[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

exile_atsushi_official exile_atsushi_official

87 posts   709116 followers   0 followings

EXILE ATSUSHI  Official HP http://exile.jp/

https://youtu.be/mz7Oa2uOt4Y

#atsushizm
TAKAHIROのファンクラブイベント観に行ってきました。いやぁ一言で、素晴らしかった…。なんか最初はお父さんのような気持ちで観てたけど、そのうちにTAKAHIROワールドにしっかり連れて行ってくれて、心配なんてこれっぽっちもなく、楽しませてくれました。本当にありがとう。先輩ぶるつもりはないけど、成長したなぁ…。歌もかなり素晴らしかったです。一緒に"運命の人"を歌わせていただきました。お邪魔しました。久しぶりに、ステージで会えて嬉しかったよ。どんな言葉よりも、今日来たことで全て感じてくれるよね…。
いつもありがとう。来年のEXILEツアー、楽しもうぜ〜‼
.
Today, I went to TAKAHIRO’s fan club event. It was really great! At first, I was watching his performance from a sort of “fatherly” point of view, but I didn’t have to worry at all because he really created an amazing atmosphere.
Thank you so much. His songs were wonderful.
Singing “Unmei no hito” with TAKAHIRO on stage brought back so many great memories that it made me feel so happy and that means more than any words can express and I hope you understand that…
Thanks again. Let’s enjoy EXILE’s tour next year!!!
#EXILE

#atsushizm
お勤めに行ってまいりました。今月は、日本にいる間に、何箇所か刑務所視察に行ってきます。行くたびにいつも感じるのは、やはり被害者の方々の気持ちを考えると、受刑者のみなさんはしっかりと罪を償い、更生してもらいたい。決して応援しているわけではなく、これからの日本に、犯罪が少しでも少なくなるために。杉良太郎先生のご推薦の元に、正式に法務省から矯正支援官を任命されたのだ。その任務を全うしたい。できる限り。今はただそんな気持ちでいます。.
まだまだ問題は山積みだ。施設の老朽化。受刑者の人権問題と、出所後の生活や社会保障。受刑者の高齢化。刑期内での精神的改善。そして視察後に行った意見交換会で一番感じたのは、何より面倒を見る方の刑務官の不足だ。僕より歳下であろう、ある一人の女性刑務官に、この仕事をしていて喜びはなんですか?と質問してみた。すると、喜びは特にないと言っていた。僕はそのことが忘れられない。喜びや、やりがいなくして仕事が続けられるだろうか。何か喜びを見つけて感じてもらえないかと、胸が苦しくなった. もちろん中には、勤務歴30年以上のベテラン刑務官の方は、親が警察官で取り締まるのもそうだが、その後のケアをするのもまた興味があったと、内なるエネルギーと圧倒的な正義感に、胸が熱くなり、刑務官のお手本のような方の姿も、垣間見ることができた. そして僕がポスターをやらせてもらってる、刑務所内の医師の不足。そして、出所後の就職先を探す人の不足。これは良い就職先に就職できた受刑者は再犯率がものすごく低いらしい。分かる気もする。これらが解決されると再犯率が減り、結果的に犯罪が減るということになる。日本の犯罪の約50パーセントが再犯らしい。ということは、今刑務所にいる人たちが更生することができたなら、日本の犯罪の半分が減ることになる。僕にできることをしていきたい。そして、被害者の方々の気持ちを癒していきたい。今はただ、心からそう思うだけだ。とても普通に生きていたら、経験することのない、塀の中の世界。そこにしかない日本社会の闇の縮図がそこにあるのかもしれない。普通に生きていることがどれだけありがたいことか、毎回痛烈に感じさせられる。頭が爆発しそうだから、ちょこっと酒飲んで寝よう。お休みなさい…

This month I’ll be visiting several prisons. When I think of the victims, those sentenced to jail must do their due time for their wrongdoings. Please don't get me wrong - I am not trying to support the inmates but I went so that I can understand how Japan as a country can move forward with less crime. Under the recommendation of Mr. Ryotaro Sugi, I was officially appointed as a Corrections Officer from the Ministry of Justice. I want to fulfill this mission as much as possible. There are still so many problems to overcome. The facilities are getting old, human rights concerns and the aging population of the prisoners. There are other issues too, such as the support for inmates after their release.
The decrease in the number of criminal legal officers is also a big issue. I asked a woman working as a corrections officer who is younger than me, when she feels happiness in this job. She answered "nothing". I can't forget those words because I can’t imagine myself working for
something where I don’t feel any satisfaction or any sense of reward.
If you’re living an ordinary life, a world surrounded by a fence is something you don’t experience. I have to appreciate daily life. Ok, before my brain bursts I’m gonna sleep

#atsushizm
AIちゃんのLIVEツアー、「和と洋」 を観に、関西方面まで行ってきました。いやぁ…、本当に最高すぎました。なんて言ったらいいのだろう。やっぱりこの人の声は魂を揺さぶるなぁ…。強烈にそれを感じました。分かっていた事だけど、あらためて久しぶりにAIちゃんのshowを生で観させていただいて、そして歌を聴かせていただいて、無条件に涙が出そうになる。いや、溢れてくるという方が正しいかもしれない。そして、あらためてこの人のステージには愛があって、そしてもちろんバンドの皆さんの演奏スキル、AIちゃんとコーラスの方々の圧倒的な歌唱力、Showのコンセプトなど、どれを取っても圧巻の素晴らしさなのだけど、それを超越してしまうAIちゃんの存在感。そうだAIちゃんに会いたくて来たんだって、そう思わせてくれる。全てのスキルを超えるのは、ファンの皆さんが、彼女に会いたいと思うその気持ちと、その彼女の存在なんだと、あらためてそんなことに気付かされた。AIちゃんの存在自体が、間違いなくファンの皆さん、お客様たちを幸せにしていた。そんな波動を感じた。
AIちゃんというアーティストに惚れ込み、彼女を尊敬し、一緒に歌ってみたいと思った頃の気持ちを思い出した。僕が24歳くらいの時だから、もう13年くらい前だろうか…。都内のスタジオでレコーディングしていると、AIちゃんがたまたま同じスタジオに来ることをスタッフの人に聞き、当時僕がやっていたCOLORというグループのCDを持って、AIちゃんを待ち伏せした(笑)そして、その時が初めまして。あれから13年、AIちゃんもお子さんが産まれて、ママになっている。お母さんだもんね。さらにパワフルなステージをこなしているAIちゃんをあらためて尊敬した。そんなステージでした。去年たまたま、産まれたての平和ちゃんを連れて、AIちゃんがファンクラブのイベントでハワイに来ていた時、僕もたまたまアナザースカイでハワイにいて、一緒にバーベキューをすることができた。初めてダンナ様にもご挨拶できて、とても幸せな時間だった、その時の写真を。
とにかく、なにわのパーリーピーポー最高でした(笑)それと、遅くなりましたが、和と洋のアルバムリリースおめでとう‼圧倒的な魂の歌をありがとう。RDDのFuyuもドラムとして、AIちゃんのサウンドを一緒に作り上げていて、心から誇りに思いました。My man Fuyu!! Your sound was so great bro!! .
.
I went to the Kansai area for AI's live tour, 'Wa to Yo'. Wow... it was really incredible. I can't even describe how great it was. Her voice really hits the soul... I felt it intensely. I already knew how amazing she is, but watching and listening to her live brought tears to my eyes. More like I was overflowed with tears. She brings so much passion and love onto the stage. Of course the technical skills of everyone in the band is amazing as well and the choir singing in unison with AI is just so powerful. The theme for the show was great as well. I must say that from every angle, it was superb. Above all, AI has such a huge personality and that's why I thought I wanted to go see her! Myself along with all her fans! Her presence - her existence makes her fans happy. I felt this so strongly.
I am in awe of AI, I respect her and I remember the same feeling I had way back. I must have been about 24 years old, around 13 years ago... Anyways, the gathering of "Naniwa’s party people"! was awesome!! Apologies for being late but congratulations on the release of your new album! Thank you for your soulful music. #和と洋 #watoyotour #fuyu

#atsushizm
本日は、先日のファンクラブの結婚式サプライズ出演の写真を‼︎
EXILEモバイルのコメントとほぼ重複してしまいますが、いつも応援してくださる皆さん、この度は急な報道で、皆さんを驚かせてしまって本当に申し訳ございません。僕自身、急に四年前の写真が報道により出てしまって、本当にビックリしています。本当のところ、正直なお話をさせていただきますと、彼女と過去にお付き合いしていたのは事実です…。しかし、約2年ほど前に、自分の留学の想いも告げた上で、お互いの道を歩むことを決めて、お別れをしました。その過去のことが、今になって急に出てきたので、なんで今なんだろう⁈という感じで、大変戸惑っておりました…。皆さんを驚かせてしまって、本当に申し訳ございません。僕はまだ、しばらくは、"祝う側" でいることが長くなりそうです(笑)"祝われる側" は、今はそういった予定もなければ、そのようなお相手の方すらも、存在してございません‼
今はただ、来年のEXILE復活にかけて、沸々と湧き上がる自分の気持ちをなんとか抑えているようなそんなモチベーションと、沸騰しかけているファンの皆さんの熱い想いを感じながら、着々と準備を進めている次第です‼どうか、来年からの活動を楽しみにしていただけたら、何よりもありがたく、嬉しいことです。
最後に一つだけ捕捉させてください…。一般人である彼女が、自分のせいでいきなり2年前に終わっていた事を、突撃された時の気持ちを考えると、多大なる責任を感じるとともに、居ても立っても居られない気持ちになりました。どうかこれから、彼女のプライバシーが守られることを、心より切に願っております。
37歳のサングラスのおじさんの恋バナ…。まったく面白くないので、もうそろそろやめましょう。(笑)
また今日から、気持ちを切り替えて、明るい話題で溢れるように、精進したいと思います。
いつも応援してくださるみなさん、本当にありがとうございます。そして、どうかあたたかく見守ってくださると嬉しいです。.
EXILE ATSUSHI .

Today I wanna share this picture from the other day when I made a surprise appearance at one of the fan club member's wedding!
I may be repeating the same thing as for the EXILE Mobile comments, but to everyone who has always supported me - I am truly sorry if you were surprised by the recent reports in the media. I myself was surprised to see a picture from four years ago!! And here's the truth. I’ll be very honest. I had a relationship with the lady in question in the past... However, about two years ago we decided to go our separate ways due to my studies and work overseas.
I am very puzzled as to why this story from the past has suddenly surfaced now. I am truly sorry for this.
I will for a while still be on the "celebrating as a guest for a wedding" side. I have no plans currently of "being celebrated" yet. I have not found that person. Right now, I am working extremely hard and looking forward for the EXILE resurrection next year! I feel your encouragement and that is turned into such passion, enthusiasm and motivation. Please look forward to all the exciting things coming up next year. I’m always grateful for your warm encouragement. Please let me add this. A relationship that ended 2 years ago. I feel responsible about my ex getting involved in all this. I hope you’ll respect her privacy.

#atsushizm

16年前の昨日、この曲から全ては始まったんだなぁ。”Your eyes only 〜曖昧な僕の輪郭〜" 今考えれば、この曲と出逢ってなければ、今の僕はいないかもしれない。そして、松浦社長とHIROさんの出逢いがなければ、今はない。もちろん全てのメンバーとも。スタッフとも。そしてファンの皆さんとも。昔を思い出せば、恥ずかしいことだらけだけど、あの頃から変わらない気持ちがある。それは、音楽にはウソつかずに向き合ってきた気持ち。16年という月日が流れ、今もこうしてみなさんが、自分たちの存在や、自分の歌を楽しみに待っていただけていること。決して当たり前ではないと、心から感じています。不安だらけのデビュー。なぜ歌を歌うのかを、ファンの皆さんに気付かされた24歳の武道館。大切な仲間の脱退。自分の喉の異変。新しい相方と仲間を受け入れての再始動。怒涛のスケジュール。四度のレコード大賞。その他の数々の光栄な名誉と賞たち。さらにカタチを変えての再々出発。ソロ活動の本格始動。ソロでのアリーナ、ドームツアー。気付けばEXILEは第5章に突入しているのかな…。決して平坦ではなかったけれど、全てのことが、ありがたく、感謝してもしきれないことばかりです。つらい思い出さえも、それがなければ今の自分はいないし、ありがたい。有り得難い。全ての思い出の写真を載せたいくらいだけど、あえて今日は、1番最初のスタートのシングルの写真にさせていただきます。今日まで応援してくださったみなさん、そしてこれからもEXILEを、ATSUSHIを応援してくださるみなさん、本当に本当にありがとうございます。

It all started 16 years ago with this song - “Your eyes only 〜Aimai na Boku no Katachi〜” If it wasn’t for this song, I might have not been here. If I hadn't met President Matsuura and Hiro san, there would be no now. The same goes to all the members and staff and all the fans. I don’t want to look back at the past but there’s one thing that has never changed. That one thing was to stay true to my music at all times. 16 years have gone by, many of you have always given us love. I will never take this for granted and I will always appreciate each and every one of you from the bottom of my heart. A feeling of anxiety for my debut. At the age of 24 at Budokan, I learned from my fans, the reason why I need to stand here and sing.
My partner leaving the group. Followed by problems with my throat. Then welcoming my new partner and new members to the group. Crazy busy schedules. Receiving the Record Award 4 times and many other honorable prizes. Another new start. My solo work. My arena tour and the solo dome tour. It was a bumpy road, but everything was meant to be and I appreciate everything that happened to me. If I could, I would love to post all the photos, and look back at all the memories, but today I’ve decided to post the cover of my 1st single. Thank you to all the fans that have supported EXILE and myself.

#atsushizm
子供は天使すぎて、本当に癒されますね…。と言っても甥っ子なので、僕の子ではありませんが、天使すぎて、自分が汚れて見えてきました…(笑)ちょっと会わない間に大きくなって、目がクリクリで、愛おしくて愛おしくて。なぜ僕は子供が好きなんだろう…。まぁ、逆にキライな人はいないのか…。最近、虐待などの悲しいニュースを見ると、なぜそんなことが起きてしまうのだろうと、悲しみと共に考えさせられています。どうすれば止められるだろう。子育ては決してラクなことではないしストレスがあるのも、それは理解できる。だからといって、反抗できない赤ん坊に対して、危害を加える行為は、絶対に許せない…。どうか、争い事が無くなることと同時に、子供たちが笑顔で夢を描けるように、そして全ての人が、自分以外の他人に、少しでも優しくできる和が広がることを、心から願うばかりです…。自分もいま一度、生き方を見直したいと思っています。愛すべき未来のために…。愛おしい世界中の子供たちのために… 甥っ子。知り合いの子。友達の子。友達が子供だった頃。そして自分が子供だった頃、何も違いはない。。男の子も女の子も、みな女性から産まれ、そして少しずつ大人になっていき、誰もが限りある命を、一生懸命輝かせているですもんね‼︎
P.S ちょっとバタバタしているので、インスタライブ、近々あらためて、やらせていただきまぁす‼︎申し訳ございません‼︎ .
.
Kids are so precious ...they soothe my soul..
I haven't seen my nephew in a while but he's grown since.
Look at his eyes, so adorable aren't they??
I love kids, who doesn't ?
When I hear news about child abuse I question, "how could something actually do something so cruel like this?"
I'm sure raising a child isn't an easy task but abusing young lives, is just unacceptable...
A world without conflict and war, hoping just for peace on earth.
For our kids around the world and for our future,
for my nephew, for my friends child. My friends when they were young. Nothing has changed since I was a kid. All of us are born from our mothers and we try to live our lives to the fullest!! .
P.S. So sorry ,I'm busy at the moment and I can't make it tonight. I'll be doing Instagram Live soon! My bad to my fans that were looking forward to it.

#atsushizm
先日の第一生命様との社会貢献の協定締結。やっと、僕たちもそういったことに、関わらせてもらえるようになってきたんだなぁ…。お恥ずかしながら、自分はわりと遅めの24歳くらいになってから作詞に目覚め、29歳で "願い" という詞を書いた。けれど、しょせん社会的には、20代の男子が言っている夢のような理想の話。しかし、その想いは今も揺らがないし、だからこそ今でも、同じ気持ちでその曲たちを歌える。そして37歳になり、LDHのアーティストを代表して、先日第一生命さんとの調印式と、115周年のイベントに、ご挨拶に伺った。きれいごとに聞こえるかもしれないけど、そう思わないで読んでいただけたら嬉しいです。本当に思っていることだから…。
日々、ミサイルや核の話で溢れている日本。これから、日本の未来に向けて、特に子供たちに向けて、何ができるのだろう。僕らは本当に真剣に考えなければならない時期に来ていると思う。より良い社会とはなんなのか…。第一生命様と、LDHのエンターテイメントの力で、幸せの和や、平和の和、健康の和、優しさの和、愛の和を広げていければ、本当に嬉しく思う。

話は戻りますが、ステージに上がり、最初に歌った曲は、僕のソロの曲、"道しるべ" という曲。2013年にリリースされた当時、日本中が、まだ東日本大地震の傷が癒えていなく、日本中が悲しみに包まれている、そんな雰囲気を感じていた。もちろん今でも被災地や、被災された方々の傷は未だに癒えていないわけだけど…。自分に何かできることはないだろうかという気持ちで、日本の心を歌うことにした。そんな想いで歌った曲だった。
そして二曲目に選んだのが、"愛すべき未来へ" という曲。EXILEのグループとしても、大きな社会貢献のテーマから、小さな人間愛に至るまで、15年の間で、たくさんの愛を歌ってきたつもりではある。その中でも、第一生命様とLDHの、今後の取り組むテーマにピッタリではないかと思って、自分が作詞した "愛すべき未来へ" を選んだ。最初にこのお話をいただいた時に、2番のサビの歌詞が、頭の中ですぐにさーっと駆け巡った。"子供たちが夢を持ったまま生きていってほしいと願うから 今僕らはここで何をすべきか 愛すべき僕らの未来のため…" まさにこの言葉に尽きると思う。そんな想いで、たった二曲で倒れてしまうんじゃないかという、パワー、想い、気持ち、で歌わせていただいた。いつも、とりとめのない文章を最後まで読んでいただいてありがとうございます。

Here's a picture from the other day when I sang at a charity event sponsored by the insurance company Dai-ichi Life. It's nice that we are getting important offers such as this.

I am sightly embarrassed to say, but I started writing lyrics at the late age of 24 and at 29, I wrote the lyrics for "Negai". The lyrics sound like the perspective of a man in his early twenties singing about his dreams, however this feeling has never faded away in me and so even now, I can sing them with all my heart.
And now at the age of 37, on behalf of the LDH artists, I was recently asked to attend and perform at the anniversary event for Dai-ichi Life. For the following, please hear me out, I truly believe this.
Recently, Japan is full of missile launch and nuclear news stories. What can we do for the future of Japan, especially for our children? I believe that we are coming to a crossroads and we really have to think seriously. How can we achieve a better society?... I am delighted that LDH alongside Dai-ichi Life, we are trying to extend the ring of happiness, peace, good health, kindness, and love.

#atsushizm
佐田真由美さん、岩堀せりさん、お誕生日おめでとうございました‼︎あと、なぜか僕が真ん中で、スミマセン。一応、恐縮して、肩をすぼめております…。(笑)言わずと知れた、伝説のモデルさんお二人。お二人ともご結婚されて、ママの顔もお持ちのお二人と。今でも最高に素敵なお二人ですので、伝説というのも、もしかしたら失礼なのかな…。僕がデビューした当時、ViViの佐田真由美さん、岩堀せりさんとといえば、近づけない存在でしたが、あのころから、ずっと後輩として気さくに話しかけてくださって、今思えば僕は21歳で、まだお二人は23.4歳くらいだったんですね。当時であのオーラ…。マジで僕ビビってました。(笑)
ここだけの話、当時デビュー前の僕の存在を、HIROさんに伝えてくださったのは、佐田真由美さんだったらしいのです…。"HIROさん、ボーカル探しているんなら、この子絶対良いから、聴いてみなよ‼︎" そんな風に言ってくださったらしいのです。そんなことを、当時せりさんともお話ししていたのかなぁ…。そう思えば、佐田さんがいなかったら、僕は今ここにいないのかもしれないと思うと、あらためてこのご縁に、ただただ、心から感謝です。そして、せりさんも、僕の妹と名前が一緒ということもあり、勝手に親近感を感じさせていただき、今では心から尊敬するGLAYのTAKUROさんの奥様として、いつも優しくしていただき、ありがとうございます。たまにお家にお邪魔しまして、夜な夜な、TAKUROさんと語りながら飲んでて、長く居座ってしまって、申し訳ございません…。(笑)音楽話をすると、すぐ熱く盛り上がってしまいます。
そして、まっちゃん、マキさんいつもありがとう。安定の落ち着くメンバーです。お二人とも元気そうで何よりです。最後はカラオケで、まっちゃんとベロベロのUpside Downで、スライドしました(笑)そんな佐田さん、せりさんに感謝の気持ちを伝えるために、飲みまくった夜でした。本当におめでとうございます‼︎最近呑む機会がちょっと多いなぁ…(笑)
ハッピーバーズデー歌わせていただいたり、佐田さんのインスタLIVEに急に出演させていただいたり、とても幸せな夜でした‼︎
Happy birthday to Mayumi Sada, Seri Iwahori! ︎Sorry I'm placed in the middle of all the photos. Two legendary models. Both of you are married and are also mothers and super beautiful. Around the time of my debut, ViVi magazine's Mayumi Sada and Seri Iwahori were already speaking to me very casually and kindly. Thinking back, I was only 21 at the time and they were 23.4 years old. They already had so much charisma! I was actually super nervous!
Apparently Mayumi san was the one who told Hiro san about my existence. She told him "Hiro, if you are looking for a vocalist, you should take a look at this kid". I'm so grateful to her because I may not be where I am today if it weren't for her. Thank you my friends, from the bottom of my heart.
My sister has the same name as Seri san, so I always somehow felt a close link to her too.
She is also the wife of GLAY's TAKURO san- who I have immense respect for. Thank you for always being so kind to me and Thank you for inviting me to your house at times. I'm sorry that at times I go out drinking and talking late into the night with TAKURO san. It becomes very serious when we speak about music. Macchan & Maki san, thank you too. With you guys, I know we are always tight. It was a beautiful night !!

#atsushizm
HIROさんと、久しぶりに一緒にお仕事させていただきました。まぁ、お仕事という感じでもなく、日頃のファンの方々への感謝の気持ちを、伝えに言った感覚といった方が正しいかもしれないですね。"あなたの夢、叶えます"というファンクラブの企画の中で、ウェディングプロデュースをさせていただき、そこでサプライズ出演ということで、僕が登場するという企画でした。なんでも、お二人のプロポーズの瞬間は、2016年の僕のソロツアー、"IT'S SHOW TIME!!" のPrecious Loveの瞬間だったそうで…。なんて、感動的なプロポーズなんでしょう。(自分で言うのもヘンですが…笑)僕たちの仲間にも、めでたい話があったばかりですが…(笑)そして、なんといっても、HIROさんとの現場の感じが、とても久しぶりで、なんか嬉しかったです。そしてなにより、ご結婚されたお二人、本当にステキなカップルで、最後の新郎さんの涙ながらの、お手紙を読むシーンは、もらいました…涙。そして、久しぶりの、EXILEのATSUSHIスイッチを入れたので、次の日のダメージが…(笑)そろそろ、慣れていかないとですね(笑)しかし、声量アップして、声も安定するようになってきました。トレーニングのおかげだと、日々実感するばかりです。案の定、その日はテンションマックスのまま、一曲だけの歌唱で不完全燃焼。そのままスタッフのみなさんと飲みすぎて、死にそうなほど二日酔いになりました。(笑)さぁ、気持ち入れ替えて、トレーニング、勉強、ダンスレッスン、ギター、ピアノ、レコーディング、やること多っ‼︎(笑)でも、この努力するお時間いただいたからこそ、できることですし、やれる時にがんばらないと‼︎行ってきまぁす(^ ^)
2013年にEXILE PRIDEで、レコード大賞をいただいた時の思い出写真と共にどうぞ‼︎ .

I worked with HIRO san for the first time in a while. Well, it didn't feel like work but more a way of thanking my fans.
I produced a wedding ceremony for the fan club in a project called "Your dreams come true" and appeared as a surprise guest.
The groom proposed to the bride during my solo tour "IT'S SHOW TIME !!" in 2016. I'm sure it must have been a touching proposal, if I may say so myself!
As you know, one of our members also recently had some happy news. lol
And, after all this time, what a great feeling to be working with HIRO san.
The couple who got married are such wonderful people. The letter the groom read while tearing up towards the end was so moving!
I put on my ATSUSHI of EXILE hat and I felt the physical damage the next day.
However, things are getting better thanks to all the training. As I increase my voice volume, my voice becomes stable.
That day, I only sang one song but it was super intense. Then with the staff we went out drinking and had a killer of a hangover the following day.
But now I gotta get back to exercising, studying, my dance, guitar, piano lessons as well as recording. Lots to do!
I was given this precious time to work on all this so I've gotta make the most of it!!
Here's also a picture of when we received awards in 2013 for the EXILE PRIDE.

#atsushizm
アナログレコード発売第三弾。"Love Ballade" このアルバムの思い出は、ただただみなさんへの感謝のアルバムだったなぁと。"Music" を3月に出したその年の12月に、もう一枚アルバムを出すなんて、普通に考えたら、あり得ない異例のリリースの早さではあった。それは、"Music" ソロツアーの途中で体調を崩し、休まなければならないことが、自分で分かっていたから。でも、なんとかみなさんの元へ、ツアーでいただいた感謝の気持ちを、そのままにしておくことはできなかった。その時ふと、お詫びの気持ちも込めて、大切にあたためていた曲たちが、上手い具合に顔を揃えてくれていた。ファンの皆さんへの愛のカタチとして、"Love Ballade" と名付けたのが、実は今だから言える、正直な話…。どの曲も思い入れのあるものばかりだけど、そんなのあたりまえの話でもある。思い入れのない曲がある方がおかしい‼︎(笑)だからいつもインタビューで聞かれると一番困る質問…。"今回のアルバムで、いちばんのお気に入りか、オススメの曲は⁈"(笑)デビューして、まもなく16年になるが、一度もこの質問に答えられた覚えがない…(笑)そんな気持ちで、ぜひみなさんに、あらためてこのアルバムを聴いていただきたい。感謝の想いでいっぱいです。いつも、ありがとうございます。

The third vinyl release ! My memories for this "Love Ballade" album is based from my appreciation to all of you. I released "Music" in May and on December of the same year released another album. After finishing my "Music" solo tour I knew that I needed to rest, but I couldn't just leave my fans hanging without showing my appreciation.
The album "Love Ballade" was meant for all of you.
I feel strongly attached with all the songs, I mean who doesn't like their own songs ?! lol
That's why when I'm being interviewed I always have a difficult time answering the song I recommend the most . It's almost 16 years since my debut but I've never been able to answer properly. I would love for all of you to listen to this album. I truly appreciate all of the support throughout the years. Thank you !!

#atsushizm
みなさんただいまです‼︎そして、日本が盛り上がっている‼︎いや‼︎埼玉が揺れている‼︎埼玉県初の甲子園優勝‼︎ちょうどその少し前に、久しぶりの日本に戻り、観たい‼︎どうしても観たい‼︎もちろん、花咲徳栄は、僕の同級生も数人通っていて、当時から野球などのスポーツ名門校としては、有名だったけど、不思議と埼玉県は優勝がなかったらしい。一度も甲子園で高校野球観たことない…。目立たないカッコで、行くから‼︎(笑)メガネかけて変装するから‼︎(笑)ということで、スタッフの反対を押し切り、ビッグダディー風の変装で、甲子園まで行きました。がしかし、さすがは全国高校野球選手権大会。チケットが売り切れ…。チーン。外野席の自由席を探したけど、超満員。5分だけ、甲子園内をフラフラし、泣く泣く外へ…。でも、あの雰囲気を味わえただけでも最高だった‼︎なんか、ちょっと泣きそうになった。プロ顔負けにグラウンドに堂々と立つ選手たち。そしてなんといっても応援の迫力と、応援してる仲間への想い、友達への想い、家族の想い、みんなの想いが、ビンビン伝わってきた。あの一瞬だけでも感じられて、なんか幸せだったぁ。本当に青春そのものだった‼︎ ところで…、変装していたものの、だんだんと、すれ違う人たちが、"アレっ⁉︎" みたいな顔が…(笑)気付いてくださったみなさん、混乱を避けるために、素通りしてしまって、本当にごめんなさい。アレ、僕でした。(笑)
高校球児のみなさん、ステキな夏の思い出をありがとう。笑っても泣いても、一生に一度、二度と戻らない、あの一瞬に全てを懸けている姿、ピカピカでしたぁ〜‼︎ .
.
I'm back everyone!! And I noticed that the people of Saitama are going crazy!! The first ever champions of High School Baseball! I had friends that attended Harusakitokuharu High School and it had high reputation for sports activities. I had never seen a high school baseball game at Koshien stadium… My staff warned me to not go but I told them that I’ll dress so that I won’t stand out… and so I went looking like Big Daddy! High school baseball is always so popular, unfortunately I couldn’t buy tickets so I decided to go to the outfield seats. Packed!! Just only 5 minutes but I was able to experience the atmosphere! I got really emotional seeing the high school players compete on the ground and the fans as well. The players playing for the supporters, for their friends, for their families. I could feel it just by being there!! BTW, people started to recognize as I was walking around and I’m sure I wasn’t reacting to any of you. Please give me this opportunity to apologize to those of you who tried talking to me.
All the high school players, thank you so much for great summer memories. You only live once and every moment matters. You guys were shining on the field!!

#atsushizm
さて、今回の旅は、これでとりあえず一区切りかな…。本当に貴重な経験を、たくさんすることができたなぁ。最後は、Boyz ll Men のショーン。とにかく優しい人。今回一番、製作中に普通な世間話をしたかな(笑)そのくらい世界のトップスターになっても、ナチュラルを忘れない人。昔観たDVDの中の、ショーンの言葉で忘れられない言葉がある。"決して大きな声で歌わなくても伝わる歌がある。だから、そっと寄り添うように届けたい…。" 確かそんな事を言っていた。
自分はどちらかといえば、強い声のタイプの歌手ではなかったので、この言葉には本当に救われた…。その人と一緒に曲が作れるなんて。B2Mと初めてコラボした直後、EXILEのツアーMONSTERにフラッと遊びにきてくれたのも、一緒にお酒を飲んだのも、彼が最初だった。マライア キャリーとのOne Sweet Dayのメロディを作った時も、ショーンのセンスが大きく関わっていたとか…。今でも全米16週間連続1位という記録は破られていない。そんなスペシャルな方々と、顔見知りになれたことだけでも奇跡だと思う。だからこそ、そのご縁を生かすも潰すのも、結局自分次第だと思う。ショーンに聞かれた。"今までに歌ったことのないトピックは何かあるか⁈" と…。僕は答えた。"世界の人種の事については、まだ歌った事がない…。"そんな大きなテーマが果たして自分に歌えるかは分からない。しかし自分の心の中に、静かに眠っている想いがあることは確かだ。まるで、ショーンと僕が出逢えて、そして一緒に音楽を作っているこの瞬間の様に、異国の地で育った人間同士でも、きっと分かり合えると信じていたい。そして、とても優しい曲ができた。彼の大きな優しさと、僕のほんの小さな希望を込めて。ショーン、こんな僕と曲を作ってくれて、そして仲良くしてくれて本当にありがとう。この曲がみなさんの心に、そっと優しく寄り添う日が、きっと来ると思う…。その日を夢見て…。そろそろ一度、日本に帰ります。待ってくださっているみなさん、本当にありがとう。みなさんのおかげで、僕はこんなにもステキな経験をできているから。.
The final job for this time around… Throughout this trip I was able to experience something really special. Here's Shawn from Boyz II Men. Such a friendly guy. I probably chatted with him the most. No matter how famous he becomes, a person that’s always natural and humble. I’ll never forget the words he said during one of his interviews. “There’s no need to always sing out loud because there are songs that’ll touch people's hearts." I am the type of singer who doesn't have a strong voice, so his words really saved me. The first time I collaborated with B2M, he was the one that came to see EXILE’s MONSTER TOUR and the first member I drank with was Shawn. Shawn’s melody line ideas played an important role for the song One Sweet Day with Mariah Carey. No one has still yet to beat the record of 16 weeks ranked in 1st place. It’s a miracle that I have the opportunity to get to know him, that’s why I didn’t want to waste this chance. He asked me if I had a certain topic I wanted to sing about. So I told him I’ve never sang about world race. I met Shawn years ago and now I’m making a song with him. We were born in different lands but I feel that there’s a mutual understanding. We came up with a beautiful song. With Shawn's big heart and my positive outlook. Thank you.

Most Popular Instagram Hashtags