[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

sa___aaa___na446 sa___aaa___na446

20 posts   232 followers   15 followings

さな  見つけてくれてありがとうございます☺️ . . AAAと伊藤千晃 . . 「危険な幼なじみ」更新中 . . #さなスト

http://sana0346.sarahah.com/

.

「危険な幼なじみ」ep.17

(千晃side)


千)はぁ〜!終わった〜!



西)お疲れさま



千)西島くんほんとにありがとう!めっちゃ助かった!



西)いえいえ。じゃあ先生に出しに行こうか





それから職員室に出しに行って、校門まで歩いてきた




西)これからは書き忘れないようにね?




千)うぅ…頑張ります




でも次の日直までまだまだあるしね
ってこの油断がいけないのか




千)じゃあまたね?西島くん




バイバイと手を振って帰ろうとしたら




西)暗いから送ってくよ




千)え?大丈夫だよ!学校から家近いし!




それに私のせいでこんなに遅くなっちゃってるんだから、送ってもらうなんて申し訳なさすぎるよ




西)ダメだよ。千晃ちゃんみたいな可愛い子一人で帰らせるわけには行かない




うわぁ優しい
こう言うことサラッと言えちゃうからモテるんだろうなぁ




千)で、でもっ



西)いいからいいから。ほら帰ろう?道はこっちで合ってる?



千)う、うん





こうして西島くんと帰ることになった




久しぶりだなぁ〜真ちゃん以外と帰るの




中学から高校まで真ちゃんとか実彩子としか帰ってなかったからなんか新鮮




西)今日は幼なじみくん先に帰っちゃったんだ



千)そうなの!AAAのCDの発売日だったからさ〜



西)じゃあAAAのCDの発売日に感謝しないとね?



千)え?



西)だってCDの発売日で幼なじみくんいないから、千晃ちゃんと帰れるでしょ?





うーん、西島くんの言ってることがよく分からないのは私がバカだから?






なんて話してたらあっという間に家に着いていた




千)あ、私の家ここなんだ



西)へぇすごく近いんだね




そう言ってマンションを見上げた




西)こんなに近いのになんでいつも遅刻ギリギリなの?



千)それは真ちゃんがなかなか起きてくれなくて



西)あー同じマンションなんだっけ?



千)うん、一応




ふーんって声が聞こえて、そのあとにボソッと「奪うしかないか」って聞こえた





千)西島くん?



西)千晃ちゃんにとって與くんは特別な存在だもんね



千)特別??うーん、どうなんだろう




あっでも、他の子と比べれば特別かもしれない




西)それを超えなきゃダメみたいだね




またボソッとつぶやいた




西)そうだ、幼なじみくんに言っといてくれない?



千)??



西)油断してたら奪うからって




油断?奪う?何のことだろう




千)えっそれってどう言う……



西)じゃあ、また明日ね!



千)あ、ちょ、西島くん!




よく分からない言葉を並べて去っていった西島くん




うーん、真ちゃんに言えばわかるのかなぁ?
西島くんからの伝言だよって伝えればいいってこと?




あぁ、ますます意味がわからなくなってきた




謎が解けないまま、家に帰った
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃#與真司郎#西島隆弘
#しんちあ#にしちあ
#さなスト

.

「危険な幼なじみ」ep.17

(千晃side)



千)えぇーと2時間目は英語で、 宮本先生だ



西)ははっ千晃ちゃん違うよ?



千)え??



西)英語の先生は宮本先生じゃなくて本宮先生だよ。逆だね





や、やってしまった…先生の名前逆に言うとか、バカ丸出しじゃん!




西島くん笑ってるし!




てか私先生の名前覚えてなさすぎじゃない??




まず覚える気がないからダメなんだな





千)西島くんいてくれてほんとによかった〜
西島くんがいなかったら絶対先生に怒られてたよ



西)お役に立てて嬉しいよ




あぁ…ほんとにこの人はいい人




CD買うために早く帰った誰かさんとは大違いだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


遅くなってすみません💦
ものすごく短いのであとでもう1個出します!


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃#與真司郎#西島隆弘
#しんちあ#にしちあ
#さなスト

.

「危険な幼なじみ」ep.17

(千晃side)



残された私は席につき、日誌を取り出して書き始めた





時間割を見ながらそれを書き写す





えーっと、1時間めは音楽で先生は……あれ?なんだっけ





全然思い出せない……





確か小山…いや小島…それとも……






?)小林先生だね





千)あっ、そうそう!小林先生!





あ〜やっと思い出せた〜





って私誰と喋ってるの!?





驚いてぱっと顔を上げると





千)に、西島くん!!





西)ふふっそんなに驚く?





王子様スマイル全開の西島くんが立っていた





千)そりゃ驚くよ!声かけてくれればよかったのに!




西)だって千晃ちゃんすごく真剣な顔して悩んでたみたいだったから





そりゃ音楽の先生の名前が出てこなくて悩んでましたけども!





でもなんで西島くんは音楽の先生の名前教えてくれたんだろう?





え、もしかして私独り言声に出してた!?





西)うんばっちり、ちなみに今もね





うっっそ、、





自分では口に出してるつもりないのに…





無意識って恐ろしい





そんなことを考えてたら、西島くんがニッコリと笑ったままガタッと私の前の席に座った





千)??



西)日誌書き忘れたんだ?



千)うぅ、その通りでございます、、




だって朝、日誌もらったときあとでいいや〜って思ってたら、もう放課後だったんだもん




西)じゃあ書くの手伝うよ



千)え、いいよいいよ!西島くん忙しいでしょ?



西)そんなことないよ。僕、千晃ちゃんが思ってるほど忙しくないし



千)うそだ!だって西島くん生徒会があるじゃん!



西)今日は無い日だから大丈夫





へ〜そうなんだ。生徒会って毎日やってるイメージだけど、そんなことないのかな





千)でも、やっぱり迷惑だし……



西)いいんだよ。ただ僕が千晃ちゃんと一緒にいたいだけだから



千)え?





私と居たいなんて西島くん変わってるなぁ〜





私といてもなんの得にもならないのに





西)ほら、早く書かないと先生に怒られちゃうよ?



千)な、ならお言葉に甘えて……





そのまま西島くんと二人で教室に残って




日誌を書くことになった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


遅くなってすみません💦


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#西島隆弘
#しんちあ
#にしちあ
#たかじろ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.16

(千晃side)



今日も無事に学校が終わって帰る準備をしていたとき





千)あっ!今日、日直なの忘れてた!





机の中にしまってた日誌が教科書と一緒にひょこっと出てきた





し、しまった…なんにも書いてないじゃん!






今日の授業の内容なんて覚えてないよぉ






ガーンとひとりで落ち込む






真)千晃帰るで





そんな私にお構いなく帰る気満々の真ちゃん






あ、そういえば今日AAAのCDの発売日だったっけ?





だから準備が早いのか




こういう時だけはすぐ動くのに





って違うよ!!





千)あのね、私今日、日直だった




真)うん、で?




千)日誌書き忘れました…





真)ドンマイやな、じゃ頑張ってや



真)あ、帰ったら必ず連絡してな??





千)はーい





もう、変なとこ過保護なんだから





あ〜〜〜私もAAAのCDほしかったぁ〜





まぁあとで真ちゃんから借りよっと





そんなことを考えてる間に





薄情者の真ちゃんはCDを買いに行ってしまいましたとさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#しんちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.15

(千晃side)



今日もねぼすけの真ちゃんが起きてくれなくて遅刻ギリギリの時間





勢いよく扉を開けると教室にはまだ先生がいなくて一安心





千)ほら、真ちゃん!席つくよ!





まだ眠くて頭が動いてなさそうな真ちゃんを押しながら席に行こうとしたとき






西)おはよう、千晃ちゃん。毎朝大変だね






扉を開けてすぐ左に座る西島くんがいつものように挨拶をしてくれた






千)あ、おはよう西島くん






朝入ってくると、必ず私に爽やかな笑顔を向けて挨拶をしてくれる






まさに王子様って感じのオーラを醸し出している





西島くんは男女どちらからも好かれる絵に書いたような好青年





誰にでも優しくて、困っている人がいたら手を差し伸べる神的存在





ルックスも完璧で






サラサラの黒髪に大きな一重
そして、ぷるぷるの唇





ちなみに2年生なのに生徒会にも入っていて頭も良くて真面目






ほんとにその才能少し分けて欲しいくらいだよ





西島くんに挨拶を交わしたあと、自分の席につくと





実)西島くんっていっつも千晃に挨拶するよねー





実彩子がいきなりそんなことを言ってきた





千)え、そうかな?西島くんって誰にでもあんな感じじゃない?





別に私だけじゃないと思うんだけどなぁ





実)そうかなー?だって他の子には自分から挨拶してないよ?





千)え、そうなの?





普段遅刻ギリギリで来るからそこら辺はよくわからない





実)まぁたまーに男子にしてるけどね



千)へぇそっかぁ



実)女子は自分から挨拶してるからね



千)そうだね、西島くんかっこいいもんね〜





きっと女の子が放っておかないタイプ





実)もしかして千晃に気があったりして





千)それはないでしょー!ていうか西島くんに失礼だし





そんなことを勝手に言われて西島くんが可愛そう





そもそも私のことなんてクラスメイトの1人くらいの感覚だろうし





あ、それとも遅刻ギリギリだから目をつけられてるとか!?





ほら、西島くん生徒会の役員だし!





あ、そうだ!それだ!
うわぁ、これから気をつけないとなぁ





って遅刻してんの真ちゃんじゃん!
私が悪いわけじゃないもん!





実)千晃は鈍感だからな〜。アピールとか気づかなさそう





千)鈍感じゃないもん…多分





でも恋愛とかしたことないから鈍感だったりして……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


西島くん登場!!!!


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#宇野実彩子
#西島隆弘
#しんちあ
#にしちあ
#みさちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.14

(千晃side)



千)し、真ちゃん……





ギュッ





真)今日の千晃はくっつき虫やなぁ





すぐ真ちゃんの胸に飛び込んだ






どうしよう…そんなこと言ってもらえるなんて嬉しすぎるよっ






真)だいたい、こんなに可愛い千晃がいるんやから彼女なんていらへんよ






千)よ、よかった……っ






思わず安堵の声が漏れる






真)ふっ、なにそんなに不安やったん?





千)……////






どうしてそんなに嬉しそうな顔してるのよ






真)そーやって、どんどん俺のことでいっぱいになればええのに






いつだって真ちゃんは私の1枚上手







だから勝てるわけがない






真)いつか千晃の全部もらうから






千)な、にそれ…






真)まぁ、まだ千晃には分かんないやろなぁ






真ちゃんは分かってるのに私は分からないのがムカつく







だけど、どうせ聞いても答えてくれないからいいや






真)泣くほど俺から離れたくなかったん?笑





千)っ、そんなことないもん!





改めて言われると恥ずかしくなってきた





ひとりで勝手に勘違いして、あんなに泣いたのに結局何もなかったって





真)嘘つき





千)うぅ……





真)ほんと顔に出やすいんやな





千)意地悪っ





ぷくっと頬を膨らまして睨んでやった





だけど、あんまり効果はなかったらしくて、





真)なに?キス顔でもしてるん?





千)なっ!そんなわけないでしょ!





からかわれてしまった





なんで今キス顔なんてしなくちゃいけないのよ!





真)ほんとからかい甲斐があるな笑





そう言って私の手をとって歩きだす





千)えっ!?





真)今日だけ繋いで帰るで〜





と、嬉しそうに言うもんだから





何も言い返せず、





真ちゃんの温もりを右手に感じながら





家まで一緒に帰った
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#しんちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.13

(千晃side)









真)なーんてなっ






千)ふぇ…?






真)まさか、OKしたって本気で信じてたん?





だって、人のことあんまり褒めないのにすごい絶賛してたじゃん…








ってえ、待って??






今の言い方だと…






千)お、おっけーしたの嘘……?







真)うん、嘘








千)やっぱり嘘じゃないよね……ってえ!?嘘なの!?






さっきまで流れていた涙が一気に引っ込んだ






真)OKしようか迷ったけど、






千)っ、、なにそれ







なんだ、迷ったんじゃん…







嘘ってわかって安心したのにまた不安になった







真)でもまぁ、迷うほどでもなかったけどなぁ






どっちだよっ……





千)な、なんで……?








フッと笑いながら顔を近づけてきて、そして耳元で







真)だって、俺には千晃がいるやん?










そう囁いた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


やっぱしんちあ〜〜〜〜〜🕊🕊


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#しんちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.12

(千晃side)



な、なんでそんな顔…





真)告白してくれた子、めっちゃタイプやった






千)え……えぇ!?






な、なんかとんでもないこと言ってるよこの人





え、じゃあタイプだったってことは付き合うってこと??









一瞬で自分の顔が曇ったのがわかる






だ、だって今表情筋がうまく使えないんだもん






真)すっごく可愛くて、見た目かなりタイプやった






ますます表情をどう作ったらいいのか分からない







これは喜んであげるべき……?





それとも平然としてた方がいい…?







それとも…………










あ、ダメだ










そんなこと考えても瞳にうっすらと溜まる涙がそんな表情を作らせてくれない







どうしてこんなに胸が苦しくなるの?






真)付き合ったら何でもしてくれるんやって



真)条件としては最高やん?






千)っ……










あぁ………もうすぐ言われてしまう……









「彼女が出来たからもう千晃はいらへん」






って






やだ、やだって……心の中で叫んでる自分がいる






真)だからOKした











あ………もう限界………






気づいた時には大粒の涙が頬を伝っていた






いつかこうなる日が来るってわかっていたはずなのに






真ちゃんは彼女を作らないって今までの私は何を根拠に決めつけていたの?






そもそも真ちゃんが私のそばから離れるなんてこれっぽっちも思ってなくて






隣にいるのが当たり前な存在






いつも文句ばっかり言いながら真ちゃんのお世話をして、早く開放されたいって思ってたのに






いざその時が来るとこんなに寂しいなんて………っ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


夜遅くにすみません💦
・・
いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#しんちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.11

(千晃side)



そして、そのまま壁まで追いやられて





後には壁、横には真ちゃんの手、目の前には真ちゃん





完全に逃げはなくなった






な、何でこんなことに??





真)千晃はさ、









千)な、なに?






いつもこのくらいの距離でもなんとも思わないのに、なぜか今はとてもドキドキしてる






真)俺が告白されたのそんな気になるん?






気になる………







だけどそんなこと言ったらバカにされそうだから黙る。





真)答えてや、千晃







千)っ、





ズルい、こんな至近距離でそんなこと言うなんて





真)答えないと千晃にひどいことするで?






千)ひ、ひどいこと…?





真)そう。泣いても嫌がってもやめてあげへん






そんなこと……出来るわけない。





だって真ちゃんは私が嫌がることはしないって分かってるから





真)言っとくけど、本気やで?






グッと顔が近づいてきて、唇が触れるまであと数センチ。






息がかかりそうなくらい距離が近い






千)ま、まって……しん……






話してる途中にだったのに、真ちゃんの人差し指が優しく私の唇に触れた




真)柔らか……





だ、ダメだ………





今の真ちゃんは危険だって私の中の何かが言っている





いつものやる気のなさそうな瞳はどこかへ行って





黒く澄んだ瞳が私を見据えてる





真)告白の返事、なんて返したか教えたる





ニヤッと片方の口角をあげて、





こちらを見ていた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


なかなか出せなくてすみません🙇‍♂️🙇‍♂️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#しんちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.11

(千晃side)



そのまま真ちゃんは午後の授業も帰ってこないまま放課後を迎えた





ひとり教室で真ちゃんの帰りを待っている





さっきからLINEを送っているのに返ってこない





いつもなら秒で返ってくるのに





返せないほどの状況なの?





千)真ちゃんのバカッ……





ひとりごとが口から漏れる





もう、なんでこんなに真ちゃんのことがきになってるの??





真)誰がバカやって?





千)へ……?





ぱっと後ろを振り返るとそこにはいつもと変わらない真ちゃんが突っ立っていた





な、なんだ〜今戻ってきたのか





真)一人でなにしてたん?





千)……真ちゃんのこと待ってた





真)めずらしいやん。いつも連絡せんと先帰るくせに





先に帰れるわけないじゃん。だって、気になるんだもん





千)今日は特別なの





真)へーそうか、なら帰るで









横に並んで歩くいつもと変わらない帰り道





だけど、今日は少し違う





真)どうしたん?





千)………え?





真ちゃんが物珍しそうな顔をしてこっちを見ていた




真)いつもうるさいのに今日は静かやな




千)いつもうるさいって…





だいたい二人で帰る時は私が一方的に話してばっかり





それを真ちゃんは聞くだけで、「へー」とか「そう」とか相槌しか返ってこないけど





今日は私がしゃべらないからお互い無言のまま





真)千晃が大人しいなんてめずらしいやん。なんかあったん?





千)……っ





昔から、私のちょっとした変化に気づいて心配してくれる。





真)どしたん?





ピタッと止まって私の目線に合わせて真ちゃんが少しかがむ





真)千晃?





いつもより声のトーンが優しくて、私を見つめる瞳もいつもと違う。





あぁ………なんで私こんなに……





ギュッ





真)どーしたん、いきなり抱きつくとか





真ちゃんのことで頭がいっぱいなんだろう





いつもなら自分からこんなことはしない





でも今はそんなことが気にならないくらい、真ちゃんを近くで感じいたくて





真)千晃?





名前を呼ばれて、ギュッてしてもらえて





今はこれが簡単にしてもらえるのに





もし、私より特別な存在ができたら……?





離したくないって思ってしまうのは





私のワガママ?





千)真ちゃん……っ





真)ん?





私がギュッてしたら真ちゃんも同じようにギュッてしてくれて、背中をぽんぽんとしてくれる





他の子にもこんな風に触れたりするのかな…?





そんなのやだっ





千)離れちゃダメっっ





真)は……?





弱くつぶやいた私の声





周りに何もないせいか真ちゃんの耳にも届く





千)真ちゃんが離れて言っちゃうのが嫌なの…!





真)え、どゆこと?





私の言ってることが分からないのか、戸惑っている様子





千)今日、かわいい子に告白されてた……





抱きしめる腕が緩んだと思ったら、キョトンとした顔で私を見ていた





まるで、そんなことあったっけ?みたいな顔をしてる





真)あ〜あれやな





どうやら思い出したみたい





真)なに、盗み聞きしてたん?





千)なっ!盗み聞きなんて人聞きの悪いこと…





真)ちょっとこっちおいで





私がまだ話している途中だったのにそれをさえぎって腕を引き、人気のない路地裏まで連れてこられた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お待たせしました!((誰も待ってない


いいね、コメントお願いします☺️


#aaaストーリー
#aスト
#aaa
#伊藤千晃
#與真司郎
#しんちあ
#さなスト

.

「この幼馴染、要注意」ep.9

(千晃side)



ある日の学校の休み時間





購買でパンを買った帰り、ジュースを買おうと自販機に行ったとき





?)あの、好きなんです、、





お金をいれようとしたらはっきり聞こえた声





声のする方に目線をやると、女の子と男の子がひとり……って真ちゃんじゃん





なんだ、真ちゃんってばまた女子から呼び出しされてるのか。





女子)あの、與くん。本気で好きなんです、付き合ってください!





真)…………





いつも、真ちゃんがなんて返すのかだけ気になってしまう





私が知る限り、1度もOKしたことはない





理想が高いのか、それとも誰とも付き合う気がないのか、幼なじみの私でもわからない





でも、真ちゃんに彼女が出来たら私はどうなるんだろう?





今まで断るのが当たり前だと思っていたけど、いつOKするのかなんて真ちゃんしか分からないのに





真ちゃんにとって私はただの幼なじみでお世話係。





私にとってもただの幼なじみ





何か特別ってわけでもない





けど、その辺にいる女子よりは真ちゃんのことを知っているつもり。





もし真ちゃんに彼女が出来たら
私たちの関係はどうなっちゃうの?





彼女ができたら、その子のことを特別扱いして
一緒に行くことも帰ることも、お互いの家に行き来することもなくなるのかな?







あれ………なんでだろう





胸がチクッといたい





真ちゃんが誰と付き合おうか私には関係ないはずなのに





胸にモヤがかかったようで気分が重い





女子)あの、與くん?




真)なんや、




女子)そ、その返事とかって……





なんて返すのかな……





いつもみたいに断る?





それとも、可愛い子だから付き合っちゃう?





?)あのー





後から突然話しかけられて、ハッと我に返った





振り向いたら私の知らない男子生徒が困った顔をして立っていた





男)自販機使ってもいい?





千)へ……?





あっしまった。ずっと自販機の前で固まっていた。





人がいたことにすら気づかないなんて





男)いい?





千)あ、どうぞ





すぐさまジュースを取って自販機からどいた





はぁ、私何やってるんだろ





冷たいはずのジュースがもうぬるくなってきている





ふとさっきまで見ていたほうに目を移すと、もう真ちゃんたちはいなかった





あぁ、肝心なところ聞き逃した





なんか、モヤモヤしたまんまだなぁ





はぁ、とため息をつきながら教室に戻った。





実)あ、おかえり〜!遅かったね、購買混んでた?





教室に戻ると、実彩子がお弁当を食べずに待っていてくれた。





千)えっと、そんな混んでなかったんだけどいろいろあって遅くなっちゃった!ごめんね?





実)ふーん、そっか。じゃあ食べよー





わたしの隣の席には誰もいない
ぐるりと教室を見渡してもどこにもいない





いつもならそんなに気にならないのに……





もしかして、さっきの女の子と一緒にいるとか?





そんなことを考えてたら、なんだかますますモヤモヤが増えた気がする





どうして今日に限ってこんな……





実)千晃、聞いてる?





千)え?





いけない、実彩子の話しなんにも聞いてなかった





今日の私はどうもおかしい





実)どうしたの?なんか変だよ?





千)い、いや、何でもない





こんな風に引きずっていたら、午後の授業に集中出来なくなる





実)なんかあった?





千)う、ううん!何にもない!





何かあったわけじゃない





ただ、自分がなんでこんな気持ちになっているのか分からない





あまり食欲がわかないけれど、このまま食べないわけにもいかないから無理やりパンを押し込んだ





━━キーンコーンカーンコーン





お昼休みが終わって先生が教室に入ってきた





結局、真ちゃんは帰ってこないまま授業が始まった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.
「この幼馴染、要注意」ep.8




あれから数時間、夜ご飯を食べて終わり自分の家に帰ろうとしたとき





真)まってや千晃





帰ろうとする私を真ちゃんが引き止めた





千)どしたの?




真)今日泊まってって




千)は、い?







突然何を言い出すんだこの人は。







真)ええよな?





千)え、でもいきなりすぎじゃ……





真)ええから







結局、さっきまでいたリビングに逆戻り








真)千晃のお母さんには後で俺が連絡しとくから





千)は、はぁ…







こうして、なぜか突然お泊まりすることに




━━━━━━━━━━━━




そして今の時間は11時







真)千晃、眠い







あれだけお昼寝したのにもう眠いとか言ってるよ






千)じゃあ私も寝るね?






そう言ってソファで寝ようとしたら







千)ぎゃっっ!







体がふわりと浮いた。







千)ちょっ、真ちゃん!?







何も言わず、私を寝室まで運び
そのままベッドの上に座らせられた







えっと、これは、、







真)千晃、一緒に寝るで






千)え、なんで?







いや、いきなりすぎやしませんか?







たまに真ちゃんの家に泊まることがあっても別々だし、







真)抱き枕洗濯中やん





千)あっ………







そういえばそうだった






朝に洗濯をした真ちゃんの抱き枕は、私が干し忘れたからまだ乾いてないんだ。








真)今日は千晃が抱き枕ってことで





千)えっ……うわっ!






ドサッと音とともに真ちゃんとベッドに倒れこんだ。






真)んじゃ、おやすみ〜







そう言いながらギュッとわたしを抱きしめて足を絡めてきた







千)ちょ、ちょっと!





真)抱き枕はジタバタせえへんで





千)うぅ……





真)あ、それともおやすみのチューするか?





千)なっ!するわけないでしょバカっ!






枕を引っこ抜いて顔面をブロック







真)冗談やで?




千)冗談に聞こえない!!






こいつのことだから本気でしてくるかもしれないし。






真)ほら、おとなしくせんと





千)ちょ、どこ触って……っ!?





真)太も……





千)わー!!言わなくていい!






な、なんてやつ!!
変態だ、こいつは変態だ!






真)怒ってる?





千)お、怒ってる!





せっかくの休みなのに1日中真ちゃんの相手してたら疲れちゃったよ





やっぱり一緒に寝るのは危険だ





引っ付いてきた体を無理やり押し返してやった。






真)どしたん?





千)離れて寝るの!





真)なんで?





千)な、なんでって、真ちゃんが危険だから






さっきのこと忘れてないでしょうね?






真)ごめんな。もうせえへんから






真ちゃんの顔を覗いてみると、子犬のような顔をしていた





うっ、私はいつもこの顔に弱い






真)こっち来てや、千晃






そんな顔されたら許すしかないじゃん






真)やっぱ、千晃が一番や





千)明日には抱き枕乾くもん





真)別にこれからも千晃が抱き枕やってくれてもええで?





千)いや、遠慮しとく






真ちゃんの抱き枕なんてもうごめんだ。
心臓が持たない






真)んじゃ、千晃おやすみ





千)ん、おやす……






チュッとおでこに軽くキスされた






千)ちょ…!





真)おやすみのチュー





千)なっ!





ま、またされた…





それから朝まで真ちゃんは私を抱きしめて眠っていた。
━━━━━━━━━━━━━━


いいね、コメントお願いします☺

Most Popular Instagram Hashtags