富山さんちの、ヒロちゃんじゃないの?

ヒロ)もしかして?まさおんちゃん?

まさ)んだ!なんだべ!綺麗になったごだ!

ヒロ)私今東京でね〜結婚したんだっちゃ!これ娘と旦那!隆二と結愛!

まさ)なんだべ〜かっこいい旦那さんとめんけい娘だごど〜今日おんちゃんの、奢りだ食べでげ〜

ヒロ)すみません〜隆二!隣に住んでたまさおじさん!

隆二)初めましてヒロの旦那の今市隆二と言います。娘の結愛です!

結愛)こんにちは

まさ)なんだべ〜気をつかわねぇでけらいん。 **)ヒロ姉?

ヒロ)ん?

さぁ他に誰か来ました。久しぶりの故郷にヒロは、喜びがかくせません

#今市隆二#今市ヒロ#今市結愛#妄想story#三代目妄想story

~I CAN NOT STAND~storyXXIII
.
. 【広臣side】
.
.
なんとなく…
覚悟はしてた。
.
.
栞がオレから離れようとしている事。
.
.
ただ…
オレは3年前の後悔を
ここで繰り返す訳にいかない。
.
コイツを手放す訳にはいかない。
.
どうにか繋ぎ止めようと
ここに連れてきた。
.
.
.
栞はオレに抱かれる覚悟で
ここに来た。
.
自惚れではないケド
抱き合えば
またオレの元へ戻ってくる…
そう思った。
.
.
.
ベッドに沈め
キスを落とす。
.
白い肌に吸い付く度に
紅く染まる…
.
オレを感じるその声…
.
もっと感じて欲しくて
オレは
容赦なく栞の身体を苛めた。
.
.
内股をまさぐり
下着の上から指で撫でると
じっとりと染み出てくる。
.
オレは下着の隙間から
栞の中を探った。
.
.
『ァッ…ハァッ…』
.
.
艶っぽい声が漏れ
栞の中から溢れ出る…
.
.
栞の足を開き
固くなったそこに吸い付いた。
.
.
『…ダメッ…広臣…ァ…ッ』
.
.
一瞬のうちに果てた栞。
.
.
オレは栞を抱きしめ
その唇の隙間から
舌を絡めとる。
.
.
そして
ゆっくりと栞の中に入った…
.
.
その瞬間…
.
オレの頬を涙が伝った。
.
.
何度も抱いたこの身体を
今日ここで手放すのか…
.
他の誰にも渡したくない。
.
.
オレの涙が
栞の首に落ちた。
.
.
『…広臣…?』
.
.
栞はオレの頬に触れ
涙を拭った。
.
.
ゆっくりと揺れる身体は
徐々にスピードを上げ
更に激しく突き上げる。
.
.
2人はやがて
その快楽の果てに
辿り着いた。
.
.
.
見つめ合えば抱き合い
触れればキスをして
お互いの名前を呼べば
.
…涙が溢れた。
.
.
何度抱いても足りなくて
.
.
うっすら意識が無くなりかけた頃には
空は白み始めていた。
.
.
.
.
朝…目覚めると
.
.
そこに栞の姿は無かった。
.
.
飛び起きてリビングに行く。
.
.
テーブルに置かれた紙切れ…
.
.
.
"広臣…
.
.
こんな私を愛してくれて
ありがとう。
.
本当に幸せだったよ。
.
大好きだった…
.
.
.

さよなら。 . ______栞"
.
.
「…なんでだよ…」
.
.
オレはその場で
.
ただ泣き崩れることしか
できなかった…
.
.
.
to be continued…
.
.
.
~★~★~★~★~★~★~
#omi
#登坂広臣
#gun
#岩田剛典
#三代目jsb
#妄想ストーリー
#妄想story#story
#CANNOTSTAND
#endofsky見てきたよ#ライブビューイング

story…16

〇)ただいまぁ
……あ!今日はいないんだった

1人でご飯を食べて
お風呂に入り髪を乾かしながら
テレビをつけた

髪を乾かし終わりソファーに寝転ぶといつの間にか寝ていた

ガチャッ

広臣)ただいま……

臣が帰ってきたので起きると
玄関が騒がしい

〇)臣?
帰ってきたの?って、隆二くん?!
……と、誰……?

広臣)仕事場の先輩の直人さん

直人)初めましてー!
直人でーす!よろしくね

〇)はじめまして
〇〇です、よろしくお願いします

隆二)〇〇ちゃん〜
お邪魔するねぇー!

直人)お邪魔しまぁす!

〇)えっ?!

お邪魔しますって……

広臣)悪ぃ
断ったんだけどさ、どうしても来たいって言うから
隆二も直人さんに家教えるし

〇)別に私は大丈夫だけど
これって泊まる……よね?(笑)

広臣)そう、なる、ね(笑)

隆二)あーーー!!
ちょっと直人さんー!

直人)ごめんごめん(笑)

既にリビングで騒いでる2人

直人)タオルタオル!

ん?タオル?

広臣)ん?

〇)もしかして……

急いでリビングに行くと
こぼしたビールをタオルで拭いていた

広臣)嘘だろ……
ちょっと直人さん何やってんですか!

直人)臣、ごめんー

やっぱりね
これだから酔っ払いは大変だ

直人)〇〇ちゃんもごめんね

シュンとしてる直人さんが可愛くて
笑えてくる

〇)ふふっ(笑)
大丈夫ですよ

あ、何かお酒のつまみになるようなもの作らなきゃ

〇)臣、それ、拭いといてね
私、何か食べれそうなの作るね

広臣)おぉ、悪ぃな
ありがと

三種類くらいのつまみを作って
みんなの前に出した

隆二)うまそー!
直人)うまそー!

シンクロ(笑)

〇)ありがと!ゆっくりしていってね

隆二)いただきます!
直人)いただきます!

ちょっと動いて疲れたなぁ
もう、寝よう

〇)臣、私もう寝るね
缶はちゃんと片付けてね

広臣)おぅ
おやすみ……チュッ

ちょっと!臣?!
こんな所でしたら……

隆二)あー!臣、〇〇ちゃんに
チューしたぁ

ほら、こーなるじゃん

直人)嘘!俺見てなかった!
臣ちゃんもう1回!

広臣)嫌ですよ(笑)

うるさい3人をほっといて
寝室に入る

布団に潜り込むとさっきの事が蘇る

〇)///反則だよ……

私の心臓はいつ止まってしまっても
おかしくないほど
臣の行動にはいつもドキドキする

目を閉じると直ぐに夢の中に入った

#登坂広臣
#今市隆二
#NAOTO
#妄想story

STORY…6
.
.
ー佐野玲於ー
.
.
【貴方side】
.
最近の玲於は変。
.
昨日からずっとピリピリしてるし
.
だから今日の朝は
玲於と一言も喋らないまま
仕事場の喫茶店まできた
.
.
美)おはよ!
.
.
美茶綺先輩はいつも笑顔
.
ホントに素敵な先輩だ
.
.
そんな先輩を見ると
不意に頭に
.
『涼太さん』
.
がよぎった
.
.
急な罪悪感に包まれる
.
.
会っちゃダメだった、
絶対に、
2人では。
.
先輩は絶対、
涼太さんが好きだ
.
自分から別れを告げた今でも
きっと
.
なのに私は本なんかにつられて…
.
.
そうこう考えてる間に、
仕事は終わった
.
.
美)〇〇!…さ、
昨日涼太と会った、よね
.
.
__ズンッ
.
胃袋に重みがかかる
.
.
やっぱ見られてたんだ
.
.
.
ダメだ、
先輩だけは傷付けたくなかった
.
.
美)あ、ちがうの!
隠してたのが嫌とかじゃなくて、
隠さなくても私、
大丈夫って言いたかったの!
.
.
貴)ちが……
.
.
美)それに!!!!
涼太には幸せになって欲しかったし、
相手が〇〇なら安心して…
.
.
先輩の顔は、
もう既に涙ぐんでいた
.
ダメ
違う
違うよ、先輩__
.
.
貴)先輩!!!!
.
.
もう私の声が聞こえなくなるぐらい、
自分の『悲しみ』を
隠そうと話していた先輩は
.
やっと我に返ったように
目を真ん丸にしてこっちを向いた
.
.
貴)本、借りてたんです
涼太さんとたまたま、
あの喫茶店で会って、
本が好きって聞いた途端
嬉しくて、本のこと以外
考えてなくて、
それで本を借りるために、
昨日、涼太さんと会ったんです
.
.
キョトンとした顔をしている
.
そりゃ、信じられないかな
でも、本当の事だから、
伝えるしかない
.
.
貴)私と涼太さんは、
なにもないんです
美茶綺先輩を勘違いさせて
ほんとに、ごめんなさい
.
.
.
しばらく黙り込んで
やっと口を開く
.
.
美)そう…よね
〇〇、本、好きだもんね、
ごめん、ごめんね、
勝手に私、
.
.
わぁっと泣き出す先輩
.
結局泣かせてしまった
.
でも、信じてくれた
.
『〇〇だから』と言って
.
.
貴)先輩、涼太さんのこと
好きですよね、まだ
.
.
黙り込む先輩
.
.
貴)絶対、後悔しますよ
私はこのままじゃ
ダメだと思います
.
.
美)…だめなの
涼太は私だと、傷つくから…
.
ブチ切れる私
.
.
貴)先輩のバカ!!!
それじゃ自分のことしか
考えてないじゃないですか!
涼太さんはまだ先輩のこと
好きだと思います
だから今まで先輩の隣に
寄り添ってきたんでしょ?
先輩が勝手に涼太さんの気持ち決めつけて、
勝手に別れを告げるなんて
ダメです!!!
.
.
私がそう言うと先輩は、
涙でびしょびしょになった顔を拭って
店を飛び出した
.
.
よかった、先輩
.
.
.
.
.
.
ん?
.
ん??
.
玲於は昨日、
先輩と仕事場の喫茶店で
会ったって言ってた
.
なのに先輩は
私と涼太さんが会ってるの、
見たって
.
先輩が嘘つくわけないし、
.
『見た』って言うんだから
本当だよね?
.
.
貴)あぁー!!!!!!
.
.
玲於、嘘ついたなぁ!
.
なのになんで、
アイツ怒ってんだよ!
嘘ついといて!?
意味わかんない!!
.
.
もう。
玲於が帰ってきたら
会議だ。
.
.
ーーーーーーーーー
こんばんは!
.
美茶綺先輩、よかったです☺️
.
玲於、かわいい嘘が
バレました🙈💘
.
次回!!!
玲於と貴方が急接近😳❤️
.
ホンマの見どころです🙈
.
お楽しみに🌵
.
.
#佐野玲於
#generations
#妄想STORY

歳上の彼女 story6
-
-
-
〇〇)あの子…私の事睨むんだよね…
私何かしたかなって思ってたら
今日玲於の事見る目でやっと理解できた
-
-
玲於)ただのバイト仲間だよ
-
-
〇〇)玲於はそうかもしれないけど
あの子は玲於が好きなんだよ
-
-
せっかく2人きりなのに
何でそんな事話すんだよ
-
-
段々腹が立ってきた
-
-
玲於)俺は何とも思ってないんだから
関係ねーし!
-
-
〇〇)でも…
-
-
玲於)なに?俺と一緒に居るの嫌な訳?
-
-
思わずキツイ口調になってしまった
-
-
〇〇)玲於………
-
-
玲於)どうなの?
-
-
〇〇)嫌なら一緒に居ないよ
-
-
見た事の無い悲しい顔
-
-
言い過ぎた…
-
-
玲於)ごめん…でも腹立つよ
だって今は俺と○○さんの時間でしょ?
俺は○○さんが好きなのに
他の女が俺の事好きとか言われても
俺を遠ざけようとしてるとしか思えない
-
-
〇〇)そんなつもり無いけど…でもね…
-
-
玲於)でもなに?
-
-
〇〇)玲於はまだすごく若くて…
私なんかと一緒に居ていいのかなって…
やっぱり考えちゃうよ…
-
-
力の無い笑顔は
俺の胸を締め付けるのに十分だった
-
-
玲於)そんなに歳の事ばっか言うなら
もうさん付けしないよ
○○って呼び捨てね
少しは歳考えなくて済むでしょ?
-
-
〇〇)それは…いいけど…
-
-
そして向かいにいる○○の手を
しっかりと握った
-
-
玲於)俺は○○が好きだよ
だからそんな悲しい顔しないで?
悲しいのは俺の方なんだから
-
-
〇〇)ごめん…
-
-
少し涙ぐんだのを見逃さなかった
-
-
〇〇)これじゃどっちが歳上なのか
わかんないよね…
なんか玲於といると力抜けて…
-
-
玲於)いいんじゃない?
それが自然な○○なんでしょ?
-
-
〇〇)うん…
-
-
いつもキリッとしてるのは
仕事中だからなんだな
-
-
そう思ったら愛おしくて…
-
-
玲於)俺には自然体な○○見せてよ
絶対俺が守ってあげるから
-
-
〇〇)守る………?
-
-
玲於)○○を守ってあげる
-
-
はらはらと涙が落ちる
-
-
〇〇)そんな事言われたの初めて…
-
-
頭を撫でると
めちゃくちゃ嬉しそうな顔で泣き笑いした
-
-
玲於)歳とか関係無いから
-
-
〇〇)うん
-
-
○○が俺に心を開いてくれた瞬間だった
-
-
-
-
-
#妄想#妄想ストーリー#妄想story
#三代目JSoulBrothers#3jsb
#GENERATIONS#grne
#佐野玲於#REO#玲於

#妄想story
最終話
:
新しい命も生まれ、臣とすごす日が最近は多くなっていた。
:
臣)具合悪くない?
:
みさ)うん、ちょっと気分悪いかも。
:
臣)かして、俺が見てるから少し休んでな。
:
みさ)ありがと、でも大丈夫?
:
臣)大丈夫だよ。
:
みさ)りこちゃんは、パパが好きだからね。いいね〜
:
臣)ママもすちですよ〜ってね
:
みさ)じゃあ、ごめんね
:
臣)待って、やっぱり3人で寝よ。ママが良くなるまで。
:
みさ)ふふ、いいよ
:
突然始まった恋がここまで来るとは思はなかった。今も、これからも大好きだから、一緒に居たいと一番思える人。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
臣がパパ臣になった〜!ほんとにパパになったらきっといいパパなんだろうなー
臣の奥さんになりたいと思い続ける日々
ENDOFSKY今日からですね!見に行きたかったのに見に行けず…😭😢😭
必ず見に行きます。
#妄想story #妄想story初心者
#登坂広臣 #臣 #パパ臣 #臣の奥さんになりたい#次は何かこう

requeststory
♬✧.。.☪✦**.。:✡*✽✪✩..✦:✧♪✡♪*。✪✩*⋆ *☪⋆♬*゜⋆*✩



あいりん(あっちょっと〜返せ〜!)

玲於(アハハ!ほらほらお前ちっちゃいから届かねぇだろ〜)

私はあいりん、ただ今幼なじみのドSな玲於にノートを取られてます

あいりん(あ〜もう!)

玲於(へへへっ……あっ!)

龍友(また玲於からかってんの〜ノートは俺が返したる)

龍友(はい、どうぞニコッ)

あいりん(っ…/////あ…ありがとう)

この優しい彼は私の初恋の人龍友くん、私はいつもデレデレです(笑)

龍友(顔真っ赤やけど?熱あるんちゃうか?)

私のおでこに龍友くんのおでこがくっついた

あいりん(あっ/////ちょっと/////顔が赤いのは龍友くんがかっこいいから/////)

龍友(ほんま?ありがと〜ニコッ)

あいりん(えへ〜)

玲於(っ…なんだよ……つまんね)

あいりん(ちょっと玲於!今日私に数学教えてくれるって言ったじゃん!)

玲於(もう!ちょっと来い!)

手を引かれて隣の部屋に連れていかれた

ドンッ(壁ドン)
玲於(龍友とあんま仲良くしてたから妬いた)

あいりん(えっ?どういう事…?)

玲於(つまり……お前が好きなんだよ!)

あいりん(へっ!?)

龍友(やっぱそうやったんやな)

あいりん(龍友くん!?)

龍友(気づいとったんやけどな(笑)…でも………)

玲於が壁に手をつけてる方とは逆の方に手をつけた

龍友(実はな……俺も好きやったんや)

あいりん(えっ!?)

玲於(なぁあいりんは……俺を選ぶよな?)

龍友(いや…俺の事選んでくれんよな?)

あなたはどっちを選びますか?




#妄想story#pic#ポーズ同じ(笑)#可愛い(笑)

@3jsb_omi_story.official
妄想story特別篇

広臣&愛花!

Happywedding

ちゃんと幸せにならないとダメよ?

なにかあったらちゃんと言ってね

ヒロより

広臣&愛花ちゃん!

結婚おめでとう〜俺ら夫婦にいつでも頼れよ!兄と姉だからな!

本当におめでとう!

臣&愛花ちゃん!

結婚おめでとう🎊

本当に家族やからな!

頼れよ!

健二郎

#妄想story#三代目妄想story
特別篇!サプライズ🎉

.
.
親戚の子供と……
.
.
今日1日親戚の子供を預かることになった
.
彼が抱っこしてる姿を見ると
子供好きってことが伝わってくる
.
いつか私も…って思うけど
そんな事言えるはずもない
.
太輔抱っこしんどくない?
変わろうか?って聞くと
.
全然平気、赤ちゃんって
ずっと見てても飽きないよねって
言うから そうだねって答えたら
.
お前みたいって笑ってくる
.
どういう意味?って睨むと
.
ふふ って笑って
.
まぁ俺はもう1人赤ちゃん
増えて欲しいと思ってるけどなって
.
さらっと赤ちゃん欲しい
宣言してくるからテンパる
.

#藤ヶ谷太輔の彼女目線
#妄想story
#キスマイ
#藤ヶ谷太輔

.
.
.
今日の雨は、優しい。…あとがき
.
☆無言フォロー✖️プロフ要確認☆
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
この度は#自己満足妄想 溢れる
拙い妄想storyを読んでくださいまして
ありがとうございますm(_ _)m
.
.
.
.
.
がんちゃんstory「今日の雨は、優しい。」
完結致しました。
.
.
.
途中インスタ本垢が突然消滅する出来事があり
やる気が削がれ妄想が浮かばず、
前作の涼太storyの時とは別の意味で
もう終わらないんじゃないかと思いましたが(汗)
.
.
.
でも本当に有難い事に、
心配してお声をかけてくださるフォロワー様が何人もいらっしゃって……
.
.
.
自己満足妄想を気の向くままpostしているだけにも関わらず、こんなにも支えてくださる方が居るのだと感激のあまり涙してしまいました(p_q*)感涙
.
.
.
「焦らず、朔夜さんのペースで」
と言ってもらえて気持ちも楽になり、
そのお言葉に甘えさせていただいて続きが浮かんだら…書きたいと思ったら再開しようと、こちらの更新も滞ってしまいました。
.
.
.
.
.
だけど、やる気って待てば起きるもんですね。
今回は時間が解決してくれました。
.
.
.
そしてちょっとだけ意識が変わって、
先を急ぐのではなくじっくり伝えてみようと、細かな表現にしてみました。
.
.
.
ダラダラしていると捉えられてしまうかも…と思いましたが、フォロワーさんから
「丁寧に書かれていて分かりやすいです」とコメントをいただき、ホッと胸を撫で下ろしました。
.
.
.
とても嬉しくて、このまま細かく書いていこうと決め、しかも**ちゃんがちょっと変わった奥手さんだった事もあり(笑)くっつくまで、かなぁり時間がかかってしまいました。
.
.
.
まぁ がんちゃん自身 “諸々大変” な事も、手取り足取りじっくり教えていけると喜んでますし(爆)
生みの親からのご褒美として、存分に味わってくれるのではと思ってます( ̄m ̄* )ムフッ♪
.
.
.
.
.
今回は臣&響cpにたっぷり登場してもらいました。
涼太cpの話も読みたいと言ってくださる方もいらっしゃって、嬉しい限りです♡
.
.
.
今後がんちゃんcpも又出てくると思いますが、その時はどうぞよろしくお願いします♡
.
.
.
.
.
さて、これからこちらは少しお休みをいただきます。
.
今はリクエストを受け付けていませんが、以前いただいたリクが後2つ残っており…
どちらもインスタ本垢 @398_exiletribe_love と、
占ツクのオトナ女子向けstory「月の歌 夜の音」のもので、そちらを仕上げてからこちらに戻って来ようと思います。
.
.
.
.
.
今度は誰のstoryにしようかな。
近々皆さまにご意見お聞きするかもしれません。
その時は新しく垢を作り直したTwitterで呟きますので、お付き合いいただけたらなと思います❤︎
.
.
.
.
.
毎度長いあとがきでスミマセン(人´∩`)sorry
ご感想をいただけると今後の励みになります。
.
.
.
それでは、また♡
.
.
.
.
.
朔夜
.
.
.
.
.
#岩田剛典
#EXILE
#3JSB
#三代目JSoulBrothers
#3JSB妄想
#妄想
#妄想族
#妄想story
#妄想ストーリー
#恋愛筆記帳
#今日の雨は優しい

.
.
.
今日の雨は、優しい。…33
.
☆無言フォロー✖️プロフ要確認☆
.
.
.
.
.
剛典「ちゃんとした場所で思い出になる様なものにしたかったんだけど……もう無理」
.
.
**「…うん?」
.
.
剛典「**ちゃん、好きです」
.
.
**「……私も、がんちゃんが好き、です」
.
.
剛典「これから先、キミとずっと一緒に居たいです」
.
.
**「私も、です」
.
.
剛典「俺と付き合ってくれますか?」
.
.
**「……はい、お願いします//」
.
.
.
.
.
何だかもう、想いが溢れてきて伝えずにはいられなかった。
抱き締めたまま、はぁっと安堵の溜息をつく。
.
.
.
.
.
剛典「じゃあ、出かけよっか。荷物どこ?
俺持つから」
.
.
**「ん?財布と携帯だけだから平気だよ」
.
.
.
.
.
……そうだよね(笑)
.
.
.
.
.
剛典「…… **ちゃん。今夜は俺ん家にお泊まりです。直ぐに用意してきてください」
.
.
**「は、、えぇッッ⁉︎」
.
.
.
.
.
“そんなの無理ーーッ” と叫ぶ彼女に、じゃあ俺が此処に泊まるよ、と言うと、 .
.
.
.
.
**「どっちかに泊まるなら…がんちゃん家でやり残した事あるから、、行く//」
.
.
.
.
.
なんて顔を真っ赤にしながら言う彼女。
.
.
.
あのね、想いの通じた初日からどうこうするつもりは無いんだよ?
もう大人だから知識があるのは当然なんだけど、彼女には1から教えないといけないんだ。
.
.
.
おにーさん、今後諸々大変だよ。
でも………それはそれで、いいな(笑)
.
.
.
.
.
____彼女のマンションに呼んだタクシーに乗って、俺ん家に向かう。
車内でたわいの無い話をしてマンション近くの公園前で降りた。
.
.
.
.
.
剛典「折角の雨だから、ちょっと歩こう」
.
.
.
.
.
彼女の部屋の傘立てから持ってきた紺と白のボーダー柄の傘に2人で入る。
……久々の相合傘に照れる。
.
.
.
.
.
**「私、雨好き。傘の下で雨音を聞くと落ち着く」
.
.
剛典「そうだね」
.
.
**「……今日の雨は、優しいな。
がんちゃんとの事を祝福してくれているみたい」
.
.
.
.
.
あぁもう、本当にこの子は…
俺を一層虜にして、一体どうしたいんだ。
.
.
.
.
.
剛典「雨が祝福してくれているなら…
お礼しないとね」
.
.
.
.
.
傘の下、優しい雨に包まれながら
俺は彼女にそっとキスをした。
.
.
.
.
.
(名前)「……コレ、お礼なの?//」
.
.
剛典「欲望に忠実なお礼、だよ(笑)」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
今日の雨は、優しい。
end
.
.
.
.
.
#岩田剛典
#EXILE
#3JSB
#三代目JSoulBrothers
#3JSB妄想
#妄想
#妄想族
#妄想story
#妄想ストーリー
#恋愛筆記帳
#今日の雨は優しい

.
.
.
今日の雨は、優しい。…32
.
☆無言フォロー✖️プロフ要確認☆
.
.
.
.
.
クスクス笑った後に一呼吸おいて言葉を紡ぐ。
.
.
.
.
.
剛典「……響ちゃんとの時間削るの悪いんでもう切りますね。
そうだ、パン屋の店員さんに色々聞いてくれてありがとうございました」
.
.
広臣『あー、、いや、なんか俺も気になってたからさ。……“余計な事を”って言われなくて良かったよ(笑)』
.
.
剛典「あのねぇ、そんな事言う訳ないっしょ(笑)」
.
.
広臣『そうだ、がんちゃん。
いつも響が世話んなっちゃって……悪いな』
.
.
剛典「…へ?何言ってんすか。俺は何も、、」
.
.
広臣『んじゃ、おあいこって事で(笑)』
.
.
.
.
.
いい男の照れ隠しは、男の俺から見てもスマートで格好いい。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
____マネージャーに彼女のマンションの近くまで送ってもらい、車を降りて小雨の中走り出す。
.
.
.
建物内でサッと身体を撫でると、細かな雫が飛び散った。
急いでエレベーターに乗り込み、彼女の部屋の階数を押す。ゆっくり動き出す事すらもどかしいなんて、きっと彼女に言ったら笑われる。
.
.
.
止まったエレベーターの扉から滑り出る様に通路に降り立ち、小走りで彼女の部屋を目指した。
.
.
.
ピンポーン、、
インターフォンを押して彼女の返事を待つ。
.
.
.
ガチャッ
.
.
.
.
.
剛典「おわッ(汗)」
.
.
**「がんちゃんッ」
.
.
剛典「**ちゃん、モニターで俺の事確認した⁉︎ドアスコープから覗いたの⁉︎
俺じゃなかったらどうすんだよッ」
.
.
**「……どっちもしてないけど、がんちゃんだって分かったもん」
.
.
剛典「うわ、そんな事言うんだ。もう俺ん家連れて行かないよ⁉︎」
.
.
**「……やだ。じゃあドア閉めるからもう一回ピンポン押して」
.
.
.
.
.
……そういう事じゃないんだけど(汗)
でも今はいいや。
.
.
.
.
.
剛典「後でちゃんと話そうね。今はもう我慢出来ないから……ゴメン」
.
.
.
.
.
俺は玄関に入ってドアを閉め、力一杯彼女を抱き締めた。
.
.
.
.
.
**「がんちゃ、、ん」
.
.
剛典「うん」
.
.
**「ドキドキ、する…」
.
.
剛典「うん…抑えきれなかった。ゴメン」
.
.
**「あのね、、私こんなに本気で男の人とギュってしたの初めて…」
.
.
剛典「…うん、そうだと思ってた。これイヤ?」
.
.
**「イヤじゃ、ない……嬉しい//」
.
.
.
.
.
彼女の返事と共に、背中に回った腕に力が入る。
それが嬉しくて胸が締め付けられた。
.
.
.
.
.
…32
.
.
.
.
.
#岩田剛典
#EXILE
#3JSB
#三代目JSoulBrothers
#3JSB妄想
#妄想
#妄想族
#妄想story
#妄想ストーリー
#恋愛筆記帳
#今日の雨は優しい

Most Popular Instagram Hashtags