[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

#サテンドール

MOST RECENT

1月11日(木)六本木サテンドールにて井上陽介セッションでした。井上陽介(B)秋田慎治(P)江藤良人(DS)岡淳(TS)高澤綾(TP)というメンバーで。普段のギターカルテットのレパートリーをホーン入りで演奏してまた違うサウンドになって楽しかったです。素晴らしいメンバーに感謝。そしてジャズを楽しんで聞いてくれる熱いお客様たち。今日は色んな方面からのお客様にたくさん会えた日でもありました。皆さま、ありがとうございました。
#井上陽介 #秋田慎治 #江藤良人 #岡淳 #高澤綾 #サテンドール #六本木 #ジャズライブ

#jazzlive
#TNSwingJazz ORCHESTRA at #Roppongi "#SATINDOLL ", #Tokyo /Jan. 5, 2018

2017年3月に新店舗となった老舗のジャズ・レストラン、六本木『#サテンドール 』の最初の年の締め括りは(恒例の)ビッグバンドと女性ヴォーカル達の華やかな競演だった。そして、新しい年の初っ端も#ビッグバンド 。今度は、ヴォーカル抜きのインスト・オンリー。この対比センスが素晴らしいと思った。そして、2018年のジャズ初聴きは#ビッグバンドサウンド と決めたのだった。
ビッグバンドに特化した店『TN Swing Jazz』(2017年6月に惜しまれて閉店)で毎夜出演していた面々が新『サテンドール』に場所を替えて出演するのは今回が4度目。ヴォーカル抜きでのライヴはレギュラー出演していたお店の最後(6月)以来という。私は2ヶ月前の11月6日に、才とセンスのあるヴォーカリスト名知玲美さんも出演することもあり、聴きに行っている(満席)。昨年6月クローズのお店には一度も足を運べなかった身としては、高瀬龍一さん(tp)も加わるということで、今回も楽しみにしていた。
予約して希望の席は確保しているにもかかわらず、18時の開店と共に入店(一番乗り)。私にとっては、開演までの1時間半もまた「ライヴ」。
写真は時系列順。新年ということもあり珍しくスパークリン・グワイン(#スプマンテ )を開演直前に用意していただく。終演後までの約3時間かけて(セット間休憩中はまたラムに戻ったりして)空けた。
前半セット。1曲1曲の演奏は短めで曲数多め。初めの30分だけでも、バンドのテーマ曲の後に4曲(曲間のMCを含む)。“Friday Night Fantasy”(「金曜ロードショウ」のテーマ曲)が嬉しかった。そして、最後のウディ・ハーマンの“Apple Honey”。長尺で、ソロやバトルも数多。女性ファン達がオリジナルの応援団扇で後押し。男性だけのビッグバンドに女性ファン達がいる絵は悪くない。
後半セットは寸劇風から。ピアノとトロンボーンとのデュオによる“Take The 'A' Train”。いったん終わったかに見えて、リスタートし、バンド全体で改めての同曲。女性ヴォーカル不在の場合の、ビッグバンドの演出のひとつだろう。続けて、同バンドの創設者(閉店したお店のオーナー)であるT氏がゲスト出演。バンドリーダーのドラマーに代わり、2曲を叩く。会場大いに湧く。
ベイシー楽団縁りのナンバーが多かったのが嬉しかった。あのノリは溜まらん。通常はコンボ(小編成)スタイルでライヴ活動をしている面々が終始楽しそう。トランペットの顔ぶれと、堂本雅樹さん(btb)が元気に演奏されている姿が嬉しかった。
他店のこのビッグバンド・ファンがそのまま『サテンドール』へ集い、聴き入り、体を揺らしている、飲食している。「文化」を見る。満席の中での、素晴らしいライヴでした。

今月30日、彼等は、名知玲美さんを含む2voと共に今月2度目の名門『サテンドール』のステージに立つ。

#六本木サテンドール
#jazzrestaurant #roppongisatindoll
#bigband #bigbandsound
#bottlekeepservice #myerssrum #darkrum with #limecuts #drambuie
#spumante #gancia
#gancia1850
#ganciabrut #chardonnay #Italianwine

29日(肉の日❤️)岡崎サテンドールでライブ納めでした🎶

たくさんの方にお越しいただき感謝です✨ジャズライブハウスに子供ちゃんが6人❗癒された❗

爆笑の締めくくり😊😆😉
楽しかったー(*≧∀≦*) #肉の日 #岡崎 #サテンドール #アナ雪 #ひまわりの約束 #歌いました #子供たち #喜んでくれてよかった #癒された #ジャズ #爆笑 #熱唱 #りぼん #もこもこ #ありがとうございました #忘年会 #今年最後

バーきたよ!!バー❤❤すごいおしゃん!!!
面白いお客さんとお話しました✨
誕生日近いてことでシャンパンプレゼント頂きました🤗🤗
またくる〜〜❤❤❤ #サテンドール#satindoll#アメリカンレモネード#マンハッタン#なんかゆずとオレンジのフローズン#マスターブレンド#チョコミルク#シャンパン#すごく#美味しかった❤#また来ます❤

29日(金)は岡崎サテンドールで、今年最後のライブ🎙️✨ 忘年会ライブだぁぁぁ💕😆 #ジャズ #忘年会 #岡崎 #サテンドール #今年も終わり #今年 #感謝 #ライブ #師走 #大掃除 #息抜き #息抜きに #来てね #❤️ #シンガー #ジャズシンガー

飲み過ぎて、、、
やっと復活、、、
日本酒祭٩(ˊᗜˋ*)وツバメヤさん
忘年会と称した酒豪の会。
お初の方や久々の方でワイワイでした
美味しい御料理と酒とで酒豪の会のイヴでした。ホルモン鍋、お刺身、卵焼き(飲むのに夢中で写真忘れてもうた)
そして二次会、、三次会、、四次会、、
Edgeさん祥さんサテンさんでした!!!
彼方此方、、、お世話になってワーワー言うてたような、、、
もっともっと飲んでたかったのに連行され家路へ☭(;´༎ຶД༎ຶ`)☭ 来年もよろしく御願い致します!!
#やっと復活 #日本酒 #ツバメヤ #edge #祥#サテンドール #酒豪の会

六本木の#ジャズレストラン#サテンドール 』での昨夜の素晴らしいライヴを午前中に振り返っていた。あんな編成のアレンジ譜を書く人と、それに応えるヴォーカリストと楽器奏者達。自分の出来ないことを可能にするだけでなく、果てしない向上心を常に持ち合わせている音楽家達の姿がそこにあった。そして、彼等が昨夜に奏でたジャズはヒューマンな魅力として私の心身に染み入った。

同店は、22日(金)の寺井尚子さん(vln)のライヴから、昨日の日中の(ヴォーカル入りの)ビッグバンド・ライヴを含め、25日までクリスマス・ディナーが要予約で用意されている。昨夜も開演前の早い時間から食事を楽しんでいる方が沢山いた。前述した通りの超満員だったので、店のスタッフも忙しく動き回っていた。そんな中、食事をオーダーするタイミングを逸したままに開演を迎えてしまった私。この店だけでなく、(前回に)初めてボトル・キープした#マイヤーズラム 。私仕様の、ライム・カットを絞ってのソーダ割り2杯からスタートして、グビグビ(写真のグラスは私仕様。通常はロング・グラスで出してくれます)。セット間休憩になって、いざ何かフードをと思ったが、実際に注文していたのはスペインのアイス菓子(#クレームブリュレ )、#カタラナ 。これが、この店で1年に何度か無性に味わいたくなってしまうのである。フードを飛ばしてのデザート。特別メニューも組まれている中、およそクリスマスらしくはないが、クリスマスにケーキを食べることもないシングル男としてはこれがクリスマス・ケーキ気分。中年の身は他ではなかなか注文出来ない。美味しかった! 後半セットは、カクテル・グラスに入ったミックス・ナッツを傍らにむかえた。

予約だけで既に満席という情報は得ていたので、新店舗になってからの定番席は相席必至。いつもの独り聴き故、信頼を寄せているスタッフの仰せのままにと思っていたら、既にボトルが用意されていたのは…。
8月に急逝されたオーナーIさんの定番席の隣だった。他の誰か(Iさんと親しい方)が座るとばかり思っていたから、驚いた。そして、密かに感激していた。
昨年の大晦日にクローズした旧店舗におけるIさんの定番席の隣には2度しか腰かけたことがない。2度ともIさんがお声がけしてくれたのだが、いつもは私以上にIさんと近しい方や(オフのヴォーカリストを含めた)美人がオーナーのIさんの両脇を占めていた(2度目に隣に腰かけた際も途中から美女が現れ、私は隣にずれた)。
3月にこの新店舗がオープンしてから、Iさんのお隣に腰かけるのは初めてのことだったのである。ライヴの間中、傍らにはIさんの遺影。何だか一緒にライヴを楽しんでいるような気がして、孤独なクリスマスが常の身には言葉にし難い有り難さと幸福感で満たされていた。スタッフにお礼を述べたい。

お店に予約している今年のライヴは昨夜が最後。今年は例年のカウントダウン・ライヴも無いので、昨夜が今年最後の『サテンドール』モードという可能性が高い。出来ればもう一夜と思うのだが、難しそうだ。
前回入れたラムのボトルはライム・カット8個を用いて、次回の第1セット中には間違いなく空になる。我が生涯の相棒であるドランブイも後2杯程度。新年早々の華やかなビッグバンド・ライヴは、ドランブイのニュー・ボトルで満喫したいと思っている。

Iさん、貴方を失ったこの店の最初の年が間もなく終わろうとしています。素敵な空間を遺していただき、本当にありがとうございます。

#SatinDoll #jazzrestaurant
#roppongisatindoll
#roppongi #TokyoJapan #六本木サテンドール #bottlekeepservice
#myerssdarkrum #rum #myerssrum #darkrum #jamaicanrum with #limecuts #drambuie #oldfashionedglass #catalana #bewith #マイヤーズ #ダークラム

今日も忙しいです…😓 みなさん素敵な一日を…❤️ メリークリスマス🎁

#クリスマスイブ#クリスマスケーキ#イチゴ#ケーキ#サテンドール#ニューヨークパパ#カバハウス#素敵な一日を

#jazzlive #ChieNishimura (vo) Special #Nonet Christmas Live at #Roppongi "#SatinDoll ", #Tokyo :☆#西村知恵 (vo), ☆#宮本裕史 (tp,vtb,arr,leader), ☆#古野充晴 (as,bs), ☆#小林航太朗 (b), ☆#田村陽介 (ds), #鈴木正晃 (tp), #安部哲哉 (as), #大畠宏暢 (tb), #土田さとし (bs) /December 23, 2017】

1年前のクリスマス、老舗のジャズ店『#サテンドール 』が「ヴォーカルwithコードレス楽器4」のクインテット編成のライヴを持ってきた時には驚いた。福島の被災地にいたのでリアルで体感出来なかったのだけど、YouTube動画でさわりを楽しんだ。そして、今年5月半ばにこの5人(☆)は新『サテンドール』のステージに立ち、驚くべきステージ(演奏)を展開してみせた(#YosukeTamuraQuartet )。50年代のあのマリガン4の編成による、
田村陽介4のライヴを2016年1月に聴きに行ったヴォーカリス卜が飛び入り参加したのがきっかけのこのチーム。
そして、今年のクリスマス。ヤツラは三度六本木の名門店のステージに。しかも、更にとんでもない編成にパワーアップして。ヴォーカルwith6管楽器&2リズムの#ノネット (#9人編成 )。管楽器が4人増えてもコード楽器抜きは変わらず。多様な単音楽器にヴォーカルの「単声」が絡む音楽、ジャズ。想像してもらえるだろうか。実験的で「難しそうなジャズ」のイメージが浮かびそうだが、リーダーの宮本裕史さんの手間暇かけたアレンジの許、各々のスケジュールをぬって彼等9人は数ヶ月前からリハーサルを積み重ねてきた。和気藹々ではなく、限られた時間の中で音楽家同士の創造性がぶつかり合う密な稽古(探究)だったのではないかと推察する。

予約のみでソールドアウト。開演30分前の時点でほぼ満席、開演時には(相席を含む)絵に描いた超満席状態。音楽そのもの(ジャズの創造性)により「楽しさ」を実感出来たライヴ。5月同様に、後半セットの3曲目に“How High The Moon”が演奏。エラ・フィッツジェラルド(vo)の『ELLA IN BERLIN』(1960)のあの伝説的なライヴ音源(7分余)の「完コピ」(#scatting )にヴォーカル西村はまたしても挑んだ(しかも、この編成で!)。完成度がより高かった。途中で、客席から感極まった声や溜息が幾度も生じた。拍手は鳴り止まなかった。
リーダーの宮本氏演出による2ステージ。構成がまた見事。編成も様々に変化。幕開けからして、管楽器6人のみの“LOVE”。9人で演奏の後、奏でられたクリスマス・ソングは讃美歌。続いて、vo&b&bs(古野)のトリオで即興性に富んだ“Have Yourself A Merry Little Christmas”(唯一の宮本アレンジ抜き曲)。 後半セットは5人編成(☆)からスタート(ベースとのデュオでヴォーカルのスキャットが4分続き、曲名が判らない。メロディになってからもスキャットが継続し、7分経過で漸く歌詞がつき、その後1分余で終わるという“Stella By Starlight”)。
「西村エラ化」のパフォーマンス後はヴォーカル抜きで2曲。西村が加わる以前のマリガン式カルテットと、オクテット(8人編成)。後者はウッドベース小林の素晴らしいオリジナル“Love Call”。西村が戻り、今度はリズムの二人が抜けての、vo&6管の7人編成での“All The Way”。
この9人で可能な全ての編成による演奏が巧みに織り込まれていた。アンコールは、ヴォーカル西村が好きだという“A Song For Christmas”。
お客様も提供側(店)も満足度の高いクリスマス・ライヴだったと思う。ハイ・レヴェルな音楽性ながらジャズ初心者も心身で楽しめるシンプルさ。宮本氏はヴォーカリストを何度も「音楽家」と紹介していた。「こんなヴォーカル、他にはいない」という信頼感がそこにある。彼等が目指すのはビッグバンド編成。その野望の魅力はこの9人編成のステージで十二分に伝わってきた。

#jazzrestaurant #六本木サテンドール #jazznight #jazzlivemusic #Japan

寺井尚子クインテット @六本木サテンドール満員御礼!ありがとうございました!
という事で、
今年の寺井さんのライブは終了。
あっという間過ぎる、、今年もお世話になりました!

しかし、週末の六本木は相変わらずカオスだ、、 明日は渋谷総合文化センター伝承ホールです。
そして実は宮崎西都市民ホールでは、jille with TDO のツアーファイナルがあるのです、、はあ、宮崎行った事ないから行きたかったけど仕方ないす。
行かれるみなさんは
ぜひ盛り上がって下さいね!

ということで年内は明日含めあと4回ライブがあります。

12/25.26は名古屋ミスターケニーズ2デイズ、
そして大晦日は浅草ゲートホテルにて
カウントダウンです!

#六本木
#roppongi
#サテンドール
#satindoll
#jazz
#naokoterai
#gig
#年内
#スケジュール

現在市場価格高騰中らしい。クルマが買える値段になっている。
#ロレックス #rolex #gmtマスター2 #gmtmaster2 #16710 #スティックダイヤル #希少 #価格高騰 #サテンドール #上野 #腕時計

人生初、ジャズバーに来ています。
うーん、ヤバい、格好良すぎる…! 久しぶりに生の音楽を聴いていますが、やっぱりいいですね~! #サテンドール #ジャズバー #愛知県 #岡崎市 #ジャズの街岡崎 #jazzの街岡崎 #Jazzの街 #人生初 #ユニットセブン #ユニット7 #jazzbar #通いたくなる #satindoll #生の音楽は素晴らしい #ジャズ #ジャズ好き #Jazz

昨夜(19日)は、#六本木 の老舗ジャズ・レストラン『#サテンドール 』の、恒例、3管セクステット(6人編成)による「#SatinDollSpecialSession」へ。今回は、珍しく、フロントの3人が全員テナーサックス奏者。顔ぶれは、#佐藤達哉 さん(ts)をリーダーに、#浜崎航さん (ts)、#RaymondMcMorrin さん(ts)、#松本茜 さん(p)、#早川哲也 さん(b)、#吉良創太 さん(ds)。テナーでは先月に同店でビッグバンドの一員としてソロを聴いた#レイモンドマクモーリン さん、リズム陣では9月の「スペシャル・セッション」でも聴いているピアノの松本茜さんの存在が決め手となった。各セット、1曲目と4曲目が6人編成で、2曲目が2管クインテット、3曲目が残りのテナー奏者のカルテッ卜によるバラード演奏。
1st set:バド・パウエルの“Hallucinations”からスタート。フロント3人のソロをたっぷり入れての15分超。佐藤&マクモーリンによる2曲目、ケニー・ドーハムの“Blue Bossa”は同楽器編成ならではのアレンジ。4曲目、ナット・アダレイの“Fun”が素晴らしかった。キャノンボール5の1966年の有名なライヴ盤の幕開けの演奏で知られているが、ジョー・ヘンダーソンのテナーが入った(ザヴィヌル以下のリズム陣は同じ顔ぶれの)同年のナットのリーダー・ライヴ盤に音色は近いか。3管なので各々の自由なソロをたっぷりと取る(とりわけ、3番手のマクモーリンの発想の素晴らしさ)。彼等のソロを支えるのはピアノの松本のネヴァーエンディングなブロックコード。それが力強くて何とも心地好い。勿論、ウッドベースとドラムスが見事にそれに呼応し続ける。そして、松本のソロもまた自在に展開。テナー3管のユニゾンに戻る厚みも心地好し。この曲は17分超の演奏だった。
2nd set:浜崎&マクモーリンの2テナーの演奏曲はMCの佐藤により告げられたのだが、急遽変更され、譜面無しの“Stella By Starlight”に。お馴染みのスタンダードの手探り状態演奏が暫く続き、先に告げられていたジャズメン・オリジナル曲でのバトルに想像を膨らませていたら、二人が各々マニアックなソロを展開。後発の浜崎のソロ時には完全にウッドベースとのソロになり、これがとりわけ好かった。クリスマス・ソングがバラードで演奏された後、“It Don't mean A Thing”。
3rd set:3曲目までが各々12分前後。3曲目のマクモーリンによるバラード“Stella By Starlight”は、お馴染みのメロディをなかなか吹かず、 90年代におけるバラッド3部作のアーチー・シェップの味わいに重なった。徐々に後半の美しさに昇華。実験的でいて、1枚の絵画が描かれるようなアート。そして、続く4曲目の佐藤のオリジナル曲が短めのMCから始まって24分間の長さとなったが、6者の演奏が素晴らしかった。作者のソロがヒートアップしてとんでもない野太い音を出せば、浜崎のソロの初めがそれに見事に呼応、そして、3管の時には常に3番手であったマクモーリンは各々の演奏を聴いた上で独自のアドリブを展開していった。

この3セット正味180分の「スペシャル・セッション」は3セット目以降が面白い。アンコールに応えて演ったのは、フロント3人のみによる“Tenor Madness”。上手のミュージシャン席で見守るリズム陣3者が途中から手拍子で静かに応え、残った客達も自然に呼応していく。無理矢理な盛り上げ方ではないんだな。この「感覚」がイイんだ。客も演奏者もスタッフも笑顔の終演後の姿がこの夜を的確に表している。3番目の写真は、客席前方に陣取ったインスト好きの常連客達と、ソファの背に腰を乗せた3人のテナー奏者&右に着席の女性ピアニストがサケを手に談笑している場面。少し前には、(ステージ上で楽器の後片付けをしている)ベーシストとドラマーもこの輪にいた。それをカウンターから眺めていた私の表情も想像出来よう。店長に松本茜さんのリーダー・ライヴをリクエストして、終演してから40分近く後に席を立つ。

#3tenorsaxes #satindoll #jazzrestaurant #roppongisatindoll #jazznight #jazzlive #jazzlivemusic #roppongitokyo #六本木サテンドール

ステージから写真。

宴会準備中。

#サテンドール#洋食屋#欧風料理#ガイコツマイク

私のお気に入りの#ジャズスポット 、六本木『#サテンドール 』は「#ジャズレストラン 」と銘打っている通り、料理もとても美味しい。先月25日に発行された書籍、『#極上レストラン50選 』に、ジャズの店舗として唯一掲載紹介されていると伝え聞き、昨夜の来店時にスタッフにお願いして、その本を見せてもらった。表紙デザインからは外国人にはやや判り難いが、「#EnglishEdition 」として日本語の記事がそのまま同頁の並びに英語でも表記されている。『サテンドール』の頁だけ読んだが、良記事。御自分のお店の味には絶対的な自信を持っていたオーナーのIさん(8月に永眠)が知ったら、本当にお喜びになられただろうと思う。

実はまだ旧店舗だった頃の2016年3月にこんなことがあった。ライヴ開演(開場)前にまだ時間があったので、六本木駅近くの書店に立ち寄ったら、入ってすぐの平積みコーナーにジャズ絡みの新刊本が置いてあった。東京と神奈川(横浜)の、ジャズ喫茶を含めたジャズ・スポットのガイドブック。手に取ると真っ先に『サテンドール』の頁を見ようとしたが、冒頭の目次に何度目を通しても、紹介されている80店舗程の中に『サテンドール』の店名が見当たらないのである。全160頁程の140頁目近くにある「その他」の欄を念の為に繰ってみたら、その1頁内に店名と営業時間と所在住所と電話番号のみ記されただけの16店舗中の1軒として漸く名前が出てきた。それだけである。都心のジャズ愛好家としては俄に信じ難い新刊のガイドブックだった。何らかの理由で、Iさんが取材を断ったのだろうか。それ以外にワケが思いあたらない。買うつもりはなかったが、納得がいかず、購入。
店に向かう途中の信号待ちで、「見せない方が好いのか」とも思ったが、何れ誰かから知るかもしれない。ワケを知りたい気持ちが勝った。開演までまだたっぷりと時間がある店内に入ると、いつもの定番席にいるIさんに挨拶そこそこに手渡して尋ねた。取材の依頼はなかったとのこと。当然ながら、怪訝そうな顔をされていた。他の、やはりジャズ文化に貢献してきた名だたるお店は鮮やかな写真と文章で4頁に股がり紹介されているのだから。「誰かこの店を快く思わない人が関係者にいて、その力でも働いたのだろうか」とボソッと呟かれたことがいまだに記憶に残っている。1974年の創業以来、一流ミュージシャンが出演し続ける六本木の名門ジャズ・レストランが外された理由は何なのか、書籍の企画段階から知りたくてしょうがない。
そういう納得のいかないことがあったので、今回、ジャズ店では唯一紹介された「味わい」は格別であった。この1年9ヶ月の溜飲が下がる思いがした。

旧店舗とのお別れを大晦日に控えていた1年前の12月13日、御本人のお誕生日当日にオーナーのIさんは実に素晴らしいミュージシャン達との共演でヴォーカリストとしての初めてのリーダー・ライヴを催した。開演前から終演後まで終始満席状態。ジャズ関係者も多数来店。このジャズ店の歴史においても忘れ難い夜だった。
今年もリーダー・ライヴを目指していたようだが、その逝去により、今年は催されないし、誕生日をお祝い出来なかった。昨夜15日は、個人的にはお誕生日をお祝いする心持ちで『サテンドール』に赴いた。故人が好んだ色はグリーン。そのローズを1本携えて。Iさんの定番席に添えました。
社長、お誕生日、おめでとうございます。

#bestrestaurantsinTokyo
#bestrestaurants
#SatinDoll #restaurant
#jazzrestaurant #jazznight #jazzlive #jazzlivemusic #roppongisatindoll
#roppongi #TokyoJapan
#六本木サテンドール #老舗 #名門 #上京時にはお立ち寄りを #greenrose #green #rose #happybirthday #imissyou

昨日15日(金)、六本木のジャズ・レストラン『#サテンドール 』の好企画のひとつ、「#SingerSongWriters 」を聴きに行って来た。2015年からこの「非ジャズ」ライヴは始まり、通算9度目。私は前回の9月30日を含めて4度目。普段は個々に活動している#女性シンガーソングライタ一 が複数集って一夜のステージを(原則日本語詞タブ一のジャズの名門店で)文字通りに「創り上げる」。前回も強く感じた、言葉の説得力、歌の力をジャズ・クラブで体感出来る日。
今回は、個人的にはベストと思われる5人が揃った。フライヤーの表記順に、#U (ゆう)さん、#椛島恵美 さん、#渡瀬あつ子 さん、#笹木ゆかり さん、#彩ショル さん。そして、ジャズ好きの身にはとりわけ嬉しい、前回から参加のピアニスト#遠藤律子 さん。
前回同様に、後方のカウンター席を選んだ。各々のソロだけでなく、全員がステージに並ぶコラボ曲も多いので、少し距離を置いてステージ全体を一度に視野に収める感覚を尊重。それに、通常のジャズ・ライヴとは少し異なる客層故、各々のファンの方にはより至近距離で名門ジャズ・クラブでのステージを堪能してもらいたい気持ちもある(回を重ねる内に、通常のジャズ・ライヴで見かける顔ぶれも増えてきているように思う)。早めに入店し、店内が徐々に埋まっていく様子を後方のカウンターからぼんやりと眺める時間もまた私には楽しい。
全員が並んで各々のオリジナル曲を歌う、ハモる説得力の強さは何度体感してもイイものだ。「ワタシ」しか歌えないシンガー・ソングライターも数多いる中、5人の作品とその眼差し、歌唱に何度も胸が熱くなる。
各々のソロのコーナ一も2セットに巧みに配分されていたが、このライヴでは唯一ピアノの弾き語りをしているお一人が機能性発声障害という症状の為に歌えない期間が続いていたことを彼女のMCで初めて知る(前回出演しなかったのはそういう理由だったのか)。御本人からするとまだ本調子ではないだろうが、開演前も含めて、彼女の表情には歌える喜びが終始溢れていた。この5人の中に東北の被災地縁りの方達も何人か(そういった趣旨のNHKの取材も入っていた。東京では来月に放送とのこと)。感じ入る歌とMCが多かった。アーティスト(表現者)の眼差しの温度とでも言おうか。
この企画ライヴで私は毎回泣かされているが、(前回にそうなった)彩ショルさんの“流れ星”でまた泣かされてしまった。8月半ばに急逝されたこの店のオーナー井上修一さんに捧げて、最年少ながらも故人との絆が深い、彼女が9月に創った曲(初披露の前回は奇しくも故人の四十九日でした)。今回はステージの背景に故人の在りし日の姿が映し出されての歌唱だったから、堪らない。そして、続いて5人で静謐に歌われたのは、故人が愛し、ステージの上で何度かマイクも持って歌われていた“Rose”(映画『ローズ』のテーマ曲)だった。今年を顧みる時、その追悼の場をこの店で改めて設けて欲しいと思っていた身にはありがたいことであった。
既成曲はそれと第2セット冒頭のクリスマス・ソングくらい。共同で作詞作曲を手掛けた曲も含めて、彼女達のオリジナル曲の魅力、説得力で「楽しさ」を見事に創り上げていった。アーティストの向き合う感性とその血の通った声を感じたライヴ。
アンコールの最初にピアニストも含めて全員で歌った“愛にあふれて”は遠藤律子さんのオリジナル曲。この曲、好きだなぁ。遠藤律子さんもマイクを持って並んだアンコールの場面は(あまり好い映りではないけれども)1枚撮らせてもらいました。
前回入れたばかりのボトル。入店時には半分以上あったのに、開演前からオン・ザ・ロックで飲み続け、終演時には空に…。ボトル・キープしている意味合いが無い飲みっぷり、少し考え直さないと…。
#SatinDoll #六本木サテンドール #jazzrestaurant #roppongisatindoll
#roppongi #TokyoJapan
#bottlekeepservice #jamesonblackbarrel #irishwhiskey #アイリッシュウイスキー #ジェムソンブラックバレル #ジェムソン

Most Popular Instagram Hashtags