[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

#ニュル24時間

MOST RECENT

カッコいいねぇ〜!
しかしこのウイングすごい出てるよねぇ〜w
写真撮るのが難しい車だね💦
.
走ってる写真撮りたかったなぁ。。
.
#iPhone #2018 #テスト
#fujispeedway #fuji_speed_way #fuji #富士スピードウェイ #富士 #subaru #WRXSTI #WRX #STI #hidekiyamauchi #山内英輝 #Motorsport #nurburgring #nur24h #ニュル24時間 #ニュル #ニュルブルクリンク #タクティと山内くんとbrz

今日、富士でBRZとWRX stiのシェイクダウンやったとは…😱 .

やすみやったんやけど…用事があったから行けやんかった。。
でも、どっちにしても旦那が出張にカメラ持って行ってて手元に無いから用事なくても写真撮れんかったけど😑
見たかった。。
.
.
あぁー、早く撮りたいなぁー。。
.
この先の旦那の出張には、
カメラ持ち出し禁止にしようwww
.
#2017 #TGRF #TGRF2017 #fujispeedway #fuji_speed_way #fuji #富士スピードウェイ #富士 #subaru #brz #takutoiguchi #井口卓人 #hidekiyamauchi #山内英輝 #SuperGT #GT300 #61号車 #Motorsport #GTカメラ部 #supergtcameraclub #WRXSTI #WRX #STI #nurburgring #nur24h #ニュル24時間 #ニュル #ニュルブルクリンク#gtが好きな人と繋がりたい #タクティと山内くんとbrz

さぁー、今年のニュルはgazooじゃなくSUBARU応援します📣
.
タクティとともに移籍ですww
どうぞ、よろしくお願いします🙇‍♀️
.
.
#2017 #TGRF #TGRF2017 #fujispeedway #fuji_speed_way #fuji #富士スピードウェイ #富士 #subaru #WRXSTI #WRX #STI #hidekiyamauchi #山内英輝 #Motorsport #nurburgring #nur24h #ニュル24時間 #ニュル #ニュルブルクリンク #タクティと山内くんとbrz
.
こっちは辰巳監督のまま♪♪

ニュル24時間レース...体制発表があってから見に行きたくて仕方ない❢
休みさえ取れればホームステイの時に知り合ったドイツのお友達にお願いしようか悩むレベル(笑)
#東京オートサロン2018 #東京オートサロン #ニュルブルクリンク #ニュルブルクリンク24時間 #ニュル24時間 #nur24h

レクサスLFA

トヨタ自動車(正確にはその高級車ブランドのレクサス)が製造・販売したスポーツカーである
「IS F」(2007年発売)に始まったレクサスのプレミアムスポーツ「F」シリーズ("F"はトヨタF1の本拠地である富士スピードウェイの頭文字に由来)の頂点に立つと同時に、「世界超一級レベルの運動性能と超一流の感性と官能を持ち合わせるスーパースポーツカー」として世に送り出すべく開発された
2003年6月に最初の試作車が完成した。「世界一過酷なサーキット」として知られるドイツのニュルブルクリンクにおける初めての走行テストが行われた。この時点で「フロント・ミッドシップエンジン+後輪駆動+トランスアクスル+V10エンジン」という基本的なパッケージングにおいては市販仕様車と変わらない構成で固められていたが、トランスミッションやエンジンの排気量をはじめホイールベースまで異なっており、さらにボディの骨格にはアルミが採用されていた
2005年5月、軽量化とボディ剛性向上のため、シャーシとボディ骨格および外板をアルミ素材からカーボン素材(CFRP)に変更することが決まり、新製法を用いたカーボン素材を豊田自動織機と共同開発することも併せて決定した
2005年1月、アメリカ・デトロイトで開催された北米国際オートショーにてコンセプトカー「LF-A」が初公開された。車名のLF-Aとは「Lexus Future Advance」の頭字語であり、当時まだ本格的なスポーツカーをラインアップに持たなかったレクサスにおける「フラグシップスポーツカーのコンセプト」として提示されたものに過ぎなかったが、搭載されるエンジンはトヨタ自動車とヤマハ発動機との共同開発によるもので、排気量は5L以下で最高出力は500PS以上、そして最高速度は320km/h(200mph)以上に達するとアナウンスされていた
スタイリングは、前年にニュルブルクリンクで走行テストされた試験車両とほぼ同一のフォルムであったが、この時点で「ロングノーズ・ショートデッキ」というFRスポーツカーの伝統的なスタイリングや、前後の重量配分均等化のためラジエーターをボディ後部へ搭載するという斬新なレイアウトが採られ、市販モデルに続く基本的なパッケージングが完成していた
2009年10月21日、日本にて開催された第41回東京モーターショーの開幕初日にて、市販仕様車が世界初公開された。正式な車名はこれまでのコンセプトカー「LF-A(Lexus Future Advance)」に敬意を払ってハイフンを除いた「LFA」と命名されたが、後に「F」シリーズの本格展開によって同車が「F」シリーズの頂点とシンボルであることをアピールするため、正式な車名を「Lexus F Sports Apex(LFA)」として改称している。0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は日本車の最高速度となる325km/hを超えるという、日本の自動車メーカーとしては初となる本格的なスーパーカーである
また全500台のうち約50台は、サーキットでの走行を重視した高性能仕様「ニュルブルクリンクパッケージ」として、2012年初頭より生産された。生産開始が遅れたのは、さらなる高みを求めて期限ぎりぎりまで開発、テストを継続したためであり、その成果は2011年8月末、ニュルブルクリンク(北コース)での確認走行において、フォーミュラニッポンやGT500,ルマン24時間レースで実績のあるプロレーシングドライバー飯田章氏のドライブにより、量産車メーカーの市販FR車としては当時最速の7分14秒64の記録として結実した。タイヤは標準仕様車とサイズは共通であるが、グリップ力を一層高めた専用設計のブリヂストン製POTENZA RE070を装着する
モータースポーツ活動も積極的で、2008〜2015のニュルブルクリンク24時間レース(4枚目。2008〜2010はまだ販売していない為"LF-A"として参戦)に参戦して、4回のクラス優勝を獲得した。他にも、プライベーターチームによって、独自にモディファイされたLFAでD1GP(5枚目)にも参戦している
因みに、2013-14に放送されたバラエティ特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」(6枚目,7枚目)で、GT500で3回シリーズ制覇を達成したプロレーシングドライバー脇阪寿一氏のドライブによる罰ゲームとして俳優の溝端淳平や当番組レギュラーの月亭方正に執行され話題にもなった。ただ、撮影前は、レクサスサイドから反対されたが、豊田章男社長の計らいにより撮影に成功出来たとの事。ただ、溝端自身もプロレーシングドライバーによる同乗走行なんて滅多に経験出来ない筈だから、観てる自分としても感謝したい

#拡散希望 #トヨタ博物館 #レクサスLFA #LexusLFA #ニュル24時間 #Nurburgring24h #D1GP #ガキの使い #溝端淳平 #脇阪寿一

Most Popular Instagram Hashtags