2308840 2308840

11,284 posts   2,195 followers   385 followings

hayashi lab / 史緒  hayashi labは2017年内で終了し、2018年2月より新ブランドの"カタル葉( @catalpa.site )"となります。 https://catalpa.site

新ブランド カタル葉として益子 春の陶器市に出店致します。
.
.
.
.
.
official site: http://catalpa.site
.
.
facebook: http://m.facebook.com/catalpa.site
.
.
instagram: https://www.instagram.com/catalpa.site

☟I have been updated. .
.
.
@catalpa.site .
https://catalpa.site
.
.
.
#カタル葉

昨日投稿をしましたら、カタル葉のフォロワーが100増えるという事態があり、やはり新ブランド移行後ひと月経っても周知がなされていないなと感じました。
.
史緒氏が花屋を辞めたと思われている方も未だいらっしゃるかとは思いますので、新ブランド"カタル葉"になったということ、ハヤシラボ をご愛顧頂いたお知り合いにも是非ご周知頂ければ幸いです。
.
.
.
.
.
旧 ハヤシラボをご愛顧頂きました皆様へ
.
こちらのアカウントの更新は停止しております。
.
今後のスケジュールなどは新ブランド、カタル葉のアカウント(@catalpa.site)及び、新ホームページにてご案内をしております。
.
下記アドレスよりどうぞご覧ください。
.
official site: http://catalpa.site
.
instagram: https://www.instagram.com/catalpa.site
.
facebook: http://m.facebook.com/catalpa.site

旧 ハヤシラボをご愛顧頂きました皆様へ
.
こちらのアカウントの更新は停止しております。
.
今後のスケジュールなどは新ブランド、カタル葉のアカウント(@catalpa.site)及び、新ホームページにてご案内をしております。
.
下記アドレスよりどうぞご覧ください。
.
official site: http://catalpa.site
.
instagram: https://www.instagram.com/catalpa.site
.
facebook: http://m.facebook.com/catalpa.site

旧 ハヤシラボをご愛顧頂きました皆様へ
.
この度、新ブランド カタル葉のホームページが出来ました。
.
今後はこちらにてオーダーの受付や、教室・販売会などスケジュールのご案内をして参ります。
.
下記アドレスよりどうぞご覧ください。
.
official site: http://catalpa.site
.
.
.
カタル葉 press : @ecru_kajiwara

本来、ハヤシラボとしての活動は終了していますし、僕が表に出る事はもう無いのですが。
.
色々想い、ハヤシラボを大切にして下さった方々にお伝えてしておかなければと、ひとつだけ。
.
僕はずっと1人で仕事をしてきたのですが、昨年、ハヤシラボ最後の年だけ、お手伝いとしてお客様との連絡担当として、Kさんに仕事をお願いしていました。
.
僕は修行中もずっと下っ端で、後輩や部下を持った事のないまま独立しました。他の人に仕事を振るという事が本当に苦手というか、わからず。性格的なものも随分ありますが。
.
そんな中で、Kさんはきっと大変だったと思いますが、それでも思い考え、一生懸命ハヤシラボの仕事をしてくださいました。
.
僕は仕事を手伝って頂いているという気持ちでいましたが、僕には出来なかった細やかな心配りや想いが、お客様への安心感にも繋がっていくのを感じました。
.
ハヤシラボのお手伝いの連絡担当ではなく、ハヤシラボのKさんとして、お客様の中にあることを感じました。
.
僕は昨年中は、ハヤシラボを終了させ、カタル葉という新ブランドになるにあたり、自分の色々な事が終わり、同時に再構築されていく中にいました。
.
新ブランドは自分にとって全く別のもので、活動の仕方も働き方もきっと別なものとなります。他の人にとってそれが分かりにくいかもしれませんが。
.
新しい形に合う方法で、連絡のみならず告知その他を担当して頂く広報担当スタッフとして、カタル葉では条件に合う新たな方にお任せする事にしました。
.
その時々に合う方法として、担当を変えて頂く事にしたのですが、人と人の間にある想いや信頼関係を認識出来ていなかったなと、ハヤシラボを終える頃、感じ取りました。
.
これまで一人でやってきた仕事は、僕にとっては余りに軽薄であったのかもしれません。それをどんな想いで担当してくれていたのか。
.
それでもその時そうしようと思った事をやっていくことしか僕には出来ず。そしてやってみないと分からない、納得しないのです。
.
皆様の中で、ハヤシラボも、その一員であったKさんも、大切にして頂けた事、感謝しても余りあります。そして僕には出来ない心配りを一生懸命やって下さり、同様にハヤシラボを大切にして下さったKさんにも、本当に感謝しても余りあります。
.
Kさんもハヤシラボの終了と同時に連絡担当を終了するという皆様へのご報告とさせて頂くと同時に、Kさんへの感謝を、こちらでもさせて頂きます。
.
大切にして下さりありがとうございました。
.
またもしKさんにイベントなどでお願いできることがあれば…皆さんにお会い頂ければなと思います。
.
Kさんが丁寧なご挨拶をする事が出来る機会も、僕は与えられなかった。気遣いが足りませんでした。
.
ハヤシラボのホームページも、そこからのオーダーもすでに終了していますので、お返事は出来かねるのですが。個人的にKさんへの想いをお伝え頂ける方はそちらから頂戴出来ればと思います。
.
.
.
.
ハヤシラボはとっくに終わり、カタル葉へのお知らせもそろそろお伝えできると思います。
.
僕は表に出る機会が減りますが。
カタル葉のプレス担当の方も、新たに関わっていく方々も、どうぞ宜しくお願い致します。
.
カタル葉は、これまでのその先にに芽生えたもの。
.
これまでに感謝し、これからのどこかに僕はおります。
.
ありがとうございました。
.
宜しくお願いします。
.
それでは。
.
.
.
#ハヤシラボ #カタル葉

花や植物に興味を持つきっかけに、花を贈る喜びを知るきっかけに、自分のために花を求めるきっかけに、花と在る生活を知るきっかけに、花というものを知る・花が生き物であると知るきっかけに、花を通して人と知り合うきっかけに、花を理由に外に出かけるきっかけに、花からはじまり新しいことを始めるきっかけに。
.
いろんなきっかけになる事が出来たなら、それはとてもとても嬉しい事です。
.
ハヤシラボは、花で人を繋ぎ繋がることをコンセプトとして始めました。それが成されたのなら、完了。としていいのかなと。
.
そして僕は史緒として活動してきましたが、緒は、はじまりの糸口、命、心を表しています。
大したことは出来ませんし、人のために何かなんて思いませんが、 .
誰かの、花に関わる歴史のはじまりになれば、生きてる意味もあるかもなとも思います。
.
.
ハヤシラボはもうおしまい。これまでやってきた事も、色々なものももうおしまい。
.
このアカウントは、すぐに消すつつもりできたが、色々お客様からお話を頂き、しばらく放置することにしました。その後はどうするか決めてませんけど。
.
とりあえず僕はより自由なところに消えたいなぁ。余計なものが届かないところに。
.
植物にできる事もそうでない事も、自由であっていいんじゃないかな。それぞれがそれぞれ、在るだけ。形は要らない、そこに在るだけ。
.
カタル葉になります。
それでは。
.
.
official site: http://catalpa.site (1月半ば公開予定)
.
facebook: http://m.facebook.com/catalpa.site
.
instagram: https://www.instagram.com/catalpa.site
.
.
#カタル葉 #flower #portrait (by @fujita.towas )

ともあれ、今年一年、そしてこれまでの七年間、本当にたくさんの方にお世話になりました。
.
地元に帰ってきて仕入先もわからないまま、平日事務員をしながら、週末花屋として少しずつ始めるきっかけを貰えたのは栃木の鹿沼にあるkiraraさんのおかげ。旅する花屋というものになったのはそこからでした。
.
そこで声をかけて貰った大子の木村さんのおかげで、丘の上のマルシェから、今でも大子で教室が続いていたり、そこから茨城の仕事が広がっていきました。その後も常陸太田のSUNNY SUNDAY小泉さんや結+1さんのおかけで茨城に行かせて頂いています。大子の笠井さん、大子カフェの皆様も教室の常連の皆様もNPOの皆様も。
.
鹿沼のアンリロ上村さんに仕事貰ったきっかけでJohn John Festivalさんのライブ装花をさせて貰ったり、それがまたきっかけになり神永さんが尺八を担当する華風月さんのライブ装花をさせて貰ったり。
.
今も栃木でお世話になっているコピスガーデンさんも、そこから広がった生徒さん、お客様もたくさん。
.
益子での広がりも。
.
岩手、秋田、宮城、山形、福島、新潟、茨城、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、長野、山梨、静岡、富山、色々なところに行き、たくさんの出会いがあり、もう会えない方も、まだそれでも見ていてくれる方も、気にかけてくださる方もたくさんいます。
.
秋田の横手の皆様も、宮城のビラコチャ野村さんも、山形 ヨシオ美容室 荒井さんも、新潟 ハチミツ 赤塚さんも、千葉のGrenier Voyage 岸部さんも、と具体的にあげていくとたくさん居過ぎて、もう。個人名あげてくと、もう。たくさん出てくるので。言ってない人もたくさん。
.
福島の仲間も、たくさん。
.
会津のみなさんも、住んでいないのに仲間に入れてくれてありがとうございます。とても嬉しい。
.
お客様にも本当に、たまにしか行けない土地なのに年に一度しか会えなくても来てくれたり、遠くからわざわざ来てくれたり、毎週のように会う方もいたり。
.
色々な想いを託して下さり。
.
また、同じ様に色々な想いを汲んでくれようとして下さり。
.
.
僕はとにかく人が苦手なので、人を相手にしない仕事をしようとしていましたし、植物になりたいと思って仕事をしています。出店の時は余裕が無くてあまり話さないので無口だと思われたり、教室ではよく喋るので人前で話すのが得意だと思われたりしますが、どちらも僕ですが。あまり正直人が得意ではありません。
.
人の意を汲んで花を作るというのはとても疲れます。
.
性質上、要らないものまでたくさん引っかかって来てしまうというか、こちらに入り込んで来てしまうので。しょっちゅう気持ち悪くなって立ち止まって中身を吐き出して整理します。
.
僕は花を素材、材料としてクラフト的・技能的に作るような花屋では無くて、
.
どちらかというとイタコみたいなシャーマンみたいなものというか。箱になって、そこに花から出るものと、人の意思を入れてごちゃ混ぜにして出すみたいな感覚になっちゃうんですけど。
.
それでもそこに存在意義があるならやります。
.
それでも僕は機械では無いから、感情もあるので、とても苦しいこともあり、それを抱えきれない事も本当に多かったのですが。
.
全く関係なく苦手な距離感で踏み荒す方も、そっと見守ってくれる方もいて。
.
人で苦しむことばかりでしたが、人に救われることばかりでした。
.
何が出来るのか、要らないものかどうか、しつこく試してみないと分からなくてトラインドエラーたくさん繰り返してやってきてますが。
.
今では押し付ける事もなく、踏み荒らして行く人も少なく、ただ花を求めてくれる方が多く残ってくれ、有難いです。
.
一人一人手を取ってありがとうと感謝を伝えたいくらい。
.
それは出来ないので、本当に花で返すしか無いなと。それしか出来なくて、なんだか仕方ないんですが。
.
ありがとうございます。
. .
#ハヤシラボ #カタル葉 #flower #portrait (by @fujita.towas )

それを踏まえた上で、
.
.
.
【カタル葉-フライヤーのこと-】
.
.
.
フライヤーもYumi Takanoさんに製作して頂きました。
.
.
カタル葉は、僕の形骸的な存在を消したいという想いも強くあります。消えたいと思っていました。
.
.
.
見てわかること、他人が語る価値のこと、はとても分かり易く、自分で判断することを濁してしまいます。ノイズで濁った眼差しで判断しないで欲しい。
.
.
物理的な存在は、本質を濁してしまうのでは無いかと。
.
.
消えてしまいたい。消えてしまった方が、より本質に近いところを感じて貰えるんじゃないかと。
.
.
.
.
見えないけれど、感じるもの。
.
.
冷たく湿った深い森で、濃い霧の立ち込める泉の周りで、乾いた冬の河原で、ぼんやり光る夜の雪原で、波が渦巻いてぶつか夕暮れの浜辺で、風に揺れる花の音がする桜の樹の下で。
.
.
感じるもの。
.
そういうものになりたい、と。
.
幽霊のような存在になりたいと。
.
.
.
フライヤーはそんな想いを込めました。
.
トレーシングペーパーの様な透ける素材で作りたいと思っていました。重ねて霞む、避けてはまた奥に隠れる様なものにしたかったので。
.
.
見えるものが全てでは無い、分かりやすいものが全てでは無い。声を聞いて下さい。

自分は飽きっぽい人間とも言えるし、興味の先がどんどん変わるし、細かなトライアンドエラーを繰り返しているので人からは分かりにくいのかな、なんて思うようになった昨今だけども。
.
そんなわけで細かなトライアンドエラーの中で脱ぎ捨てた抜け殻みたいなのがたくさん転がってるわけで、
.
気がつくとそれが、また、その抜け殻にさらに他人が装飾したものが、ハヤシラボとして世に残ってしまったり。
.
起源は自分が作ったから仕方ないと思わないと、と思ってきたけどそれでもギャップが気持ち悪くて仕方なかったので。
.
なんとかそれを埋めようと言葉で伝えようとしても、それもまたどんどん違う方へ 。
.
色々なことはやってもやっても無駄だなと思うようになり。
.
それはネガティブな事ではなくて、他の人が見ているところには自分はいないんだと気がついた。
.
なぜ見て欲しいところ感じて欲しいところを受け取って貰えないのだろうと苦しんだけど。
.
そもそも見えていない、残した抜け殻とか、残像みたいなもの、しか見てない。
.
SNSの言葉だってこうして残るけど、過去の僕でしかないので、もうここにはいない。
.
結局、ヒトは分かり易いものが好きだし、与えられるものを消費することが好きだから、
.
分かり難いものは見えないし、探求することへの興味は無い。読解も理解も無い。好き、なんてのは上澄みの分かりやすく美味しめのところが欲しいだけで、核に近いところって要らないんだよね。つまりそれは興味が無いんじゃないの?聞こうとしない理解しようとしないのは。
.
あ、これは人間関係全般について、だけども。
.
そんなこんなしてるうちに、なんかもう説明するのも、いろんなこと他人のためにエネルギー使うのも疲れた。その間に魂が濁っていく。死んでるように生きてる。それが去年の今頃だった。
.
そうかだから今年の年明けにはもう、辞めようと思ってたんだな。
.
そもそも、自分を他人に理解してもらおうなんて横暴なんだよ。それに気がつくのにこんなに時間がかかった。そしてそれを仕事に持ち込むなんてもってのほか。僕は商売人には向かないなぁと毎年感じてきた。
.
商売っていうものに、サービスと創造っていう曖昧な概念が組み込まれると、人と人との関係を分かりにくくする。
.
商売って、あくまで人と人の間でお互いにとってフェアだと思われるときに成り立つ取り引きなんじゃなかろうか。
.
こちらからも、そしてあちらからもフェアじゃ無いと。
.
思うままにこぼして、今年を終えるよ。
.
剥がれ落ちる抜け殻は全部落としていくよ。

夜中目が醒める時っていうのは何か予感がある時だったりして
.
結果論かもだけど
.
目の前のことに必死でやってると気がつくともうカレンダーが終わる
.
自分が忙しいとかではなくて、誰とも時間の流れが合わないから、他の人の流れで話をされても困るし、逆も然りだろうし、ひとりを感じるんだなーと思うけども
.
ともあれ、何もドラマティックな事はなくて、正直なところ僕の中では既に色々終わってて
.
やはりどうしたっていつも自と他との合間にあるタイムラグとか時空の歪み的なものに乗り物酔いみたいになる
.
ハヤシラボも自分の中では今年早々に終わっていってたんだろうし、それと同時にカタル葉を作り出す作業をしていたんだろうし、更に同時に色んな事をひとりでしていて
.
結局ずっとひとりで孤独だなー(笑)って思ったってところに尽きるけども、それはいいとして
.
それでも、ちゃんと自分の中でとっくに終わっていたハヤシラボを、自分のものでなくなっていたハヤシラボを、他の人の中で終わらせないと、終わらないなぁと思うので、
.
それをしないと、自分にとっても地縛霊みたいになっちゃうから、ちゃんと終わらせて
.
建前の言葉も何も必要ないと思うので、ギャップにこんがらがった内臓を吐き出して、整えて、今年を終えましょう

とりあえず眠いしお酒飲みたいので色んなことはまた後で
.
僕はなにも変わりませんけど終わるんですよ、わかるかなそのあたり
.
終わるだけで大した事じゃ無いってば 、でも終わるの
.
説明とかもう面倒だな
.
おやすみなさい

Most Popular Instagram Hashtags