[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

sisyu8 sisyu8

387 posts   1376 followers   0 followings

SISYU  A Japanese Calligraphic Artist

http://www.e-sisyu.com/

「南天雄鶏図〜若冲に捧ぐ〜」
制作年:
サイズ:H2000×W1147

Inspired by Mr.若冲「南天雄鶏図」

#sisyu #紫舟 #キャンバス

在マレーシア日本大使公邸には、今年の干支酉をモチーフに描いた作品3点を春から展示いただいています。そんなマレーシアと日本の国交樹立60周年のお祝いにマレーシアの要人の方々を前にマレーシアの国章虎と日本朝日をイメージした作品をライブで書きあげ、贈呈!皆さまへ感謝一杯、来てよかった!

書家になって、一日での最多数の出番、緊張感とプレッシャー。
英語スピーチ2回、講演2回、テーブル書披露2回、ライブパフォーマンス2回、ワークショップ1回を移動しながら実施!
充分な負荷と難易度の高いライブを乗り越え、集中し力を尽くせた今回の海外出張は、世界一充実した達成感!

在クアラルンプール日本大使公邸で、英語でスピーチ、日本についての講演、書の披露、最後はマレーシアの国章虎と日本の日の丸をイメージしたライブパフォーマンス。タイトルは『虎につばさ』。
そのあと英語のスピーチ、ワークショップ、ライブと続きます。
難しい挑戦、書家人生、最大の緊張感…。

その他
サイレンのついたバイクに先導され、私達の乗った車2台は要人のような待遇でマレーシアイスラム科学大学の講堂に到着!
日本文化について90分の講義と書のライブパフォーマンスを、生徒200人以上を前に行いました!
学生の日本語の文法力や発音の正確さは、世界一番かもしれません!

秋篠宮殿下,紀子さま 紫舟展御覧
秋篠宮殿下は、
書のキュビズムの構造の質問をたくさんいただきました。「素材は何ですか?」「流し込んだ鋳物ですか?」「どうやって?」「溶接?」「凸凹してるのは?」「最初に書く書は紙に書くのですか?」「そのあとは一筆ずつつくるのですか?」 またキュビスム彫刻からどのように書を紙に書いたのかをご想像して 「ということは、ここからここまではワンストロークで書を書いたのですね」お話くださり、そのようなご発想を初めて耳にしたため、感性に驚きました。
書の彫刻では、 「影でね、それで影が大きく出ているのですね」 「さようなら、は草書体に近いですね」「これは筆のカスレを表現しているのですね」
と鋭い洞察力とご丁寧なご鑑賞に、作家としてとても幸せでした。
殿下は「日本の書は世界では絵と同じような感覚に思われていますね」と教えてくださいました。
紀子さまからも、
質問を沢山いただきました。 「書道家ですが彫刻も作られるのですか?絵もなさるのですか?」と展示全体とみてキラキラした笑顔で目を見て話しかけてくださいました。
書の彫刻では、
揺れ動く影をみて大きな笑顔で「手品みたいですね、上が固定されているから動かないのに、
下は動く仕組みですね、マジックのようです」とまた満面の笑顔。
両殿下とも、絵が大変お好きなご様子で
展示している絵画作品「火の鳥」「風神」「雷神」を丁寧に御覧になり、「こちらもフェニックスですか」「酉年ですものね、風神雷神」「画材はアクリルですか、とても鮮やかで、色がきれいです」とご質問ご感想をいただきました。
書の展示では、
紀子さまは『不負』を御覧いただき 「ほんとうに、たくさんの線が負けないようにとがんばっています」
殿下は『サイの角のように唯独り歩め』では 「この墨の飛び散りは、書いているときにつくのですか?書き終えた後についたのですか?」 と殿下ならではの鋭いご質問をいただき、愛用筆を御見せし、触っていだいたところ、殿下からはすぐに「山羊ですか?」と的確なご質問をいただきました。
紀子さまからは「どれをこの筆で書かれたのですか?」と同じ筆で複数の書体を生み出している
このをご説明しました。紀子さまは大変驚かれて「難しいでしょう」と何度も穂先を触れていらっしゃいました。
ご案内の終わりに、紀子様が満面の笑みで、
紀子さまから「益々のご活躍をお祈りしております。」とお言葉をいただき何度も振り返っては、目をみて温かな輝く笑顔をくださいました。
最後のお見送りの際、
秋篠宮殿下からは私の目の前で「楽しませていただきました。有難う御座います。」 紀子さまからは「お元気でご活躍なさってください。有難う御座います。」、と感謝のお言葉も何度もおっしゃっていただき、また最後まで笑顔とご丁寧な会釈をいただき、
その愛情と心あたたまるお人柄に、感激で一杯で、幸せです。このような機会を賜り、これからの私はまた、全てに、一所懸命やることを自分に誓いました。皆様、有難う御座います。

本日は、秋篠宮殿下、同妃殿下さまを、紫舟展にお迎えし、ご案内、ご説明いたします。
不思議な緊張感に包まれ、、、お会いできること、楽しみにしています!

こちら!
最新のメディアアート!
動画の中にわたしが歩いています!見ての通りのスケール感!ことばの宇宙に浮遊感がすごいです!
朝から設置しています、明日10時から、恵比寿ガーデンプレイス、ザルームで、三連休、入場無料!

#teamlab #sisyu 紫舟 #loveletterproject

天皇陛下、皇后陛下さま、紫舟作品展御覧 ニュース動画提供元:NHK

超満員スタジアム、2万人の観客、4mの巨大な書のライブパフォーマンス!with 高校生書道ガールズ!
えひめ国体、開会です!
#えひめ国体 #えひめ #書道

本日、天皇陛下さま皇后陛下さま拝謁。
天皇陛下が、作品価値の定まっていない現存作家の作品展を御覧になることは極めて稀で、まして、作家本人が自身の作品をご案内ご説明できることは
非常に貴重な機会だと宮内庁より伺いました。有り難いです。
紫舟展会場では、
両陛下は、最初に、書が平面や伝統から解放されて立体となった「書のキュビズム」に関心を示されました。
皇后陛下さまが後ろにまわってみていいからしらと陛下にご相談され、両陛下は文字を横から後ろにもまわられてからも熱心に御覧いただきました。
特に、かわいらしいと「薫」「水」「風」「藤」「舞」の彫刻を示し
説明を求めていただきました。
その後は、書の彫刻の文字が影で表現されていることに世界初ではないかお聞きいただいたり、ルーブル美術館地下会場での金賞受賞を喜んでいただきました。
皇后陛下さまは書の彫刻「おはよう」が本当に元気そうで、「ごめんなさい」はすまさそうにしている姿に笑顔でお話されていました。
火の鳥、風神、雷神の絵について、皇后陛下さまがご興味を抱き、絵についてもおっしゃていただいたのですが、私が慌ててしまいました。
そして、書の彫刻の影が屏風絵におちた作品(嘴が折れた烏)。予定の場所よりも作品にずいぶん近づいては御覧になり、作品の発想に驚かれ屏風におちた文字が影だということに気付いては照明の当て方が大変でしょうと
表現の工夫に気付いていただきました。
書もすべて御覧いただき
「不負」の横棒の多さがが走っている姿にみえるとおっしゃられたり、
「うれしいとき辛いときのことば」はじっくりお読みいただきました。
皇后陛下様が「君が咲く花」を御覧になり素敵だとおほめいただき
陛下と共に笑顔がこぼれていました。
ご案内後、お心遣いいただき、別室にてお茶をご一緒させていただきました。陛下や皇后陛下から沢山質問をいただき、陛下が皇后陛下も書をかかれるとおっしゃられ、愛用筆を御覧いただきました。
皇后陛下は、時間がとれなくて手習いではなく目習いですよと筆を愛おしそうに触れていらっしゃいました。
そしてこの筆は難しいでしょうと手首のどのあたりで書くの?と扱い方を熱心に興味深く聞いてくださっていました。
最後に、陛下より、
「立派な作品を、有難う御座いました。お元気でおつづけください。よいお仕事をなさってください。」
とお言葉をいただき、続けてきてよかったと、ジーンと心に響きました。
励みになりました。
皆様に感謝を申し上げます。
両陛下が、御覧になりました同作品シリーズを、東京でも展示致します。どうぞ足をお運びください。10月3連休、恵比寿ガーデンプレイスでお待ちしてます!
◎ Love Letter Project'17 ◎ [日時] 2017/10/7土・8日・9祝月 10時~19時(9日~17時)
[場所] 恵比寿ガーデンプレイス「ザ・ガーデンルーム」
☆作品展 *入場無料 ◇紫舟×チームラボ 24mのことばの大宇宙空間を繰り広げます!
◇紫舟作品 両陛下御覧、彫刻の影がゆれる屏風絵、360度見える書キュビスム!
☆紫舟ギャラリートーク *入場無料 [日時] 10/9 13:30-14:10 先着順
☆紫舟の書のワークショップ! 12年連続開催中! [日時] 10/7 10:30-12:10、 10/8 10:30-12:10 *各回35名 *3,000円 残席2-3席 *事前申込
https://www.dpcity.com/forms/ygp/1710ws/
追伸
essay 『 諦めなかったご褒美 』
 なんでもかんでも、簡単に諦める癖を、
 社会人になったときある日に諦めた。
 人との関係、家族、お稽古ごと、
 仕事、趣味、諦めるのをやめたときの、  止める楽さ、つづける面倒くささ。
 止める理由より、つづける理由はいつも少ない。  そうして知った。
 諦めない先にある、ご褒美の、大きさ。
 だれが与えてくれる、
 あきらめなかったご褒美は、
 いつだって、おおきいね!
紫舟 拝

「一力万力」(いちちからがまんちから)
制作年:2016年
ひとつの力は小さくみえる。そのたった1つの力を奮起して押し出してみる。周りの人たちが支えてくれた。見えるところで見えないところで力を添えてくれ、いつしか万の力となった。  和紙/人間国宝 岩野市兵衛

#sisyu #紫舟 #作品紹介

Most Popular Instagram Hashtags