aaa_nissy24 aaa_nissy24

319 posts   975 followers   747 followings

ぷぅ  ¦ 橙 紫 緑 黄 青 桃 赤 の prince と princess ¦


伊藤千晃side




家に帰ると寝室のベットで
大好きな彼が気持ち良さそうに眠っていた。




「ただいま···」




髪を撫でて、頬に唇を落とす。




『んん、ぅ』


「あっ··· 起きちゃった?」


『今何時だと思ってんの?』




「···ご、めん」


『謝る前に質問に答えろよ』


「今は··· 7時。」


『朝に帰ってきやがって、
今までどこで何してたんだよ。』


「···」




言えない


他の男と体の関係をもっているって。




戸惑っていると···




腕を引っ張られ気づくと布団の中。




「 秀··· ちゃん?」


『こうしねえとダメか?』


「んん、んぁ」








久しぶりにキスをされた。


これだ、私が求めていたのは。




真ちゃんと体の関係をもったのは、


秀ちゃんが構ってくれなくて
落ち込んでた時···


真ちゃんが相談に乗ってくれた。


"俺にも好きな人おるけど
叶わん恋やからさ···


その人とキスとかハグとか絶対にできへんから、
ちあちゃんがその人の代わりになってくれへん?"


最初は断ったけど、いきなりキスをされ
抵抗したけど、男性の力には勝てなかった。




あのことがあってから、
"お互い好きな人がいるなら···"と思うようになると
定期的に会うとヤっていた。


いつもは早めに帰るのに
今日は朝に帰ってきちゃった。






『俺に言うことある?』


「別に···何も無いよ?」




『嘘つき』


「嘘じゃなっ、んぁ、んん」





秀ちゃんが上に跨がり、
私の腕を顔の横に押し付ける。




「秀ちゃん、どうしたの?
何かおかしいよ。」


『はぁ?おかしいのはお前だろ!』






















『千晃··· 別れよう。』




···え?



_______________________________________
.
続きあります☺☺
.
.
#aaa
#伊藤千晃
#ちあちゃん
#しゅうちあ
#aaa妄想
#aaashortstory
#ぷうのaaashortstory


伊藤千晃side




目が覚めると 、
快晴の天気だった。


あまりにも良い天気だったから
ベランダに向かう。


「あ、服着ないと···笑」








心地良い風にあたり
大きな深呼吸をする。


でも何故か、気分が楽にならなくて···
涙が一適 下に落ちていく。




「私···、こんなことしていいのかな?」




分かってる、いけないことだって。


でももう、逃げられない。


1度踏み入れたら戻る勇気がないから。








服を身に付け、髪を綺麗に整える。


そして最後に
私が愛する人から貰った香水を付けて···




「ごめんね、やっぱりあの人じゃなきゃ···」




これが最後だと覚悟して
貴方に最後のキスを落とす。




「···ありがとうっ」








携帯を取り出しあの人に電話をかける。


prrr···


「···出るわけないよね」




重い足取りで家へと一歩歩きだす。



_______________________________________
.
これで終わりです。しんちあ💙❤
.
変な終わり方だと思いますが
4ペアのshortstoryが終わると
「あ〜、そうゆうことか!」って
なると思います笑
.
.
#aaa
#伊藤千晃
#ちあちゃん
#しんちあ
#aaa妄想
#aaashortstory
#ぷうのaaashortstory


與真司郎side ⚠pink




『あぁ、ん、ちあっ、ちゃ···ん』


「んん、ぅぁ、」




日付が変わった深夜。




今日もまた 俺らは激しく抱き合う。




「何がぁ···欲しいっの?」


『ちあちゃんっの、なかっ』


「ふふ、変態さんなんだね?」


『ちあちゃんこそ···////』




上からちあちゃんが跨がる。


俺の大きなものがちあちゃんのなかにはいって
だんだん快感へ浸かる。




『ちあちゃっ、ん////』


「動く、よ?////」




俺の上でちあちゃんが激しく上下に揺れる。


俺もちあちゃんの腰をしっかり掴んで
下から突き上げる。




「あぁん、だっ、め////」


『気持ちいいんっ、やろ?』


「はぁん、あぁん、っああん」




「はぁん、いっ、いく!」


『っはぁ////』






同時に果てて、
2人で横になる。




『ちあちゃん、今日は朝まで一緒におれる?』


「うん、朝まで一緒にいるよ。」










嬉しかった、




いつもよりもっと長く一緒におれるって思った。




だって···、




























ちあちゃんには愛する人がおって




俺にも好きな人がいるから。



_______________________________________
.
次でしんちあのshortstory終わりなんですけど、
続きは明日載せます!
.
.
#aaa
#與真司郎
#真ちゃん
#aaa妄想
#aaashortstory
#ぷうのaaashortstory


西島隆弘side




その怒った顔、ほんと可愛いね。




だからお前をいじめたくなるんだよ。








「ほんとうざいよ、邪魔」




『俺にそんなこと言ってもいいと思ってんの?』




「だから、邪魔っていっ」




與 「みさこちゃーーーんっ!」




「どした!?」




與 「手伝ってほしいことがあんねん!
お願い、こっち来て?」




「しょうがないな〜、手伝ってあげる!」




與 「ありがと〜う!
優しいな実彩子ちゃん。」




「どういたしまして、でしょ?笑」








あーあ、行っちゃった。




與にニコニコ笑っちゃって···




まじムカつく。




実彩子は俺にだけに笑ってたらいいのに···








自分の携帯を取り出して、
実彩子とのトーク画面を開く






―――――――――


隆 『おい、あとで資料室な』


実 「なんでよ···」


隆『お仕置きに決まってんだろ』


―――――――――






誰にも渡さねぇよ。








実彩子は俺のものだからな。



_______________________________________
.
同期だけど···、
実は付き合ってました〜❤❤
.
次はあのペア!!
.
.
#aaa
#西島隆弘
#にっしー
#Nissy
#aaa妄想
#aaashortstory
#ぷうのaaashortstory


宇野実彩子side




「えっ これってどうだったけ?」




入社1年目、初めての長期休暇後で久しぶりの仕事。


久しぶりだからパソコンの扱い方を忘れちゃって手こずる。








「はぁ、やばい 忘れちゃった。」




困っていると···、




『貸してみ。』




「に、っしー···」




この人は同期の西島隆弘。


なんでもこなしちゃう天才。


それに礼儀正しく優しいから
いろんな人に期待されてる。


まぁ、私にはいじわるなんだけどね?笑




『これはこうだよ』




マウスを握っている私の手の上から
にっしーの手が重なる。




「えっ···////」




『ん?』




「な、なんでもない////」





ビックリしちゃって思わず声が出てしまった。




『よし、これで終わり♪』




「ありがと···////」




『珍しいね、
宇野でも分からないとこあるんだな』




「にっしーこそ···
珍しく優しいじゃん。」




『"珍しく"って···笑
宇野に対していつもこんなんだよ?』




「···なにか良いことでもあったんですか?」




『別にー。』




「そうですか···
用がないなら早く戻ってよ。」




『宇野の方こそ冷たいじゃん···』




「···。」








自分の方が賢いからって生意気···。



_______________________________________
.
一発目、たかうの!
次で終わります笑
.
.
#aaa
#宇野実彩子
#宇野ちゃん
#たかうの
#aaa妄想
#aaashortstory
#ぷうのaaashortstory


隆弘side
.
.
.
.
隆)じゃっ、3年を中心に適当に話し合え
.
.
.
.
放課後、俺の教室で応援団の会議を始めた。
.
.
.
.
)西島先生が仕切らないんですかー?
.
.
隆)忙しい。
こんぐらいお前らで出来るだろ
.
.
.
.
真)うわー、めっちゃ厳し 笑
.
.
光)そうゆう西島先生好きっす···
.
.
真)きもいで日高
.
.
.
.
.
.
何故か、応援団の担当職員は俺になった。
.
.
ったく、なんで俺なんだよ。
.
.
.
.
?)そんな不機嫌な顔しないでくださいよ西島先生
.
.
.
.
.
.
.
隆)···華夜先生
.
.
.
.
確か 華夜先生も担当職員だったかな
.
.
.
.
華)今年もイケメンが勢揃いですね〜
.
.
隆)ですね
.
.
華)特に、日高くんと與くん?
.
.
隆)日高はカッコよくて当たり前ですよ、
俺のですから。
.
.
華)俺··· の?
.
.
隆)っあ、部活一緒なんで···
.
.
華)へ〜、日高くんって吹奏楽部なんですね!
運動部だと思ってました。
.
.
隆)ドラムを叩いてる日高、すっごいかっこいいですよ。
.
.
.
.
.
.
.
.
_______________
.
.
.
.
隆)じゃあ 今日はこれで終わり。
明日からさっそく練習だから
放課後 運動場に集合!
.
.
.
.
.
.
.
.
ゾロゾロと生徒が教室を出て行く。
.
.
.
.
光)西島先生!
.
.
隆)なんか用か?
.
.
光)いえ、呼んだだけです笑
.
.
隆)はやく部活行けよ
.
.
光)はーーい
.
.
真)ほんま冷たいな〜、にっしー
.
.
光)えっ、おいおい
誰にタメ口で喋ってんだよ。
西島先生だぞ?
.
.
真)え、いいやん
.
.
隆)良くねーよ、
お前と遊ぶ暇はねぇから早く教室出ろ
.
.
真/光)はーい
.
.
.
.
.
.
光)え、西島先生とどうゆう関係?
もしかして··· 付き合ってる?
.
.
真)絶対ありえへん、気持ち悪いわ 笑
.
.
.
.
.
.
.
.
こっちのセリフだっ!
.
.
.
.
てか、危なかった···
.
.
日高に 俺と真司郎の関係がバレるところだった···。
.
.
.
_______________________________________
.
明日でテスト終わり✌( ¨̮ ✌
.
.
#aaa
#西島隆弘
#にっしー
#Nissy
#にしひだ
#たかじろ
#あたひだ
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#2分の1
#にぶんのいち


真司郎side
.
.
.
.
休み時間__
.
.
真)みさっ
.
.
.
.
さっきの授業で分からんとこがあったから
実彩子を呼んだけど教室から出て行った。
.
.
.
.
真)またちあちゃんか···
.
.
.
.
俺も日高のところに行こうって思ったけど
1組はちあちゃんがおるから行きづらい。
.
.
.
.
光)しんじろ〜
.
.
.
.
って思ったら
タイミング良く日高が来てくれた。
.
.
.
.
真)なんや。
.
.
光)冷たいな···
俺のこと待ってたんだろ?
.
.
真)うるさいわ、ほんまなに?
.
.
光)··· 真司郎ってリレー出るよな?
.
.
真)おう、出るに決まってるやろ。
.
.
光)だよな〜 俺も出るぜっ☆
.
.
真)絶対 日高に勝てるわ
.
.
光)去年は負けたから今年こそは···
.
.
真)今年も俺が1番取るで 笑
.
.
光)勝負しようぜ!
.
.
真)おう!
.
.
.
.
.
.
.
.
)お、與と日高!
さっそく今日から応援団で集まるから
放課後1-1に集合な!
.
.
真/光)先輩ありがとうございま〜す
.
.
.
.
真)え
.
.
光)真司郎も?
.
.
真)日高も?
.
.
真/光) うん
.
.
.
.
光)やったぁぁああぁぁぁあ!
.
.
.
.
叫びながら俺に抱きついてくる
.
.
.
.
真)あぁぁもう!やめろ!!
.
.
光)だって真司郎と一緒なんだぜ?
.
.
真)あっそ
.
.
光)嬉しいくせに〜
.
.
真)だまれっ////
.
.
.
.
一発殴ってやったわ。
.
.
.
_______________________________________
.
あたひだ応援団🎌📣✨
おぉお、見てみたい
.
.
#aaa
#與真司郎
#真ちゃん
#あたひだ
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#2分の1
#にぶんのいち


千晃side
.
.
.
.
休み時間__
.
.
実)ちあきー
.
.
千)あっ きたきた!
ごめんね、いつも来てもらってて
.
.
実)全員良いよ、
私の教室行くの嫌でしょ?笑
.
.
千)う、うん笑
.
.
.
.
実彩子には申し訳ないけど
2組は真ちゃんがいて会いたくないから
いつも実彩子が私の教室に来てくれる。
.
.
.
.
実)あっ 千晃は競技何に出るの?
.
.
千)だっちゃんと二人三脚だよ
.
.
実)光啓と!?
.
.
千)そんなに驚く?笑
.
.
実)だってだって、男女だよ?男女!
.
.
千)大丈夫だよ、幼馴染みだから
.
.
実)大丈夫なのは貴方達だけ
光啓のこと好きな人から何思われるか分かんないよ?
.
.
千)そっか··· だっちゃんモテるもんね
.
.
.
.
聞いてみたら、
実彩子は借り物競争に出るらしい。
.
.
真ちゃんは···
何に出るんだろう?
.
.
.
.
実)真司郎はねー、100走に出るよ
.
.
千)っ、なんで···
.
.
実)絶対気になってるなーって思ったから笑
.
.
千)もう···//// 笑
.
.
実)それと男女混合と男子のリレーにも出るよ。
.
.
千)そうなんだ···
真ちゃん走るの速いもんね。
.
.
実)お宅の光啓くんも速いじゃない
.
.
千)そうなのよ〜
でも、真ちゃんくんには負けてるわ〜
.
.
.
.
千/実)あはは 笑
.
.
千)私達 誰なの 笑
.
.
実)"真ちゃんくん"って呼び方 笑
.
.
千)いつも真ちゃんって呼んでるから 笑
.
.
.
.
実)あ、光啓はリレー出るの?
.
.
千) 真ちゃんと同じだよ。
.
.
実)おっ、いい戦いになりそうだね
.
.
千) うん、体育祭楽しみ♪
.
.
実)私も!
.
.
.
.
.
.
.
.
真ちゃん、やっぱりリレー出るのか。
.
.
絶対好きな人増えるじゃん。
走るの速くて顔もかっこいいから···
.
.
ん?もしかして私 嫉妬してる?
.
.
.
_______________________________________
.
1日目は、数学/英語/保体 だった😣
終わったな。って思ったけど
3教科とも結構いけたかも☺☺
.
.
#aaa
#伊藤千晃
#ちあちゃん
#みさちあ
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#2分の1
#にぶんのいち


西島隆弘side




家に帰ると、ソファでくつろぐ。


話始めたのは○○の方で···




「たか、? あのね」


『ん?』


「今週の金曜日、···飲みに行ってもいい?」


『···誰と』


「宇野さんと與くん」




やっぱりね、真司郎がいたか。


なによ"與くん"って···
宇野ちゃんのことはさん付けなの?


俺··· 、
今日1日で○○と真司郎の距離が
近くなったことに
ヤキモチ焼いてるわ。




『駄目、絶対やだよ』


「なんで? 宇野さんがいるじゃん」


『宇野ちゃんはいいけど
與"が"いるじゃん!』


『てか宇野ちゃんも駄目だけど···』


「···もしかして、
宇野さんと與くんのこと嫌いなの?」


『そうじゃなくて···』


「···じゃあなによ。」




『○○が真司郎と仲良くしてて
嫉妬してんのっ!』


『○○さぁ、
自覚してないから分かんないと思うけど
絶対に真司郎 ○○のこと好きになったからね?』


『あと、宇野ちゃんも嫌な理由は···

もちろんメンバーと仲良くなってほしいって
思ってるけど、
1番は俺でいてほしいの···

宇野ちゃんは女だから
1番〇〇と仲良くなりそうで···』


「ちゃんと目見て言いなよ」


『え?』




珍しく怒った口調だなって思い
○○の顔を見ると、


涙を堪えてた。




『···○○?』


「こんなことで喧嘩なんてしたくないけど···
私だって嫉妬しちゃうよ。


女優さんとお仕事する時、
たかは優しいから親切に接してると
女優さんがたかのこと好きになることあると思うよ?

だってたかだもん、

たかだから···、
いろんな人に好かれるんだよ。


···そんなたかが羨ましい。」




俺、最低だ。


○○の気持ちも知らずに
○○のこと縛ってた。


〇〇もたくさん我慢してたっ···




「たか、泣かないで···?」


『ごめん、ほんとごめんっ···』


「良いよ、
"愛されてる"って再確認できたし、」


『再確認しなくても良いよ。
そんなのしなくても
俺はずっと○○のこと愛してるから』


「ふふ、私もずーっと愛してる」




○○のひとつひとつの言葉や
子供のように泣きじゃくる俺を
そっと優しくギュッてしてくれる
○○が暖かい。


それに答えるように
俺から優しいキスをする。




ふと、目が合い
照れて笑う○○。


照れるところも、笑うところも
○○の短所すらも
愛おしく感じる。


だから、
どこが好き? なんて聞かれたら
答えることができない。




○○の全部が好きだから。



_______________________________________




『やっぱり飲みに行くの?』


「やめようかな···」


『なんで?』


「だってたかg」『俺も行く』


「···え?」


『俺も行くから』


「私は良いけど、宇野さん達は?」


『宇野ちゃん達が駄目でも
俺は行くよ?』


「ありがと 笑
ちょっと連絡してみるね」


『なに 連絡先交換したの?』


「した···よ?」


『誰と』


「全員」


『○○···、俺のこと好きだよね?』


「うん」


『じゃ、携帯貸して?笑』


「やーだよー 笑」


『貸せぇええええ』


「いやぁあああああ」




end.




✍お互い思ってることも一緒で好きなところも一緒。
✍結局、西島さんも行くことになり
與宇から冷たい視線が···
宇(なんでにっしーいんの?)
與(にっしーの家での様子聞こうと思ってたのに···)
✍最後 追いかけっこしてます 笑


💭西島さんの彼女さんの名前募集しちゃいます。▷▷

·皆さんから愛されるような そんな名前を希望しております·

このコメント欄にて募集しております。

※由来なども教えてください
※締切日は決定するまで
※サラハは使えないので御遠慮ください


#aaa
#西島隆弘
#にっしー
#Nissy
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#俺の


西島隆弘side






『はぁ··· 緊張する。』


「そんなの私もだよ。」




俺ら何に緊張してるかって?


今から、初めて彼女とメンバーで食事するんです。


お互い顔を見るのは初。




「たかが緊張してどうするのよ 笑」


『だよね··· 笑』


『じゃあ 開けるよ?』


「う、うん」




個室のドアをゆっくり開けると
もうメンバーは集まっていた。


俺らが最後だったみたい。




実 「あっ、来たー!」


光 「待ってましたー 西島の彼女さん」


「は、初めまして··· 西島さんとお付き合いさせて頂いております。
○○です。」


直 「礼儀正しいねー!」


真 「んまに、」


隆 「でしょー!可愛いだろ?」


実 「めっっっちゃ可愛い////
私も○○ちゃんみたいな顔に生まれたかったー」


「いえ、そんな···
宇野さんの方がとってもお美しく
直視出来ないほど輝いています!」


メ 「笑笑」


直 「あははっ、○○ちゃん面白いねー
とりあえずここ座って?」


「は、はい!
ありがとうございます。」


『駄目、お前は俺の隣だろ?』




俺の彼女は可愛すぎる。
それに優しくて誰にでも親切にするから
他の男が寄ってきちゃう。


だから俺が○○の隣にいないとねっ。
独占欲強いからこうでもしないと
なかなか安心にならない。


いや、メンバーと会わせること自体が
嫌なんだよね···
だって···




真 「初めまして〜、與真司郎です。
なんでもいいから與さん以外で呼んでな 笑」


「ふふ、分かりました。
"與くん"でも良いですか?」


真 「"真司郎"でもええで?」


「たかが嫉妬しちゃうんで 笑
ごめんなさい。」


真 「そっか 笑
にっしー独占欲強いもんなー」




ほら、こうやってメンバーとイチャイチャする。
もう··· 絶対すると思った。


しかも真司郎じゃん。




真 「○○ちゃんって俺のこと好きなんやろ?」


「え?なんで知ってるんですか!?」


真 「にっしーからいろいろ聞いてんで 笑」


「恥ずかしい···////」




あぁぁぁあああ、ダメ、その顔!
絶対真司郎好きになっちゃうお前のこと!


可愛いけどさ、ダメだよその顔!




隆 「○○、食べたいものある?」


「んー、
たかの食べたいものが食べたい。」


隆 「俺の? 笑」


「うん、たかと一緒に何か食べたいなー」




真司郎との会話を阻止するために
「何食べる?」って聞いただけなのに
考える姿や、俺に対する言葉が
いちいち可愛いくて俺の心臓がやばい。




「おーい、聞いてる?」


『え、ん、うん、聞いてる 笑』




"たかと一緒に食べたい"って··· 笑
マジ可愛いな、おい。




直 「○○ちゃんって何歳?」


「23です 」


メ 「っ!?」


光 「おい西島、こんな可愛くて若い子
どこで見つけたんだよ。」


秀 「ナンパか?」


実 「31でナンパって 笑」


真 「にっしーキモイ」


『ナンパじゃないから 笑』


「え?あれはナンパと一緒でしょ?」


『ちょっと違うけどね 笑』






あれから何時間か経ち、
解散することになった。




直 「また集まろうね、○○ちゃん」


「良いんですか?」


真 「当たり前やん、また今度な」


「はい!笑」




手を繋いで駐車場に向かう。




はぁ、あいつ男と喋ってばっかじゃん。
帰ったらお仕置きしねぇとな?








✍ 西島さんの彼女さんは與さん推し
✍ 8歳差のcouple

💭気分転換に西のshortstory書いてみました。
続きあるよ▷▷

#aaa
#西島隆弘
#にっしー
#Nissy
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#俺の


千晃side
.
.
.
.
.
.
あれから数ヶ月が経ち、
今は日が経つほどに暑さが増す5月の中旬。
.
.
.
.
直)ホームルーム始めるぞー
.
.
.
.
)はーい、笑
.
.
.
.
直)お前ら小学生か笑
.
.
.
.
)笑笑
.
.
.
.
クラスの輪にまだ馴染めていない私。
.
.
.
.
だっちゃん以外に友達は一人できたけど、
こんな私を嫌いになって離れていくかもしれない。
きっと、そうだ。
.
.
.
.
.
.
.
.
直)6月に体育祭があるから、
競技やリレーの選手を決めまーす。
.
.
.
.
)いぇーーーい!
.
.
.
.
直)じゃあとりあえず、自由に移動していいから
誰とどの競技に出るか話し合えー!
.
.
.
.
千)(はぁ、どうしよ。)
.
.
.
.
唯一の友達は他の子に誘われてる。
私、1人になっちゃった。
.
.
.
.
.
.
.
.
光)よぉ、千晃!
.
.
.
.
千)だっちゃん···、どの競技に出るか決まった?
.
.
.
.
光)ううん、千晃を誘うと思ってここに来た。
.
.
.
.
千)え?他の子と組まないの?
.
.
.
.
光)俺は千晃と組みたい。
一緒に二人三脚しようぜ?
.
.
.
.
千)···二人三脚?
.
.
.
.
光)おぅ、走るの嫌いだろ?
なら二人三脚しかねぇかなって。
.
.
.
.
千)だっちゃんが良いのなら···
.
.
.
.
光)よしっ、決定な!
.
.
.
.
.
.
.
.
ふふ、すごい嬉しそうじゃん笑
.
.
.
.
って思ってる私も笑いが止まらなかった。
.
.
.
.
直)はーい、席に座れー
.
.
.
.
皆が自分の席につく。
.
.
.
.
直)じゃあまずは二人三脚から。
.
.
.
.
光)はーい、俺と千晃がやりまーす!
.
.
.
.
.
.
.
.
騒がしかった教室が一瞬で静かになった。
.
.
.
.
そして皆私の顔を見てザワつき始める。
.
.
.
.
)え、日高と伊藤?何その組み合わせ
.
.
)確かに···、幼馴染みらしいけど
日高くんと伊藤さんの人気の差が···。
.
.
)だよな。伊藤さん暗いじゃん!
.
.
)伊藤さんの下の名前「千晃」だったんだ。
知らなかった。
.
.
)大丈夫なの?伊藤さんで。
.
.
)伊藤さん確かに可愛いけどさー、
日高くんと組むなんて。
.
.
.
.
皆、私の悪口を言う。
.
.
.
.
今すぐ教室に出て泣きたくなった。
.
.
.
.
光)おい、お前ら何言ってんだよ!
こいつ普通に良い奴だし。
.
.
暗いからって何か悪いことでもあんのか?
.
.
.
.
)···。
.
.
.
.
光)ぜってぇに千晃と俺で1位取るから。
お前ら見とけよ?
.
.
.
.
.
.
.
.
千)だっちゃん···、ありがとう笑
.
.
.
.
誰にも聞こえない声で、そう呟いた。
.
.
.
.
.
.
.
.
HR終了後__
.
.
.
.
帰る準備をしていると···
.
.
.
.
誰かに頭を撫でられた。
.
.
.
.
千)ちょっ···と////
.
.
.
.
それはだっちゃんだった。
.
.
.
.
光)さっき大丈夫だったか?
俺は全然気にしてねぇから。
てか、幼馴染みなんだぜ?
お前のこと嫌いになったことねぇから。
.
.
.
.
千)そんなの···、知ってるよ。
私のこと大好きでしょ?笑
.
.
.
.
光)前はな?笑
今は違う意味で好き。
.
.
.
.
千)···うん。
.
.
.
.
光)あ、もしかして
恋愛感情で"好き"って言ってほしかった?
.
.
.
.
千)なわけないでしょ、ばーか。
.
.
.
.
光)ムカつくなー お前。
てか俺に感謝しろよ?
.
.
.
.
千)はいはい、ありがとう!笑
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
自分の席に戻っていく背中はとても輝いていた。
.
.
.
.
本当にありがとう、だっちゃん
.
.
.
_______________________________________
.
やっぱaaaの歌って最高よね
(急にどうした笑)
.
.
#aaa
#伊藤千晃
#ちあちゃん
#だっちゃき
#うらひだ
#フルーツ兄弟
#うらちあ
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#2分の1
#にぶんのいち


千晃side
.
.
.
.
.
.
実)ちーあき!
.
.
.
.
千)···。
.
.
.
.
実)そんな暗い顔しちゃってどうしたの?
.
.
.
.
千)ん?··· あ、 実彩子。
.
.
怖かったよ
さっき真ちゃんがいたの。
.
.
嫌なことされてるわけじゃないのに
怖かっ···た、
.
.
.
.
実)···そっか
.
.
怖かったね、おいで?
.
.
.
.
千)ぅう、ありがとう···泣
.
.
.
.
.
.
.
.
実彩子の、私の大好きな香り。
.
.
.
.
一瞬にして匂いに包まれ
震えた身体が少しずつ揺れがおさまる。
.
.
.
.
千)逃げたくても逃げれなかった。
脚が思うように動かなくて···
.
.
.
.
実)うん、もう大丈夫だよ
.
.
大丈夫 私がいるから。
.
.
.
.
.
.
.
.
あの時は
近くいると幸せだったのに
.
.
.
.
今は
すっごく怖い、真ちゃんが怖い
.
.
.
_______________________________________
.
もうやだよ勉強 笑
.
.
#aaa
#伊藤千晃
#ちあちゃん
#みさちあ
#aaa妄想
#aaa小説
#ぷうのaaa小説
#2分の1
#にぶんのいち

Most Popular Instagram Hashtags