kinomiyu218 kinomiyu218

37 posts   484 followers   57 followings

木下美優 Miyu Kinoshita  役者してます。2018.05.20〜 #今日の一冊 #読書記録 はじめました。自己満足とただの趣味アカウントです。

#谷崎潤一郎犯罪小説集 #谷崎潤一郎 著


*

内容(「BOOK」データベースより)
仏陀の死せる夜、デイアナの死する時、ネプチューンの北に一片の鱗あり…。偶然手にした不思議な暗号文を解読した園村。殺人事件が必ず起こると、彼は友人・高橋に断言する。そして、その現場に立ち会おうと誘うのだが…。懐かしき大正の東京を舞台に、禍々しき精神の歪みを描き出した「白昼鬼語」など、日本における犯罪小説の原点となる、知る人ぞ知る秀作4編を収録。

*

現代語訳されていて、読みやすかったです。
江戸川乱歩の小説と少し近いなって思ったのですが、江戸川乱歩は谷崎潤一郎から影響を受けていると解説で読みナルホド〜と。

文豪たちの人間関係もっと詳しく知りたい


#今日の一冊 #読書 #読書記録 



#クビツリハイスクール #西尾維新 著

*

内容(「BOOK」データベースより)
「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」「救い出すって…まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの名を“首吊高校”に潜入した「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれる―。新青春エンタの真打ち、「戯言シリーズ」。

*

いーちゃんの本名のヒントが書いてある!!(嘘かもしれないけど!)
よーし当てるぞーと思いましたが当てられるわけなかった。

*

五月から始めたインスタ読書記録ですが今月で辞めようか悩み中です。
読んだ本を記録したく始めましたが、別に記録しなくても良くない?って気づいてしまった。



#読書記録 #読書 #今日の一冊

#仮面の告白 #三島由紀夫 著


*

「私は無益で精巧な一個の逆説だ。この小説はその生理学的証明である」と作者・三島由紀夫は言っている。女性に対して不能であることを発見した青年は、幼年時代からの自分の姿を丹念に追求し、“否定に呪われたナルシシズム”を読者の前にさらけだす。三島由紀夫の文学的出発をなすばかりでなく、その後の生涯と、作家活動のすべてを予見し包含した、戦後日本文学の代表的名作。

*

この小説の感想をちゃんと述べられる日は一生来ない気がします。
まだ一度しか読んで居ませんが、きっと読むごとに新しい発見が見つかるような気がして。

仮面の告白とインターネットで調べると、「同性愛をテーマに」「LGBTについて」等見られますが、何かそれも違う気がしてならない。(私の個人的な意見です)
いや、そうなんだけど。確かにこの小説を読むにあたって同性愛というテーマはとても大事なんだけど、同性、異性以前にもっと深い人間の愛や性や生や正について、というか。え、難しい。
一生読み続けるべき本が見つかりました。


*


#今日の一冊 #読書記録 #読書

#金閣寺 #三島由紀夫 著


*

内容(「BOOK」データベースより)
1950年7月1日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み―ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇…。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。


*

私が少年なら何を燃やせば何をすれば世界が変わると思うのだろう。私にとっての金閣寺は何だろうか。


#読書記録 #読書 #今日の一冊

#少女地獄 #夢野久作


*
内容紹介(Amazonより引用)


可憐なる美少女”姫草ユリ子”は、すべての患者、いな接触するすべての人間に好意を抱かせる、天才的な看護婦だった。その秘密は、彼女の病的な虚言癖にあった。一つのウソを支えるために、もう一つの新しいウソをつく。無限に増幅されたウソの果ては、もう、虚構世界を完成させるための自殺しかない。そして、その遺言状もまた……。〈夢幻〉の世界を華やかに再現する夢野久作。書簡体形式で書いた表題作ほか、男女の宿命的断層を妖麗に描いた「女坑主」「童貞」を収める傑作集。


*

姫草ユリ子この時代にもきっと沢山いるだろうな。
SNS映えだけを気にする人、、と似ているような気がs

少女地獄は3つのお話に分けられているのですが私は火星の女が好き。


#読書記録 #読書 #今日の一冊

#クビシメロマンチスト #西尾維新 *

内容(「BOOK」データベースより)
人を愛することは容易いが、人を愛し続けることは難しい。人を殺すことは容易くとも、人を殺し続けることが難しいように。生来の性質としか言えないだろう、どのような状況であれ真実から目を逸らすことができず、ついに欺瞞なる概念を知ることなくこの歳まで生きてきてしまった誠実な正直者、つまりこのぼくは、五月、零崎人識という名前の殺人鬼と遭遇することになった。
それは唐突な出会いであり、また必然的な出会いでもあった。そいつは刃物のような意志であり、刃物のような力学であり、そして刃物のような戯言だった。その一方で、ぼくは大学のクラスメイトとちょっとした交流をすることになるのだが、まあそれについてはなんというのだろう、どこから話していいものかわからない。ほら、やっぱり、人として嘘をつくわけにはいかないし


*

戯言シリーズ第二弾。

私が死んでも世界は変わらない。
ぐさっとくる戯言で溢れるこの小説が怖い、でも好きです。


#今日の一冊 #読書記録 #読書

#白痴 #坂口安吾 著


*

内容(「BOOK」データベースより)
白痴の女と火炎の中をのがれ、「生きるための、明日の希望がないから」女を捨てていくはりあいもなく、ただ今朝も太陽の光がそそぐだろうかと考える。戦後の混乱と頽廃の世相にさまよう人々の心に強く訴えかけた表題作など、自嘲的なアウトローの生活をくりひろげながら、「堕落論」の主張を作品化し、観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収める。

*

彼の作品は彼の思想で溢れていて本当に好き。
堕落女男戦争、、、

とは言っても正直、白痴といずこへはちゃんと内容理解できてないだろうなと思うので何度か読み直します!難しい〜けど知りたい彼の考えもっと知りたい。


*

タイムスリップできて一人だけと話せるのなら坂口安吾と話したい。彼の考えを本からだけでなく彼から直接聞きたい最近強くそう思います。


#今日の一冊 #読書 #読書記録

#重力ピエロ #伊坂幸太郎 著


*

内容(「BOOK」データベースより)
兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

*


フォオオ。伊坂さんの小説を読んだ後は必ずこうなります。フォオオ。
どうやったらこんなお話書けるんだ??
頭の中を覗きたい。
遺伝子の専門家でもこんなお話は作れないだろうなあ、
この作品でも黒澤さん大活躍です。



*


#今日の一冊 #読書 #読書記録

#卍 #まんじ #谷崎潤一郎 著


*

あらすじ
(新潮社公式サイトより)
夫に不満のある若い妻・園子は、技芸学校で出会った光子と禁断の関係に落ちる。しかし奔放で妖艶な光子は、一方で異性の愛人・綿貫との逢瀬を続ける。光子への狂おしいまでの情欲と独占欲に苦しむ園子は、死を思いつめるが――。
おたがいを虜にしあった二人の女が織りなす、淫靡で濃密な愛憎と悲劇的な結末を、生々しい告白体で綴り、恋愛小説家谷崎の名を不動のものとした傑作。


*

谷崎作品を読むのは痴人の愛に続いて二作目。
まだ2冊しか読んでいないけどすっかり谷崎潤一郎の書く女性の虜です。
艶やかで狂っていて美しい小説でした。



#今日の一冊 #読書 #読書記録

#空白を満たしなさい #平野啓一郎 著


*


内容(「BOOK」データベースより)

世界各地で、死んだ人間がよみがえる「復生者」のニュースが報じられていた。生き返った彼らを、家族は、職場は、受け入れるのか。
土屋徹生は36歳。3年前に自殺したサラリーマン、復生者の一人だ。自分は、なぜ死んだのか?自らの死の理由を追い求める中で、彼は人が生きる意味、死んでいく意味を知る―。
私たちは、ひとりでは決してない。新たな死生観を描いて感動を呼ぶ傑作長編小説。


*

上巻を読んでいくとミステリー小説かな?と思うのですが、下巻からは哲学的な展開に。


この小説に出てくる「分人」という言葉。
私はこの言葉に今後絶対に救われるだろうなと思いました。読んでよかった。

#読書 #読書記録 #今日の一冊

#Nのために #湊かなえ 著


*

内容(「BOOK」データベースより)
超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。なぜ夫妻は死んだのか?それぞれが想いを寄せるNとは誰なのか?切なさに満ちた、著者初の純愛ミステリー。


*

内容の最後の一文に 「切なさに満ちた」と書かれていますが、私は切なさより愛に満ちている作品だなと感じました。
確かに切ないですが、どこか暖かい感情が残るそんな作品だなあと。野バラ荘に私も住みたい。

#読書 #読書記録 #今日の一冊

#QJKJQ #佐藤究 著者


*

内容(「BOOK」データベースより)
猟奇殺人鬼一家の長女として育った、17歳の亜李亜。一家は秘密を共有しながらひっそりと暮らしていたが、ある日、兄の惨殺死体を発見してしまう。直後に母も姿を消し、亜李亜は父と取り残される。何が起こったのか探るうちに、亜李亜は自身の周りに違和感を覚え始め―。
第62回江戸川乱歩賞受賞作。


*



何が真実で何が偽りか。 この本の第一印象とは違う方向に話が進み、いい意味で裏切られました。

実際の法や事件について沢山書かれておりとても勉強になる一冊でした。


#今日の一冊 #読書 #読書記録

Most Popular Instagram Hashtags