hiroomika312g hiroomika312g

98 posts   1,898 followers   46 followings

mika.I  in*Aichi hair stylist OMIJSBIII❤️Gun @hiroomika312 going my way...

episode three.
.
.
.
032
.
.
.
.
ーOmi side
.
.
.
〇〇)そんな嘘、
つかなくても良かったのに。
.
.
.
臣)お前が傷つくって、
思ったからついたんだろう?
.
.
.
〇〇)そりゃあ似てるって言われても
おかしくないよね。
それに、
赤ちゃんの時の写真、
全然ないからおかしいなぁって思ってた。
.
.
.
衝撃的な事実を知ったって、
今更動じるわけもなく、
もっと早く教えてくれればって、
ぶつぶつ言いながら、
庭先のウッドデッキで日向ぼっこする〇〇。
.
.
.
あの日……
まだ俺が2歳か3歳か、
それくらいの時、
近所に住んでて名古屋に帰っていった〇〇は
きっとそのまま親父と新しい母親に
連れていかれる時だったんだ。
.
.
.
今のちび臣くらいの歳って多分、
物心ついてんのかついてないのか
微妙な年頃で、
大人になって思い出せる事なんてないのかも知らない。
.
.
.
〇〇を守るための悲しい嘘。
.
.
.
〇〇)お腹すいたな〜
.
.
.
臣)さっき食ったじゃん、
朝飯(笑)
.
.
.
〇〇)食べてないよ(笑)
わたしのメロンパン、
ちび臣が全部食べちゃったんだもん、
お腹すいたよ臣くん。
.
.
.
臣)俺、もうすぐマネージャー来るんだけど。
.
.
.
〇〇)知ってる。
わたしも行くけど、
その現場に(笑)
.
.
.
今日は朝から、
例の映画の撮影。
.
.
.
来月からは
また異国の地に行く。
.
.
.
臣)お前も行く?
.
.
.
〇〇)え?
行ってもいいの?
.
.
.
臣)お前のスケジュールがあいてんならいいよ(笑)
.
.
.
〇〇)ずっとは行けないかもしれないけど、
前半なら行けるかも!
.
.
.
臣)確認してみ?
俺もお前が一緒に来てくれた方が
楽っちゃあ楽だけど。
.
.
.
〇〇)今日会社に聞いてみる!
.
.
.
いない時に、
何かあっても困るし。
ちょっと……
いやかなり遠いけど、
たまにはいいだろ。
保育園だって休ませたって。
.
.
.
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#登坂広臣

episode three
.
.
.
031.
.
.
.
ーTakahiro side
.
.
.
敬浩)…アレ?
まさかの逆サバ?(笑)
.
.
.
み)うるさいなぁ(笑)
実はだいぶ年取ってた、
よりだいぶマシだと思うけど。
.
.
.
籍を入れる時、
取り寄せた戸籍謄本。
.
.
.
住民票。
.
.
.
その他諸々。
.
.
.
まさかの嫁になる予定のやつは、
タメだと思ってたら、
2つ年下。
.
.
.
敬浩)なんかすっげぇ得した気分♡
.
.
.
み)あははっ(笑)
敬浩らしいわ、
その返し(笑)
.
.
.
敬浩)つーかさ、
ぜんっぜん俺は気にしないけど、
何でサバ読んでんの?
.
.
.
み)色々あるんだよ。
お母さんが死んだら教えてあげる。
.
.
.
.
それから俺らは籍を入れて、
少なからずとも夫婦でいた。
.
.
.
すぐに発覚した彼女の妊娠。
.
.
.
繰り返された過ち。
.
.
.
彼女の母親が亡くなって、
死亡届出をした時、
全てのことを知った。
.
.
.
死んだ母親の戸籍謄本には、
あの名古屋の親父と結婚した形跡。
.
.
.
生まれてきた、
2人の子供の名前。
.
.
.
み)あの子は多分知らないから、
余計なことは言わないで。
.
.
.
敬浩)わかってるけど…
何で隠してるのか教えて。
.
.
.
双子を妊娠して、
結婚する予定だった彼女の母親。
.
.
.
結婚して、
双子の娘が産まれて、
都内で暮らし始めた頃。
.
.
.
出張が多かった父親は、
名古屋であの人と出会った。
.
.
.
彼女達がまだ2歳か3歳頃、
耐えきれなくなった母親は、
別れを告げた。
.
.
.
離婚をした時、
父親は〇〇ちゃんを連れて、
名古屋に消えた。
.
.
.
父親に捨てられた彼女と
旦那に捨てられた彼女の母親。
.
.
.
離れ離れになった2人を
引き合わせたのは…
.
.
.
名古屋に連れて来いと、
言い続けてた
彼女の叔父にあたるあの男。
.
.
.
み)〇〇は、
あの女が実の母親だって思ってるから、
余計なこと言わないで。
.
.
.
敬浩)いいけど……
もし同じように、
ちょっとしたきっかけで知ったら?
そうしたらどうすんの?
.
.
.
み)大丈夫(笑)
あの子鈍感だから。
.
.
.
彼女の前では、
歳を偽って年上の従姉妹を演じた。
.
.
.
み)本当はね、
この人が本妻なんだよ……?
あっちが2号さんだったのに、
どこで狂っちゃったんだろ。
あの2人が出て行った時、
ずっと泣いてた……
.
.
.
妹を守るためについた嘘。
.
.
.
.
み)この人、
本当はうれしいのに、
あんな事言っちゃうんだもん、
へたくそだなあ(笑)
.
.
.
本当は、
うれしかったはずなのに…
.
.
.
隠し通すつもりだったんだろ…?
.
.
.
そんな夢、
見せんなよ……
.
.
.
.

.
.
.
実はね……
.
.
.
〇〇ちゃんの問いに、
話してしまっていいのか…
.
.
.
例えば同じように、
親が亡くなったタイミングとかで知ったら?
.
.
.
.
敬浩)写真……
全部捨てたと思ってたって、
アイツ言ってたけど、
お母さんの遺品整理してる時、
出てきたよ。
.
.
.
〇〇))遺品?
.
.
.
敬浩))そう、遺品。
〇〇ちゃんと、
あいつの母子手帳。
.
.
.
〇〇))え?
.
.
.
敬浩))写真もあったわ、
子供ん時の唯一の写真だって、
後ろ姿なのにすっげぇ可愛いの、
うさぎの着ぐるみかな?
後ろから見るとおんなじ(笑)
.
.
.
ごめんな……
ちゃんと教えてやるよ?
.
.
.
もういいだろ?
.
.
.
登坂がいるから、
大丈夫だろ?
.
.
.
俺だって、
ちゃんと守るよ。
.
.
.
お前が嘘ついてまで、
守ってた彼女を。
.
.
.
岩田は……
あいつはまた後日でいっか?
.
.
.
今知ったら多分、
ひっくり返るからな。
.
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#田崎敬浩 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.

episode three
.
.
.
030.
.
.
ーxxx
.
.
.
まだ子供の頃の記憶なんて、
ほとんどなかった。
.
.
.
小さな頃、
まだちび臣くらいの頃は、
父親が転勤ばかりしてて、
愛知と東京と横浜と、
あとは関西の方に住んでる時もあったって。
.
.
.
4つ下の弟が産まれる頃、
やっと名古屋に定住した。
.
.
.
それからは名古屋の小学校、
中学校に入学して、
高校の頃には、
東京都にある理容学校に行く事を
勝手に決めた。
.
.
.
小学生の頃お姉ちゃんは、
親戚のおじさんに連れられて、
数回わたしの家に来た事があって、
それから数年して、
現れなくなった。
.
.
.
〇〇))もしもし……?
.
.
.
敬浩))おぉ!お疲れ!
.
.
.
〇〇))お疲れ様。
…ごめんね、
そっち夜中だよね?
.
.
.
敬浩))可愛い妹の為なら
夜更かししちゃうよ、
お兄ちゃん(笑)
.
.
.
相変わらず賑やかな人(笑)
.
.
.
〇〇))ちょっと気になっちゃって。
あのさ、
敬浩さんっていくつだっけ?
確かわたし達の2つ年上、
だよね?
.
.
.
敬浩))そうっすよ(笑)
いきなりどうしたの?
.
.
〇〇))お姉ちゃんって、
お兄ちゃんと同い年?
同じ学年?
誕生日がわたしと同じだから、
まるっと2年、
違うんだよね?
.
.
.
はははって笑う声がする。
.
.
.
敬浩))……そうだよ、
2つ年上。
なんで?
いきなりどうしたの?
.
.
.
ほんの少し開いた気がした間が、
本当は何か隠してるんじゃないかって、
そう疑ってしまう。
.
.
.
〇〇))あのね。
夢見たの。
お姉ちゃんのお母さんの名前が書かれた、
2冊の母子手帳と
臣花と秋桜の時みたいな、
2人の赤ちゃんの袋が見えた、
エコーの写真渡されたの…
.
.
.
それがね、1986年6月って……
予定日のカレンダー見たら、
そのまま産まれてくると、
その年の12月の半ばか終わり頃、
だからわたしが生まれた時期……っ
.
.
.
.
.
上手くまとまらないけど、
夢で見たことを
一生懸命敬浩さんに伝えた。
.
.
.
うんうんって聞いて、
全部いい終わると、
少し無言になった。
.
.
.
〇〇))気にしすぎだよね(笑)
単なる夢なのに。
なんかもしかしたらわたしも、
お姉ちゃんのお母さんの子供なんじゃないかなって…
もしかしたらお姉ちゃん、
ただ大人びてるだけで、
わたしと同じ年なんじゃないのかなぁ…とか(笑)
だから今の名古屋のお母さん、
本当はわたしの母親じゃなくって、
本当はお父さんの連れ子なんじゃないかとか、
そんな気がしちゃって……
.
.
.
.
こんな事。
.
.
.
敬浩さんじゃなくて、
両親に聞けばいいのに…
.
.
.
敬浩さんなら、
お姉ちゃんの事全部知ってるような気がして…
.
.
.
敬浩))……そっかぁ。
んーーーーーー…っ
そうだなぁ…。
.
.
.
.
.
.
実はね…
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#田崎敬浩

episode three.
.
.
029.
.
.
ーxxx
.
.
.
〇〇)大袈裟だよ、広臣(笑)
.
.
.
さっき脳波の先生が、
機材を繋いでる途中。
.
.
.
ちらっと言ってた。
.
.
.
「ご家族で、
いらっしゃるって聞いたんですが、
どういった病気で……」
.
.
.
〇〇)実は4月に、
実の姉が亡くなったんです。
…なんだったっけな、
確か脳内に奇形の血管が……
出産の時なんです、
それが破裂したの…
.
.
.
〇〇)あとは…
確かお婆さんがくも膜下で…
.
.
.
「なるほど…
わかりました。
では今から検査の方、
進めていきますので
起きてる時と眠ってる時、
きちんとした脳波を撮りたいので
できれば眠ってくださいね。」
.
.
.
ベッドに横になって、
お腹までタオルケットをかけてくれると、
部屋から出て隣のモニター室に入って行った。
.
.
.
なんとなく聞こえてくる
森のざわめきのような音。
.
.
.
少しひんやりとする空調。
.
.
.
目を閉じて深呼吸すると、
すぐに眠たくなってきた。
.
.
.
.
.

.
.
.
「ご懐妊です、
おめでとうございます。
しかも2つ見えますね」
.
.
.
「妊娠11w3d…くらいですね。
元々不順でしたもんね、
排卵日がずれてたのかな…
ここに見えますか?
これが赤ちゃんの袋で、
ここに心拍が確認できます。
そしてこれが胎児の頭で……」
.
.
.
ちび臣とか
臣花がお腹に来てくれた時。
.
.
見たモノクロの映像に映し出される
2つの影。
.
.
.
臣花と秋桜だ…。
あの時見えた、
2つの影。
.
.
.
エコーの機械で映し出された映像は
何枚か紙に印刷されて、
内診台のある部屋の隣の部屋に行くと、
先生から渡された。
.
.
.
「では次は、
1ヶ月後の7月14日に予約入れておきますね。」
.
.
.
あれ…
.
.
.
今日って6月14日だっけ…?
.
.
.
確かこの前、
ちび臣が母の日のプレゼントで、
保育園でお絵かきくれたはず。
.
.
.
〇〇)あの……
今ってまだ、
5月ですよね?
.
.
.
「何言ってるんですか?
今日は1986年6月14日ですよ」
.
.
.
大きなパソコンの横を見ると、
カレンダーを指差す先生は
6月を指差した。
.
.
.
カレンダーの上には
「1986年」の文字。
.
.
.
渡されたエコー写真と
母子手帳には
あの人の名前……。
.
.
.
.
.

.
.
.
「登坂さん、
終わりましたよ。
ぐっすり眠ってくれていたので、
完璧です(笑)」
.
.
.
体を揺らしたのは、
さっき隣の部屋に入って行った先生。
.
.
.
わたしの頭から外された機械。
.
.
.
ゆっくり起き上がって、
立ち上がった。
.
.
.
「今日の検査は終わりですね。
1時間半程で結果出ますので、
しばらくお待ちください。」
.
.
.
部屋から出ると、
通路の椅子に座ってる広臣と目があった。
.
.
.
臣)寝起きの顔じゃねぇか(笑)
.
.
.
〇〇)だって、
寝てるときの方が綺麗に取れるって。
寝てくださいねって言われたんだもん。
.
.
.
そのあと地下のカフェに行って、
広臣とコーヒータイムをした。
.
.
.
時計を見ながら、
約一時間半。
.
.
.
再び診察室に戻ると、
すぐに番号が表示された。
.
.
.
「検査の結果ですね。
……今のところ異常はありませんでした。
お姉様のような
奇形の血管も見当たりません。
やはり貧血気味なところはありますので、
特に生理前後、
鉄剤と食事にもお気をつけて下さい。」
.
.
.
臣)はぁ……っよかった。
とりあえずしっっっっかり
薬飲ませます!
ありがとうございました。
.
.
.
広臣に手を引かれて、
診察室から出た。
.
.
.
〇〇)とりあえずよかったね(笑)
.
.
.
臣)そうだな。
あ、貧血にいい食事メニューとか、
本売ってねぇのかなぁ……
.
.
.
ブツブツ言いながら、
歩いてく広臣。
.
.
.
.
.
……夢だよね。
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#登坂広臣

episode three.
.
.
.
028.
.
.
.
ーOmi side
.
.
.
子供たちを保育園に預けて、
2人の時間。
.
.
.
完成した6月に発売する
新しいアルバム。
.
.
.
こっそり〇〇の為に持ってきた音源。
.
.
.
午後から予約した病院の為に、
晩飯を仕込む〇〇を見ながら、
さりげなく部屋のBGMとしけ
流してみる。
.
.
.
……無反応。
.
.
.
まだ気づいてないな。
.
.
.
キッチンの〇〇の動きを
目で追いかけながら、
早く気づいて欲しい俺。
.
.
.
あ。
動きが止まったぞ。
.
.
.
〇〇がなんとなく気づいたのは
この前健ちゃんのラジオで流した
「蛍」の時。
.
.
.
手元が止まって、
聴き入ってる〇〇な、
カチッと火を止めてエプロンで両手を拭うと、
こっちに向かって歩いてきた。
.
.
.
無言のまま、
俺が座るソファの横に座って、
無言のままBGMの音量を上げた。
.
.
.
パソコンに映し出される線に
釘付けの〇〇。
.
.
.
きゅっと束ねた毛先をつついてみても無反応で、
だんだん面白くなって、
〇〇の腰を掴んで引き寄せた。
.
.
.
〇〇)ちょ……臣くん。
.
.
.
臣)ん?
.
.
.
〇〇)歌上手………
.
.
.
まさかの感想(笑)
.
.
.
臣)一応コレで、
お前らに飯食わせてますが(笑)
.
.
.
〇〇)やば……
わたしコレ好きかも。
.
.
.
オマケにつけてきた、
「TOKYO」に反応する〇〇(笑)
.
.
.
臣)お前の為に歌ってますので、
じっくりと聞いて、
晩飯作って下さい(笑)
.
.
.
〇〇)あ……そうだった(笑)
急がなきゃ。
.
.
.
慌ててキッチンに戻ってく〇〇の
後ろにくっついてくる俺。
.
.
.
BGMに合わせて揺れながら、
〇〇の隣で口ずさむ。
.
.
.
どうやら今夜は、
ポトフとパスタらしい。
.
.
.
〇〇)広臣、
パスタ係ね(笑)
.
.
.
臣)俺アレ食いたい。
鉄板なかったっけ?
.
.
.
〇〇)あ、多分あるよ、
どこしまったかなぁ…
.
.
.
食器棚の上の方、
手を伸ばす〇〇の指先が、
届きそうで届かなくて、
後ろから手を伸ばして鉄板を取り上げた。
.
.
.
臣)ちび(笑)
.
.
.
〇〇)そんなに小さくないもん(笑)
.
.
.
こんなやりとりさえ、
楽しく感じる。
.
.
.
晩飯の用意をして、
2人でランチを食べると、
久しぶりの俺の車に乗って、
かかりつけの病院に向かった。
.
.
.

.
.
.
受付を済ませて、
指示された通りの検査を済ませる。
.
.
.
姉ちゃんの事もあったからか、
採血以外にも、
MRIや脳波も調べられた。
.
.
.
実は俺が、
できる範囲の綿密な検査を
指示してくれってこっそり頼んだんだけど。
.
.
.
〇〇)大したことないのに…
.
.
.
こんな感じで、
全く病院になんて行く気がなかっただろう〇〇。
.
.
.
一人で行けなんて言ったって、
どうせ行かないだろうから、
俺のスケジュールの空いた場所に
無理やり組み込んだ。
.
.
.
臣)なんかあってからじゃ遅いから、な?
.
.
.
〇〇)そうだけど…
.
.
.
いろんな検査を済ませて、
結果が出るまで地下のカフェで
コーヒータイム。
.
.
.
〇〇)ふあぁぁぁ…っ
.
.
.
大欠伸の〇〇は、
ちゅーっと音を立てて、
アイスコーヒーを吸い上げる。
.
.
.
臣)…よし。
これでなんもなきゃ、
俺も安心してツアー回れるわ、
お前連れて(笑)
.
.
.
〇〇)…もう(笑)
大袈裟だなぁ、広臣。
.
.
.
.
.
#登坂広臣
#妄想story
#妄想ストーリー

episode three...
.
.
Special short story
.
.
ーTakanori .
.
ー恋と愛
.
.
.
「また痩せた……?」
.
.
.
「そんな事ないよ。」
.
.
.
「嘘だ。
なんか最近すっごく痩せた。
役作り?」
.
.
.
「んーーー。
まぁ、そんな感じ?(笑))
.
.
.
「なんか女の子みたい(笑)」
.
.
.
「うるさいよ。」
.
.
.
「いいけど、
体壊さないようにね。」
.
.
.
初めての単独主演の映画が決まって、
撮影が始まった頃だろうか、
プレッシャーに押しつぶされそうになりながら、
なんとかやってた頃。
.
.
.
いつも言い方キツイくせに、
いつもなんやかんや気にしてくれる彼女との逢引。
.
.
.
離れなきゃと思うほどに
逢いたくなる。
.
.
.
会わないようにと避けるたびに、
偶然鉢合わせる奇妙な運命。
.
.
.
まだ織姫が産まれる前。
.
.
.
.
.
.
結局引き寄せられるかのように、
彼女の素肌を抱きしめた。
.
.
.
抱きしめるたびに、
離したくないと燃える情熱。
.
.
.
会えば欲しくなる彼女のこと。
.
.
.
「ン………っ」
.
.
.
息を止めて、
このまま消えてしまえばいいのに。
.
.
.
呼吸するのも忘れるくらいに
彼女の舌を絡め取る。
.
.
.
「はぁ………っ」
.
.
.
隙をみて開いた隙間から息を吸い込むと、
酸素不足に体が痺れる。
.
.
.
夢中になって彼女を求めるたびに、
これはただ、
恋に溺れているだけなんじゃないかと
不安になるんだ……
.
.
.
真っ白なシーツが、
2人の体を包み込んで、
薄暗い闇の中に溶けていけたら。
.
.
.
.
離れて生きてくことが
できないわけじゃなかったんだ
ただ僕たちは
お互いに離れ方
知らない愚か者で
明日を捜せなかった
.
.
.
.
「たか………のり…っ」
.
.
.
彼女の線が、
弧を描いて大きく跳ねると、
さらに艶っぽくなった彼女の視線は、
さらに俺を煽った。
.
.
.
「はぁ……、っやべ、
……出るッッ!」
.
.
.
耐えきれない程に
膨れ上がった俺自身、
限界まで耐えて耐えて吐き出す開放感。
.
.
.
.
この関係を
後悔した時だって、
あったんだよ……
.
.
.
もっと普通に……
.
.
.
気持ちが伝えられてたら…
.
.
.
こんな切ない行為なんて、
しなくてよかったのに……
.
.
.
.
「岩田……?」
.
.
.
「寝てる。」
.
.
.
「ふふ……っ(笑)
剛典?」
.
.
.
彼女の乱れた心音を聞きながら、
目を閉じた俺は、
いつものように彼女の体に触れた…
.
.
.
「俺もtattoo入れようかな。」
.
.
.
「やめときなって(笑)
ママ倒れちゃうから。」
.
.
.
「うるせぇなぁ……
関係ないだろ、母親は。」
.
.
.
「大事にしな?
あんないいママいないよ。
岩田のママみたいになりたいな。
わたし……」
.
.
.
「彫り師紹介してよ。」
.
.
.
「やめときなって(笑)」
.
.
.
俺より4つも5つも上の彼女。
.
.
.
いつも俺は子供扱い。
.
.
.
「じゃあもし、
わたしが死んだら、
そしたら彫っていいよ、
それ(笑)」
.
.
.
だから
過ぎ去るは恋か?
.
.
.
好きになりすぎた人です
.
.
好きになりすぎて
.
.
愛にはなれない
.
そんな人
.
.
.
咲いて散って
それは恋…愛じゃない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#岩田剛典 .
.
少し前のお話です。
お姉ちゃんロスの
変わり者の皆様へ♡←

episode three
.
.
.
027.
.
.
.
ーTakanori side
.
.
.
剛典)ただいま。
…織姫。
.
.
.
目を閉じたままの、
織姫の頬に指先で触れる。
.
.
.
本当に一瞬だった。
.
.
.
ソファの後ろにある、
ダイニングテーブルの上のiPhoneが
着信を告げて、
ふと離れた瞬間、
さっきまで全く登れそうな
気配なんてなかった。
.
.
.
一瞬でソファによじ登ったと思ったら、
そのまま後ろにひっくり返りそうになって、
.
.
.
「危ないっっっっっ!」
.
.
.
慌てて出てきた大声に、
びっくりして思いっきり
ひっくり返った。
.
.
.
頭にできたコブに、
擦り傷。
.
.
.
自分だったら全然大したことないんだろうけど、
赤ちゃんの頭は大事だって
聞いたことあるし。
.
.
.
頭をぶつけた拍子に、
思いっきり泣きだしたけど、
やっぱり心配になって
慌てて病院に駆け込んだ。
.
.
.
剛典)織姫まで連れて行かないで…
.
.
.
法事の時、
何度も何度も繰り返して願った。
.
.
.
織姫まで居なくなったら俺……
.
.
.
何を励みに頑張ればいいの?
.
.
.
ー大きくなったな。
.
.
.
一緒に来たのは、
義父にあたる人。
.
.
.
剛典)そうっすね。
もう歩くんです、
2歩とか3歩くらいだけど、
ソファでつかまり立ちして、
こっちに向かって。
.
.
.
ーいつも見える場所で、
見ててやらないと。
子供は親の背中、
いつも追いかけてくるからな。
.
.
.
織姫の顔を覗き込んで、
泣きそうな顔を隠すように、
部屋から出て行った義父。
.
.
.
.
俺のこと、
追いかけて来ようとした?
.
.
.
俺の肩に掴まってたのに、
急に俺が見えなくなったから、
俺が近くから居なくなったから、
不安になった……?
.
.
.
.
ごめん、俺……
.
.
.
彼女の分まで、
織姫の事見てなきゃ。
.
.
.
その日は、
織姫の寝るベッドの隣に、
簡易ベットを用意してもらって、
並んで目を閉じた。
.
.
.
.

.
.
.
たくさんの検査をしてもらって、
次の日には退院できた。
.
.
.
朝から暑くて、
織姫が産まれた夏みたいな空。
.
.
.
織姫を抱きしめて、
ママのお墓まで、
タクシーで向かった。
.
.
.
剛典)織姫連れて来たよ。
.
.
.
自然と出るセリフは、
空に住む彼女へ。
.
.
.
ひまわりの花を供えて、
好きだったアルコールの瓶と、
タバコを並べる。
.
.
.
線香に火を着けて、
織姫の小さな手のひらを合わせる。
.
.
.
.
「ちゃんとしなさい……」
.
.
.
逝く数日前から、
やたらと言われてたセリフは、
今になってやっと意味があることに気づいたよ。
.
.
.
織姫の父親しないと。
.
.
.
そんなことを考えながら、
真っ青な空を見上げる。
.
.
.
吸い込まれそうな空に、
ひまわりを一輪投げた。
.
.
.
「空まで飛んでいけ。」
.
.
.
そんな気持ちで、
放り投げたひまわりの花は、
そのまま地面に落ちるだけだけど、
なんとなく届いた気がした。
.
.
.
.
剛典)織姫さぁ、
ママの顔ちゃんと覚えといてね。
口は悪いけど、
綺麗でーーー
パパが1番惚れた人(笑)
.
.
.
今はまだ、
わからないかもしれないけど、
大きくなったら一緒に写真を見ようね。
.
.
.
あの時一瞬で終わった、
趣味のカメラで、
こっそりいろんな隠し撮りしたんだよ。
.
.
.
そんなことバレたら、
めちゃくちゃ怒られそうだけど。
.
.
.
山のようにプリントした写真。
.
.
.
今度こっそり持ってくね。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#岩田剛典
#登坂広臣

not story..
.
.
.
サトミちゃんこと
@jsb_mi__sa ちゃんから
#素敵便
post遅くなってごめんね🙏
ありがとう👺←
謎のチョロギと、
京都のお土産♡
スープじゃないよ、
緑茶だよ♡
チョロギはね、
フォルムがエロいからって
送られてきたやつww
でもね、
これ普通に美味しいからw
カリカリ梅みたい♡
ちなみに隆二んとこの
ヒトミねー様は、
お正月に食べるらしいよ。
何?
おめでたい食べ物なの?
なんかゴム……←自主規制
みたいじゃんww
いつもエロ💣をありがと♡
これからもよろしくね👺←
.
.
.
2枚目以降は、
大好きなエロ臣エロ典と、
癒し系るーじ♡
あー可愛い♡
ちょんまげも可愛かったな、
るーじwww
.
.
.
#蛍
聞くたびに切ない!
今のウチの臣ちゃんに
ぴったりなやつ♡
早く欲しいなアルバム♡
楽しみ♡
.
.
.
いつも読んでくれてありがとう😊
みんな大好き♡
.
.
.
.
.
#岩田剛典
#登坂広臣
#今市隆二

not story...
.
.
.
.
.
.
.
まだ恋が足りないから
想いの全てを伝えたいよ
.
.
まだ愛にはならないなら
今以上抱きしめるよ
.
.
蛍が飛んで キラキラ光る
満天の星たちが舞い降りたように
.
.
蛍はまるで 小さな宇宙
夏の入り口を漂う
揺れて瞬いて
.
.
知らない君がいるよ 僕の瞳の中に
知らない僕がいるよ 君の瞳の中に
.
.
.
その笑顔僕以外の誰にも
見せないでいてほしい
.
.
君の世界の何もかも
僕がそう 照らしていたい
.
.
.
蛍が飛んで無数に彩る
こんなにも寂しく 優しい煌きで
.
.
蛍はそっと僕らを結ぶ
どれほど好きになったのかしらしめながら
.
.
.
綺麗な水に青い蛍飛び交う
命燃やして
.
.
朝など来なくていい
明日の息吹さえも
青空もいらない
.
.
.
蛍が飛んでキラキラ光る
満天の星たちが舞い降りたように
.
.
.
蛍が飛ぶよ
蛍が飛ぶよ
2人だけの月夜の切なく飛んでる
.
.
どれほど好きになったのか
しらしめながら
.
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#登坂広臣
#妄想story
#蛍
#FUTURE
.
.
.
.
.
2018.05.18
.
.
.

episode three.
.
.
026.
.
.
.
ーOmi side
.
.
.
静かな部屋に、
明かりを灯す。
.
.
.
俺の姿を見つけたエダマメが、
ピクリと反応して
尻尾を振った。
.
.
.
臣)ただいま。
.
.
.
ゲージの隙間から指を差し入れると、
鼻をひくひくさせてくっつけた。
.
.
.
暑苦しい服を脱ぎ捨てて、
ネクタイを緩める。
.
.
.
脱ぎ捨てた服を、
ハンガーにかける〇〇は、
それを和室のラックにかけると、
自らの背中のファスナーに手を伸ばした。
.
.
.
髪が絡まってるのか、
上手く取れない〇〇の後ろ姿。
.
.
.
〇〇)はぁ……っ
もう、
なんでこんな所に絡まるかなぁ。
.
.
.
1人でブツブツ言いながら、
相変わらずファスナーと格闘中。
.
.
.
「これ、取って」
.
.
.
ひとこと言ってくれたらいいのに。
.
.
.
別にもう怒ってねぇし。
.
.
.
そんな事を考えながら、
意地っ張りなのはお互い様。
.
.
.
諦めたのか、
そのままバスルームに向かって行こうとする
〇〇の後を追いかけた。
.
.
.
臣)おいっ!
.
.
.
〇〇)ん?
.
.
.
臣)取れないんだろ?
どーすんの、それ。
.
.
.
〇〇)鏡、
見ながらやろうと思って。
最悪切っちゃおうかな、
みたいな?(笑)
.
.
.
臣)ばーか、
取ってって言やぁいいじゃん。
.
.
.
〇〇の体をくるっと回して、
背中を向かせると、
絡みついた数本の束を、
ファスナーから外した。
.
.
.
〇〇)ありがと…
.
.
.
ダメだ、俺………
.
.
.
〇〇の小さな背中を、
ぎゅっと抱きしめる。
.
.
.
臣)お前、
俺のじゃなかったっけ……
.
.
.
ずっと前から。
.
.
.
無言で頷く〇〇。
.
.
.
臣)何岩ちゃんに
犯されそうになってんの?
.
.
.
〇〇)ちが………っ
だって、
声出せたのに、
わたし黙って剛典くんに…
.
.
.
臣)岩ちゃんなら良かった…?
.
.
.
〇〇)そうじゃなくて、
なんか、
その………
.
.
.
へんな言い訳じゃない、
ちゃんと伝えようとしてくれようとしてんだけど、
上手く伝えられないもどかしい感じ。
.
.
.
臣)ん?
.
.
.
頬を寄せて、
久々の体温を感じる。
.
.
.
臣)お前の旦那、
誰だっけ?
.
.
.
〇〇)ひろ………おみ。
.
.
.
臣)岩ちゃんは?
.
.
.
〇〇)………岩田剛典。
.
.
.
そうくるか(笑)
.
.
.
臣)そうだけど、
そうじゃないだろ。
まぁ……そうだな。
あいつは俺らの弟みたいなもんだ。
だから気になるのもわかるし、
心配なのもわかる。
.
.
.
俺だって心配だよ、
あいつの事。
.
.
.
臣)ちゃんと線引きしよ。
お前が関わっていいこと、
悪いこと。
.
.
.
〇〇)ん……ごめんね。
.
.
.
臣)やだ。
.
.
.
〇〇)ごめんなさい…。
.
.
.
臣)どこまで!
ヤられたかしんねぇけど、
多分聞いたら俺、
岩ちゃん刺しそうだからやめとく。
.
.
.
俺の女である前に、
ちび臣も臣花もいるんだから…
.
.
.
臣)頼むわ…。
.
.
.
籠の中に入れて、
ずっと側に置いておきたい程に
惚れた女だった。
.
.
.
それでもずっと前から、
自由なやつ。
.
.
.
すぐどっか行くし、
ふわふわしてるし、
バカだし、
男心全くわかってねぇし。
.
.
.
臣)男は怖えぞ。
.
.
.
〇〇)…よく知ってます。
.
.
.
臣)簡単について行っては
いけません。
.
.
.
〇〇)ごめんなさい…
.
.
.
腕の中の〇〇は
くるっと向きを変えて、
俺の背中に腕を回した。
.
.
.
〇〇)おみぃ………
.
.
.
臣)アホかお前は。
鎖に繋ぐぞ。
.
.
.
体を離して、
むにゅっと両頬を指先で挟む。
.
.
.
とんでもなく不細工になった、
〇〇の顔に、
おでこをくっつけて、
小さく呟いた。
.
.
.
臣)犯すぞてめぇ。
.
.
.
何があったって多分、
離れることはできないんだろうな。
.
.
.
一生側にいるって
一生わがまま聞いてやるって、
約束したんだった。
.
.
.
こんな事で、
嫌いになんてなれねぇし。
.
.
.
仕方ねぇだろ、
俺の女だもん、
ずっと前から。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
臣)風呂入ろっか。
.
.
〇〇)…お先にどうぞ。
.
.
臣)なんでだよ。
一緒に入ろうよ。
.
.
〇〇)…今日はいい。
.
.
臣)なんでだよ。
全身チェックしてやるよ(笑)
.
.
〇〇)……逃げらんない?
.
.
臣)当たり前だ、
バカヤロウ(笑)
.
.
.
.
真っ暗なバスルームに
キャンドルを浮かべて、
揺れる炎を見つめる〇〇は
俺の腕に包まれながら、
ゆっくり目を閉じた。
.
.
.
〇〇)頭痛い……
.
.
臣)大丈夫?
.
.
〇〇)うん、
いつもの酷いやつ。
薬飲んで寝よ。
.
.
.
.
.
#妄想ストーリー
#妄想story
#登坂広臣
#岩田剛典

episode three.
.
.
025.
.
.
.
ーxxx
.
.
.
.
法事が始まるギリギリに、
名古屋から来たお父さんは、
わたし達の見えない場所で、
こっそり泣いてた。
.
.
.
全ての作業が終わって、
納骨を済ませた後。
.
.
.
全てが終わったかのように、
一気に体の力が抜けた。
.
.
.
臣花は、
ベビーカーの中でぐっすり。
.
.
.
グズらなくてよかった。
.
.
.
〇〇)はぁ………
.
.
.
片隅のパイプ椅子に座り込んで目を閉じた。
.
.
.
32...33だっけ…
.
.
.
若すぎるよ。
.
.
.
まだまだこれからだっていうのに、
何してんの…
.
.
.
亡くなる前、
剛典くんと一緒にいた時。
.
.
.
忙しいからほとんど家にいないだとか、
お風呂の中に落としそうになったとか、
文句ばっかり言ってたけど
嬉しそうだったな。
.
.
.
男の子だから、
レザーのジャケット着せたいだとか、
大きくなったら、
バイクでツーリングしたいとか、
剛典くんには内緒だけど、
こっそり企んでるって言ってた。
.
.
.
ーズキン……ッ
.
.
.
頭痛い……
.
.
.
もともと偏頭痛持ちだけど、
最近頻繁になる気がする。
.
.
.
目眩もするし、
そろそろ生理が来るのかな…
.
.
.
目を閉じて、
壁に頭をもたれさせて、
深呼吸をする。
.
.
.
この後みんなで会食して、
そのあと広臣たちは、
飲みにでも行くのかな…
.
.
.
あ…
.
.
でも織姫いるし、
会食終わったら剛典くんは
戻るかな。
.
.
.
この前1人で立ってたし、
一番危ない時期だよね。
.
.
.
…大丈夫かな。
.
.
.
.
ゆっくり話したいな、
広臣と……
.
.
.
何度も深呼吸して、
動悸を落ち着かせる。
.
.
.
今日は蒸し暑いな…
.
.
.
.
.
ー〇〇…………っ
.
.
.
耳の奥に蘇る、
お姉ちゃんの声。
.
.
.
ハスキーボイスで、
なんだかかっこよかったな…
.
.
.
.
剛典)大丈夫?
なんか顔色悪いよ…?
.
.
.
目の前から聞こえてきた
剛典くんの声にゆっくり目を開けると、
一瞬視界が真っ白になった。
.
.
.
〇〇)ん……ありがとう。
大丈夫。
.
.
.
重たい体を無理やり立たせて、
フラフラと広臣と敬浩さんがいる、
喫煙所まで向かった。
.
.
.

.
.
.
会食を終えて、
これからどうするって話してる、
敬浩さんと広臣。
.
.
.
ぼーっと部屋の窓から、
空を眺めてる剛典くん。
.
.
.
ちび臣と臣花は、
途中で迎えにきてくれた、
義姉さんと広臣の実家に行った。
.
.
.
ーじゃあ、
俺は戻るから。
.
.
.
〇〇)うん。
来てくれてよかった。
お母さん、
何か言ってた?
.
.
.
ー最後くらい、
見送ってやれって。
葬儀の時も本当は顔出せって、
ずっと言われてたんだけど、
来る勇気が出なかった。
.
.
.
〇〇)そっか…
明日、
気をつけて帰ってね。
.
.
.
広臣と敬浩さんと剛典くんに声をかけて、
お店から出て行ったお父さん。
.
.
.
この後病院に寄って、
織姫に会っていくって言ってた。
.
.
.
お父さんが出て行ってすぐに、
剛典くんも後を追って出て行った。
.
.
.
敬浩)〇〇ちゃん、
ちょっと……
.
.
.
〇〇)ん?
.
.
広臣をおいて、
敬浩さんと部屋を出た。
.
.
.

.
.
.
通路の突き当たりの、
大きな窓の前。
.
.
.
喫煙スペースの片隅の椅子に座って、
タバコに火をつける敬浩さんの隣に
腰を下ろした。
.
.
.
敬浩)大丈夫?
.
.
.
〇〇)あ…はい。
なんかちょっと頭痛くて。
気づかれしちゃったんですかね。
やっぱりショックだったし、
お姉ちゃんのこと……
.
.
.
左手の薬指のリングを、
くるくる回しながら
なんだか敬浩さんの顔を見れないでいる。
.
.
.
敬浩)あぁ……そうじゃなくって。
岩田の事。
ごめん、俺途中から気づいてた。
.
.
.
あの日、
ガチャガチャとドアを鳴らしたのは、
やめとけって合図だったって笑ってた。
.
.
.
〇〇)あはは……
なんか、
最低ですよね、わたし。
.
.
.
敬浩)まぁ…
俺がとやかく言える事じゃないけど、
登坂は傷ついたと思うよ。
.
.
.
〇〇)はい…
.
.
敬浩)登坂と岩田もギスギスしちゃってるし、
まぁーーなんだろな、
ちょっとやりすぎ、みたいな?(笑)
.
.
.
〇〇)わかってます。
.
.
.
敬浩)あいつら2人が消えた時、
一緒に行ってやればよかったって、
臣ちゃん優男だなぁ…(笑)
.
.
.
〇〇)ごめん..
.
.
.
敬浩)あ、そんな泣きそうな顔しないで。
別にいじめに来たわけじゃないから(笑)
.
.
.
ははって笑って、
わたしの頭をポンポンする大きな手。
.
.
.
敬浩)早く仲直りしな(笑)
君たちバカップルがイチャイチャしてないと、
お兄ちゃんアメリカ行けないから(笑)
.
.
.
ほんのり漂って来る、
セブンスターの香り。
.
.
#妄想ストーリー
#登坂広臣
#田崎敬浩
#岩田剛典

episode three.
.
.
024.
.
.
.
ーOmi side
.
.
.
結局次の日の朝、
自宅に戻って、
用意してくれたであろう、
喪服を取りに行った。
.
.
.
まだ寝てるであろう、
寝室を覗き込むと、
ベッドのど真ん中ですやすや眠る
2人の膨らみ。
.
.
.
ちび臣をぎゅっと抱きしめる〇〇。
.
.
.
〇〇にしがみつくちび臣。
.
.
.
臣)ふはっ(笑)
可愛いなこれ。
.
.
.
.
再びリビングに降りて、
不思議そうな顔で見上げるエダマメに
朝飯を与えて、
庭に放した。
.
.
.
臣)くぁ…………っ
.
.
.
眠てぇなぁ…
.
.
.
昨日いつまで飲んでたっけ?
.
.
途中で敬浩さんが、
気づいたら珍しく寝落ちてて、
しばらく1人で飲んでたら、
〇〇から電話かかってきて。
.
.
.
大きなあくびをして、
久しぶり……っつっても
3日ぶりくらいだけど。
.
.
.
リビングのソファに横になって目を閉じた。
.
.
.
臣花はまだ寝てたから、
敬浩さんに任せてきた。
.
.
.
「仲直りのチューしてこい、
なんなら………」
.
.
.
そこまで言った敬浩さんを
無視して出てきた、俺。
.
.
.
なんとなく聞こえる、
風の音。
.
.
.
波の音。
.
.
.
この時期特有の、
清々しい朝の風に吹かれてると、
気持ちが良くて、
そのまましばらくうたた寝をしてた。
.
.
.
〇〇とちび臣が起きてきて、
一気に騒がしくなるリビング。
.
.
.
〇〇)え…?
.
.
.
起きてきて、
いきなりいる俺に、
絶対びっくりしてる奴(笑)
.
.
.
臣)うるせぇなぁ、
相変わらずこの家は。
.
.
.
〇〇)ど……したの?
.
.
.
ちび臣)ひろーーーおみ!
.
.
.
変なイントネーションで呼ばれると、
足元にきたちび臣を抱き上げた。
.
.
.
臣)ただいま。
.
.
.
ちび臣)おかえりなたい!
.
.
.
ぎこちない空気が漂うリビング。
.
.
.
ちび臣がドヤ顔で
持ってきた飼育ケースの中にいる、
でっけぇカタツムリ。
.
.
.
ちび臣)カタチムリ!
.
.
臣)ちげぇよ、
かーたーつーむーり!
チじゃねぇよ、ツ!
わかった?
.
.
.
片言の日本語を全て拾い集めてくると、
なんとなく会話が成り立つようになった。
.
.
.
飼育ケースに片手を突っ込んで、
ちび臣の手のひらサイズのカタツムリに
いちいちビビる俺。
.
.
.
なんとなく過ぎてく時間。
.
.
.
朝飯を食べて、
歯磨きをして顔を洗って、
服を着替える。
.
.
.
臣)なぁ………
.
.
〇〇)ん…?
.
.
.
臣)ネクタイ締めて。
.
.
.
〇〇)ふふっ(笑)
仕方ないなあ…
.
.
.
自分で出来るけど。
.
.
.
なんとなく甘えてみたい
お年頃。
.
.
.
昔からだけど。
.
.
.
差し出したネクタイに
手を伸ばして受け取ると、
俺の首に回した。
.
.
.
器用に結びつけるネクタイ。
.
.
.
「殴って悪かった。」
.
.
それはもう昨日言ったな。
.
.
「今日飯でも行くか?」
.
.
.
今日はみんなで
食事会だ。
.
.
.
せっかく近くにいるのに、
何も言えない俺。
.
.
.
いつもなら、
いきなりキスして、
何してんのって笑われて…
.
.
.
言葉探してる俺。
.
.
〇〇)…よし、出来た。
.
.
.
襟を整えて離れて行こうとする〇〇に
結局何も出来なくて、
時間までまったり。
.
.
.
俺こんなショボいやつだったっけ?
.
.
.
時間になって、
車に乗ると、
そのまま目的地まで。
.
.
.
同じような服を着た、
敬浩さんは
臣花を抱えて車から降りてきた。
.
.
.
敬浩)臣ちゃん!
俺バイクでレインボーブリッジ眺めながら
来ようと思ったのに
臣花いるからタクシー呼んじゃったよ!
.
.
.
臣)あぁ、そうだった、
臣花ーーーっ!!
.
.
.
敬浩さんの腕の中から
愛しのお姫様を奪い取ると、
むぎゅっと抱きしめた。
.
.
.
ちび臣)あかいろー!
.
.
敬浩)おぉ、息子♡
かっこいいじゃん、それ。
.
.
白シャツに一丁前にネクタイ締めた、
ちび臣を抱き上げる敬浩さん。
.
.
.
〇〇はあっちで、
受け付け中。
.
.
.
敬浩)岩田おっせぇなぁ…
.
.
.
臣)遅いっすね。
寝坊してねぇだろうな、
あいつ。
.
.
敬浩)やりそうだな(笑)
.
.
.
.
.
.
時間ギリギリに来た岩ちゃんは
1人で来た。
.
.
.
臣)おっせぇわ!
何してんだよ!
.
.
.
子供らの前だから、
なるべく普通に…
.
.
.
剛典)ごめん……っ
ちょっと朝から、
母親くるの待ってて、
病院で入れ替わってきて…
.
.
.
臣)は?病院?
何それ。
.
.
.
剛典)いや…
ちょっと昨日の昼間、
織姫目ぇ離した隙に
椅子によじ登ってたみたいで、
ひっくり返っちゃって…
.
.
.
臣)あっぶねぇなぁ…
で、大丈夫なの?
.
.
.
剛典)今日一日様子見て、
何もなければ帰ってこられるって。
はぁ………っ
.
.
#妄想ストーリー
#登坂広臣
#田崎敬浩

Most Popular Instagram Hashtags