[PR] Gain and Get More Likes and Followers on Instagram.

classic_hakodate classic_hakodate

528 posts   1566 followers   1 followings

classic_hakodate  函館にあるcafe classic (クラシック)です。 北海道 函館市 谷地頭町 25-20 ・11:00〜23:00(22:00ラストオーダー)

http://classic-hakodate.jimdo.com/

連日の雨ですっかり雪が溶けてしまいました。気温も天気もどっちつかずでなんだかアンニュイな祝日です。

そんな今日は&premiumの特集の如く、ホットチョコレート、people treeのチョコレート、心が温まる音楽を用意してお待ちしています。

どの席でも耳を澄ませば聴こえてくる柱時計のリズムに身を委ねて微睡みつつ、日々の忙しさから切り離されてお過ごし頂ければ幸いです。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe #harukanakamura #ゆくさき #peopletree #andpremium

だんだんと冬の函館らしい空模様が観れるようになってきました。

昨日のお休みは待ってましたの雪の函館山を登って来ました。残念ながら吹雪いてしまって眺望はなし、真っ青の空に雪に埋まった街並みは本当に美しいのですが次回のお預けです。

その代わりしんとした降り頻る雪の中を優雅に舞う鳶の幻想的な風景をお届けします。

今朝お店に着くと、なんと米袋が置いてありました。うちが雀に米をあげているのを温かく見守ってくれている方だと思うのですが、名前が伊達直人。

知り合いが通りがかったので見せたら何故だか名前に大ウケ。どうやらあの有名なランドセルを寄付するタイガーマスクさんの名前だったんですね。この場を借りて、洒落た粋な贈り物、ありがとうございす。助かります。

ご覧のように雪の日はドア前まで来て催促が激しくなり、真冬になると軽く50羽は集まって来ます。小さな命が一生懸命生きている姿を見ると心が温まります。心が荒んだ時は看板チュン太にほっこり癒されに来てください。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe

昨日はとんちピクルスLIVEでした。子供と聴けるという趣旨で、とんちさんのエンターテイナーぶりが炸裂で子供も大人も楽しめたイベントになりました。

函館ではなんと3daysという引っ張りだこ状態でしたが、いずれもオトナなとんちさんLIVEだったので、classicらしい、classicでしかできない空間創りができて今後のイベントの方向性もしっかり定まりました。

後半に動画をあげています。笑いは勿論しっとり聴かせるのもあり、そして今回は魅せられなかった夜のとんちさんも次回はできたらいいなと思います。

とんちさんとは東京の代田橋にあるchubbyという僕が毎日通っていた敬愛すべきcafeがご縁。これまたそこ繋がりの青谷明日香さんとの共演作の大気圏で押し問答も聴けて、二人を一緒に函館に呼べたらなんて妄想が膨らみます。

移住する意味、そして意図せずとも内包する役割は繋ぐこと、そして芽生えさせること。今まで生きてきた中の繋がりが函館で化学反応を起こしゆけばいいなと野心は膨らみます。

朝まで降った雪が昼の日差しで溶ける、北海道の中では暖かい函館特有の風景です。道が輝きこれがまた本当に美しいのです。青柳町電停からの風景も見惚れてしまいます。旅人の方、タイミングよく美しい光景に出会えると良いですね。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe #とんちピクルス #青谷明日香

ついに雪景色をお届けです。函館八幡宮は雪を纏うと本当に美しいです。スタバ前の葉を落としたイチョウも寒空と共演すると味があります。函館山もうっすらと雪化粧して観光客をお出迎えしています。

これから函館は春まで毎日様々な顔を見せてくれます。冬の函館、ぜひ一度お越し下さい。

今日はとんちピクルスLIVEの為15時30分にcloseさせて頂きます。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe

5時にはもう真っ暗ですね。夕方はほんの一瞬で、ふと気付くと夜に包まれています。今日、明日は雨予報でしたが、先程明日の天気予報は雪に変わっていました。これからどんどん冷えてきそうです。お出かけの帰り道、温かい飲み物でホッと一息ついていってください。

明日はとんちピクルスLIVEの為、15時30分にclose致します。本日中でしたらまだご予約お受けできます。

11月19日(日) 16時開場 16時半開演 2000円(1ドリンク+ちょっとしたお菓子付き)未就学児無料、18歳以下半額

#函館 #谷地頭 #カフェ #cafe

寒さのお陰で陽の光の有難さをひしひしと感じますね。

昼と夜がはっきりとしてきて、光と陰がくっきりと感じられます。

陽だまりで微睡むのもよし、柔らかい光でぼんやりするのもよし。喫茶店のベストシーズン到来です。ただ、土間とどうしても防げない隙間風で薄っぺらい靴だと足元が冷えますので、ご迷惑おかけしますが寒さ対策してご来店ください。

函館山はすっかり丸裸。どさっと降って真っ白になる日が楽しみです。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe

遂に降りました。今朝の函館八幡宮はピリッとした冷たい空気で、これは降るなという予感がありました。肌で雨と雪の境目が分かるようになってきて少しは道民になれてきたかなという感じです。

冬のclassicは昔のまんまの窓なので曇りガラスになります。このぼんやり感がなんともいえない雰囲気です。

これから雪に覆われると本当にひっそりとなる谷地頭。その空気に包まれたclassicは本を読んで空想の世界へ旅だったり、自分と向き合ったりするには最適な空間になります。雪のしんしんと降る日にぜひお越しください。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe

けっこうな雨が降ってきました。夜更け過ぎに雪に変わるでしょうか。

夜の雨の谷地頭電停はこの世から取り残されたかのような、なんとも言えない哀愁が漂い、とても雰囲気があります。(ローソンの明かりがなければより秘境感が増しそうです)

classicも雨の日は音楽が艶っぽく響き、雰囲気が増すので夜にどっぷり浸るのには最高です。

昨日のお休みは函館山登山をリアルタイムでstoryにあげました。ご覧のようにただ登って降りるだけなら2時間もあれば往復できてしまう、ぶらり散歩といった感じの気軽な山です。突然の雨に見舞われることもありますが、その後に出現する天使の梯子は壮観です。

冬の夜といえばイルミネーション。ラッキーピエロ峠下店は一足先に凄い事になっています。観光の方はなかなか足を伸ばせない場所なので雰囲気だけでもお伝えします。

ウインタースポーツをしない人にとっては、爽やかな夏の雄大な自然に注目が行きがちな北海道ですが、厳しい冬こそ本当の魅力が表れると個人的には思っています。ぜひ真冬の北海道(と言っても函館は入口に過ぎませんが)にもいらしてみて下さい。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe #北海道

今年もこの季節。people tree のフェアトレードチョコレートが入荷です。今年の新フレーバーは抹茶でした。ひと冬時々自分へのご褒美としてお楽しみ下さい。

今日はどんより寒空、今週は遂に雪予報。向かいの温泉の流れる排水溝からは湯気が上がっています。ストーブの温度も一目盛上がりました。

スズメがご飯を食べているのをニャンコが眺めているというほのぼのとした風景の谷地頭。今日ものんびりしにきてください。明日は定休日です。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe #peopletree

冬メニュー2つ目。だいぶ函館に浸透してきたconeruのフラワーシロップ。この冬はエルダーフラワーのジンジャーレモネードをお出しします。

coneruはオーガニックの材料を使用しており、classicも特に主張はしていませんが調味料類はオーガニックのを使用していて、レモン果汁もしょうがパウダーもオーガニックです。寒い寒い夜、優しい香りと甘みで心と身体がきっとほぐれることと思います。

具合が悪くなったらここへ行けと動物界に噂が流れているのか(外敵に襲われないように見守ること位しかできませんが)昨日は入り口に鳩がずっとうずくまっていました。前に書いた黒猫はだいぶ毛並みが良くなってきたのに居心地が良いらしく卒業していきません。

さて、来週の今日はとんちピクルスのLIVEです。まだまだご予約受付中です。イベントは滅多にやらないのでこの貴重な機会、ぜひご参加ください。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe #coneru

昨晩の雨風は凄まじかったですね。今日も風が強く空模様は刻一刻と変化していきます。1分単位で一筋だった光がパーっと広がったり、閉じたり、青空が顔を見せたり、そして虹が出現したり、とにかく空から目が離せない1日です。

定点観測しようと思った函館八幡宮の大銀杏は、一気に葉を吹き飛ばされてしまいました。函館山の表面も随分とすっきりしてしまいました。

土曜の昼下がり、classicで珈琲を飲みながら日が射し込んできたり、仄暗くなったりする自然のリズムと、チグハグな柱時計の音に身を委ねて過ごしてはいかがでしょう。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe

peeps hakodate 届きました。今月号は「たいせつなもの、残したいもの。」 classicの残したいものは脈々と受け継がれてきた人間の手から生まれるもの。世代間の分断、テクノロジーの進歩で埋もれて消え入りそうな生きた知識、知恵。

classicの大切にしたいことはpublicであること。おしゃれと褒めて頂けるのは身に余る嬉しいことですが、おしゃれという雰囲気だけでおしゃれな若者しか集まらないようなお店になる事には全く興味がありません。

老若男女、歩いてこれる普段着のお客さんが空気感のベースを作り、市内全域から来るお客さんには谷地頭の暮らし、自分の町とのちょっとした違いを味わってもらい、観光客の皆さんにはあぁ函館っていいなぁと思って頂ければいいなと日々を重ねています。

西部地区的に言えば隣町の情熱を持って街づくりについて考えている、箱バル不動産のメンバーとしても活動しているパン屋のtomboloさんは、声を掛けなければパンが買えません。意図的にコミュニケーションが生まれるようにしていると話していました。

町にある小さなお店は、希薄になってきている同じ市町村に住む人たちを緩やかに繋ぐ存在として機能するのが理想的だと考えています。たいせつなもの、残したいもの。それは時には生々しく、でもなんだかほのかに温かい、人を介在するもの。

最後に店主個人的に大切にしているものは畏怖の念。函館八幡宮の御神木は落ち葉の眩しい反射光に包まれて荘厳でした。

ついでにおまけ。ロープウェイで登ってしまう観光客は見れない、車で函館山山頂に向かう途中にある不思議な木。以前peepsでも特集されていましたが、切ろうとすると怪我人が出るとか出ないとか。機会があったら見てみてはいかがでしょう。 #函館 #谷地頭 #カフェ #cafe #peepshakodate

Most Popular Instagram Hashtags