hay_hutte hay_hutte

2,210 posts   3,908 followers   376 followings

HAY hutte ハイヒュッテ  『自然との関わりを意識する、日々の暮らし』をテーマにしたライフスタイルブランド。インテリアや家具のデザイン設計の他、インテリア+アウトドアで楽しめるグッズを販売しています。 HAY hutte shoto▷渋谷区松濤2-13-1 松濤ハウス202 月・火・金・土 12〜19時

19日(火)をもちまして『NEW ARRIVAL from SUD-EST』は終了しました。ご来店いただいた皆さま、ありがとうございました。
.
よくお客様から「買い付けに行った国の中でどの国が一番好きですか?」と聞かれることがあります。いつも答えに迷いますが、なんだかんだフランスなのかなと最近よく思います。
エレガントな雰囲気の女性らしいものは勿論フランスらしいですが、メンズライクだけど野暮ったさがないもの、それも私の中ではフランスならではだなと感じる一つの要素です。インダストリアルと一言で済ませるには勿体ないような素材の組み合わせ方をしているものやフランスのミッドセンチュリーデザインのもの。ただ古かったり、味が出ているもの以上に、私たちはフランスのそんなアイテムに惹かれ買い付けてきています。
.
今回の買付けではそんなアイテムに沢山出会うことができて嬉しかったです。まだお披露目していないものもありますので、また並んだ際は是非見にいらしてください。

本日17日(日)も『NEW ARRIVAL from SUD-EST』開催のためオープンします。
.
昨日の出張料理人・岸本恵理子さんによるイベント『A tavola in Puglia プーリアの夏の食卓へ』は盛況の中無事に終えることができました。
やはり岸本さんの手打ちパスタは凄かった…!ほどよいモチモチ感、ソースとの絡み具合、全てが最高で、プーリアで食べた味を思い起こさせるものがありました。プーリアの伝統料理である乾燥そら豆のピュレも素晴らしかったので、現地でも食べてみたかったなと思ったり…プーリアへ行かれる方には是非食べていただきたいレコメンドメニューです。
どこまでも忠実で緻密なお料理の数々を作って下さった岸本恵理子さんには感謝の気持ちでいっぱいです。彼女のパワフルさが溢れた素敵なイベントになり、とにかく良かった!
ご来店いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
.
プーリアのアイテムもどんどんお嫁にいっていますが、まだご用意はありますので、19日までの会期中ご来店お待ちしております。

【A tavola in Puglia 夏のプーリアの食卓へ 6/16(sat) 】
本日よりイタリア、フランスの南東部で買い付けてきたアイテムの販売をスタートしました。
また、いよいよ明日16日は出張料理人・岸本恵理子 @eritin_on_the_earth さんによる食のイベント『A tavola in Puglia 夏のプーリアの食卓へ』開催です!
先ほど彼女から送られてきたメニューはこちら!目を通しただけでも惹かれるものばかりですが、岸本さんの代名詞的な手打ちのパスタは是非召し上がっていただきたい逸品です。
お食事に合うワインもご用意して12時過ぎ頃からユルユルと始めますので、皆さま遊びにいらしてくださいね。
.
《MENU》
✔︎手打ちパスタ2種
・オレキエッテ クルダイオーラ仕立て
暑い夏のプーリアならではのパスタ。
茹でたての手打ちオレキエッテと生のトマト、バジル、カチョリコッタチーズを火を入れずに和えます。 .
・焦がし小麦入りカヴァテッリ ズッキーニのソース
焼畑から生まれた焦がし小麦を練りこんだ手打ちショートパスタ カヴァテッリに、葉、花、実まで、ズッキーニの全てをクタクタに煮込んだソースを和えます。 .
✔︎野菜料理
・プレ ディ ファーベ
プーリアの伝統料理。乾燥そら豆のピュレに獅子唐のトマト煮、赤玉ねぎを合わせて。 .
・焼き茄子 冬瓜 胡瓜のサラダ&マッシュルームのマリネ
暑い夏のプーリアは、日本のように胡瓜や隼人瓜を食べる食文化があります。今回は、同じように暑い沖縄の冬瓜と胡瓜、焼き茄子を合わせたサラダに。 .
✔︎ワイン
岸本さんが大好きなカンティーナジャルディーノのビアンコ(白)とロザート(ロゼ)を中心にご用意。彼らのワイナリーはカンパーニャ州にありますが、プーリアとの州境に位置しており、食文化も似通っています。昨夏見せてもらった素焼きの甕、アンフォラで熟成したワインは野菜の旨味にもぴったりです。
.
今回オススメのプーリアの陶器類と合わせて、是非お楽しみください!

【NEW ARRIVAL from SUD-EST』
明日6/15 (金)より、先日イタリアとフランスで買付けてきたアイテムの販売をスタートします。
今回私たちが車で周ってきた'SUD-EST'は、それぞれの国の南東エリア。イタリアのプーリア地方、フランスのローヌ・アルプ地方、プロヴァンス地方で見つけてきたバリエーションに富んだラインナップをお楽しみください。
.
明後日16(土)は出張料理人・岸本恵理子さんがイタリア・プーリア地方の料理を振る舞う食のイベントを開催します。こちらの詳細もまた追ってお知らせします。
.
今回はかなりアイテムのボリュームあります!皆さまのご来店お待ちしております。

【A tavola in Puglia 夏のプーリアの食卓へ 6/16(sat) - NEW ARRIVAL from SUD-EST】
6/15 (金)〜19(火)まで『NEW ARRIVAL from SUD-EST』として、先日イタリアとフランスで買付けてきたアイテムの販売をスタートします。
SUD-ESTとは、イタリア語及びフランス語で南東の意。今回私たちが車で周ってきたイタリアのプーリア地方、フランスのローヌ・アルプ地方、プロヴァンス地方はまさに各国の南東にあたります。隣合わせの国で同じ南東と言っても、片や山に、片や海に囲まれたそれらの地方がもつ文化はそれぞれに特色があり、それは産み出される物や食にも現れています。その違いを程よくミックスした展示にしたいと思うので、是非お誘い合わせの上いらしてくださいね。
.
また、16日(土)は出張料理人・岸本恵理子さん @eritin_on_the_earth による食のイベント『A tavola in Puglia 夏のプーリアの食卓へ』を開催いたします。毎年何度もイタリアへ足を運んでいる岸本さんが、プーリア地方のシンプルな料理を現地さながらに再現してくれる予定です。今現在もイタリアにいる彼女、帰国したばかりの16日は今回得たアイデアをメニューに盛り込んでくれることでしょう。こちらも是非お楽しみに!
.
期間中、皆さまのご来店をお待ちしております!

《HAY hutte shoto 6月の営業日》
ヨーロッパから帰国し、今日6/2(土)から営業再開しています。
.
6月のHAY hutte shotoの営業日です。6/15〜19は今回買い付けてきたフランス🇫🇷とイタリア🇮🇹の商品の販売をスタート!16日(土)は美味しいイベントも開催しますが、詳しくはまた改めて告知します。
17日(日)もイベント期間中のため、特別にオープンします。
.
よろしくお願いいたします。

【フランス買付記 18初夏】
5月27日.28日
今回のパリでの滞在先は友人のお母さんのアパルトマン。クラシックな趣の部屋で、猫ちゃんも2匹いて、今までで一番パリらしい生活を体験できたような気がします。日曜日の朝は隣接した広場にマルシェが。27日はフランスでの母の日だったので、このマルシェのお花屋さんでブーケを買って友人のお母さんにプレゼントしました💐
午前中は再びヴァンブの蚤の市へ。もうだいぶ買付けできていたので軽く見て、友人達とランチしてからはいよいよ梱包作業です。あっという間に夜になり、友人カップルがへろへろの私たちを最後のディナーと軽いパリのドライブへ連れて行ってくれました。ディナー後に食べたプロフィットロールから元気をもらい、帰ってからはまた深夜まで梱包を。
そして、最終日の28日を迎えるのですが、本当に今回ばかりは梱包が終わらないのではないかと思うくらいギリギリでした…結果、空港まで写真を一枚も撮れずじまい。悲しい最終日でしたが、クラクラしながら空港で最後のタルトポムを頬張れただけでも良しとしましょう。
.
買付けを始めた頃の気持ちに立ち返りたいなと思って企画した、今回のフランスとイタリアの旅。
純粋に行ってみたいなと思う未開の場所と以前訪れた思い入れのある場所を2人で周ろうと思い行程をつくったら、長い移動距離ばかりの旅になってしまいました。今はとにかく無事に終えることができてホッとしています。
.
HAY hutte shoto は6/2(土)より営業を再開します。
よろしくお願いいたします。

【フランス買付記 18初夏】
5月26日
素晴らしい景色を見ながら朝食をとった後、また登山列車で下山。車窓からチラリと見えるモンブランの神々しさ、最高でした🏔
この日はシャモニーから1時間ほど車を走らせたところにあるアヌシーの蚤の市の開催日。私たちが以前にも何度か訪れている大好きな蚤の市です。到着が遅くなりましたが、お昼もとらずに満足がいくまで買付けをしました。やはりここでしか手に入らないものがあるのです!湖沿いにあるアヌシーの美しい街景色もやはり最高!
そこから急いでパリへ。また5時間半ほどの車移動です。
ソレイユ高速道路の長閑な景色が私たちは大好きです。途中道を間違えて下りてしまった小さな田舎町もとても綺麗だった。つくづくフランスは美しい国だなと思います。
夕暮れ時のような空模様のパリに21時ころ到着。そこからは友人カップルと楽しいディナーを楽しみました🍴

【フランス買付記 18初夏】
5月25日
この日も移動日およびオフ!
簡単な朝食をボローニャのカフェで済ませてから、向かう先はフランスのシャモニー🏔4年前に初めて訪れた時から再訪を楽しみにしていた場所です。
ボローニャからミラノを通過して、イタリア語でのモンブラン'MONTE BIANCO'の標示が見えてきたあたりからはすっかり山景色に。以前のフランスからのルートよりもイタリアからの方が迫力ある山々の連続で見所満載でした。イタリアとフランスの国境はまさにモンブランの麓。長い長いトンネルを抜けるとフランスです。
お昼過ぎにモンブラン麓の街・シャモニーに無事到着。そこから登山列車に乗り、メールドグラス氷河まで。
この日の宿泊先は氷河脇にある山荘のようなホテル。雄大な山々が間近に見られる素晴らしいロケーションに建っています。
買付けの旅が始まってからなかなかゆっくりすることができなかったので、この日はただただ部屋から移りゆく山の景色を見て過ごしました。

【イタリア買付記 18初夏】
5月24日
この日は完全な移動日。
宿泊していたアルベロベッロの中心部を見てから、せっかくプーリアへ来たのだからアドリア海を眺めに海沿いの街・ポリーニャノアマーレに寄り道しました。晴天だし新鮮な海鮮も食べられたし最高!やっとイメージしていたプーリアの景色を見ることができました。
このあたりでプーリアとはお別れし、また6時間近く車で北上しボローニャへ。夜20時頃、ボローニャに到着。疲れていたので外出はやめようかと思いましたが、一目ボローニャの街並みを見たいなと外に出たら、ひたすら回廊が続く景観がとにかく美しく、ノーマークだっただけに感動してしまいました!気になっていた老舗レストランの雰囲気や食事もとても良かった!食べたのはもちろんボロネーゼ。
また、小さな街なのに夜がとても盛り上がっていて、その喧騒感もなかなか良かった!!
すっかりボローニャの街の虜になってしまいました。

【ORGANIC BAKES day @ HAY hutte shoto 本日5/26開催です】
いよいよ今日は当店のスタッフでもある浦中さんのスコーンとジャムのブランド'ORGANIC BAKES'の商品をハイヒュッテで販売するイベント開催日!イートインもできるようです。
彼女が作るスコーンやジャムは本当に毎日食べたくなるような優しい味で、濃いキャラの彼女とのギャップがまたおもしろいので、お時間がある方は是非足をお運びください😊
店主はフランスの山奥におりますが、現地のスコーンを食べて応援しようと思います。
.
Repost from @organic.bakes @TopRankRepost #TopRankRepost
何だかんだソワソワしつつも先が見えてきて少しワクワクする余裕が出てきましたよ

明日は天気も良さそうでホッとしてます

いろんな方向に好きなように膨らんだ
スコーンの愛くるしさったら
ほんと誰にも媚びてなくて凄いなって
いつも感じます

パックリ割れてたり
みょーんって横ばいだったり
…ほんとダイスキだぞ、おいっ笑

明日はこの子達を少しおめかしして
連れて行きますよ

スタメンのスコーンは5個セットで販売
今回はこの時期限定のスコーンも
ご用意しました
こちらは1個から選んで頂けます

イートインでは
この日だけの限定柑橘ジャムを使った
さっぱりとした炭酸系とフルーツアイスティーの2種類ご用意しております

#organicbakes
#個包装タグ付け
#箱詰め作業中まで
#粛々と1人で作業
#後一息
#茶色い色の食べ物って美味しいものしかないよね

【イタリア買付記 18初夏】
5月23日
プーリアでの滞在先はアルベロベッロにある16世紀半ばに農民達が多く住んでいたと言われる石造りの家・トゥルッリ。
今回の買付けはこのプーリアに来たくて行程を練ったようなものなのですが、本番当日はまさかの大雨😭少しテンション下がりましたが、買付けをするためにオストゥーニという白い丘上都市へ向かいました。予定よりも到着が遅くなったにもかかわらず、今度はアンティーク屋さんがことごとく閉まっている😭困難続きで途方に暮れましたが、その辺りを歩いていたら12時過ぎにアンティーク屋のおじさんがドアをオープンするのを目撃!すかさず中に入り話を聞いたら、また13時から16時まではお昼休憩とのこと。だったら16時オープンにすればいいのに…他のところもとりあえず閉まっていて電話をすると開けてくれるというお店が多く高レベルでしたが、なんとかプーリア地方の古い陶器の数々を無事に買い付けることができました。
オストゥーニはオリーブ畑に囲まれた高台にあるとても小さな街。狭い路地裏はどこも絵になり、本当に可愛らしい街でした。
夜はもう少し南下して、南イタリアのフィレンツェと言われるレッチェへ。植松良枝さん @uematsuyoshie に教えてもらったオステリアで食べたチーマデラーパのオレキエッテが最高に美味しかったです!オストゥーニでお昼に食べた黄トマトとブッラータの大きなオレキエッテも素晴らしかったので、プーリアで食べるべきはやはりオレキエッテなのですね〜!
宿に戻ったら停電で電気も水も止まっていましたが、トラブル続きのプーリアわりと楽しめています。

Most Popular Instagram Hashtags