kincocyan kincocyan

1,480 posts   33,320 followers   851 followings

冷水 希三子 Kimiko Hiyamizu  いろんな感じの料理仕事をしてます。料理教室をスタート。詳しくはホームページのclassを覗いてみて下さい!

毎年、冬になるとよく作る我が家の定番となった和でもなく洋でもない
”豚のみぞれ煮”
冬のみずみずしい大根がお肉を柔らかくしてくれるし、ローリエやにんにく大根の香りが一つになって美味しいスープに。
鍋任せ、素材任せの料理。

島根県石見地方は、自然に囲まれ
高津川や江の川など水が綺麗な河に恵まれた土地でした。その河川脇に畑を構え、長靴が半分くらい埋まりそうなほどにフカフカした土の中で育った牛蒡は、その場で生で食べさせていただいたけどアク焼きエグミを感じるどころか、甘みがありジューシーでビックリしました!
その牛蒡を使ってシンプルに

牛蒡の焼きビーフン

作り方……
フライパンに油をひき生姜とネギのみじん切りを炒め牛蒡のささがきを加え炒めて酒で炒り、鶏スープと醤油、塩を煮含めて水分がなくなったら取り出し、鶏スープと塩を入れて戻した春雨を煮含め途中で牛蒡を戻し入れ和え、最後にごま油で風味をつけます。

シンプルに牛蒡の風味を味わえて、いくらでも食べてしまいお腹いっぱいです、笑笑

久しぶりにフェンネルをたっぷり
食べよう!

まだまだあったね!寒ブリさん。
お頭に近い脂が乗ったカマは、塩焼きで大皿に。
たっぷりの大根おろしに酢をたっぷりが、脂の甘みを感じながらもスッキリに。
最後の身は、みぞれしゃぶしゃぶに。
氷見の寒ブリ、堪能させていただきました!
ありがとうございます!

まだまだ続くよ、氷見の寒ブリさん!
鰤しゃぶで残った切り身を煮切った酒と醤油で漬けにしておいた、漬け丼!
石見地方の生山葵と大根おろしに酢をかけて。
海苔は、極細のこんとび。

寒ブリが沢山ある、嬉しい悲鳴。
木の芽酒鍋のお次は、
昆布締めしておいた寒ブリを炙って大和トウキのサルサソースで!

SAYS FARMさんから届いた氷見の寒ブリは、先ずは木の芽とレモングラスたっぷりのしゃぶしゃぶで!
熱燗で美味しいという日本酒をタップリ使って!
カボスや塩、オイルにナンプラー、2年熟成の赤唐辛子の醬などを各自自慢ダレをつけて!

奈良大和の食材を使って料理会を
させていただきます!

あと少しお席があります。
師走の忙しい時期ですが、ご興味ありましたらお待ちしております! ”大和の國の料理会 2018冬”
大和野菜などを使った料理に
uf-fuの大西さんが紅茶を合わせて淹れてくださいます。
食事に紅茶!合うんです!
そんな、発見や大和の食材を楽しんでいただきたいです。
ワインに合わせたい方には、ワインもご用意してあります。

日時
12月18日(火)
昼の部 11:30〜14:30
夕の部 18:00〜21:00
金額 ¥10000+税(紅茶のペアリング代金込み)
場所 港区白金台5-17-10 ときのもりリブレ

電話 03-6277-2606

ご予約やお問い合わせは、ときのもりリブレまでお電話にてよろしくお願いします!
お待ちしております!!

レンズ豆とりんごの柚子サラダ
10月に島根県石見地方津和野で
地域の自然を守るため!という気持ちを持ちながら柚子を育てている農家の吉田さんを訪ねました。
自然を守るというのは、自然に寄りそうということなのか、もちろん農薬などは撒かず、うん十年ありのままの姿の古木の柚子が山々に元気に育っていました。だからなのか、柚子も深い味わいで皮をかじってもえぐみはなく澄んだ味でした。こうやって日本の土地が守られて行くんだなぁ。
そんな柚子を使ってサラダに。
レンズ豆を少しの塩を入れて茹でて湯を切ったら、柚子果汁と白ワインビネガー、塩、オリーブオイル、赤玉ねぎのみじん切りと一緒にボウルで混ぜ合わせ、5㎜角に切ったりんごとイタリアンパセリのみじん切りを混ぜ合わせて器に盛り柚子皮を振ったら香り高いサラダの出来上がりです!

柚子がない時期には、柚子果汁のみの瓶詰めもあって便利そうでした!

今日、12月5日 11時からご予約受付中の
イベントのお知らせです。
白金にある”ときのもりリヴレ”にて
「大和の國の料理会 2018冬」
と題し、奈良大和の伝統的な野菜や薬草、肉などを使い奈良を味わっていただく料理会をさせていただきます。
実は、奈良生まれの私ですが気にかけて大和の伝統野菜を食べていなかったので嬉しい機会をいただきました。
また、コース仕立ての料理にuf-fuの大西さんをお呼びして紅茶でペアリングをしていただきます。
器などは、くるみの木の石村さんがメニューに合わせ選んでくださり、食卓を彩ってくれます。
料理、紅茶、器の組み合わせをお楽しみいただきたいです。
もちろん、ワインは別途ご用意してあります。

日時

12月18日 (火曜)
お昼の部 11:30〜14:30
夕べの分 18:00〜21:00
金額 10,000円+税 (紅茶のペアリング代金は含まれております。)
定員 各回 8名
場所 ときのもりリヴレ(白金台)

ご予約 12月5日 11時よりお電話にて
電話 03-6277-2606
お支払いは、当日に現金またはカード
ご質問なども、ときのもりリヴレにお電話してくださいませ。

ぜひ、慌ただしい師走ですが
大和の風味を味わいにいらしてくださいませ!
お待ちしております!!
写真は、イメージです。

2日間干した白菜でチヂミ。(韓国の市場で食べた美味しいチヂミを食べたくて!)
生地は、薄力粉と少しの米粉と塩少々を水でトロッとではなく、、サラトロっくらいに溶いて白菜に薄くつけて、フライパンで油をひいて焼く。
ネギと青唐辛子入りの酢醤油で。

飲み残ったシードルを
牛乳の1/3ほど入れたクレープ。
醗酵の力なのか軽やかになるし、自然な甘みと香り!
そこに生地の味を覆い隠さないくらいの少しのリコッタと蜂蜜とレモンとタイム。生地以外のトッピングは、少しすこしすこーし(なんなら一度のせてはがしたくらいっ)が、私的にはバランスが良い。
必ず1枚目は、生地だけで食べる!

Most Popular Instagram Hashtags