[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

masatomatsuura masatomatsuura

1022 posts   362727 followers   18 followings

masato matsuura  masato max matsuura avex group holdings Founder

http://ameblo.jp/maxmatsuura?frm_id=v.jpameblo&device_id=5f28f36968b042e2a2f97a780f4b3222

エイベックス初のハッカソン開催!エンタテインメントに興味があるエンジニア&デザイナー歓迎!
うちのコンテンツで好きにやっちゃってください。
https://entertech.connpass.com/event/69545/

久しぶりにドリームメンバーと食事した!#dream #LDH #ami #aya #shizuka #avex #masatomatsuura #maxmatsuura

これでまもなく5カ月、520g。ちっちゃすぎて心配。 #マイクロ #ティーカッププードル #dog #犬 #masatomatsuura #maxmatsuura

元祖おやじたち。 #hiro #makidai #matsumoto #usa #max #avex #ldh

ネスとしょうきちと俺!#LDH #avex
俺たち友達。

アナーキー×マックス=アナサキス #アナーキー #masatomatsuura #maxmatsuura #avexわりとやばい

elly誕生会。アナーキーと初めてちゃんと会えたよ!#elly #ANARCHY #アナーキー #avex #ldh #masatomatsuura #maxmatsuura

53歳になりました。#LDH #avex
自分をよく見せたい、大きく見せたい、そういう“見栄を張る”ということは、もうほとんどなくなってしまった。必要がなくなったからだ。
昔の僕はなにも持っていなかった。だから、高い時計も欲しかったし、速いクルマも欲しかった。大きな家も欲しかったし、おしゃれな服も欲しかった。何もかもが欲しかった。何かを手に入れたいから頑張る。それは、ずっと僕のモチベーションにもなっていた。
それが、仕事がたまたまうまくいって、若い段階である程度のものを手に入れることができた。高い時計も、洋服も、海外に別荘も買った。でも、ある程度のところで、自分に本当に必要なものが何か、というのがわかるようになってきた。
何百坪もある広い家に住んでいたこともある。でも、全然必要じゃなかった。何かを取りに行くだけでも、わざわざ歩いて、別の部屋まで行かなければならない。ありえない額の光熱費の請求がきて、いつもどこかの部屋の掃除をしている。「携帯電話をどこに置いたっけ?」と、年中、ものを探し回っていた。部屋もやたらにたくさんあるから、家具を入れて、ゲストが泊まれるようしたけど、結局、最後までなんのためだかわからないままの部屋もあった。
そのあと、どうせひとりで暮らすのだから、小さなマンションでいいと思って、1LDKに住んでみた。40平米ぐらいの、ごく標準的な広さの1LDKだ。仕事の都合があるので、立地やセキュリティ、プライバシーは考慮したので、家賃は少し高めだったけど、それでも驚くような値段でもない部屋。そこは本当に便利だなと思った。必要なものにすぐ手が届く。ソファから立って、数歩踏み出すだけで冷蔵庫に手が届くし、座ったまま、必要なものすべてに手が届く。「これで充分」というのではなく「これが一番使いやすい」という感覚。
広い家に住んだこともないのに1LDKが一番いいとか、フェラーリに乗ったこともないに、フェラーリなんていらないとか言うのとはちょっと違う。すべてやってみた結果、1LDKが一番いいというところに行き着いた。
でも、僕にも“見栄のようなもの“がまだ残ってはいる。人から「これはいいですよ。買ったらいかがですか」と勧められると、内心「いらないな」と思っても買ってしまう。それは勧めてくれた人の期待を裏切りたくない、相手をがっかりさせたくないという気遣いのような気持ちに近いんだと思う。
レストランや飲み屋でもそう。僕が数人を連れて飲みに行くとなったら、向こうでは「今日は売上が立つ」と期待をしているのがわかる。それに応えないと、申し訳ないと考えてしまう。「今日はあまり飲みたくないな」と思っていても、ソフトドリンクではなく、ワインやシャンパンを注文してしまう。
レストランが用意してくれた席が8人用だったら、必ず8人でいく。7人で行くというのは、僕のなかではありえない。わざわざもう1人を探して連れていく。いったん予約を入れたら、キャンセルするというのもありえない。急に仕事が入って行けなくなったとしても、代わりに誰かに行ってもらう。これも見栄と言えば見栄。気遣いと言えば気遣い。でも、きっと気遣いにしても度がすぎる。店からも「そこまでお気遣いなさらないでください」とよく言われる。何より自分でもそう思う。でも、身体にそれがしみついてしまっているので、もうどうしようもない。

続きはGOETHE11月号にて。

今日はエリーの誕生会!
#elly #三代目jsoulbrothers #ldh #avex #masatomatsuura

Most Popular Instagram Hashtags