Instagram post by @so_gensha 株式会社 創言社

.
.
近頃はコンビニ等に行くとパッケージに平成の筆文字がプリントされたお菓子や文房具などの商品が目に留まります。新時代の到来を一ヶ月半後に控え、連日新元号等に関するニュースが報じられ世の中は期待感に満ちているようです。
.
そのような中、私が気になったニュースは2020年東京五輪の聖火リレー出発地に「Jヴィレッジ」が選ばれたことです。最近、仕事で福島県双葉郡広野町の常磐線災害復旧工事の現場近くへ赴くことがあり、現地の方との会話からもJヴィレッジの話題がしばしば出ていました。
.
1997年に開設されたJヴィレッジは福島県双葉郡の広野町と楢葉町に跨った所にあり、もともとサッカーチームの合宿施設として使われてきました。2011年の東日本大震災による原発事故の後、復旧・廃炉作業の拠点となり営業休止となりました。以降、長い復旧期間を経て2019年4月には全面再開し、常磐線の新駅「Jヴィレッジ駅」も開業する予定です。2020年3月には震災で不通となっていた常磐線の一部区間は、復旧工事を終えて全線開通するようです。
.
平成時代は、技術革新が広く社会へ浸透した一方で、日本各地で災害が多かった時代だと多くの人が感じるでしょう。
Jヴィレッジは被災地の再生と新時代に向かう決意の象徴の一つのように思えてなりません。
(投稿者:Hi)
.
.
【社内広報誌制作のお問い合わせは】
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
TEL:03-3262-6275 (受付時間:平日9:30~18:00)
専用フォーム:http://so-gensha.com/contact-us/consultation/
ホームページURL:http://so-gensha.com/ .
.
#編集 #広報 #社内広報 #社内報制作 #社内報企画 #社内報ネタ #社内報デザイン #社内コミュニケーション #千代田区 #飯田橋 #徒歩1分 #デザイン #イラスト #コラム #社内報担当 #平成デザイン #新元号 #東京オリンピック #聖火リレー #Jヴィレッジ #福島県双葉郡 #被災地再生

Most Popular Instagram Hashtags