__mii____story __mii____story

236 posts   1,688 followers   60 followings

mii🍀  . . #aaaストーリー #miiストーリー #nineteenstorys . 《 #いつも通りの 》更新中🍀 . .

【#secretlove 】-1
.
.
.
《 伊藤side 》
.
.
.
.
.
.
今日はメンバー全員での撮影日
.
.
.
.
.
.
.
.
.
最初にペアになって撮影をするのが主流
.
.
.
.
.
.
.
.
.
きっと私は貴方とは別の人と撮影
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 じゃあ、西島さんと宇野さん
撮影よろしくお願いします 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________ ほらね。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 また宇野ちゃんとかぁ 」
.
.
.
宇「 嬉しいって?知ってる 」
.
.
.
西「 ハハッ、バレたか! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんな会話をしてケタケタと笑う貴方の横顔
.
.
.
宇野ちゃんも楽しそうに、にっしーに触れて
笑っている
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 千晃、どないしたん?
怖い顔して 」
.
.
.
伊「 ……ううん!何でもない!
行こう、真ちゃん! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私には何も言う資格はない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
だっが
.
.
.
.
.
.
.
.
.
___________ 内緒の恋、だから
.
.
.
.
.
.
.
.
.
隆と付き合う時に決めたこと
.
.
.
.
.
.
.
.
.
" メンバーには絶対バレないようにすること "
" 私情は持ち込まないこと "
.
.
.
.
.
.
.
.
.
呼び方も、みんなの前では
.
.
.
" にっしー " と " 千晃 "
.
.
.
.
.
.
.
.
.
でも、ふたりきりになると
.
.
.
" 隆 " と " ちぃ "
.
.
.
.
.
.
.
.
.
内緒の恋でも貴方と居れれば、それでいいと思ってた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
でも、近づけば近づくほど、
.
.
.
私は欲張りになっていく
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ………隆のばーか 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
カメラの前で、
宇野ちゃんと楽しそうに笑顔を浮かべる貴方が
.
.
.
やっぱり大好きなの
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 今日は他ペアでも撮っていただきます 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
真ちゃんとの撮影が終わり、
全員で談話しているとスタッフの声が響き渡る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 え〜、明日じゃダメなん?
俺疲れたわ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
確かに午前中からレコーディング
.
.
.
そして午後は新曲のPVの打ち合わせ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そして夜中にファンクラブの会報誌の撮影
.
.
.
.
.
.
.
.
.
さすがに私たちでもクタクタだった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 じゃあ、明日撮りましょう
ペアは明日発表しますね〜 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
みんなでスタッフに挨拶して帰る準備をする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 お疲れ〜 」と次々とメンバーが帰る中、
.
.
.
楽屋に残るのは私と貴方
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 私たちも帰ろ?隆 」
.
.
.
西「 ………ん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつもなら私を見て嬉しそうに笑う貴方は
.
.
.
今日は不機嫌そうに帰る支度を続けていた
________________________________________________
.
.
@a.a.a.n0930 さん
リクエストありがとうございます☺︎
西伊、メンバー設定です
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#にしちあ

【 #いつも通りの 】-Last
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 いやぁ、大変ご迷惑かけました! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
楽屋で隆弘の明るい声が響き渡る
.
.
.
当の本人を見て、他のメンバーは不機嫌な顔
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 ホンマ迷惑やわ 」
.
.
.
浦「 もうくだらない喧嘩はやめてください 」
.
.
.
末「 宇野ちゃん、もう
西島やめて俺にすれば〜?笑 」
.
.
.
日「 秀太やめろ
静かな西島は西島じゃねえ 」
.
.
.
西「 おい、お前らなぁ… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って隆弘は近くにいた真司郎に抱きついた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 俺の味方は與しかおらへん〜 」
.
.
.
與「 もぉーホンマやめてや!
宇野ちゃん…!助けて! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
真司郎に呼ばれて、私も隆弘の上に飛び乗り
抱きついた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 ちょ、ホンマ重いて! 」
.
.
.
浦/末/日「 じゃあ俺もー 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつも通りの風景
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつも通りの雰囲気
.
.
.
.
.
.
.
.
.
やっぱり私たちはこうじゃなきゃ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 ねぇ隆弘? 」
.
.
.
西「 ん? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そのまま隆弘の背中で隆弘にしか聞こえないように
囁いた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 今日もいっぱい愛してね 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんな声はメンバーにも聞こえていたようで
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 「「「 バカップル、うぜぇ 」」」」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつも通りのみんなが
.
.
.
.
.
.
.
.
.
大好き
.
.
.
fin
.
.
_______________________________________________
.
.
完結〜!
リクエストありがとう☺︎
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#たかうの

【 #いつも通りの 】-4 ⚠️pink
.
.
.
.
.
.
.
.
.
隆弘は私に何度も角度を変えてキスをする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
最初は戸惑っていた私も、いつのまにか自分から
首に手を回して求めていた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
唇を合わせたまま、
隆弘は私のTシャツを脱がせる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 んっ…… 」
.
.
.
西「 だーめ、まだ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
息をするために離した唇は、
意図も簡単に貴方の唇で再び塞がれる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
貴方は私を自分の膝の上に乗せて、
下着のホックを外した
.
.
.
.
.
.
.
.
.
下着が落ちる音と共に、私の膨らみが露わになる
.
.
.
その膨らみを手で揉み解したまま、
私の唇に貪りつく
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 みさ、腰あげて 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私は言われるまま腰を上げる
.
.
.
快感だけが襲って、唇が離れた時には
うまく息ができなかった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 …んっ……やぁ…… 」
.
.
.
西「 可愛い、みさ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
割れ目の中に沈んだ指がバラバラに動いて
私を快感に導いた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私が快感に浸っている間に、
指とは比べものにならないものが沈み込んだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……動くよ? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
貴方の律動はまるで愛を奏でているようで
私はその愛に溢れ変える
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 …隆弘も私以外の女の子のこと
見ちゃダメだからね…? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
途切れる声で一生懸命伝えると、
隆弘は私の好きな笑顔で笑った
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …言われなくても、
もうお前しか見えねーよ、みさ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って落とされたキスは
.
.
.
いつも通りの甘いキス
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 愛してるよ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その言葉は私だけのもの
_________________________________________________
.
.
次、らーすと!
誰か語彙力ちょーだい☺︎
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#たかうの

【 #いつも通りの 】-3
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その後、気まずさを残しながら
隆弘の家に足を運んだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ふたりきりになった途端、
ほとんど話しをしなくなったから
まだ怒ってるのかなと思ったら
.
.
.
扉を閉めた途端、私を抱きしめる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ………ごめんね、みさ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って、抱きしめる強さを強くした
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 仕事だって分かってても…
みさのことになるとコントロールできなくなる 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
久しぶりの隆弘の薫り
.
.
.
香水と隆弘の匂いが混じって、私がこの世で一番
好きな薫りが鼻を掠める
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 こんなに隆弘しか見てないのに、
それでも不安……? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
肩越しに隆弘が頷く気配が伝わる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 俺より翔平くんの方が男らしいし
俺より真司郎のほうがみさのこと分かってるし
俺よりみさに相応しい人はたくさんいるから… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつも自信満々な貴方の本音は
私だけにみせる弱さ
.
.
.
そんな場面ではないけど、思わず笑みが溢れる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 この世界の人と出逢ったとしても、
私は隆弘が一番だよ 」
,
.
.
.
.
.
.
.
.
___________ 貴方の全てが愛しい。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
初めて自分から重ねる唇
.
.
.
今までを振り返ると、全て貴方からだった
そんなところも不安にさせてたのかもしれない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 キスしたから……許してくれる、よね? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
貴方の瞳を捉えてそう告げると
貴方は再び私の唇に自分の唇を重ねた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そして私を抱きかかえる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 なになに! 」
.
.
.
西「 え?俺、みさ不足だから 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言ってベッドに降ろされる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 責任とってくれるよね…? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
狼のようなその笑顔は、
.
.
.
甘い時間の始まりの合図
______________________________________________
.
.
え、ピンク行く?行かない?
コメントで決めるねええ、多かったら書く
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#たかうの

【 #いつも通りの 】
.
.
.
《 宇野side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
今日は雑誌の取材のお仕事
.
.
.
席順が指定され、運悪く
私と隆弘は隣の席になってしまう
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 じゃあ、メンバーの仲良しエピソードなんて
ありますか?宇野さん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
取材も終盤に差し掛かった時
記者の方が私に質問する
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 そうですね……私たちプライベートでも仲良くて
趣味でよく旅行するんですけど、
LA行った時真司郎と食事しました! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って真司郎を見ると、
引きつった笑顔を見せる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私は何と無くか察しがついたが、
自分の隣を見ることができない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 そうなんですねぇ〜っ
じゃあ、西島さんはなんかありますか? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
記者が隆弘に話を振ってしまった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 宇野ちゃんの言う通りプライベートでも仲良くて
お互いのドラマとかみたりしますよ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その言葉に顔を向けると、
私をみて意地悪な笑顔を向ける
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 キスシーンなんて、本当どんな気持ちで
見ていいか分かりませんもん笑 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
取材が終わり、記者さんが退出する
.
.
.
それと同時に私は声を上げた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 ねぇ、どういうこと!? 」
.
.
.
西「 何が? 」
.
.
.
宇「 まだキスシーンのこと気にしてんの!? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その言葉に理由を知らなかったリーダー以外のメンバーが
唖然とする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 もしかしてそれが原因なん…? 」
.
.
.
末「 え、喧嘩の原因、ただの西島の嫉妬…? 」
.
.
.
西「 " ただの " じゃねぇ! 」
.
.
.
日「 西島、大人になれよ 」
.
.
.
宇「 ほんとだよね、日高の言う通り 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
みんなに責められる隆弘は、
必死で言い返している
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんなみんなに愛される隆弘が
私は大好き
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……何笑ってんの 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
メンバーの中心で私が笑ってることに気付いた隆弘
.
.
.
私はその輪の中に飛び込んだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 いつも通りの光景だなあ!って! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
やっぱり私たちはこうでなきゃ
_________________________________________________
.
.
次は仲直り突入しちゃうで(^_^)
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#たかうの

【 #いつも通りの 】-1
.
.
《 宇野side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつも賑やかな楽屋がこんなに静かなのは
ある男が喋らないせい
.
.
.
その原因は私なのも分かってる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
メンバーが私に助けを求めてくるけど
今回ばかりはどうしようもない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 なになに、どないしたん? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
痺れを切らして、真司郎が貴方に話しかける
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 別に、何もない 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
不貞腐れた顔で真司郎を見る
大好きな真司郎に話しかけられてもこれなら
もうどうしようもない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その後チラッと私の方を見た
.
.
.
そして私を指差して子供のような口調で言う
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 そこの分からず屋さんに、
聞いてください 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その言葉に腹が立った私は、
貴方の目の前に行き鼻をつねる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 いい加減にして 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
いつもはここで折れる貴方も
今回ばかりは意地を張っているみたい
.
.
.
.
.
.
.
.
.
浦「 宇野ちゃん……原因は? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
リーダーは私にしか聞こえない声で
ひっそりと聞いてくる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
喧嘩の原因を言ったら、
きっとメンバーは呆れて笑うだろう
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 私が今出演してるドラマさ……
キスシーンあったじゃん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________ そう、それは遡るほど2日前
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 みさ、これどういうこと? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
隆弘の家で過ごす久しぶりの時間に
隆弘の少し不機嫌な声が聞こえた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 何がよ 」
.
.
.
西「 キスシーン。
あるなんて聞いてないんだけど 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
SNSに流れる私のキスシーンを画面越しに指差す
.
.
.
.
.
.
.
.
.
8秒くらいあったその時間は
私にとって恥ずかしさしかなかった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 やめてよ!恥ずかしい! 」
.
.
.
西「 何で俺以外の奴とキスしてんだよ 」
.
.
.
宇「 ……ハァ? 」
.
.
.
西「 もういい。キスしてくれるまで許さない 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇宙一心の狭い男とは、西島隆弘のことだろう
.
.
.
.
.
.
.
.
.
呆れて言葉も出ない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ほら、今なら許してやるよ 」
.
.
.
宇「 意味わかんないし。仕事だから 」
.
.
.
西「 仕事でも許さない。
みさは全部俺のなの 」
.
.
.
宇「 もー!勝手にして!!!
隆弘なんかしらない! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________
.
.
.
宇「 とまぁ、こんな感じに… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言うとリーダーは案の定
.
.
.
それはそれは大きくて深いため息をついた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
しかし、今回は
.
.
.
さすがの西島くんも相当怒っているようで
.
.
.
.
.
.
.
.
.
宇「 どうしましょうか…… 」
______________________________________________
.
.
@_____chi.time リクエストありがとう☺︎
たかうの、メンバー設定!
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#たかうの

【 #ハジメテ 】-Last
.
.
《 伊藤side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ちょっと来て 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生に手を引かれ、連れて来られたのは
初めて先生と出逢った場所
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …憶えてる?
俺がお前の担任が休みの時、点呼取りに来たの 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________ 憶えてるよ。
.
.
.
あの時、先生に恋をしたんだから
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 お前、俺のことずっと見てるからさ
俺もお前から目が離せなかった 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生は私の手をぎゅっと強く握りなおした
.
.
.
私を見て優しく笑った
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …たぶん俺、あの日から
お前のこと好きだったんだよなぁ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
どうして、そんなこと言うの
.
.
.
涙が止まらなくなるから
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ずるいよ… 」
.
.
.
西「 ……千晃 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
スーツに身を包んだ真剣な顔をした先生のポケットから
出てきた小さな箱
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 もうお前がいないとダメだから、
俺と結婚してください 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
暖かい日差しが私たちを照らして
.
.
.
まるで、私たちを祝福してくれている
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生の手のひらに乗った小さな箱から見える
永遠の愛を誓うモノ
.
.
.
それは私の " ハジメテ " .
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 もう泣くなよ……笑 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私を優しく抱きしめる貴方は
私の " ハジメテ " 好きになった人
.
.
.
" ハジメテ " のこいびとで
" ハジメテ " 永遠を誓う人
.
.
.
.
.
.
.
.
.
こんなに好きになる人は 最初で最後だから
.
.
.
私の返事はただひとつ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……ばか、大好き 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その背中に手を回すと
先生は安堵するかのように息を吐き出す
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 じゃなくて、何て言うの? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
顔を離す先生の唇に、
今度は自分から背伸びをして重ねた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 私のハジメテ、ぜーんぶあげる! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って先生は嬉しそうに
私を再び抱きしめた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その胸の中で私は、
やっぱり先生しかいない、そう思ったんだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千「 隆くん!隆くん!起きて! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
眠い目を擦ってベッドから起き上がる
愛しい人。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
隆「 ……やだ、あと5分 」
.
.
.
千「 だーめ!遅刻なんて
生徒に示しがつかないでしょ! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言うと隆くんは渋々とベッドから起き上がる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
隆「 おはよ、千晃 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って今度は私のお腹に視線を落とす
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 おはよ、早く産まれてこいよ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
こんな幸せな日々は
.
.
.
" ハジメテ " だね
.
.
.
fin
.
.
_________________________________________________
.
.
完結〜☺︎🌱
コメント待ってますううう
質問箱も待ってます←
.
リクエストありがとうございました🖖🏻
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#にしちあ

【 #ハジメテ 】-5
.
.
《 伊藤side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 あれ、千晃?もう保健室行かないの? 」
.
.
.
伊「 うん、もう行かない 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________ あれから私は一度も、
保健室に行ってない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
卒業ってこともあるけど、
何より自分の心が限界だった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
一度だけでもいいから、「 伊藤 」って
顔を出してくれるかななんて期待したけど
.
.
.
そんな願いは儚く消えた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
今日は卒業式
.
.
.
.
.
.
.
.
.
最後にもう一度だけ会いたい
もう会えなくなるなら、最後にちゃんと伝えたい
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう思って、保健室のドアをノックする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …どうぞ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
変わらない落ち着いた声に恐る恐るドアを開けた
.
.
.
先生は窓から外を見つめていた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……先生 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
名前を呼ぶと、
先生は驚き、振り返る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 伊藤…… 」
.
.
.
伊「 お久しぶりです、先生 」
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言うと先生は、私に近づいてくる
.
.
.
その姿が愛おしくて涙が溢れ出し
私は片手を前に出した
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……来ないで 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
最後くらい、笑ってサヨナラしたい
泣き顔なんて見せたくない私の強がり
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……何でずっと来なかったの 」
.
.
.
伊「 ……もう、先生を困らせなくなかった 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
" 生徒 " なだけで先生を困らせてた
.
.
.
…ううん、普通の生徒だったら困らせてなかった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私は、先生を好きになってしまったから
この気持ちを消すことができなかったから
いつのまにか先生に無理ばかりさせてた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……先生、大好きでした 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
" ハジメテ " こんなに好きになった人
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ………バカだな、お前は 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生は優しい笑顔を浮かべて近づいてくる
.
.
.
そして私をぎゅっと抱きしめた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …確かに最初は面倒くさかったけど
毎日お前と過ごすたび、惹かれてる自分がいた 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私を抱きしめる力が強くなる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ずっと、今日(この日)に言おうと思ってた 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
水族館でのあのキスには、
.
.
.
ちゃんと意味があったんだね
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生は真っ直ぐ私の瞳を捉えて、
大好きな笑顔で笑った
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 俺は、千晃が大好きだよ 」
______________________________________________
.
.
次ラストかなぁ☺︎
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#にしちあ

【 #ハジメテ 】-4
.
.
《 伊藤side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 先生、みてみて! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
水槽に散りばむ魚を指差して、
先生の名前を呼ぶ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …はいはい 」
.
.
.
伊「 この魚、小さくて可愛くない? 」
.
.
.
西「 うん、伊藤みたい 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
小さい水槽に頭を寄せ合って
覗き込んでいるなんて夢見たい
.
.
.
先生も珍しい魚を、興味津々で目で追っている
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんな横顔を見てると、溢れて来る想い
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 先生、好きだよ 」
.
.
.
西「 もう聞き飽きたわそれ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生はそうやって微笑むけど、
困らせてるのは分かってる
.
.
.
__________ だから、これが最後。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 先生、大好きだった 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
過去形にしても想いは現在進行形
.
.
.
どんなに伝え続けても
先生は私になんて靡いてくれないから
.
.
.
.
.
.
.
.
.
さっきの嫉妬ような言葉も
あれだけでも私は嬉しかったんだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
せめて、今日だけ。
.
.
.
恋人の気分でいさせてください
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …そういえば、今年卒業するんだなぁ 」
.
.
.
伊「 …まぁ、3ヶ月くらいあるけどね 」
.
.
.
西「 寂しくなるね、うるさいのがいなくなると 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
やっぱり私はただの " 生徒 "
.
.
.
そんな分かりきった真実に、何度も傷つく私がいる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ふたりでひと通りみて、最後にイルカショーをみる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 つめて…っ! 」
.
.
.
伊「 ははっ、私たちビショビショじゃん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
最前列に近い方にいた私たちは
髪が濡れるほどな水しぶきをくらった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 やばかったわ〜っ 」
.
.
.
伊「 はい、先生。ハンカチ… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言ってハンカチを手渡すと、
その手首ごと掴まれる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …先生?何、どうしたの? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ざわめく館内の一番大きな水槽の前
.
.
.
.
.
.
.
.
.
みんなが水槽の中を覗く一番後ろで、
.
.
.
私たちの影はそっと重なった
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……帰るぞ、千晃 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
固まる私の手のひらに自分の手のひらを重ねて
.
.
.
先生は出口の方へ歩き出す
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生、こんなことされたら
.
.
.
.
.
.
.
.
.
せっかく決心したのに、
.
.
.
__________ 忘れられないよ。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その後はとくに話すわけでもなく、
いつのまにか家に着いた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 じゃあな、また月曜に 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
結局、理由は聞けないまま別れを告げる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 バイバイ、先生 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________ バイバイ、私の恋。
_______________________________________________
.
.
コメント待ってます☺︎
コメント15いったら次更新しよっと!
.
.
#aaa
#aaaストーリー
#miiストーリー
#にしちあ

【 #ファンサービス 】
.
.
.
.
.
.
.
.
.
今日は人生で一番大事な日と言っても
過言じゃないかもしれない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
大好きなふたりに会える初めてのイベントで
何とその後の握手会に当たってしまったのだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
彼らの名前は " dangerous gamble "
.
.
.
.
.
.
.
.
.
顔と名前しか明かしてない、謎のユニット
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西島隆弘 と 與真司郎
.
.
.
.
.
.
.
.
.
このふたりの魅力にファンは日々虜になる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 ……はぁ、緊張する 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
整理券を両手で握りしめ、
神様に選ばれた列の最後尾で自分の順番が来るのを待つ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その列が近づくほどに、
心臓は鳴り止むことを知らず手も震えてくる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ス「 はい、次の方どうぞ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
スタッフの人に整理券を渡して、
区切られた小さな部屋に案内される
.
.
.
.
.
.
.
.
.
おそるおそるその扉を開ける
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 こんにちわ 」
.
.
.
與「 今日は来てくれてほんまありがとう〜! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
歌ってるところしか見たことないので
ふたりの普段の声と喋り方に思わず身構える
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 緊張してんの?可愛いねぇ 」
.
.
.
與「 ほんま可愛い!ほら、おいで! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私は言葉を発することも出来ず
ただ言われた通りにふたりに近づいた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
手前に最初に西島さんがいて、
その手に自分の手のひらを重ねた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……君、どっちが好きなの?
俺と與 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう耳元で囁かれる
.
.
.
私はどちらかが好きなのではなく
ふたりが好きだからありのままに答える
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 おふたりとも、大好きです… 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
すると西島さんは近距離で口角を上げた
整った顔にドキドキしてる間もなく
私の頬にキスをする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 ……え、? 」
.
.
.
西「 ファンサービスだから。
あ、そうだ。聞いてないかもしれないけど
この後特典で楽屋に来てもらうことになってんだ
な、與? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
隣で不機嫌な顔をしていた與さんが
急になにかを思い出したかのように体勢を変えた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 ああ、そうやな
…はい、俺とも握手しよ! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
無邪気に子犬のように笑い、
私の手を取る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
與「 ほんまかわええなぁ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って今度は與さんに
片方の頬にキスをされた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 本当にファンサービス、なんですか…?
もっと好きになっちゃいます 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って両頬を押さえると
「 ファンサービスや!本当に 」なんて
屈託のない笑顔を見せるから信じるしかない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そのまま部屋を出て、スタッフに声をかける
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 あの、ふたりの楽屋って…? 」
.
.
.
ス「 …はぁ、やっぱりまたか。
こっちです 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
部屋の外にいたスタッフさんはため息をついて
私をある部屋の中に案内してくれた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私はその中に入る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「 あの、誰もいませんけど…? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って振り返ると
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 そりゃそうだよ
これからもっと君を好きにさせてあげるんだから 」
.
.
.
與「 君だけ特別なんや
めいいっぱい俺たちを味わってや 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そこには先ほどの笑顔からは予想もつかない
意地悪な顔をしたふたりがいた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西/與「 さぁ、どっちを選ぶ? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ふたりとの危険な恋の駆け引き
.
.
.
.
.
.
.
.
.
まさに " dangerous gamble "
.
.
.
fin
.
.
__________________________________________
.
.
書きたい話とは少し違くなったけど
まぁいっか(^_^)
.
.
#aaa
#aaaストーリー #aaastory
#miiストーリー #たかじろ
#西島隆弘 #與真司郎

【 #Lily 】- episode3
.
.
@ako___story2 × mii
.
.
.
《 西島side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
何だか帰る気にもならず、
そのまま無意識に向かった先
.
.
.
.
.
.
.
.
.
チャイムを押すと、中からスリッパの
弾む音が聴こえて思わず笑ってしまう
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …隆だと思ってた、笑 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
小さい顔に可愛らしい花を咲かせる恋人
.
.
.
.
.
.
.
.
.
思わずその身体を抱きしめると、
必然的に俺の胸に顔を埋める
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……好き 」
.
.
.
伊「 ……何、急に 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
普段愛の言葉を口に出さない俺が
こんなこと言ったら戸惑うのも仕方がない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
元恋人を少しでも
懐かしくなった後ろめたさなのだろうか
.
.
.
その想いをかき消すように強く抱きしめる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……なんか、隆いい匂い 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
俺の服についたあのお店の移り香に反応し、
さらに頬を寄せてくる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 あ、そうだ
これ、千晃にプレゼント 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
可愛く包装されたものを手渡すと、
千晃はその紙袋を見て驚いた表情をみせる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 " Lily " 行ったの!?
ずるい!私も行きたかった! 」
.
.
.
西「 ははっ、ごめん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
実彩子に選んでもらった香水を、
自分の手首に吹きかける
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……いい香り 」
.
.
.
西「 俺もその香り好きなんだ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
__________ 何故か懐かしい気がして。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 明後日だっけ?撮影 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃は俺の同じ事務所でトップを争うほどの
人気モデル
.
.
.
そして俺は、アーティスト
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃と俺の交際は、事務所が認めているほどで
いわゆる世間公認カップル
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんなふたりがイメージモデルを務める香水が
まさかの実彩子の手がける香水だなんて
.
.
.
複雑に絡む心の糸は解けることを知らない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 隆、今日は泊まってくでしょ? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
休みの合わない俺たちは、
たまにこうして互いの家で会うことでしか
時間を作れない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
甘い空間が " lily " の薫りで更に甘くなる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃の頬を包んでキスを落とすと、
千晃からふわっと薫る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
この薫りに俺はきっと溺れる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 ……愛してる 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
甘いけど、どこか爽やかなこの香りに包まれて
俺たちは何度もキスをした。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……隆、ずっと傍にいてね 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
千晃はもう、気づいていたのかもしれない
これから起こることが、俺らの運命を変えることに。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そんなことを予想もしない俺は、
ひたすらに千晃に溺れていた
______________________________________________
.
.
なぁにが起こるんだろうか
.
.
#aaa
#aaaストーリー #aaastory
#nineteenstorys
#にしちあ #たかうの #しゅうみさ #しゅうちあ

【 #ハジメテ 】-4
.
.
《 伊藤side 》
.
.
.
.
.
.
.
.
.
それから、1週間後
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 伊藤、土曜日空けとけよ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
懲りずに怪我をしてても保健室に通っていた私は
もちろん怪我が治ってもここに居座る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生に、包帯をとってもらって足首を動かす
やっと日常に戻れると喜ぶ私に先生はさりげなく告げる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 え、なんで? 」
.
.
.
西「 …お前、自分で言ったこと忘れたのかよ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そしてあの日の自分の発言が脳内に蘇る
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そして、先生の冒頭の発言を思い返して
目を丸くする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …うそ 」
.
.
.
西「 嘘じゃねぇよ。デートするんだろ?
一応見つかるとやばいから、
少し遠めの水族館でいい? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
頭の中で理解できない
先生の言葉が、頭の中でリピートする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 冗談だと思ってた……っ 」
.
.
.
西「 …まぁ、約束だし 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
だってあの時、返事しなかったから
まさか本当にデートしてくれるなんて思うはずがない
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 楽しみにしてるね…! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
" お気に入りのワンピース "
" お気に入りのピンクの口紅 "
" お気に入りの香水 "
.
.
.
.
.
.
.
.
.
好きな人とする 人生 " ハジメテ " のデート
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生が家まで迎えにきてくれるので、30分前には
家の前で先生の車が見えるのを待つ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
特徴のあるエンジン音と共に、
私の前で止まった車の運転席には
普段見ることのできない格好の先生がいる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私は後部座席に乗り込む
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 おはよ、先生! 」
.
.
.
西「 …ん、おはよ
んじゃあ、早速行きますよお姫様 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ハンドルを切って颯爽と走り出す
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 先生、私服センスあるんだね 」
.
.
.
西「 これでもブランド物好きなんですよ 」
.
.
.
伊「 何好きなの? 」
.
.
.
西「 GUCCI 」
.
.
.
伊「 うわぁ、贅沢! 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
なんて他愛のない会話をしながら、
2人で笑っていた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
あっという間についた水族館
先生は私に声をかけて車を降りた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先生の後を慣れないサンダルでついていく
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 大人一枚、学生一枚で 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
当たり前かのように2人分の料金を払う先生
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 え、払います! 」
.
.
.
西「 だーめ
今日は全部俺の奢りだから 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って私の目線の高さまで屈み
頭を撫でる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 ……もう、好き 」
.
.
.
西「 何度も聞いてる
あ、それと伊藤。今日、いつもより可愛いじゃん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その笑顔を見た時、心がキュンと音を立てる
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 …先生の歴代の彼女が羨ましい 」
.
.
.
西「 まぁ、俺モテるからね 」
.
.
.
伊「 ふーん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
女慣れしてることなんて、
もう十分承知してる
.
.
.
でも、好きなら嫉妬くらい誰だってする
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 そういう君はどうなの?
モテるの?ん?先生に教えてごらん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
余裕そうに笑うから、
私は頬を膨らませて精一杯の強がりをみせた
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 私にだって、大好きで大好きで
仕方なかった彼氏の1人くらいいるもん 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言った時、返事もせずに先に歩き出す
先生の背中を追いかける
.
.
.
.
.
.
.
.
.
伊「 先生〜? 」
.
.
.
西「 なんだようるさいな 」
.
.
.
伊「 何急に不機嫌になってんの!
あー、まさかヤキモチ? 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そう言って顔を覗き込むと、
先生は顔を逸らして私の手を掴んだ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
西「 …そうかもなぁ 」
.
.
.
.
.
.
.
.
.
その手は私の手のひらをさりげなく包んだ
____________________________________________
.
.
最近喉が痛いの何故
.
.
#aaa
#aaaストーリー #aaastory
#miiストーリー
#にしちあ

Most Popular Instagram Hashtags