#みんなのゴルフ

MOST RECENT

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.14
『球の捜索時間が2分も短くなる!?』 球探しの時間(その球が紛失する前の)が5分から3分に短縮されます。

2019年規則からは、

プレーヤーやそのキャディーが球を探し始めてから❝3分以内❞に見つけることができなければ、その球は紛失したとして扱われます。

この2分の短縮はとても大きいものです。

この規則が変更となった理由を以下にいくつか挙げますが、 ・捜索時間を3分に限定することは、ゴルフを速やかに、連続的に、そして長く休止することなくプレーされるという根本的な原則との整合性を持ちます ・ほとんどの場合、球が見つかることになる場合、最初の3分以内で見つかることでしょう。 ・複数の長時間の球の捜索があると、累積した遅れはそのコースのすべてのプレーヤーに対して深刻なものになるでしょう。

これらは一部ですが、スムーズなラウンドのため、全体的なプレーのスピードアップのために規則が変更となりました。

自分の球を探しているプレーヤーにとっては、「ほとんどの場合、球が見つかることになる場合、最初の3分以内で見つかることでしょう」という言葉が、胸に刺さりますね。 「きっとこの辺りにあるはず!」といって、探し続けたい気持ちもわからないこともないですが、規則を破ってラウンドペースを乱すことがないよう気をつけましょう。

ちなみに、球が紛失となった場合、プレーヤーは1打の罰を受け、他の球を直前のストロークの箇所からプレーすることになります。覚えておきましょう。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.13
『レッドペナルティーエリアに対する対岸の救済は廃止に!』 ~ペナルティーエリアからの救済法!その⑤~

2019年からのゴルフ規則では、黄線や黄杭、赤線や赤杭で定められた場所を❝ペナルティーエリア❞と呼びます。

黄線や黄杭で定められたのがイエローペナルティーエリア、赤線や赤杭で定められたのがレッドペナルティーエリアです。

イエローペナルティーエリアでは救済の選択肢が2つあり、レッドペナルティーエリアではイエローと同じ選択肢2つに加えてもう1つ(計3つ)の選択肢の中から救済方法を決定することができます。 ・ストロークと距離の救済
・後方線上の救済
・ラテラル救済※レッドペナルティーに対してのみ

前回までに紹介した以上の3つが、救済の選択肢となります。

ここでルールに詳しい人はお気づきでしょうが、これまでの規則ではもう1つ救済の選択肢がありました。

それは、球がラテラル・ウォーターハザードの限界を最後に横切った地点と、ホールから同じ距離のそのハザードの対岸の地点から2クラブレングス以内でホールに近づかない所に球をドロップすることができるというものでした。

この対岸の救済は2019年規則より廃止となりました。

対岸での救済は複雑な選択肢で、多くのプレーヤーはその選択肢をよく知らず、めったに使用することがないといった理由から変更されることになりました。
※変更理由の1つです。

よって、2019年からは、球がレッドペナルティーにある場合、プレーヤーが受けることができる救済の選択肢は3つとなります。(イエローペナルティーエリアの場合は2つのまま)

以前の規則よりは、ややこしくなくなりました。だからこそ、正しく理解しておきましょう。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.12
『❝レッド❞ペナルティーエリア限定の救済方法!』 ~ペナルティーエリアからの救済法!その④~

2019年からのゴルフ規則では、黄線や黄杭、赤線や赤杭で定められた場所を❝ペナルティーエリア❞と呼びます。

黄線や黄杭で定められたのがイエローペナルティーエリア、赤線や赤杭で定められたのがレッドペナルティーエリアです。

イエローペナルティーエリアでは救済の選択肢が2つあり、レッドペナルティーエリアではイエローと同じ選択肢2つに加えてもう1つ(計3つ)の選択肢の中から救済方法を決定することができます。

今回ご紹介するのはレッドペナルティーエリアに対してのみ選択できる救済方法です。

これまでのラテラル・ウォーターハザード(赤線や赤杭)と同様に、「球が赤線や赤杭を結んだ線を横切った地点の横からプレーできる」というものですが、詳しく見ていきましょう。

まず、球がそのペナルティーエリアの縁を最後に横切ったと推定した地点を基点とします。

その基点から2クラブレングスのエリアが救済エリアとなるのですが、制限があります。

その制限は、以下の通りです。

①基点よりホールに近づいてはならない。

②同じペナルティーエリア以外であればどのコースエリアでもよい。

③基点から2クラブレングス以内にコースエリアが複数ある場合、球はその救済エリアにドロップしたときに最初に触れたのと同じコースエリアの救済エリアに止まらなければならない。

②③が少しややこしいですが、②はそのレッドペナルティーエリア以外であれば、バンカーでもジェネラルエリアでもエリアに関係なく救済エリアとなるとういうことです。

そして③を例を挙げて考えると、基点から2クラブレングス以内にバンカーとジェネラルエリア(フェアウェイやラフなど)があった場合、球をバンカーにドロップすればバンカー内で、球をジェネラルエリアにドロップすればジェネラルエリア内で球が止まらなければならないということです。(バンカーにドロップした球がジェネラルエリアに転がる、あるいはその反対のケースであれば再ドロップ)

こうやって文字にして読むと難しいですね。

ただ、これからレッドペナルティーエリアを見るケースは多くなると思いますので、正しく理解しておくようにしましょう。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.11
『ペナルティーエリアからの救済は、後方どこまででも下がれます!』 ~ペナルティーエリアからの救済法!その③~

2019年からのゴルフ規則では、黄線や黄杭、赤線や赤杭で定められた場所を❝ペナルティーエリア❞と呼びます。

黄線や黄杭で定められたのがイエローペナルティーエリア、赤線や赤杭で定められたのがレッドペナルティーエリアです。

イエローペナルティーエリアでは救済の選択肢が2つあり、レッドペナルティーエリアではイエローと同じ選択肢2つに加えてもう1つ(計3つ)の選択肢の中から救済方法を決定することができます。

今回は2つ目の救済方法を紹介します。 ※前回は、1罰打でプレーヤーは直前のストロークを行った場所から元の球か別の球をプレーすることができる。(規則14.6.ストロークと距離の救済)について紹介しました。

これもイエローペナルティーエリアとレッドペナルティーエリア共通の救済方法になりますが、1罰打でプレーヤーは球がペナルティーエリアの縁を最後に横切ったと推定される地点の後方で球をドロップすることができます。

もう少し詳しく説明すると、ホールと球がペナルティーエリアの縁を横切った地点とを結んだ後方線上で、まずプレーヤーが基点となる地点を決めます。(その線上の後方であれば距離に制限はありません)

そして、その基点から1クラブレングスの範囲(基点よりホールに近づいてはならない)が救済エリアとなり、そのエリア内で球をドロップし、その球はその救済エリア内で止まらなければなりません。(救済エリアから出ると再ドロップ)

この基点を定め、そこから救済エリアが決まり、そのエリア内でドロップして、そのエリア内で球が止まらなければならない、これが2019年からの規則で変更となる部分です。

ホールと球がペナルティーエリアの縁を横切った地点とを結んだ後方線上という大きな部分は変わっていませんが、細かな部分が変更となっています。

気をつけてくださいね。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.10
『ペナルティーエリアからの救済は、元の位置に戻ってプレーできます!』 ~ペナルティーエリアからの救済法!その②~

2019年からのゴルフ規則では、黄線や黄杭、赤線や赤杭で定められた場所を❝ペナルティーエリア❞と呼びます。

黄線や黄杭で定められたのがイエローペナルティーエリア、赤線や赤杭で定められたのがレッドペナルティーエリアです。

これまでのウォーターハザード(黄線や黄杭)やラテラル・ウォーターハザード(赤線や赤杭)からの救済方法やそのエリア内での規則はいくつか変更となった部分がありますので、1つずつ確認していきましょう。

まず、イエローペナルティーエリアでは救済の選択肢が2つあり、レッドペナルティーエリアではイエローと同じ選択肢2つに加えてもう1つ(計3つ)の選択肢の中から救済方法を決定することができます。

ではその1つ目(イエローとレッド共通)ですが、1罰打でプレーヤーは直前のストロークを行った場所から元の球か別の球をプレーすることができます。(規則14.6.ストロークと距離の救済)

これはこれまでの規則でも2019年からの規則でも変更はありません。

変更となるのは2つ目と3つ目です。それらは次回紹介させていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.9
『ペナルティーエリア内で、クラブをソールしても罰はなし!』 ~ペナルティーエリアからの救済法!その①~

2019年からのゴルフ規則では、黄線や黄杭、赤線や赤杭で定められた場所を❝ペナルティーエリア❞と呼びます。

黄線や黄杭で定められたのがイエローペナルティーエリア、赤線や赤杭で定められたのがレッドペナルティーエリアです。

これまでのウォーターハザード(黄線や黄杭)やラテラル・ウォーターハザード(赤線や赤杭)からの救済方法やそのエリア内での規則はいくつか変更となった部分がありますので、1つずつ確認していきましょう。

まず、球が❝ペナルティーエリア(ウォーターハザードやラテラル・ウォーターハザード)❞内にある場合、罰なしにあるがままの状態でプレーすることができます。
これは新しい規則になっても変わりません。

しかしこれまでの規則では、プレーヤーの球がウォーターハザード内にある場合、以下のことをしてはならないと規定されていました。 ・ウォーターハザードの状態をテストすること。
・ウォーターハザードの水や地面に手やクラブで触れること
・ウォーターハザードにあるルースインペディメントに触れたり動かすこと

それが2019年からの新しい規則では、球が❝ペナルティーエリア❞にある場合に、特別な制限はなくなります。

プレーヤーはどのような理由であっても手やクラブでルースインペディメントに触れたり、取り除いたり、または地面に触れることが許されます。

よって、❝ペナルティーエリア❞内からプレーする場合は、クラブをソールしても構わないし、プレーの妨げになりそうな落ち葉(ルースインペディメント)を取り除いても構いません。

規則の変更というよりは、規則が緩和されたのです。
だからこそ新しい規則をしっかりと学んで、正しく理解していくことが必要ですね。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.8
『計測のために使用するクラブレングスは、パター以外の一番長いクラブの長さに!』 救済のニアレストポイントから球をドロップするエリアを決定するときなど、クラブレングス(クラブの長さ)を使用してきました。

2019年からのゴルフ規則でもクラブレングスを使用することは変わりません。 ※2017年に発表された規則案では、20インチや80インチを標準とした計測が提案されていました。これと間違えないように覚えましょう。

ただこれまでの規則では、クラブレングスの決まった定義はなく、プレーヤーがクラブレングスを測定する場合はそのプレーヤーのバッグの中のどのクラブでも使用することができました。

長尺パターを持っていれば、救済を受けるときに他のプレーヤーが届かない区域にドロップができたのです。

それが2019年からの規則では、クラブレングスはそのプレーヤーのバッグの中でパター以外の一番長いクラブの長さとして定義されることになりました。

そのためクラブレングスは各プレーヤーにとっての一定のサイズとなり、プレーヤーがプレーのために選んだクラブに基づいて前もって決まることになります。

これによって、プレーヤー間における救済エリアのサイズの不一致(ロングパターを計測のために使用することができるプレーヤーの強みをなくすことを含め)を最小限にします。

ラウンド中に救済を受けるケースは意外と多いはずです。その際に間違えることがないよう、しっかりと覚えておきましょう。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

台風のせいでキャンプがキャンセル…でも室内でのカレー、アウトドアソファ、ホームシアターみんなのゴルフ。シンプルにエンジョイできた!!#カレー #土鍋 #ホームシアター #みんなのゴルフ #室内キャンプ #アウトドアソファ #インドア

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.7
『球をドロップする方法が簡単に!?その②』

2019年からは、ドロップした球が特定の「救済エリア」より外へ転がった場合のみ、再ドロップが必要となります。 ※写真は2018年までのドロップ方法です。

これまでのゴルフ規則で、再ドロップが必要なケースは、 ・ハザード内に転がり込んで止まった場合。
・ハザード内から転がり出てハザードの外側に止まった場合。
・パッティンググリーン上に転がり込んで止まった場合。
・球がコース上に最初に落ちた箇所から2クラブレングス以上転がっていって止まった場合。
・救済のニヤレストポイントや、最大限の救済を受けられる最も近い箇所より、もホールに近い所に転がっていって止まった場合。

などのケース(上記は一部です)が挙げられ、とても細かく定められていました。

しかし、2019年規則からは、❝ドロップされた球はその救済エリアの中に落ち、そしてその中に止まること❞だけが必要になります。

ドロップした球が2クラブレングス以上転がったから、ドロップした球がバンカーに入ってしまったから、といった理由で再ドロップとなるのではなく、ドロップする時点で定まっている「救済エリア」から球が出たら再ドロップが必要という考え方に変わります。 「救済エリア」という聞きなれない言葉が出てきましたが、これは救済を受ける規則によって定められた基点から1または2クラブレングスの特定のエリアのことを言います。 ※「救済エリア」については、今後事例を挙げながら紹介していきます。

説明がわかりにくいかもしれませんが、しっかりと覚えておきましょう。
ご質問がございましたら、ぜひコメントしてください。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

やすけのブログ更新しました。
最近ゴルフ行く時間ないですね。
ですがブログは書いてます。笑

#やすけのブログ#ゴルフ#みんなのゴルフ#コース未経験#初コース#対策#20代#サラリーマン

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.6
『球をドロップする方法が簡単に!?その①』

2019年規則より、球をドロップする方法が変わります。

これまでは、プレーヤーは真っ直ぐに立って、球を肩の高さに持って、手を伸ばして球をドロップしなければなりませんでした。

その方法がより簡単になるのですが、

唯一の要件は、❝球が空中を落ちるように❞、そしてその球が地面に触れるまでプレーヤーの体や用具に触れないように❝膝の高さから手を放す❞ことになります。 ❝球が空中を落ちるように❞と❝膝の高さから手を放す❞の2つのポイントさえ守れば、ひとまずドロップの方法はばっちりです。

これからは真っ直ぐ立つ必要はなく、腕を伸ばす必要もありません。
球をドロップする❝高さ❞をしっかりと守り、投げるのではなく❝落とす❞ように手を放すだけでよいのです。

この規則が変更となった理由は、球がエリア内で止まる可能性を増やすため、球がバンカー内の砂に埋まる程度を限定的にするため、などが挙げられ、「2019年の新しい規則の主要変更点の解説」にも変更理由まで明記されています。

実はこのドロップの方法ですが、2017年に発表された規則案では、「ドロップはどんな高さからでもよい」と提案されていました。

ただし、最終的には「ドロップは膝の高さから」と決まりました。

間違って覚えることがないよう気をつけましょう。 ※写真の球の位置は膝よりまだ少し高いので、もう少し低い位置で手を放しましょう。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

最高女子💗

昨日mutsumischool女子だけメンバーで初の飲み会☺️
いつもは男子メンバーもいっしょなのにこの日はごめんね😂

ほんとうに優しくておもしろくて楽しくて素敵なみんながいっぱいです☺️
むっちゃんはみんなに包まれていて幸せです💗

ご縁に感謝です☺️ むっちゃん幸せです✨💕🌈💗 #広島ゴルフ
#広島ゴルフスクール
#ラウンドレッスン
#絶対に約束する
#みんなのゴルフ
#みんなの幸せゴルフ
#かわいいゴルフ女子

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.5
『ジェネラルエリアってなんのこと!?』 2019年からの新しいゴルフ規則において、コースを構成する5つのエリアは以下の通りとなります。

①ジェネラルエリア

②プレーヤーがプレーするホールをスタートするときにそこからプレーしなければならないティーイングエリア。

③すべてのペナルティーエリア。

④すべてのバンカー。

⑤プレーヤーがプレーしているホールのパッティンググリーン。

今回紹介するのは上記①のジェネラルエリアについてですが、これはこれまでスルーザグリーンと呼ばれていたものが名称変更となりました。

ただスルーザグリーンって聞いたことはあるけど、詳しくはわからない…という人も多いのではないでしょうか?

ジェネラルエリア(これまでのスルーザグリーン)とは、コース内の上記②③④⑤以外のエリアすべてを指します。

具体的にはフェアウェイやラフ、ティーイングエリア以外のティーイング場所や今プレーしているホールではない(隣のホール)パッティンググリーンのことをまとめてジェネラルエリアと呼びます。

フェアウェイやラフという言葉はラウンド中に使うことは多いですが、スルーザグリーンという言葉はあまり使ってこなかったかもしれません。

ただし、ゴルフ規則を学ぶ上ではスルーザグリーン、これからのジェネラルエリアという言葉はとても重要になりますので、しっかりと理解しておきましょう。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

★新しいゴルフ規則を学ぼう(2019年ゴルフ規則対応)★No.4
『唯一の名称変更なし!パッティンググリーン!』 2019年からの新しい規則では、これまでのティーインググラウンドが❝ティーイングエリア❞に、ハザードが❝バンカー❞と❝ペナルティーエリア❞に区別されたり、コースエリアの名称が変わります。

そんな中、5つのコースエリアで唯一名称と区分が変わらないのが❝パッティンググリーン❞です。

ゴルフ規則の定義では、❝パッティンググリーン❞とはプレーヤーがプレーしているホールの以下のエリアを指します。 ・パッティングのために特別に作られたエリア、または ・委員会がパッティンググリーンとして定めたエリア(例:臨時のグリーンを使用する場合)

この定義も、これまでの規則と特に変わった点はありません。

ただし、❝パッティンググリーン❞上での規則は多くの変更点があります。

パッティンググリーン上のほとんどの損傷を修理することができるようになったり、プレーした球が付き添われていないホールの中の旗竿に当たっても罰なしとなったり、プレーヤーが有利なように(進行がスムーズになるように)規則が変更されています。

プレーヤーにとっては、今回の規則変更が待ち遠しいのではないでしょうか。
規則の変更点の詳細は、事例を挙げて紹介していきますので、今後もどうぞよろしくお願いします。

#ゴルフ#ゴルフ場#ゴルフコース#ゴルフ男子#ゴルフ女子#男子ゴルフ#女子ゴルフ#ゴルフ仲間#プロゴルファー#女子プロゴルファー#ゴルフマナー#ゴルフルール#ゴルフ日和#ゴルフウェア#ゴルフ動画#ゴルフ好き#ゴルフ大好き#みんなのゴルフ#ゴルフ初心者#ゴルコン#golf#golfer#골프#高尔夫

Most Popular Instagram Hashtags