djchampon djchampon

2,828 posts   1,065 followers   597 followings

中村友貴/aview  2017年4月1日にオープンした南国鹿児島の高台にある「aview」という名前のカフェと花屋で働いてます🏝

aviewから久しぶりのナイスビューを。先週から金・土・日の夜営業を始めました(〜21:00)。食事でも飲みにでも、カジュアルなメニューでお待ちしております!夜遊びに使ってください😉

レコードで探していたことすら忘れた頃に、なんとなく検索してみたらあっさりと見付かった。改めて最高、相変わらず胸の奥が締め付けられる。おやすみなさい。

生の唐辛子を発見し歓喜の雄叫び。

See ya!!

今日届いたレコードが最高!この夏は繰り返し聴くことになりそう。おやすみなさい。

8月は第1、3、5水曜以外は休まず営業。平成最後の夏の真打ち「桃のかき氷」も登場です。

寄り道せずに帰るつもりだったけれど思い出してしまった。冷たくとも麺はのり一、唯一無二の中毒性のある冷やし中華。

念願叶って 野はら屋こと佐々木かおりさんの工房にもお邪魔させてもらった。昔作ったという大鉢を購入。とても好きな感じだから時間をかけて育てていきたい。

鹿児島のベトナムへ。新鮮なハーブの美味さにヤラれて食べ過ぎる。

昨夜久しぶりに観た曽我大穂さんのソロライブは、よりラウドで、立体的で、遠いところまで行くことが出来た。人間1人と楽器多数、限界を作らず、決して同じ場所に留まらず、表現が拡張していく大穂さんのライブをこのタイミングで鹿児島で観ることが出来て本当に良かった。

今日の汁は「漬物とワカメの冷たいスープ」。今日もぼちぼち、いってきます。

アリちゃんは、僕らの同世代の誰よりもいち早く“独立”してお店をやっていて、その古道具屋に置いているもののセレクトだったり度々行われるプチ改装だったり、国立のあの小さなスペースに何かを作っては壊しを繰り返し、店という場所を通して自分の世界を作るのに脇目も振らず突き進んでいるのが、側から見ていて悔しくも羨ましい存在の友達だ。
そんなアリちゃんが、割と長めの休業をすると言うから、次は何が始まるのかという期待半分、もしや嫌になって店をやめるとか?という心配半分で気にしていたら、古道具の店は一旦閉めて、平成も終わろうとしているこの時代に明治から昭和初期頃の名も無き画家達の古い絵のみを扱う店にリニューアルすると言うから、もう、心底度肝を抜かれて腰を抜かすかと思った。あと、めっちゃアリちゃんっぽい突き抜け方だとも思った。完全に脱帽。
中学高校時代という多感な時期に“昭和の画家”の先生にずっと絵を習っていて、その影響もあって古くてジジ臭い(という視点しか当時は持てなかったけど)絵が好きな僕は、そんな絵たちと時代の相容れなさにずっとモヤモヤしていたのだけれど、原田治さんの『ぼくの美術帖』を読んで、時代に負けない絵があること、好きな絵は自信を持って好きと言っていいこと、描かれた時代に関係無く自分が初めてその絵を観た時が一番フレッシュな経験になること、、、他にもたくさん大事なことを教わって、絵こそ描かなくなってしまったものの、変な気を張らずに自由に絵を楽しめるようになった気がする。
アリちゃんの新たな試みは、この時代だからこそ、美術史の大きな流れからはこぼれ落ちた、けれどどこかしら光るものをもった絵にとっては、そしてそういった絵を欲する人にとっても、救いになるはずだ。とびきりフレッシュな出会いがあるだろうし。
アリちゃんのお店「コレノナ」のリニューアルオープンは明日7/27(金)から。そこから3日間は、「コレノナ」の隣にある「黄色い鳥器店」3階ギャラリーでもアリちゃんゆかりの人々が描いたり所有したりしている絵の展示があって、マジで錚々たる面々に混じって僕も、中学か高校の時に描いた“描いた時にはまさか東京で展示されるとは思いもしなかったし描いたことすら忘れていた実家からdigってきた絵”など数点を展示してもらいます。ありがとう、おめでとう。いつか行ける日を楽しみにしています!
「コレノナ」は、国立駅北口を出て左に、線路沿いをずっと真っ直ぐ歩いていくと「もうそろそろあるかな、、、」ってタイミングで現れます(徒歩3分)。

Most Popular Instagram Hashtags