hay_hutte hay_hutte

2,239 posts   4,036 followers   396 followings

HAY hutte ハイヒュッテ  『自然との関わりを意識する、日々の暮らし』をテーマにしたライフスタイルブランド。インテリアや家具のデザイン設計の他、インテリア+アウトドアで楽しめるグッズを販売しています。 HAY hutte shoto▷渋谷区松濤2-13-1 松濤ハウス202 月・火・金・土 12〜19時

週末の'Autumn Market @PARKER'に来てくださった皆さま、ありがとうございました!色とりどりな出店者の方々と二日間過ごすことができ、緩やかで楽しいイベントでした。
買付けや出店で休みがちだった HAY hutte shoto ですが、本日から通常通り月、火、金、土曜日と営業します。
秋らしい新商品もいくつか出し始めたので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

PARKERさんの朝食イベントと共に、本日21日も'Autumn Market'スタートしました!
2Fでは16時まで美味しいトーストメニューが食べられますよ。
1Fのマーケットは19時まで、皆さまお待ちしております!

今週末の20土曜日、21日曜日は代々木公園近くの素敵なお店『PARKER @parker.tokyo 』さんでの朝食イベント&マーケットに、HAY hutte も参加します!
朝食からイメージが湧くテーブルウェアや秋のアウトドアシーンに合いそうなアイテムを持って行く予定です。
イベント準備、出店のため、19金曜日〜21日曜日は HAY hutte shoto はクローズです。宜しくお願いします! :::::::::::::::::::::::::
PARKER AUTUMN MARKET

10/20 Sat - 10/21 Sun
11:00 - 19:00

代々木公園のPARKER 1FとBack yard にて秋のマーケットを開催いたします。
インテリアの出店は初夏のマーケットに続き、
ideot ( @ideot_net )、Zanny ( @Zannyantiques )、
松濤にある素敵なインテリアショップ HAY hutte ( @hay_hutte )。
フードは、PARKERでもほうじ茶などを2Fでご提供している蔵前にある有機栽培のお茶やさんTEA NAKAMURA LIFE STORE ( http://www.tea-nakamura.com )、
ご近所さんで有機野菜などを販売している 坂ノ途中 ( @sakanotochu_soil )、
イタリアのアマレッリのリコリスを輸入販売している Liquiriziable ( @liquiriziableofficial )
が出店いたします。

PARKERからも、
UK LONDONから届いたEarls of East のキャンドル、
リトアニアのリーベンセラミックス、ウッドのカトラリーなどを販売いたします。
Earls of East のキャンドルは、日本からインスパイアされた素敵な新作も届きますので、
お楽しみに。

そして2階では、21日(日)に「カフェの豊かな朝食会」が開催されます。
全国11の人気カフェから特別に教わった、とっておきの朝食レシピ集「おうちで作れる カフェの朝食」(世界文化社刊)。
本の中に登場するレシピを実際に味わっていただけるイベントを行います。
木の葉色づく代々木公園のそば、ときめく素敵な空間で、豊かな朝食のあるひとときを、西陽射す頃までお楽しみいただけます。

メニュー:カフェの朝食セット(ドリンク付き)1,500円
「おうちで作れる カフェの朝食」に登場するレシピを「Vida Art Bread School」( @mihovida ) 主宰の
佐藤美穂さん特製の食パンにトッピングしたスペシャルメニュー。
アーモンドバタートースト、アボカドトースト、岩塩バターとあんこの中から2種類お選びいただけます。 ※10/20(土)は営業しておりませんのでご注意ください。

公園前のPARKERは10月はベストシーズンです。
皆様のお越しをお待ちしております。

PARKER
#AutumnMarket #ideot #HAY_hutte
#sakanotochu #Liquiriziable #zanny
#parker #yoyogipark #tokyopm
photo by @aya_sun10 :::::::::::::::::::::::::

【ベトナム買付記 18秋】
10月13日
ホーチミン2日目の朝は、ビーフシチューやプリンも食べられる洋食レストラン'kim thanh'で英気を養ってから、ベトナム最大の中華街・チョロンへ。
市場家屋が改装中のため、仮説バラック小屋での営業は変わらず。今回はバラック小屋を見る前に、脇道にある金物屋さんも覗いてみました。そこで買付けていると突然の雨。しばらくしたら雨はやんだのですが、道には沼のような水溜りができているし、商品にはビニールシートがかぶされて見えないし、ありえない程のカオスな状況に。かなりやる気が削がれ、今回のチョロンはそこそこに引き上げました。
中心部に戻ってからは、大好きな邸宅レストラン'Hoa Tuc'で遅めのランチ。毎回同じようなメニューを頼んでいる気がしますが、それだけ美味しいということです。
その後は夜まで梱包作業。ひと段落したところで、また夜のホーチミンの街へ繰り出しました。光り輝く高層ビルと広場に集まる若者達を眺める度に、発展途上のこの街のパワーを感じます。次に来る時、目に入ってくる景色はまた違うものになっているのでしょうか。
トリッキーな感じの移動だった、今回の買付けの旅もこの日でおしまい。買付けたアイテムは、今後参加したり企画するイベントで徐々に出していきたいと思います!

【ベトナム買付記 18秋】
10月12日
機内泊して早朝にホーチミン入り。今回の買付けは、ヨーロッパで一番好きなフランスとアジアで一番好きなベトナムのコンボを決めてみました🇫🇷🇻🇳
空港から統一会堂周辺の緑を眺めながら中心部へ。空港からの移動時間が短いのも、私がホーチミンを好む理由の一つです。
早朝からやっている大衆食堂・ニューランで牛フォーを食べてから、今まで行ったことがなかった'Dan Sinh Market'へ。噂通り、軍物の宝庫!アンティーク屋さんもあったりして、意外にもわりと買付けができました。
ホテルへ一度戻り、午後ホーチミン入りした安井氏と合流して、大好きなバインミー屋さんへ。やっぱりここのバインミーは裏切らないなぁ!美味しすぎる!
そのままホテルマジェスティックを見学したり散策しながら、今日のメインイベントであるアンティークのソンベ焼きの買付けへ。以前よりも物量がパワーアップしていて、見るだけでも頭フル回転でかなり疲れましたが、できる限りの買付けはできたように思います。
夜は少しリッチにパークハイアットのダイニングで。帰りにレックスホテルも見学。ホーチミンはホテル見学も楽しい街です。

【フランス買付記 18秋】
10月11日
とうとうフランス滞在最後の朝。
朝10時にホテルを出発するまで、気になっていた近くのカフェへ朝食を食べに行きました。
パティシエもサービスもスタッフがみんな女性の可愛らしいカフェ'La Bossue'。佇まいがなんとも可愛らしくて、モンマルトルらしい。メニューの構成もフランスとイギリスをミックスした感じで自由さを感じます。焼き菓子の甘さ加減も優しくて、パリでこういうお店はありがたい存在かもしれません。ランチも美味しそうだったので、次回も訪れたいカフェに決定!
その後、何事もなく空港に着いて、最後まで晴天のなか単独のフランス買付けを無事に終えることができました。久しぶりの一人旅、時間の過ぎ方がいつもと違って充実した旅でした。
フランスを発った後は、帰国前に少しだけホーチミンへ寄り道します✈︎

【フランス買付記 18秋】
10月10日
午前中に梱包と出荷作業を終えてから、最後の買付けでモンパルナス方面へ。もうあまり買えないと思っていたのに素敵なものが見つかってしまい、重たい荷物を持ち再びホテルへ逆戻り。
夕方はこの前も一緒にディナーをした友人がリッツでお茶でもしようと誘ってくれたので、初めてリッツを訪れました。パリではあまりホテル見学を今までしてきませんでしたが、実際に足を踏み入れてみることはやはり大事だなと。これからはもっと色々なホテルも見に行かなくてはと思った一時でした。
友人と別れてからは夜の約束まで少し時間があったので、宿から近くに見えながら行けていなかったサクレクール寺院へ。その日のパリの空は曇天で見晴らしがあまり良くなくて残念でしたが、パリの最後の夜らしくてそれはそれで良し!
ディナーはリッツとは打って変わって庶民派ブラッセリーの'Bouillon pigalle'で。女子3人でワイワイと、楽しかったです。

【フランス買付記 18秋】
10月9日
この日は主に梱包と視察の日。
朝方に梱包を少ししてから、毎回必ず訪れるバスティーユとマレ界隈へ。Ble sucre でクロワッサンを買うのも写真を撮るのも、パリに来た時のルーティーンです。
アリーグル市場の蚤の市からスタートして、ユルユルと歩きながら気になるショップをチェック。そして、久しぶりにパレロワイヤルへも足を延ばしました。
一度ホテルへ戻って再び梱包作業。夜、思ったよりも作業がはかどっていたので、またもやしんやさんにディナーを付き合ってもらいました。訪れたのは'JONES'。昨晩よりは気軽な感じで、シンプルなお料理の数々が心地よかったです。

【フランス買付記 18秋】
10月8日
アミアンに一泊し出荷作業を終えてから、再びパリへ。
お昼過ぎに戻り、ゆるくオープンしているクリニャンクールの蚤の市へ久しぶりに行ってみました。VERNAISONでアンティーク商をなさっている知人のご夫婦と世間話をしてから散策。その後はホテルがあるモンマルトル付近へ移動。忘れていましたが、モンマルトルは布屋街でもあって至るところに布屋さんがいっぱい。パン屋や八百屋も多いし、下町っぽくて街歩きが楽しいエリアです。目についた八百屋で、まだ今秋食べていないなとイチヂクを買って帰りました。
夜は以前ハイヒュッテのバインミーのイベントでパンを焼いて下さったパン職人・しんやさんと。ボンマルシェ近くにある'SAUVAGE'という素敵なレストランに連れて行ってもらいました。しんやさんが焼いてくれたパンにJURAのワインを合わせて。こちらの名物だというリードヴォー、特に美味しかったです。
初日からロクな食事ができていなかったので、楽しくて嬉しい夜でした。

【フランス買付記 18秋】
10月7日
日曜日のこの日は年2回開催されるアミアンの蚤の市へ。またもや早朝から長距離列車に乗りこみ、目的地まで向かいました。
パリはずっと晴天続きでしたが、アミアンは曇天の上に寒い!パリから北上しただけでこんなにも違うのかと思うほど、いつ来てもお天気が悪いです。ただ、街全体が会場になっていてとにかく歩き回るので、このくらい寒い方が良いのかもしれません。
蚤の市の内容は想定していた感じで、また探しているものだけを買い足していきました。
回っている時から露店などが目についていたので、昼食は甘み補給も含めクレープに。煮詰めすぎていないリンゴが美味しくて温かくて沁みた…🍎
夕方までひとしきり買付けた後は、一泊するホテルに戻り梱包作業。ホテルから見える景色にどことなくイギリスを感じ、今回初めてアミアンの街の雰囲気を少し掴めたような気がします。

【フランス買付記 18秋】
10月6日
日が昇るのが遅くなってきたパリ。週末の今日は中心部の蚤の市を何軒か周るので、まだ暗い内から活動開始です。
近所でバゲットサンドを買い込んで、バスで右岸の端から左岸の端まで移動してみることにしました。早朝だと道も混んでいないし、わりとパリの見所を通ってくれるのでメトロよりも良いかもしれないと、ここで一つ新たな発見。
そうこうして着いたヴァンブの蚤の市は、なかなかの活況でした。
今回の買付けは足りなくなったものを買い足すイメージで進めています。
今日も晴天の中、車を使ったり歩いたりしながら、夜まで各所の蚤の市を四カ所ほど。久しぶりに中心部のフリマ的蚤の市を回りましたが、絶望しかけたところで、ふいに良いセレクトの人が紛れ込んでいたりするなと今日も痛感。最後まであきらめてはいけませんね。
途中、楽しげなオーガニックマーケットに寄れたのも今日の良かった一時。木の葉も黄色く色づいて、パリはすっかり秋模様です。

【フランス買付記 18秋】
10月5日
まだ陽も昇っていない早朝にパリ入りし、秋の海外買付け'単独パリ編'始まりました。
着いて早々向かったのは、秋にパリへ来る時は必ず足を運ぶ郊外のアンティークフェア。
寒いはずと思っていたら今日は晴天で、眠い上に暑い・まぶしいの三重苦…へろへろになりながらも半日ほどかけて買付けを終えました。いつもほどこのアンティークフェアで買付けなかったものの、ここはどの出店者さんもディスプレイが素敵なので見にくるだけでも価値があるなと感じます。
自然に囲まれた綺麗なシチュエーションも、私の中でパリの秋を感じる景観の一つです。
今回滞在しているモンマルトルへ戻った頃には、すっかり陽も暮れかけていました。近くの薬草店を覗いた後ホテルの屋上へ上がってみると、微かにエッフェル塔も見えて得した気分!パリに来たら、やっぱりエッフェル塔は一目見たい私です。
夜は週末っぽい盛り上がりを見せているモンマルトル界隈で友人とディナー。最近あまり来ていなかったモンマルトル、雑多感溢れるエリアでなかなか滞在先としては面白そうです。

Most Popular Instagram Hashtags