Instagram post by @pokkuriboy ポックリボーイ

昨日、10年ぶりに尾道で「朱華園」と「つたふじ」で中華そばを連食しました。
.
そこで、名店といわざるを得ない三鷹北口のラーメン屋を思い出しました。
.
「尾道ラーメン」を謳う「麺杏」です。
.
ここ、オープンしたのは2001年とか2002年だったと思います。
.
それからいままでずっと500円ワンコインの「尾道ラーメン」を、価格据え置きで提供している。しかも自家製麺を使うという本格ぶり。
.
ストイックで誠実。充分に「結果を出している名店」です。
.
さて、僕は何度も「尾道ラーメン」は定義が揺れると書いています。
.
そもそも「朱華園」が「尾道ラーメン」を自称しない。それをいうなら「梅乃家」も「竹岡(式)ラーメン」を自称しない。さらにそれをいうなら「豊田屋」も「痛風鍋」を自称しない。究極的にそれをいうならヒトラーは「独裁者」を自称しない。
.
でも、多くの人にとって「朱華園」はどんな「尾道ラーメン」よりも「尾道ラーメン」で、「梅乃家」はどんな「竹岡式ラーメン」よりも「竹岡式ラーメン」で、「豊田屋」はどんな「痛風鍋」よりも「痛風鍋」で、ヒトラーはどんな「独裁者」よりも「独裁者」です。
.
それを踏まえた「尾道ラーメン」ですが「麺杏」の特徴とのマッチングを試みると、小魚出汁、平打ち麺、背脂という点が挙げられます。
.
かといって、小魚出汁、平打ち麺、背脂が「尾道ラーメン」の必須条件かというとそうでもないです。
.
こてんぱんに実直な味。

4 Comments

Most Popular Instagram Hashtags