exile_atsushi_official exile_atsushi_official

130 posts   866,715 followers   0 followings

EXILE ATSUSHI  Official HP http://exile.jp/

#atsushizm
まだ興奮が覚めない…。昨日は最高のステージに上がらせていただきました。人生において、あんなステキな時間を何度経験できるのだろう。本当に言葉に言い表せない気持ちになった時、人は勝手に涙が溢れるんだと、あらためて感じた。
2年半ぶりのEXILE。全員のメンバーがEXILEである、EXILE THE SECOND のツアーROUTE 6•6の最終日にサプライズとして登場させてもらった。 “FOR EXILE” の言葉を胸に掲げてくれていたけど、もちろん応援してくださるみなさんのため、そして同時に、なにか自分たちを奮い立たせるかのように、自分たちを鼓舞させているようにも、僕には見えていた。
そんな彼らと僕たちが、またいくつもの”軌跡” と”奇跡” を繋いで交わる瞬間に、言葉に言い表せないほどの感動を覚えた。

8ヶ月もの間走り続けてきたセカンドのメンバーに花を添えに行くような、”お疲れ様” そんな気持ちだった。そして何より、昨日会場にいらしてくださっていたお客様、そしてセカンドのメンバーに最大なるリスペクトを込めてステージに立たせていただた。
仲間っていいなぁってあらためて感じたし、セカンドや、EXILEメンバーが兼任しているそれぞれのグループメンバーが頑張ってくれて、戻る場所があったんだと、あらためて、心底ありがたさしかなかった…。
新しいEXILEに胸をワクワクさせながら、秋からのツアーに挑みたいと思います。待っててくれたみなさんには、待っててくれたからには、絶対に中途半端なモノは観せません…。その想いを胸に刻みました。
Still wrapped up in the magic! It was such an amazing show. I wonder how many times in life I’m able to experience such a precious moment like yesterday.
I can’t express the feeling with words. I have tears flooding out with no reason.
The comeback of EXILE. It’s been two and a half years. As a surprise we performed on the final stage of EXILE THE SECONDs route 6•6 tour. Our main goal is for the fans but simultaneously it felt as though something special was motivating us and encouraging us to create new miracles.
For 8 months the members of THE SECOND kept moving forward. The surprise appearance was to show appreciation to them. Each member kept the EXILE spirit going and I don’t know what to say except to thank them. Being a part of this family feels great.
I’m very excited to entertain all of you this tour that kicks off from September. You have waited for the New EXILE and I promise that I won’t let you guys down. Please look forward to it.

#atsushizm
EXILE FRIDAY とうとう4作目になりました‼️
お疲れ様です。
“Turn Back Time feat.FANTASTICS”
今回はいろいろな意味で特別な曲。それはFANTASTICSの翔太への応援歌であり、夢を追いかける方々への応援歌。いろいろ感じることはあるけれど、EXILE TRIBE みんなで精神的に支えていければという気持ちでこの作品を作り、ボーカリストとして歌わせてもらいました。TAKAHIROが作詞、リリックビデオプロデュースということで、また前向きでさわやかな応援歌が出来上がったと思います。どうか翔太の心の支えになりますように…。そして聴いてくださる皆さんの、心の中の明るい光となりますように…。 

EXILE FRIDAY! Here’s finally our 4th song ! “Turn Back Time” feat. FANTASTICS. 
It’s a special song in various ways. 
Firstly it’s a supportive song for FANTASTICS’s Shota. 
I feel a lot of things but EXILE TRIBE made this with the hope that this song could be a support for everyone. TAKAHIRO wrote the lyrics, and produced the lyric video production. 
I think we were able to create a positive and refreshing song. 
I hope it helps Shota and everyone else. I hope to be a bright light in your heart.

#atsushizm
RED DIAMOND DOGS 。(通称RDD)2016年に僕が仲間と始動させたプロジェクト。しかし、そのまま僕は海外留学へと…。その全貌が明らかになる前に、活動は一旦停止してしまった。厳密には留学して最初に出したのが、このRDDの Stand By Me という曲だった。なぜこのバンドを僕が作ったのか…。それをあまり説明したことがなかったのかもしれない。単純に言えば、ごくごく自然な流れだった。アーティスト活動をしていく上で、同年代の最高のミュージシャンたちと出会い、また最高に心の通いあう友人となり、この仲間たちとなら、なんかおもしろくて、カッコイイことできるかもな…。ただただそんな漠然とした、根拠のない自信だった。でも人生において、この根拠のない自信こそが実は大切だったりする。逆に言えば音楽においては、それがないものはたいてい、良い作品にはならないような気がする。作る前からワクワクしてないと…。2001年にEXILEというグループでデビューさせていただき、またソロで活動を始める時も、EXILEのアルバム中で1曲歌わせてもらったり、EXILEのライブでソロで歌わせてもらったり。それが自然とEXILE ATSUSHIという名前になった。EXILEというグループ名が、自然とATSUSHIにとっての名字になった。そしてその中で仲間たちと出会った。そして同時にその仲間たちは、超一流のミュージシャンでもあった。ただそれだけのこと。だから高校生の時のように、EXILEというグループ名を背負わないで、枠からはみ出して音楽を作ってみたい。これは歌手としては、ある意味のワガママな欲求なのかもしれない。でもなんか自信があるんだ。EXILEでも、ソロのEXILE ATSUSHIでも表現できない音楽が、きっとこのバンドRDDでは表現できることを。もしかしたら、エゴになってしまうかもしれない。でもそのエゴすらもごく自然なATSUSHIだから、興味のある方は是非感じてほしい。本当のATSUSHIはどこにいるのか。そして、そのどれにもリアルなATSUSHIがいると思う。だから、全ての側面から僕は、音楽に対する”むき出しの欲求” でぶつかっていく。むき出しといえば、スナちゃんもね…(笑)ダンスアースフェスに向けて新曲も作っています‼️ぜひRDDをお楽しみに‼️

RED DIAMOND DOGS (RDD) A project that I started with my friends in 2016 but then I went on to study abroad. Shortly after studying abroad, the first thing I released was this RDD 's “Stand By Me”. 

Why did I start this band ...? Actually it was very natural. Through my work, I met the best musicians around the same age, became friends and wanted to create something fresh and cool. It was just that simple. In life, this unfounded confidence is indeed important. For music, if you don’t have that good feeling, it won’t create anything good. You must be excited from before making it. 

I started in the group EXILE in 2001, and then to start as a solo artist, I had one song in the EXILE album. Then the name EXILE ATSUSHI came naturally. The group name EXILE became a surname for ATSUSHI. 
Then I met some super talented musicians. I wanted to produce music that’s different from EXILE as well as the solo EXILE ATSUSHI. Perhaps it may be a bit egotistical... But who is the real ATSUSHI? I think that the real ATSUSHI exists in all of them. That’s why I try to be honest in all forms. Speaking of honesty- my Snapchat is also ... (haha)
Making new songs for the Fes. now!Plz look forward!

#atsushizm
もうそろそろ38歳…。自分も現役バリバリでやってるつもりだけど、少しは歳を感じるようになったかなぁ…。一度痛めた肩の痛みが、なかなか治りにくかったり…(笑)そんな時に、ふとそばにいる後輩に対して、自分が伝えられることや、してあげられることを考えるようにもなってきた。自分にできることは小さいけど、それでもオレを見る眼差しや、いつも真剣で礼儀正しく、律儀に接してくれるヤツのためには、与えられるものがあるなら、惜しみなく与えたい。同じ会社とか、利害関係とか、そういうの関係ない。MABUもその1人。親父さんが亡くなって、途方に暮れて、ダンスを辞めそうになっていた時に、2014年のEXILE ATSUSHI ソロツアー”MUSIC”のバックダンサーのオーディションを受けてくれた。オレは一発でMABUの踊りにやられた。あれから4年。”ATSUSHIさんに救われました。” っていう言葉を彼が吐き出してから、ダンスレッスンで貯めたお金を使ってスタジオに入って、自分で作詞作曲。借金までもしてミュージックビデオ作って。洋服も作って。絵も描いて。ラップもして、振り付けもして。HIP HOPのカルチャーを1人で体現して頑張ってる。そんな若者と縁があったんだから、やれる事をやってあげるのが、先輩というものだと思う。おまけにこの写真、昔の1000円くらいで買えるポケットカメラ。フィルムのやつ。今の時代、携帯で写真どころか動画だって撮れる。あとからいくらでも加工することもできる。だけど、それじゃ出せない味を感じるアナログな感覚。MABU今回それでメイキングの写真を撮るんだって…。こいつの感覚にいつもハッとさせられる。なんかやられる…(笑)。してあげたいはずが、オレが刺激もらっちゃって…(笑)。人と人ってそういうもんなんだなって、あらためて感じさせられる。MABU‼️EP2枚組の配信本当におめでとう‼️

I'm almost 38 years old. Even though I am planning to be actively working, I started feeling a little bit old. For example my shoulder pain isn’t healing as quickly as before. I’m also often thinking about what I can do for the younger guys. What I can do for them are only small but still I want to give generously if there is something to give. I wanna give back to those who are always sincerely working hard and polite. MABU is one of them. When his father passed away and was at a loss, he wanted to quit dancing. He decided to audition as the back dancer of the 2014 EXILE ATSUSHI solo tour "MUSIC". I was moved by MABU's dancing. It’s been four years since then. After he said the words "I was saved by ATSUSHI," He took lessons in the studio using money he had saved and even composed his own songs. With a debt he made a music video. He created his clothes and drew pictures as well as choreography. He fully embodies the culture of HIP HOP and is always doing his best. I feel like it’s my duty to do something for him as his elder. This guy makes me feel a relieved sense of mind. He stimulated me to try to do something for him...It makes me feel that people to people relationships are so important. MABU! Congratulations on the release of your two EPs!

#atsushizm
ブルーノとの再会。
ブルーノがグラミー賞の時に履いてくれた24カラッツのパンツに、アポロシアターで着ていたベルサーチのシャツを合わせて、彼の元へと向かいました。そして、約4ヶ月ぶりの再会。彼は僕のことを覚えていてくれました。
再会できて嬉しいよと伝えた後に、そして何より、グラミー六冠本当におめでとうと伝えました‼️
そして、今回のカヴァーさせてくれたことをあらためてありがとうと伝えたら、ブルーノから、どうだった⁉️日本のファンは喜んでるかい⁉️と質問してくれたので、All the fans love it‼️(日本のファンは全員喜んでるよ‼️笑)と伝えました‼️ブルーノもnice‼️と言って喜んでくれました。

そして本番前だったので、一緒に写真を撮って、SHOWの成功を祈ってるよと伝えて、彼との最高の再会を終えました。
今回のワールドツアーを観るのは2回目だったけど、やっぱり最高すぎた…。正直あの才能には嫉妬すら覚える。
一回観たはずなのに、ワシントンD.C.の2000人規模の近さも良かったが、さいたまスーパーアリーナで3万人の歓声の中で感じるブルーノはまた格別だった。何回でも観たいと思えるコンサートだ。スゲぇよ。あなた…。(笑)
ブルーノありがとう‼


Reunited with Bruno! 
I wore the 24 karat pants that he had during his Grammy and the Versace shirt that he wore at the Apollo. 4 months since we last met. I’m so happy he remembered me! 
After telling him that I’m so happy to see him again, I congratulated him for his 6 Grammys! 
I also thanked him for letting me cover his song in Japanese. Then Bruno asked me how the Japanese fans responded. I replied “all the fans love it”. Bruno was super happy about that. 

Since I saw him before his show, we took this picture together and I told him that I hope he has a great show. 
This was my second time watching this world tour, but he’s incredible. His pure talent is out of this world. It’s enviable. 
I’ve seen this show already in Washington DC with just 2,000 people but it was also such a wonderful experience to watch him along with the 30,000 people in Saitama Super Arena. Completely out of this world. It was a show that I want to watch over and over again. You are amazing! Thank you Bruno.

Most Popular Instagram Hashtags